« 「マーキュリー通信」no.2902【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-77「ヒヤリ ング力をつけるのも英会話上達のコツの1つ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2904【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-87「 脳トレで認知症予防」】 »

2016年3月 7日 (月)

「マーキュリー通信」no.2903【マンション管理、7つの失敗とその回避策-4「理事長 の不正をチェックする仕組み作り」】

私が住むマンションで4期4年の理事長経験を通じ、理事長のリーダーシップがマンショ

ン活性化に重要であることを実感しました。

一方で、理事長が業者との癒着により賄賂をもらう可能性は否定できません。

私が住むマンションでは、自主運用会計口座を設けました。

その自主運用会計口座から理事長が一時借用した事が発覚しました。
幸い、大事には至りませんでしたが、それ以降、自主運用会計口座の通帳と印鑑の管理

は会計担当理事に任せることにしました。

しかし、どんなチェック体制を設けても所詮運営するのは人間です。管理組合員が理事

会運営に無関心だと、そこに不正が発生する温床ができあがっていきます。

従って、理事同士の牽制機能がまず必要です。理事長がある特定の業者にこだわる場合

、その理由を理事が納得することが大切です。

次に、組合員が議事録等を通じ絶えず理事会の動きを監視する気持ちが大事です。もし

、議事録に疑問を持ったら、理事会宛に疑問点を書面で送ることです。必要な理事会に

出席することが大事です。これだけでも理事会を牽制できます。理事会は監視されてい

るという圧力を感じます。

私が住むマンションでは、開かれた理事会運営を目指し、組合員がいつでも理事会参加

できるようにオープンにしています。

しかし、それでも理事長の不正のチェックは完璧にはできません。組合員全員が自分が

ご意見番の意識を持つことです。

それが理事会及び理事長を牽制する最大の仕組みと言えます。

==================================

電子書籍「マンション管理、7つの失敗とその回避策」を出版を機に、マンション管理コンサルタント業をスタートしました。

私の4期に及ぶ理事長経験と大規模修繕工事リーダーの経験が他のマンション管理組合のお役に立つことが分かりました。

もし、マンション管理組合の運営、長期修繕積立金不足、大規模修繕工事等でお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。

|

« 「マーキュリー通信」no.2902【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-77「ヒヤリ ング力をつけるのも英会話上達のコツの1つ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2904【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-87「 脳トレで認知症予防」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/63307951

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2903【マンション管理、7つの失敗とその回避策-4「理事長 の不正をチェックする仕組み作り」】:

« 「マーキュリー通信」no.2902【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-77「ヒヤリ ング力をつけるのも英会話上達のコツの1つ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2904【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-87「 脳トレで認知症予防」】 »