« 「マーキュリー通信」no.2943【ワンポイントアップの経営術-147「中小企業のサバイバ ル戦略の1つは他社との徹底的な差別化」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2945【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-66「憲法記 念日に誰も語らない別の視点で考えてみる」】 »

2016年5月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.2944【奇人変人の異見-278「ゴルフ税を廃止して景気浮揚を図 る」】

ゴルフに一番快適な季節となりました。

昔はゴルフは金持ちのスポーツとしてゴルフ税が課税されました。その名残のせいで、

未だに1プレイ当たり800~1200円ゴルフ税が課税されています。

そのゴルフ税を非課税にしようと法案が提出されましたが、廃案となりました。

役人の考えは、年間のゴルフプレー回数から得られる税収を計算します。

しかし、ゴルフ税を非課税にすると、利用者数が一気に増加するという発想に切り替え

られないのでしょうか。

現在は超高齢者社会です。平日でもゴルフの潜在ニーズは高いです。

ゴルフ税を非課税にしたら、高齢者需要が一気に増えます。高齢者がゴルフをすれば、

健康にも良いし、認知症予防にもなります。
そうなれば、医療費や介護保険料も減ります。

ゴルフ業界は活気づき、ゴルフクラブやゴルフ用品等の関連需要が増えます。

又、自動車産業や、鉄道会社も収入増となります。

アベノミクスがデフレで苦しんでいる最大の理由は、官僚の頭で考えるからです。

特に消費税関連は減税をすれば景気が良くなる、こんな自明の理を実践すれば、デフレ

経済から脱出するきっかけとなります。その意味で、8%から10%への消費増税を延

期するのではなく、5%に戻せば、景気は一気に回復し、株価は上がっていきます。

官僚頭から脱出し、もっと国民経済的な議論をすれば、景気は良くなっていきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私がカナダに駐在していたのは30年前以上ですが、その頃バンクーバーのゴルフ料金

は僅か8カナダドル(当時の為替レートで1400円程度)でした。これにカート料金

1ドルを支払い、1500円程度でゴルフをエンジョイできました。

カナダでは30年以上前から、ゴルフは一般大衆のものという考えが定着していました

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2943【ワンポイントアップの経営術-147「中小企業のサバイバ ル戦略の1つは他社との徹底的な差別化」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2945【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-66「憲法記 念日に誰も語らない別の視点で考えてみる」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/63569650

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2944【奇人変人の異見-278「ゴルフ税を廃止して景気浮揚を図 る」】:

« 「マーキュリー通信」no.2943【ワンポイントアップの経営術-147「中小企業のサバイバ ル戦略の1つは他社との徹底的な差別化」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2945【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-66「憲法記 念日に誰も語らない別の視点で考えてみる」】 »