« 「マーキュリー通信」no.3020【東北被災地を訪ねて思う】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3022【ワンポイントアップの経営術-158「知らない土地を訪ね 、新たな発想のヒントにする」】 »

2016年8月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.3021【ワンポイントアップの営業力-72「牛タン弁当は食べる な!」】

先日仙台駅で、次の新幹線の待ち時間を利用して、仙台駅構内の牛タン通りで牛タンを

食べるつもりでいました。

11時半頃行ったのですが、既に長蛇の列だった為、諦めました。

そこで近くの牛タン弁当を購入しました。

こういうのをコバンザメ商法と言いますが、牛タン食堂からあぶれた客を狙っています

私もそのコバンザメ商法で牛タンを購入せざるを得ない客の一人でした。

いざその牛タン弁当を食べると、牛タンが冷め、固くなってとても食べられるような代

物ではありませんでした。生まれて初めてこんなまずい牛タンを食べ、牛タンが一気に

嫌いになるほどでした。

その牛タン弁当屋には誰一人客がいませんでした。その隣の仙台名物ずんだのソフトク

リームには客がたくさんいました。ここの牛タン弁当のまずさを客は知っているのでし

ょうか。

コバンザメ商法でも、そこそこの味の弁当を出していれば、又、口コミで客が増えると

思います。

そして何よりもこんなひどい牛タンを売る営業パーソンのプライドが許さないと思いま

す。

|

« 「マーキュリー通信」no.3020【東北被災地を訪ねて思う】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3022【ワンポイントアップの経営術-158「知らない土地を訪ね 、新たな発想のヒントにする」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/64073884

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3021【ワンポイントアップの営業力-72「牛タン弁当は食べる な!」】:

« 「マーキュリー通信」no.3020【東北被災地を訪ねて思う】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3022【ワンポイントアップの経営術-158「知らない土地を訪ね 、新たな発想のヒントにする」】 »