« 「マーキュリー通信」no.3067【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-168「心も正し い生活習慣を実践する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3069【"人生に勝利する方程式-137「自分の強みと弱みはコイ ンの表と裏、それを把握しながら人生を生きていく」 "】 »

2016年10月24日 (月)

「マーキュリー通信」no.3068【奇人変人の異見-286「政府の景気対策にはレバレッジ比 率を指標として導入する」】

日銀の黒田総裁がマイナス金利まで導入しても一向に2%の経済成長率を達成できませ

ん。
それもそのはずです。8%への消費増税が消費者の財布のひもを固くさせ、更に年金財政

崩壊による老後の不安が若者を貯蓄へと向かわせているからです。

一方、デフレの時代では、借入金を返済して、できるだけ企業は内部留保を厚くしよう

とします。従って、日銀がいくらマイナス金利を導入しても、企業の投資意欲に火がつ

きません。

政府や官僚には、リチャード・クーの名著「デフレとバランスシート不況の経済学」(徳

間書店)是非読んで欲しいと思います。

この基本が分からない以上アベノミクスの破綻は更に顕在化していきます。

政府や官僚は今こそ官の発想から民間の発想に切り換えるべきです。

それは景気対策指標としてレバレッジ比率を導入することです。

レバレッジ比率は、貸借対照表の貸方に記載されている有利子負債を純資産で割った比

率ですが、簡単に言えばできるだけ企業、特に中小・ベンチャー企業が借りやすい融資

環境を作ることです。

担保優先主義の銀行にはその役割はできないので、新たな融資環境を作ることです。

それは中小・ベンチャー企業の成長性を見抜くことができる投資ファンドや中小・ベン

チャー企業経営コンサルタント等にその役割を任せることです。融資枠は、企業規模等

によって決めます。

中小・ベンチャー企業への融資はリスクが大きくなります。

そこで、政府は1兆円程度の予算を確保し、その内貸倒リスクを想定します。仮に2割と

するなら、実質予算は2千億円に減少します。

一方で、成果制度も導入します。

中小・ベンチャー企業に融資の橋渡し役をした企業の実績を評価します。業務委託報酬

以外に、成果報酬を渡します。

これらの企業に対しては、毎年実績に基づき査定をします。評価の高い企業には翌年の

融資枠を増やし、低い企業には融資枠を減らします。
実績のひどい企業は翌年から外します。又、不正を行った企業は公表し、ペナルティを

科します。

政府は、この新融資制度を実施することで、対象企業のレバレッジ比率をチェックし、

売上と利益増にどの程度寄与したかを公表します。

官の発想を止め、民間の発想を積極的に採り入れることが、アベノミクスの汚名挽回の

起死回生策となります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私が代表世話人を務める一橋新経済人倶楽部で9月2日にTBSが取材しました。
取材内容はは10月27日(木)深夜12時58分~1時28分(実質28日(金)です)ゴロウ・デラ

ックスで放映されることになりました。
深夜帯なので、その時間帯の視聴が厳しい方はビデオ録画してご覧になってください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3067【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-168「心も正し い生活習慣を実践する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3069【"人生に勝利する方程式-137「自分の強みと弱みはコイ ンの表と裏、それを把握しながら人生を生きていく」 "】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/64392266

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3068【奇人変人の異見-286「政府の景気対策にはレバレッジ比 率を指標として導入する」】:

« 「マーキュリー通信」no.3067【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-168「心も正し い生活習慣を実践する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3069【"人生に勝利する方程式-137「自分の強みと弱みはコイ ンの表と裏、それを把握しながら人生を生きていく」 "】 »