« 「マーキュリー通信」no.3069【"人生に勝利する方程式-137「自分の強みと弱みはコイ ンの表と裏、それを把握しながら人生を生きていく」 "】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3071【人生に勝利する方程式-138「是清の七転び八起き人生に 学ぶ」】 »

2016年10月26日 (水)

「マーキュリー通信」no.3070【ワンポイントアップの人間力-97「自分の内なる叡智 を見つける」】

Appleの創業者、Steve Jobsは18歳の時に禅(曹洞宗)に出会い、一時は禅僧になろうと
思ったほど禅に傾倒したそうです。
その後Apple社を創業しましたが、禅の思想がSteveに大きな影響を与えていました。
Steveは、点と点をつないでいくと、いつか成功すると信じていました。
それは禅の思想の1つである重々無尽の縁に繋がっています。即ち、世の中の様々な事
象は縁(点)で繋がっており、それが人と人の縁として結ばれていくことになる。
2005年、50歳の時にSteveはスタンフォード大学の学生の前で有名なスピーチをします。
その時、彼は膵臓がんにかかっており、死に直面していました。
そしてその6年後の2011年10月にSteveは56歳の若さで他界しました。
スピーチの最後は、有名な"Stay hungry, stay foolish"です。
この禅問答のような投げかけは人によって、様々な解釈ができます。
禅の中に、「愚か者のようにひたすら続けることこそ最高の悟りを得る」という一説が
あります。別の言葉で言うなら、「自分の内なる叡智を見つける」ということです。
叡智とは、神仏の悟りのような智慧の事を指します。
その意味ではSteveは求道者であり最高の愚か者であり、他界した時点では内なる叡智を
得ていたかも知れません。
実は私は5歳の時に母を亡くしました。
母親の愛を満足に受けていない私の場合、時々心に大きな空洞を感じます。
その心の空洞を満たすものを、私は世の中で出会った人をいかに豊で幸福にできるか、
そのことによって自分も喜びを感じ、その結果、自分の心の空洞を満たしてくれるもの
と思っています。
それが私が25年ほど前から掲げている行動哲学「活私豊幸」=「自分を活かしながら人
生の途上で出会った人々をいかに豊かに幸福にできる人間でありたい」 へと繋がってい
ます。
自分の稼いだお金の大半は世の中の役に立つことに使っています。
その私の思いは、Steveの"Stay hungry, stay foolish"に繋がります。
傍からは私の行いはfoolshに感じるかも知れません。でもそれで良いと思っています。
その結果が、「自分の内なる叡智を見つける」ことに繋がると思っているからです。

|

« 「マーキュリー通信」no.3069【"人生に勝利する方程式-137「自分の強みと弱みはコイ ンの表と裏、それを把握しながら人生を生きていく」 "】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3071【人生に勝利する方程式-138「是清の七転び八起き人生に 学ぶ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/64399212

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3070【ワンポイントアップの人間力-97「自分の内なる叡智 を見つける」】:

« 「マーキュリー通信」no.3069【"人生に勝利する方程式-137「自分の強みと弱みはコイ ンの表と裏、それを把握しながら人生を生きていく」 "】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3071【人生に勝利する方程式-138「是清の七転び八起き人生に 学ぶ」】 »