« 「マーキュリー通信」no.3054【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-166「時々原点 に立ち返る」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3056【"富、無限大コンサルタントの道を目指して-18「大宇 宙に充ち満ちている無限の富を引き寄せる」 "】 »

2016年10月 5日 (水)

「マーキュリー通信」no.3055【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-97「 2025年問題を考える」】

最近2025年問題を良く聞きます。

2025年には団塊の世代が全員後期高齢者である75歳以上になります。

団塊の世代は、自分たちが支払った社会保険料(年金、健康保険、介護保険)の合計よ

り、約2千万円程受取超になります。

団塊の世代の前後1年を加えると一千万人なります。これに2千万円をかけると、国家負

担は200兆円となります。

つまり、政府が現状のような問題先送り政策を続けていると、現役世代に200兆円の負担

をかけることになります。

2002年に私は「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」(明窓出版)を出版しました。

そのまえがきで、2015年問題を採り上げました。

つまり、2015年には団塊の世代が全員前期高齢者となり、国民の4分の1の3千万人が65歳

以上の高齢者になる。このまま放置しておくと、国家財政に大きな負担となる。
だから抜本的な政策をとらない限り、国家財政は破綻するだろう。

その為には、65歳以上の高齢者の失業対策が急務と主張しました。

しかし、問題先送りの政府や官僚では多分無理だろうと悲観的な予測をしました。

私の予測はぴたっと当たり、政府の借金は1000兆円を超え、国家財政は破綻しました。

それでも医療費の無駄遣い、利権構造と官僚の天下り等数十兆円が毎年浪費されていま

す。

これらの無駄をなくせば消費増税しなくても大丈夫なのですが、ダイヤモンドのような

固い岩盤の規制や利権構造を壊すのは事実上困難でしょう。

それを壊すには残念ながら戦争、動乱、北朝鮮からのミサイル攻撃が命中して1000万人

の被害者が出る、ハイパーインフレの発生等がなければ官僚天国の日本を突き崩すのは

困難と思います。

それでは我々庶民はどうしたら良いのでしょうか?

それは生涯現役人生を貫き、「自分の生活は自分で守る!」、これに尽きると思います

又、その結果、寝たきり痴呆老人の数も激減すると思います。

生涯現役人生を貫くことが、破綻している社会保障体制を支えることになると思います

NPO生涯現役推進協会
理事長 菅谷信雄

|

« 「マーキュリー通信」no.3054【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-166「時々原点 に立ち返る」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3056【"富、無限大コンサルタントの道を目指して-18「大宇 宙に充ち満ちている無限の富を引き寄せる」 "】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/64302379

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3055【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-97「 2025年問題を考える」】:

« 「マーキュリー通信」no.3054【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-166「時々原点 に立ち返る」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3056【"富、無限大コンサルタントの道を目指して-18「大宇 宙に充ち満ちている無限の富を引き寄せる」 "】 »