« 「マーキュリー通信」no.2917【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-162「インフル エンザから学ぶ健康のありがたさとマナー」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2920【マンション管理、7つの失敗とその回避策-6「プロの 理事長の時代へ」】 »

2016年3月27日 (日)

「マーキュリー通信」no.2918【奇人変人の異見-276「政府が『共産党は破壊活動防止法 に基づく調査対象団体』と発表」】

政府が最近『共産党は破壊活動防止法に基づく調査対象団体』と発表しました。

破壊活動防止法は昭和27年に、暴力主義的破壊活動を行った団体に対し、規制措置を定

めると共に、その活動に関する刑罰規定を補正した日本の法律です。
当時の吉田内閣で、共産党が標的の1つでした。

共産党の隠れた目的は天皇制打倒、現在の国体を破壊し、中国の傀儡政権を目指してい

ます。天皇制打倒の後は、天皇の処刑に及びます。

もちろん共産党は真の意図は隠していますが、共産党の言論活動は社会の隅々まで浸透

し、日本の政治経済社会に大きなダメージを与えています。

戦後、日教組は自虐史観教育を教育現場で徹底してきました。日本人の精神的荒廃がそ

の目的ですが、まさに日教組の思惑通り、日本に誇りを持てない日本人が多数存在する

ようになりました。天皇陛下軽視の日本人が多いのもその影響です。

又、個人主義と平等主義を前面に出すことで家族の崩壊を狙っています。これは共産主

義の基本思想だからです。最近最高裁で男女別姓が否決されましたが、男女別姓制度は

、当然家族崩壊を狙っています。
神仏の否定も共産主義思想に基づきます。

その結果、学校崩壊が起こり、いじめや不登校が大きな社会問題となっています。

一方政治面では、翁長沖縄県知事が普天間基地の辺野古移転を体を張って猛反対してい

ます。翁長知事は、2000年から14年まで那覇市長でしたが、この時は自民党の支援を受

け、まともな考え方を持っていました。

現在の極端な変節は、裏から中国から資金が流れているとの噂があります。翁長県知事

のやっていることは、まさに中国の軍拡路線の手先に過ぎません。
沖縄から米軍基地が撤退すれば、直ちに中国に侵略支配されます。

私は共産党は反社会的政党と思っています。

日本人は宗教と政治に関しては無関心で、「臭いものに蓋をする、触らぬ神に祟りなし

」的な空気をもっています。その結果、オウム真理教のような宗教を隠れ蓑にした反社

会的団体が登場しました。

共産党も同様です。『共産党は破壊活動防止法に基づく調査対象団体』と発表するだけ

でなく、共産党のダーティな部分を、マスコミを使って喧伝していくことが、共産党勢

力をこれ以上伸張させないことが肝要と思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私が学生だった70年安保の頃、当時の若者の大半は共産党を支持していました。私も選

挙の時には、共産党に1票を投じました。

しかし、社会人になると共産党の政策がいかに非現実的と認識しました。

先日、我が家に共産党の若手弁護士(山添拓31歳)のチラシが投函されていました。東

大卒の同弁護士は、頭は確かに良いのでしょう。しかし、法律以外の社会常識、経済常

識等は至って不勉強です。

本人はいたってまじめなのでしょうが、もっと勉強して欲しいと思います。そして、そ

のエネルギーを社会をよくするために使って欲しいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2917【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-162「インフル エンザから学ぶ健康のありがたさとマナー」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2920【マンション管理、7つの失敗とその回避策-6「プロの 理事長の時代へ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/63401712

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2918【奇人変人の異見-276「政府が『共産党は破壊活動防止法 に基づく調査対象団体』と発表」】:

« 「マーキュリー通信」no.2917【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-162「インフル エンザから学ぶ健康のありがたさとマナー」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2920【マンション管理、7つの失敗とその回避策-6「プロの 理事長の時代へ」】 »