« 「マーキュリー通信」no.3184【ワンポイントアップの人間力-110「自己顕示欲vs自己 嫌悪」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3186【ワンポイントアップの経営術-187「従業員の強みにフォ ーカスして使う」】 »

2017年4月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.3185【空き家1千万戸時代に チャレンジする-36「空き家問題 対策チーム」発足】

昨日メルマガ読者交流会第48回「ビジネス情報交換会」が行われました。

テーマは、空き家問題でした。

第1部は成田緑司法書士による「空き家問題ってどういうこと?私たちにも関係あるの?


そして、第2部は私菅谷信雄(一般社団法人空き家問題解決協会代表理事の立場)による

「空き家問題のWin-Winの解決策 「レベニューシェア」方式のご提案」でした。

空き家戸数は平成25年の調査では820万戸でした。但し、5年ごとの調査なので次回はは

来年の調査となるでしょうが、その時は900万戸を超えていると思います。

人口減少時代にもかかわらず、政府は以前新築優遇策を進めています。
その分空き家が増えているわけですが、景気刺激対策と業界との利権構造、縦割り行政

等でこの政策を当分は止めるわけにはいかないでしょう。

一方で行政の対応もまちまちです。私の住む豊島区はポーズに過ぎず、行政の遅れが目

立ちます。

そうこう言っている内に超高齢者社会は待ったなしに進んでおり、独居老人数は加速化

しています。

行政は後見人制度の充実を進めていますが、独居老人にそれを考えること自体難しいの

が現状です。

昨日の「ビジネス情報交換会」参加者は、大手デベロッパー、工務店、リフォーム業者

、マンション再生支援、マンション問題コンサルタント等様々な立場の人が参加しまし

た。

そこで、超高齢者社会の中で発生している様々な切り口、視点で捉え、具体的に解決し

ていこうという趣旨で、新たに「空き家問題対策チーム」を立ち上げることにしました


そして、私がチームリーダーを引き受けることとなりました。

当会は、ボランティアの団体で、会則も会費も特に設けません。尚、会則等は今後必要

に応じ作れば良いと思います。

空き家問題に関心を持つ人が集まり、ユーザー側の視点、業者側の視点、コンサルタン

ト側の視点等様々な視点で取り上げていきたいと思います。

皆さんから忌憚のない意見を頂戴し、必要に応じ賛同者が会合を持ちたいと思います。

本趣旨にご賛同いただいた方は、私宛にメールを頂けますか。

尚、当会はクローズとの少数の団体ですので、メンバー同士のやりとりはオープンにし

て忌憚のない意見を出し合う場にしたいと思います。

一般社団法人空き家問題解決協会 代表理事 
マンション管理コンサルタント 菅谷信雄

|

« 「マーキュリー通信」no.3184【ワンポイントアップの人間力-110「自己顕示欲vs自己 嫌悪」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3186【ワンポイントアップの経営術-187「従業員の強みにフォ ーカスして使う」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/65136077

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3185【空き家1千万戸時代に チャレンジする-36「空き家問題 対策チーム」発足】:

« 「マーキュリー通信」no.3184【ワンポイントアップの人間力-110「自己顕示欲vs自己 嫌悪」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3186【ワンポイントアップの経営術-187「従業員の強みにフォ ーカスして使う」】 »