« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

「マーキュリー通信」no.3030【私のヒューマンネットワーキング-37「又の又はない」 】

時々思わぬ人と町中で会ったりします。又、懐かしい人から便りが届いたりします。

その時、もしその人と旧交を温めたい場合、再会の約束をします。

もし相手から「その内」とか「仕事が落ち着いたら」とかいう反応が返ってきた時、再

会する気があまりないと判断します。

もし、本当に相手が「仕事が落ち着いたら」再会したいと思うなら、その時がダメでも

いずれ連絡があるはずです。

人と人の出会いは一種の奇跡です。その奇跡を活かすことで思わぬ人間関係へと発展し

ていきます。

「又の又はない」と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

「マーキュリー通信」no.3029【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-94「 3つの道を極め、認知症予防をする」】

高齢者の最大の問題は認知症です。

認知症の予防に、剣道、柔道、合気道を文字って、「健道、集道、IQ道」と名付けまし

た。

「健道」とは健康の道を探るです。健康に関しては私のメルマガ「誰でもできる超簡単

健康法」で100回以上に亘り紹介していますのでそちらをご参照ください。
http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/blog/cat6288856/index.html

次に、「集道」は、できるだけ多くの人と関わることです。人と関わることで、自分を

意識し、身なり、服装等に気をつけるようになり、良い意味でのストレスを感じます。
人間は孤独の状態が長期間続くノーストレスの状態は却って良くなく、認知症の原因と

なります。

最後の「IQ道」は、知的好奇心による脳の活性化です。
自分の関心のある分野の読書や趣味の世界を探求するのもIQ道と言えます。

「健道、集道、IQ道」の3つの道を究めることで、認知症は予防できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

「マーキュリー通信」no.3028【富、無限大コンサルタントの道を目指して-17「柔軟性 と融通無碍の対応」】

私の所には頻繁に新規商材の話が持ち込まれます。又、いろいろな情報がも入ってきま

す。

基本的なスタンスは、それらの情報を一旦素直に受け止めることにしています。そして

、基本的な方針は、私が関わることで世の中の役に立つかどうかです。その上で取捨選

択していきます。

こういうスタンスで接していると一つの流れが出てきます。

5年前にネットビジネスの実践講座に参加して、IT時代の今日、それらに遅れを取らない

ようなスキルと感性を身につけることができました。現在、私のホームページは自ら修

正しています。

さて、先日、wizbiz主催(セゾンカードがスポンサー)のyoutubeを活用した動画マーケ

ティング講座を受講しました。
前回のネットビジネス同様地元池袋開催だったのでこれも何かの縁と思い参加しました

私自身まだまだネットビジネスは弱く、又、現在はyoutubeを中心とする動画マーケティ

ング全盛の時代において、自分の弱点を補強する為に、同動画マーケティングに参加す

ることにしました。現在動画マーケティングの個人指導を受けています。

商材のタイトルは「あなたの会社を年商10億円企業に大ブレイクさせる7つの武器、徹底

活用講座」です。

5年ぶりに音声録画をすることになり、自分自身少し滑舌が落ちていることに気付け、異

業種交流会で出会ったボイストレーナーの特訓を受けているところです。
丁度そのような必要性を感じていた時でしたので、これも縁を感じています。

年商10億円企業輩出は私のミッションですが、この動画マーケティングを通じ、1社で

も多く年商10億円企業を輩出できた時をイメージするとわくわくしてきます。

そして、その結果自分も自己成長できるので楽しみにしています。

一方、最近中小企業向け福利厚生ビジネスに出会いました。

中小企業経営コンサルタントとして多くの中小企業経営者との出会いがあります。

中小企業の福利厚生は大企業と比べると充実していません。その意味で中小企業向け福

利厚生は中小企業の従業員にとって福音になると思います。

中小企業のお役に立つという立ち位置をしっかりともっていると、そのような流れが出

てくることを実感しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.3027 【ワンポイントアップの経営術-160 「ノコギリ、カンナ、ノミの役割を認識する」】

社会人になって45年目、実に多くの人と会ってきました。個性も能力も多種多様です。

これを経営者の立場に立つなら、それらの人たちをうまく使いこなせなければなりませ

ん。

ヒトの個性を私は大工道具の「ノコギリ、カンナ、ノミ」の役割で分類しています。

ノコギリ的な性格は、ノコギリのように前を切り開いていくタイプです。営業パーソン

がこれに当たります。

カンナは、営業パーソンがとってきた注文をじっくりと処理します。

ノミは、こつこつと仕事をこなす職人タイプです。

経営者として配慮すべきは、従業員を一律に扱ってはいけないことです。職人タイプの

従業員に営業パーソンとしてがんばれといっても、本人にストレスが溜まり、挙げ句の

果てにはうつ病になってしまうかも知れません。

社員の性格、能力を基に従業員の配置が適材適所になっているかどうか時々チェックす

ることも必要といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.3026【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-164「舌の筋肉 トレーニング」】

加齢と共にだんだんとろれつが回りづらくなってきます。

黒柳徹子さんも、最近ろれつが回りづらくなり、結構大変なんだなあと感じています。

ろれつが回りづらくなる原因として舌の筋肉、滑舌筋の老化があります。

そこで、「たんたんたん」と舌打ちをすると舌の筋肉のトレーニングになります。

更に、少しろれつが回りづらい言葉は、ペットボトルのキャップを口にくわえ、その単

語を話します。
例えば、「東京特許許可局」とキャップを口にくわえながら、何回か発音し、その後、

キャップをとって「東京特許許可局」と発音します。すると、「東京特許許可局」とス

ムーズに口をついて出てきます。

私の場合、今度動画マーケティング「あなたの会社を年商10億円企業に大ブレイクさせ

る7つの武器、徹底活用講座」で1時間ほどのレクチャーをする予定です。
その為に、視聴者により聞き取りやすいレクチャーをしたいと思い、その為にプロのボ

イストレーナーにお願いしてボイストレーニング中です。

ボイストレーニングで、日本語の「あ」と「え」の口の開け方は同じで、舌の位置が違

うことを初めて気付きました。

英語の発音で「ア」は、cat,cut,cart,calm等皆発音が異なります。

私の発音は英語の発音が日本語の発音に影響していることが分かり、それを矯正中です

毎朝、速読法で眼筋力のトレーニングをしていますが、今度は舌のトレーニングをする

ことになりました。

人間の身体機能は、使わなければ加齢と共に衰えていくことを今回新たに知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

「マーキュリー通信」no.3025【空き家1千万戸時代に チャレンジする-29「詐欺の手口 その15 偽の領収書で不動産代金を騙し取る」】

日本は印鑑至上主義です。外国にはない珍しい例です。

しかし、印鑑はいくら精密さを期しても、IT全盛時代の今日簡単に真似られてしまいま

す。

又、個人の印鑑証明は印鑑カードにより入手します。そのカードを紛失したり盗まれた

ら終わりです。

一方で、高齢者で判断能力が落ちてくると、詐欺師の餌食となり、偽の領収書で自分の

不動産を騙し取られるリスクが出てきます。

もちろん法律による保護もありますが、詐欺師はそういう法律の網の目をくぐって、ど

うやったら騙せるかを日夜研究しています。

空き家問題で困っている家主に、詐欺師が近づき、親切心を装い、騙し取る手口は今後

巧妙化してくると思います。

空き家問題解決コンサルタント
菅谷信雄
一般社団法人空き家問題解決協会
代表理事 菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

「マーキュリー通信」no.3024【ワンポイントアップの経営術-159「顧客志向でない企業 は成長曲線を描けない」】

現在事業用の書画カメラを選定中です。

先日、東京ビッグサイトで見つけたN社米国製書画カメラは、価格がリーズナブルで、ス

カイプと一緒に活用できるので、採用の方向で検討していました。

N社米国製書画カメラは、今後日本市場に新規投入する製品なので、私にとってはモニタ

ー的な感覚でした。

そこで、導入前に、事前のテストで検証すること重要と思い、テストをすることにしま

した。しかし、テストの段階で問題が発生しました。

私のパソコンに接続したところ、書画カメラが作動しませんでした。相手の書画カメラ

を通じ画像は認識できました。

しかし、途中で文字がちらつき判読が困難になってきました。

早速、代理店のF社と連絡を取り、トラブル情況を伝えました。

F社は社内でチェックした結果、私が指摘する2つのトラブルは発生しない旨、報告して

きました。

私のパソコンはDELL社製であり、OSはウィンドウズ7です。利用回線はNTT 光ファイバ

ーです。

特に特殊な環境ではなく、私はスカイプは月1度使っているので、今回の書画カメラ接続

に関しては全くの初心者ではありません。

F社は、それなら私のデスクトップパソコンをF社に送れば、F社サイドでチェックすると

の回答でした。

私のデスクトップパソコンをF社に送れば、私の仕事はストップしてしまうのでそれはで

きない旨回答しました。

それならこれ以上の対応はできない旨回答し、挙げ句の果て、当社との取引停止の通告

をしてきました。

ここまで顧客軽視の姿勢を貫く同社の営業姿勢に、私は驚きの余り開いた口がふさがり

ませんでした。

同書画カメラは、これから日本市場に導入していく製品なので、様々なユーザー検証を

しながら市場浸透を図る段階です。

顧客からの苦情は宝の山という教訓を同社の経営には活かされていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

「マーキュリー通信」no.3023【マンション管理、7つの失敗とその回避策-13「管理組 合総会の実態は少数意見に支配されることが多い」】

私の住むマンションは築21年のマンションで、臨時総会も入れると過去30回程度の総会

が開かれました。

総会出席は数名の常連以外は、新旧役員以外は出席しません。

従って、総会の空気はうるさ型の常連の空気に支配されます。私も総会には原則毎回出

席し、少数の偏った意見に支配されないよう、組合全体の利益の視点で考えます。

私はご意見番として、議事進行がおかしな方向にいかないように流れをコントロールし

ています。

又、議題が組合全体の利益とならない場合や、リスクが大きい場合には反対して、その

議題を却下したりするよう誘導します。

前期の総会では、住宅金融支援機構のスマイル債を購入する提案でした。しかし、僅か

0.6%の金利で、当マンションの貴重な財産をリスクに曝すわけにはいかないと反対して

取り下げさせました。0.6%の金利なら、1000万円でも僅か6万円(税引後4.8万円)にし

かなりません。

理事会はミクロの視点の損得しか見ていないようです。

しかし、政府の新築マイホームの偏った住宅政策は現在でも空き家問題を引き起こし深

刻な問題となっています。
従って、いずれ新築マイホーム優遇制度は見直さざるを得ないことになり、その時、住

宅金融支援機構はお荷物になる可能性があると観ています。

そのようなマクロの視点から問題提起もしています。

マンション管理コンサルタント
菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

「マーキュリー通信」no.3022【ワンポイントアップの経営術-158「知らない土地を訪ね 、新たな発想のヒントにする」】

知らない土地を訪ねるといろいろと経営のヒントを頂きます。

先週夏季休暇を利用して東北被災地を訪問しました。

その中で一番印象に残ったのが気仙沼でした。

震災の翌年の気仙沼を訪ねましたが、いまだ震災の傷跡が深く、復旧まで道のりは遠し

でしたが、現在では殆ど立ち直ったかに見えました。

しかし、不思議なことに駅前に商店街が殆どありませんでした。駅前に私が宿泊したパ

ールホテルしかなく、食事をする場所すらありませんでした。

人口7万人弱の地方の小都市ですが、経営の視点から見ると信じられない光景です。

レストランや宿泊施設は駅から車で5~10分の場所にあります。震災の影響で作った仮設

街のようですが、駅前に活気は戻ってきていません。

地元商店街、商工会、そして行政がタイアップして、駅前の活性化を図るべきと考えま

すが、何か町全体に活気がありません。

一人のリーダーシップを発揮する経営者がいれば、街は活性化していくと思いますが、

そのようなヒトはいないようです。これも高齢化の影響でしょうか。

これは自社の経営にも当てはまると思います。

例え会社が倒産危機に陥っても、一人の経営者のリーダーシップにより会社は立ち直り

、再び成長軌道に乗せることができます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今回の被災地訪問で一番期待していた景勝地が宮古市の浄土ヶ浜でした。しかし、津波

の為に、未だ普及半ばでした。

気仙沼駅を5時半のBRTに乗り、その後5つのバス、電車を乗り継ぎ浄土ヶ浜に到着したの

が、8時間後の13時半でした。

震災で不自由な生活を強いられている地元の人の生活の大変さを体感しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.3021【ワンポイントアップの営業力-72「牛タン弁当は食べる な!」】

先日仙台駅で、次の新幹線の待ち時間を利用して、仙台駅構内の牛タン通りで牛タンを

食べるつもりでいました。

11時半頃行ったのですが、既に長蛇の列だった為、諦めました。

そこで近くの牛タン弁当を購入しました。

こういうのをコバンザメ商法と言いますが、牛タン食堂からあぶれた客を狙っています

私もそのコバンザメ商法で牛タンを購入せざるを得ない客の一人でした。

いざその牛タン弁当を食べると、牛タンが冷め、固くなってとても食べられるような代

物ではありませんでした。生まれて初めてこんなまずい牛タンを食べ、牛タンが一気に

嫌いになるほどでした。

その牛タン弁当屋には誰一人客がいませんでした。その隣の仙台名物ずんだのソフトク

リームには客がたくさんいました。ここの牛タン弁当のまずさを客は知っているのでし

ょうか。

コバンザメ商法でも、そこそこの味の弁当を出していれば、又、口コミで客が増えると

思います。

そして何よりもこんなひどい牛タンを売る営業パーソンのプライドが許さないと思いま

す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

「マーキュリー通信」no.3020【東北被災地を訪ねて思う】

8月11日~15日まで東北被災地を訪ねてきました。

今回は、仙台を拠点に松島、石巻、気仙沼、釜石、三陸海岸、宮古(浄土ヶ浜)を訪ね

ました。

5年前の震災の夏に、何か自分でも被災地の役に立てないかと思い、自分のようなシニア

のできることとしては、被災地に出かけ、お金を使うことだと思いました。

5年前の夏、石巻駅に着いた夕暮れ時、駅前のタクシー乗り場は空車のタクシーであふれ

ていました。

私は、女川港まで往復して欲しいと運転手に頼み、暗闇の中、がれきと水浸しの道路を

すり抜けながら女川港まで行って帰ってきました。往復2時間のスリリングな時間でした

石巻駅に戻り、タクシー代の2万円を渡した時、その時の運転手の感激した様子が印象的

でした。それ以来毎年東北を訪ね、お金を使うことにしています。

2年目の夏は、がれきの山とぺしゃんこの車が山積みとなり、復旧が殆ど進んでおらず、

行政不在を実感しました。

地元からは時の民主党政府に対する怨嗟の念が伝わってきました。

さて、さすがに震災から5年が経ったので、現在では殆ど復旧したようです。

しかし、大きな問題が内在しています。

津波対策として政府と地元自治体は防潮堤建設を推進しています。

しかし地元は反対しています。

津波は地震と違い時差があります。従って、防潮堤より津波が来た時の避難道路を作る

方が優先順位が高いそうです。

もし、再び津波が来た時、避難道路は混乱し、高台に登り切れない地元民が多数出て、

又、被害者が出る恐れがあります。

しかし、政府も自治体も乗り気でありません。既にマリンゼネコン、族議員、官僚の利

権構造の下、「被災地復旧」の大義名分ができあがり、防潮堤計画は着々と進められて

います。

このまま防潮堤が実施された場合、風光明媚の三陸リアス式海岸はコンクリートの防潮

堤で覆われ、観光客が来なくなることを地元民は危惧しています。

北海道の奥尻島地震では津波対策として防潮堤が築かれました。しかし、その結果、観

光客は来なくなり観光産業は大打撃を受けてしまいました。

政府は「奥尻島の教訓を活かせ」と地元民は訴えています。

地元情報を得るには、タクシーに乗るのが一番です。

気仙沼では、気仙沼市でただ一人の震災を語る語り部タクシーに乗り、気仙沼を半日移

動しました。

気仙沼で一番のお薦めスポット唐桑半島を訪ねましたが日曜日にも関わらず観光客は余

りいませんでした。
松島より絶景の唐桑半島は以前は観光客で賑わっていたそうです。

しかし、地元の観光センターでも唐桑半島をよく知らないようです。

タクシーには松島、石巻、釜石、宮古等でも乗りましたが、皆防潮堤は要らないと言っ

ています。

安倍首相は財政投資で景気浮揚を高らかに宣言していますが、このような景気浮揚策な

ら不要です。もっと地元民の立場に立った景気浮揚策が必要です。

被災地の主な産業は観光と漁業です。この2つに重点を置いた景気対策をして欲しいと

感じました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今年から8月11日が祝日なりました。これで年間祝日は16日となり、先進国の中ではダン

トツで英国の8日の2倍だそうです。

その代わり有給休暇の取得率は先進国の中では最低だそうです。

政府が、有給休暇を使って被災地を訪ねようと音頭をとれば、まじめな日本人だからき

っと協力してくれそうです。政府はこういうお金を使わない知恵をもっと使って欲しい

と思います。

今年は11日が祝日となった為、11~15日に夏季休暇を取る人が多く、帰省ラッシュはこ

の両日がピークとなりました。

11日に東京から仙台まで車で帰省した人の話では何と12時間もかかったそうです。「こ

れでは海外に行けてしまいますね」と苦笑していました。

このような国民経済的に無駄なことを止めることも政府の知恵1つにかかっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

「マーキュリー通信」no.3019【71回目の終戦記念日に思う】

本日は戦後71回目の終戦記念日です。
当時亡くなられた数百万人の英霊には哀悼の意を表すると同時に、彼らの身命を賭した

獅子奮迅の活躍があったからこそ、今日の平和国家日本があることを再認識し、心より

感謝致します。

私は毎年この時期になると近現代史を勉強しています。

今年読んだ本は「通州事件(藤岡信勝代表著、自由社、500円)」、「大東亜戦争で日本

はいかに世界を変えたか」(加瀬英明著、ベスト新書、830円)」、「戦後史の正体(孫

崎亨著、創元社、1500円)」等です。

第一次世界大戦で多数の戦死者を出した米国は厭戦気分が国内にみなぎっていました。

その流れを大きく変えたのが、大の日本嫌いのフランクリン・ルーズベルト大統領でし

た。

フランクリン・ルーズベルト大統領は、日本叩きを徹底的に行いました。そして、日本

への石油輸出を禁止しました。その他英国、中国、オランダと組み有名なABCD包囲網に

より、徹底的に日本を窮地に追い込み、戦争をせざるを得ない情況に追い込みました。

それでも日本は米国との和平工作に一縷の望みをかけました。しかし、有名なハルノー

トによりその夢もつぶされました。

その結果、窮鼠猫を噛む、即ち真珠湾攻撃へと追い込まれていきました。

戦前のこの一連の流れを見た場合、日本は自衛の戦争であったことは明白です。そのこ

とをフランクリン・ルーズベルト大統領の前任者フーバー大統領の「フーバー回顧録」

の中で認めています。
又、終戦直後の米国占領軍のトップマッカーサー元帥もその任務が終わり米国に帰国後

、米国で認めています。

一方、悪魔スターリンと組んだのもフランクリン・ルーズベルト大統領です。フランク

リン・ルーズベルト大統領は、コミンテルンの影響をかなり受け、共産主義を受け容れ

ていました。

もし、フランクリン・ルーズベルト大統領がスターリンと組んでいなければ、戦後の国

際社会は共産主義の猛威を抑えることができました。

実は米国でフランクリン・ルーズベルト大統領の暗殺計画があり、それが実行されまし

た。幸いなことに彼は九死に一生を得ます。

もしフランクリン・ルーズベルト大統領が暗殺されていたなら、当時の副大統領が大統

領に昇格します。
その副大統領は、反戦主義者でしたから、第二次世界大戦も起こらなかったかも知れま

せん。

フランクリン・ルーズベルト大統領は病死しますが、後任のトルーマン大統領も人種差

別主義者でした。

トルーマンは当時できあがったばかりの原爆実験を試みようとしました。原爆投下は日

本と同じ敵国ヒトラーのドイツでなく、日本を選びました。ドイツは同じ白人種なので

、黄色人種日本を選びました。そして、「早期戦争中止の為」という大義名分の下、広

島長崎に原爆投下されました。

大東亜戦争の最中に日本は、当時の首相東条英機が大東亜共栄圏構想を掲げ、インド、

インドネシア、中国等アジア諸国のトップが東京で会し、人種差別からの決別とアジア

人による平和と繁栄を宣言しました。

日本は大東亜戦争では敗れましたが、この大東亜共栄圏構想は戦後も生き続け、白人の

植民地から次々へと独立していきました。

アジア諸国の独立は、アフリカ、中南米にも波及し、戦後独立が相次ぎました。

日本は戦争では負けましたが、その理想は生き続け、思想面では勝利したと言えます。

現代の日本人は、欧米の白人による植民地主義を終焉させた戦前の日本人に大きな誇り

を持って良いと思います。

しかし、東京裁判では、勝利者による裁判を徹底し、日本を徹底的に悪者としました。

それがいわゆるWar guilty information programです。

つまり戦前の非民主主義国家日本は無謀な戦争を引き起こし、アジアを侵略し、近隣諸

国に膨大な迷惑をかけた。だから日本から永遠に武力を追放し、又、その心理的支えと

なった天皇を現人神とする国家神道を追放しました。
その米国思想を具現化したのが、戦後1週間で創った現在の日本国憲法です。

米国は東京大空襲を始めとする10万人以上の民間人の大虐殺、その後広島、長崎の原爆

投下で30万人以上の日本人を殺戮しました。

これは明白な国際法違反ですが、米国は自らの罪をカムフラージュするために、東京裁

判でWar guilty information programを持ち出しました。

その時にでっち上げたのが南京大虐殺事件です。日本人が大虐殺した人数を30万人とし

たのは、米国が日本人を大虐殺した人数と同じ程度にしようとした意図が働いたと言わ

れています。

そして、War guilty information programを終戦後の占領軍のトップGHQマッカーサー元

帥により、日本人の洗脳政策が徹底されました。

そして、それが現在まで色濃く反映し、マスコミ、政治家、国民までその洗脳から解放

されていません。

戦前の日本は決して無謀な戦争を引き起こしたわけでもなく、15世紀から始まった欧米

の植民地主義からアジア、アフリカ、中南米諸国を解放した誇るべき国家だったと認識

すべきと考えます。

この洗脳から解放された時に、初めて戦後は終わったと言えるのではないでしょうか。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

天皇陛下が生前のご退位の発言をされました。天皇陛下が絶えず平和を願い、国民を思

うお気持ちに触れることができ、改めて陛下の偉大さと人間的素晴らしさに思わず胸が

熱くなりました。

「はだしのゲン」というマンガがあります。反戦と天皇制反対がベースとなる長編マン

ガです。
第20巻では、日本人兵士による中国人の大虐殺シーンが描かれています。婦女子の強姦

を始め、見るに堪えない殺戮シーンが描かれています。
そして、非人道的な行為の最高責任者である天皇陛下を薄汚い言葉で徹底的にこき下ろ

しています。

事実誤認も甚だしいマンガですが、全国図書館に置かれています。

私も悪書「はだしのゲン」が子供に与える悪影響を憂慮し、豊島区の図書館に豊島区の

前図書館で廃棄処分するよう要請しました。したかし、「子供にも本を自由に読む権利

がある」と反論され、私の訴えは退かれました。

「はだしのゲン」のような事実が歪められた自虐史観に基づいた教育が未だ全国の学校

で行われています。こちらも早く正しい教育に改めることが喫緊の課題と考えます。

尚、南京大虐殺事件の極悪非道の日本人兵士の原型は、1937年に発生した北京郊外の通

州で起こった中国人による日本人大虐殺事件がモデルとなっており、そのすり替えであ

ることは心ある識者の間では定説となっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

「マーキュリー通信」no.3018【私のヒューマンネットワーキング-36「私がお薦めする 異業種交流会のタイプとは」】

私はよく異業種交流会に誘われます。取りあえず参加してみて、良ければ継続的に参加

します。既に50以上の異業種交流会に参加しました。

異業種交流会に参加するポイントは、自分の目的に合っているかどうかです。

私の場合、中小企業経営コンサルタントがメインの仕事なので、中小企業経営者の集う

異業種交流会を中心に参加しています。

多くの異業種交流会が人数を競っていますが、異業種交流会で名刺交換しても、明日に

なれば名前と顔を忘れてしまう人が大半です。

そこで私はメルマガを発行し、今後もおつきあいしたい人には私のことをよく知ってい

ただきたいと思いメルマガを送っています。

一方、私は異業種交流会を4つ主催していますが、全てボランティアで、少人数の異業

種交流会です。

私の方針は、量より質です。アットホームな感じの異業種交流会を主催し、メンバー同

士が直ぐ親しくなれるような雰囲気作りをしています。

そこからビジネスへと発展していけば良いと思っています。

まずは人間関係を構築する、そこからビジネスは始まると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.3017【【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-70「アベ ノミクス成功の為には、官僚の政策と逆のことをやれば良い」】

安倍首相はどうも経済のことがよく分からないようです。金融緩和と財政出動だけでは

景気は良くなりません。

内部留保が充分な大企業に金融緩和しても関心がありません。

一方、中小・ベンチャー企業では資金需要が旺盛ですが、そちらには余りお金が流れて

いきません。

特に8%への消費増税が消費のブレーキ役として大きく足かせとなっています。

震災復興税で企業と個人から収奪した税金のかなりの部分は利権集団に流れています。

彼らは「震災復興支援」という大義名分の下に税金を吸い取っていきます。これでは一

部利権団体に金が流れるだけで、景気浮揚には余り役に立ちません。

前回のメルマガでは、国民の祝日を原則撤廃する提言をしました。

今回は、大企業と金持ちにお金を使わせる政策の提言です。

基本政策は、社会保障の考え方を政府から民間、個人へとシフトしていきます。

親の面倒を社会に任せるから社会保障費が際限なく膨らんでいくわけです。従って、今

後の政策はその逆の政策をとることです。

基本政策は、核家族化から大家族制度への回帰です。

これにより景気の浮揚を図っていきます。

官僚に金の使い方を任せると、多くのムダと利権構造による税金の無駄遣いが発生しま

す。官僚の金の無駄遣いで数十兆円の税金が無駄に使われていることを国民は認識する

ことです。
これをできるだけそぎ落とすことで、小さい政府を目指していきます。

消費税もゼロの方向へ、そして所得税も10%のフラット税制へと移行していきます。

これにより消費を喚起し、景気浮揚を図ります。

可処分所得を増やすことにより消費を刺激するという発想です。

景気浮揚の具体策としては、大企業には政府が抱える諸問題を肩代わりすれば税制のメ

リットを与えます。

高齢者問題、介護保険、年金問題、空き家問題、待機児童問題等々です。

例えば富裕層向け介護支援制度、そしてそれを支える介護保険制度、こちらの保険料は

全額税額控除できるようにします。

企業形態はNPO法人や一般社団法人でも良いと思います。

年金制度も生保にシフトしていき、掛け金は全額税額控除します。

高齢者向けアパートを建設し、高齢者の仕事を作り、雇用した場合も税制のメリットを

与えます。

一方、富裕層向けには親と同居する場合、相続税は全額免除します。
更に、その為に二世代住宅を建てたら、全額税額控除します。

逆に、預貯金ばかり貯め込む高齢者には、資産課税を実施します。これにより預貯金を

投資へとシフとさせます。
ここから投資コンサルタント業が大きく花開きます。

「貯金は美徳」という考え方を止めさせ、「あなたの資産で社会をよくしていこう」と

いう発想に転換させることです。

このように発想の転換により、景気は良くなっていきます。

日本の国はいつの間にか政府に面倒を見てもらう社会主義国家になってしまいました。

しかし、今後は自分及び家族の面倒は自分で守っていくという自立国家に発想転換する

ことで、この国の明るい未来が訪れてきます。

その上で、経済的に余裕がある人は、経済弱者にも目を向ける優しい社会、互助社会を

目指していくことが明るい未来になるものと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私はアーリーステージのベンチャー起業家に出資していますが、金融機関からお金を借

りることができません。

政府が1兆円程度のベンチャー企業ファンドを作ったら、景気浮揚の起爆剤となっていき

ます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

「マーキュリー通信」no.3016【奇人変人の異見-284「誰も語らない働き方改革で景気浮 揚を」】

安倍内閣が働き方改革を提唱しています。

しかし役人の発想では決して働き方改革は起こりません。

今年から8月11日は山の日として新たな国民の祝日として追加されました。国民の祝日が

1日増える度毎に企業の生産性はその分低下します。
その結果、国際競争力も低下し、企業にボディブローのように効いてきます。

今から30年前は大企業ですら週休二日制は普及していませんでしたが、今では大半の中

小企業で採用しています。

従って、政府が目指すことは、国民の祝日は必要最低限の祝日以外原則なくすことです

。1年を通じ気候が一番良いゴールデンウィークとシルバーウィークの連休は廃止すべき

です。

その代わり有給休暇の完全消化を政府が音頭を取って実施していくべきです。そして、

勤め人が希望する日に有給休暇を取得するようにすべきです。

私は30年以上前にカナダに駐在していましたが、その時既に完全週休二日制は定着して

いました。

勤め人は、夏冬それぞれ10日間ずつ休暇を取ります。すると連続16日間長期休暇をとれ

ます。
私もそれをエンジョイしていました。2週間の内、1週間は旅行に出かけ、残りの1週間は

休養に充てていました。旅行費用もリーズナブルでした。

今の日本人は皆が同じ時期に休むので行楽地は大混雑して、疲れに行くようなものです

。そして、その期間宿泊費、交通費等値上がりします。

もし、休みが平準化されたら、国民はもっと安い費用でバカンスをエンジョイできます

。そして休息をとれたら職場復帰後生産性の向上にも繋がります。

もし、有給休暇を未利用の場合、企業は買取を義務づけられていました。その為、雇用

者側は、有給休暇取得を促進していました。

更に、カナダでは別に5日間の傷病休暇がありました。

現代は超高齢者社会です。4人に一人は65歳以上の高齢者です。祝日がない方が却って歓

迎です。祝日には行楽地は混むからです。

これが私の提唱する働き方改革ですが、実行されれば景気浮揚に大きく役立つはずです

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日は71年前の本日広島に人類史上初めて原爆が投下された日です。被爆者には心より

哀悼の意を表します。

安倍改造内閣の目玉人事として、稲田朋美代議士が新防衛相に任命されました。

北朝鮮と中国の軍事的脅威が増す中で、稲田朋美新防衛相に期待しています。

マスコミは、稲田朋美新防衛相は靖国神社参拝支持者とか核武装支持者とか相変わらず

皮相的な批判しかしていません。

戦没者を慰霊するの為に靖国神社参拝は防衛大臣としては当然の行為です。

一方、日本は人類史上初めて原爆を投下された国です。従って、2度と被曝されない為に

、核武装する権利がある唯一の国というものの考え方もあります。

中朝の核兵器の脅威が増す中で、そろそろ日本も核武装の検討開始する時期と考えます


世界中から核兵器がなくなることは理想です。しかし現実的ではありません。非核宣言

を一番喜ぶのは他ならぬ中朝です。中朝に話し合いを期待するのが無理だと認識すべき

です。
不良少年が武器を持ったら武器を持たない子供にどういう態度に出るかは容易に想像で

きるはずです。逆に不良少年から武器を取り上げ、子供に武器を持たせたらどうなるで

しょうか。いじめのない世界がイメージできます。

核兵器保有国は、核兵器の恐ろしさを知っているので、核兵器を持つことで、お互いに

牽制しあい、戦争防止の抑止力になっている事実をもっと正面から向き合い、議論すべ

きと考えます。

もちろん私も世界平和を人一倍願っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

「マーキュリー通信」no.3015【ワンポイントアップの人間力-94「心の時効」】

人生の途上で、相手に迷惑をかけたり、受けたりすることは多々あります。それに気付

かない場合もあります。

又、意見の対立でお互いに感情的になることもあります。その場合、どちらが100%正し

く、相手が100%悪いと言うことはありません。

その様な場合、お互いの心の傷や感情的対立は時間が解決してくれます。

私の場合もヒトに騙されたこともあります。その時は当然その人に対する怒りが湧いて

きます。

しかし、今では私の脇の甘さを指摘してくれた観世音菩薩の役割を果たしてくれたモノ

と、感謝しています。そして彼には心の時効が働き、今では特に彼に対するわだかまり

も消えています。

逆にいつまでも心のわだかまりを引きずっていると、自分自身の人間力を貶めることに

もなります。

人間力向上の為に、そのようなわだかまりを捨ててしまうと気持ちがすっきりとしてき

ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.3014【ワンポイントアップの経営術-157「営業パーソンの教育が営業力強化の切り札」】

日経新聞が1996年に調査したと言われる新設法人8万社の行方という引用が見つかりました。
企業生存率
1年後に60%、
3年後に38%、
5年後に15%、
10年後は5%。

10年後に生き残っている企業は僅か5%しかなく、私の知っている周りの中小企業の生存率を見ると、このデータを直ぐには鵜呑みにできません。

しかし、倒産する企業の半数以上は営業力不足が原因と言われています。私自身もそのことを実感しています。
又、会社の成長が伸び悩んでいる企業も営業力不足が原因と言えます。

私もかつて世界最小の総合商社(有)マーキュリー物産の社長として15名ほどの企業を経営していました。
しかし、営業パーソンの力不足を痛感していました。その結果事業は途中で頓挫し、創業7年後に一度倒産の危機に見舞われました。
しかし、リストラをして、ワンマンカンパニーとなり、借金は全額返済し、現在に至っています。

これまでも数多くの中小企業と接してきましたが、(有)マーキュリー物産同様に営業パーソンの力不足により、せっかくの良い商品、サービスもなかなか売ることができません。

そこで私のこれまでの40年近い営業経験を活かし、下記の通り9月から龍馬塾営業基礎編を開講することにしました。

皆様のご参加をお待ちしています。

=====================================

龍馬塾  少人数限定営業力基礎コース定員8名

=====================================

(1)対象者:営業の基礎を学びたい人、営業部門に新たに異動となった人
(2)開催月:9~12月4ヶ月 18~20時
(3)参加費:5千円(消費税込み)5千円x4回=2万円(消費税込み)
※2万円一括前納の方は、「あなたの営業力10倍アップの極意」を私が吹き込んだ音声ガイダンス(6800円)を無料進呈します。

◆日程    講 座 内 容
第1回
9月14日(水)①営業で成功する精神的キーワード:MVP②商品コンセプトを明確にする
    ③自分の強みと弱みを知る④受注に至るまでの基本的な流れ:AIDMA
第2回
10月12日(水)④営業力10倍アップのコツとツボ⑤返報性のルール
    ⑥売上高をアップさせる基本方程式⑦営業活動の基本:PDCAサイクルを回す
第3回
11月16日(水)⑧信頼残高を築く⑨習慣化の原理原則
    ⑩営業で成功するキーワード:SUCCESS⑪健康管理の重要性
第4回
12月7日(水)第1回~第4回のレビュー。各自実践した成果の報告&シナジー効果の共有

◆教材テキスト:「あなたの営業力10倍アップの極意基礎編」

◆開催場所 銀座ルノアール 池袋パルコ横店マイスペース1号室
    豊島区東池袋1-42-8 第一インホテル地下1階 03-5957-7085
  池袋駅東北口出てパルコ横を左折して前方のビル(ビックカメラ本館裏のホテル)

◆講座終了後、毎回近くの居酒屋「土風炉」の個室で懇親会を行います(希望者のみ)。参加費3千円

※更に、もっと従業員の個別営業教育をして欲しい企業には、その企業にあったカスタマイズされた営業研修(月4回x3ヶ月=12回コース。月額20万円(消費税別、)コースもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

「マーキュリー通信」no.3013【奇人変人の異見-283「都知事選、野党大敗北で誰も語ら なかった視点」】

都知事選で、野党統一候補の鳥越俊太郎氏が大敗北を喫しました。都民の良識が示され

た結果と思っています。

一方で、大した成果を挙げていないアベノミクスに対する都民の不満も小池百合子氏の

大勝利に繋がったと思います。
そして、野党が余りにも頼りにならないという裏返しでもあります。

鳥越俊太郎候補の経済政策で、「希望者は全員正社員」という非現実的な政策がありま

した。こんな非現実的な政策が採用されたら、日本経済は大打撃ということは良識ある

ビジネスパーソンなら直ぐに理解できます。

もし、鳥越俊太郎候補が都知事になっていたら、おそらく株式市場は大暴落していたと

思います。

先の参議院選挙でもし野党が勝利していたら株価は大暴落していたはずです。

民進党は、破防法適用の反社会政党である共産党と共闘することの恐ろしさと愚かさを

しっかりと理解して欲しいと思います。

共産党の経済政策は、大企業と金持ちを敵視し、いかに日本経済をダメにするかという

内容で、共産党の非現実的な経済政策を直ぐに分かります。

国防政策も、改憲、安保法制、集団的自衛権の反対3セットを掲げており、岡田民進党も

これに同調しています。

海外では国を守ることは基本中の基本政策なのに、岡田民進党にはそれすら理解できて

いません。

民進党が、もし再び政権復帰したいなら、国の基本政策は与党と同じにすべきです。そ

の上で、国民に軸足を置いた政策を掲げるなら、民進党の復活はあると思います。

それができないなら事実上消滅している社会党と同じ道を辿っていることを認識すべき

です。
賢者は歴史に学びますが、愚者は目先の利害しか見えません。

国民が期待する野党は、自民党に対抗できる国防と経済政策、そして教育政策も任せて

安心する内容です。

都知事選大敗北の理由を真摯に見つめ、復活の材料として欲しいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

日本の政治で最大の不幸は健全な野党がいないことです。健全な野党がいる前提で小選

挙区制を採用しましたが、却ってデメリットばかり目につきます。

民進党が国民の信頼を回復したいなら、自民党の負の部分にスポットライトを当てて、

政策提言すれば良いと思います。

つまり、ばらまきや利権、天下りという集票構造の上に乗っかって、政府の借金を1000

兆円以上作ってしまいました。

又、自虐史観を基にした間違った教育政策、東京裁判に洗脳された戦前の日本はアジア

を侵略した悪い国だったというレッテル貼り等、安倍首相も中国を始めとする利害関係

者とのしがらみでなかなか変えることができません。
もし、民進党が、安倍政権ができない真に国民の幸福を願う政策を掲げるなら国民の信

頼は回復できると思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

「マーキュリー通信」no.3012【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-87「Donald Trump or Tramp?」】

米国の次期大統領候補として共和党からはDonald Trump氏が選ばれました。

日本語では、Trumpも Trampも共にトランプと同じ発音です。

しかし英語では発音は全く異なります。

Trumpの発音は日本語のトランプに近い発音です。

これに対し、 Trampのaは日本語の「エ」の口を開けて、「ア」と大きく声を出すと、英

語に近い発音となります。

Trumpの意味を英英辞典で調べると、
(in some card games) a card of the chosen suit(=one of the four sets) that has

a higher value than cards of the other three suits during a particular games;

Spades are trumps.
日本語のトランプは英語と異なるようです。日本語のトランプはカードと呼び、トラン

プはスペードのような切り札を指しています。

一方、Trampの意味は、
1.a person who has no home or job and who moves from place to place
要は、ホームレスのことですね。

2.the sound of people walking with heavy or noisy steps.

Donald Trump に向かって、もしTrampと発音したら、本人は気分を害するでしょうね。

又、Donald をドナルドと発音しても通じません。寧ろダノとダを強めに発音して、ノは

軽く添える感じです。nald はナというより、ノに近い発音となります。

こういう時に覚えておくと良いですね。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今朝、スカイプコンサルの時、ヤンキーという言葉が話題となりました。

ヤンキーの意味は、私にとっては松井秀喜が所属したヤンキースをイメージし、ニュー

ヨーカーのことと思っていました。

しかし、日本では最近不良少年のことも指すことが分かりました。当然、米語にはあり

ません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »