« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

「マーキュリー通信」no.3212【ワンポイントアップの人間力-113「目に見えないもの を信じる素直な心が人間力アップに不可欠」】

時々「目に見えないもの以外は信じない」という人に出会います。

しかし、大宇宙の中から見た地球は豆粒以下の大きさです。

現代科学で解明できた事実は、大海の水の一滴にも及びません。
又、人が一生のうちで経験することなど、大海の水の一滴の1000兆分の1程度の知識にも

届かないかも知れません。

従って、「目に見えないもの以外は信じない」という人は、それだけ可能性を閉ざして

しまうことになります。

この世のあらゆる事象は神仏が創ったモノと理解すると全ての謎が解けてきます。現代

科学もその謎解きに向かって進歩発展していることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

「マーキュリー通信」no.3211【人生に勝利する方程式-152「人の生き様は現在の顔に表 れる」】

ゴルフの元世界ランキング1位のタイガー・ウッズ選手が飲酒運転又は薬物使用の疑い

でアメリカ南部フロリダ州の警察に逮捕されたニュースを読みました。
同選手は現在腰痛のため、リハビリ中だそうです。

私が驚いたのは同選手の顔写真でした。

顔が無表情で目も死んでいるようで、精気が全くありませんでした。

かつては世界的なスーパースターがその後どのような人生を辿ったかは知りません。

私が定義する人生に勝利するとは、名声を得ることでもなければ、大富豪になることで

もありません。

お金や名声を得たならそれを活用して世の為、人の為に尽くすことです。

黒人のゴルフプレーヤータイガー・ウッズ選手は、少なくとも黒人の子ども達に努力し

てがんばればタイガー・ウッズ選手のようになれるという夢と希望を与えたはずです。

人生に勝利する方程式とはそういうことだと思います。

彼には女性スキャンダルもありました。そこから人生に敗北する方程式、負の方程式に

陥っていったのかも知れません。

彼はまだ41歳、早く腰を治して、又明るくすがすがしい笑顔のタイガー・ウッズ選手に

戻って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.3210【奇人変人の異見-301「政府もマスコミも触れない年金財 政破綻、別の理由」】

先日のテレビ放映で団塊の世代は支払った社会保険料と比べ770万円のプラスになると放

映されていました。

これに対し1960年生まれは200万円の払い損、1970年生まれは1050万円、1980年生まれで

1700万円、1990年生まれで2240万円と、年齢が10歳ずつ若くなると払い損が拡大してい

きます。

これだけ見ると団塊の世代が得しているかに見えます。しかし、バブル崩壊以前は右肩

上がりの時代でした。この予測には物価上昇率が抜けています。

私が社会人となったのは45年前、初任給47千円の時代でした。従って、当時と比べ現在

の物価は4~5倍になっています。
物価上昇率を考慮すると団塊の世代が得をしているとは言えません。

一方、1970年生まれ以降はバブル崩壊以降に社会人となったので、物価上昇率はない前

提でシミュレーションできます。従って、1990年生まれの人は2240万円の払い損はその

通りとなります。

一方、20年ほど前までは平均寿命は70代半ばでした。
従って、70代半ばで亡くなるなら、良かったわけですが、現在の平均余命は男性で80代

半ば、女性で90歳となり、更に人生100年時代に向け、寿命が年々延びています。

この超高齢者社会の年金制度までは計算外と言えます。

その結果、年金財政は破綻に向け、更に赤字が拡大していきます。

日本の年金制度は世界最大のネズミ講と言われています。政府がやっているので合法と

なっていますが、破綻していることが現実に分かっていながら、国民から強制的に徴収

している訳ですから泥棒行為です。神の目から見たら犯罪行為と言えます。

もうそろそろ年金制度の破綻を正直に宣言し、今後の年金は自助努力で積み立てるよう

に方針の大転換を発表すべきと考えます。

年金をもらえない世代から徴収した年金は、一旦政府で預かり、別会計として、65歳に

なったら払い戻すようにしたらいかがでしょうか。
年金をもらえる世代に対しては、政府の責任として支払を継続すべきです。

国民側のメリットは、支払った年金額は税額控除され節税効果となっています。

今後、民間の金融機関に新たに積み立てる年金額も同様に税額控除の対象とすれば良い

と思います。

もう1つの国民側のメリットは、政府組織のスリム化により無駄な経費を大幅カットでき

ます。その分、年金財源が浮いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

「マーキュリー通信」no.3209【68回目の誕生日に思う】

本日68歳の誕生日を迎えました。
しかし、その実感が湧きません。心身共に元気で、フルタイムで働き、生涯現役人生を

全うしている私の感覚は8掛けの54~5歳といった感じです。

サザエさんのお父さん、波平が54~5歳ですが、髪の毛がある分、見かけは波平より

若いです(^ω^)

毎朝1時間筋トレ、ストレッチ等の運動を20年以上にわたり実施し、最後は9階まで

階段を1段おきに駆け上がっています。

同時にダイエットコントロールもして、規則正しい生活を送っています。

その成果が、各種健康データに現れています。
毎週オムロンの体重計に乗って、体脂肪率、基礎代謝、筋肉量等を計っていますが、体

内年齢は毎回40歳です。

一方、68歳の男性の平均余命は16年、つまり私の同年代は平均84歳まで生きるこ

とになっているそうです。因みに女性は21年、89歳まで生きるそうです。

私は人生120年計画を立てているので、84歳はその中間地点にしか過ぎません。

私の理想とするところは、若い人から、歳をとってもああいうアクティブシニアになり

たいと思ってもらうことです。

残りの人生は世の為、人の為の人生を全うしていきたい。今、そのビジョンを描き、そ

れに向かって着々と手を打っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

「マーキュリー通信」no.3208【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-98「略語と して定着した英語の語源を知ると英語の理解が深まる」】

日本語の特徴の1つとして、英語を縮めて略語としてしまうことです。略語が一般的に使

われ、英語の元の意味が分からなくなることもたまにあります。

そんな時、語源をしておくと英語の理解を深めるのに役立ちます。

・ID(Identification)の略。原義は確認する。
・コピペ:copy & paste、これは分かりますよね。
・IOT(Internet of things):最近よく使われていますが、従来は主にパソコンやサーバ

ー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々なモノ

を接続することを意味します。
・USB(Universal Serial Bus):この略を知らない人は多いと思います。知っていると

、国際規格と分かります。
・URL(Uniform Resource Locator):この略を知らない人は多いと思いますが、略語を知

ると、意味を納得します。

最後にIT、これはinformation technologyの略ですが、日常IT、ITと言っているので、

何の略かさえ忘れがちです。

昔、森元総理が"What is IT?"を"What is it?"と読んでしまったことは、語り草になっ

ています(^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.3207【富、無限大コンサルタントを目指して-26「心の底にあ るものは、愛そして思いやり」】

他人との関係において、私は自分に厳しく、他人には優しくという方針で臨んでいます

時には真摯に臨んでいない人に対しては、厳しい叱責をすることもあります。

しかし、心の底ではその人に対する愛の思いで接しています。

それでも分からない人も多々います。その場合、それ以上言わないことにしています。

真摯さが不足している経営者は、結果的にうまくいきません。

昨日、某経営者が経営破綻して、夜逃げ状態だったことが判明しました。

Facebookでコミュニケーションをとろうとしても、ここ数ヶ月無反応でした。携帯電話

のスイッチも切っていました。

彼は今後債権者からの取り立てにあい、心の中は阿修羅地獄となっていることでしょう

それも彼が経営上の重大な問題に真摯に向き合わなかったツケが回ってきた結果と言え

ます。

彼には、是非逃げずに債権者と真摯に向き合い、問題を解決して欲しいと思います。後

々、彼は人間的に成長している事が分かることになります。

その逆をやった場合、人生の敗北者となり、一生涯心の敗北者となり、それがトラウマ

として一生涯背負っていくことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

「マーキュリー通信」no.3206【ワンポイントアップの経営術-192「間違ったM&A戦略は 会社を危うくする」】

日本郵政は、2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績不振に伴い、17

年3月期連結決算で数千億円規模の損失を計上する。長年官営でやってきた企業が民間

になった途端に、海外の物流会社を巨額買収をするのはかなりのリスクが伴います。

今度は野村不動産ホールディングスの買収に入ったと報じられています。

私には焦りのようなものが感じられます。右肩下がりのデフレの時代、しかも東京オリ

ンピック以降は景気の落ち込みが予想され、賃貸ビルの供給過剰も心配されています。

そういう状況の中で、本業以外の不慣れな新規事業に進出するのは、日本郵政の屋台骨

を脅かしかねません。

これは日本郵政のような巨大企業だけの話ではなく、中小企業にも当てはまります。
資金的余裕がある時に新規事業に進出するのは成長戦略の1つとして良いと思います。

しかし、本業とのシナジー効果を余り期待できない分野への新規事業投資はかなりリス

クが伴います。

その意味で日本郵政の投資は、他山の石として肝に命じると良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

「マーキュリー通信」no.3205【J-SCORE「農業の7次産業化が日本を救う!」】

昨日のJ-SCORE(一般社団法人日本シニア起業支援機構 松井武久代表理事)のセミナー

では大きな気づきと学びを得ました。

一人目のプレゼンターは、株式会社ヴェルデ代表取締役田野島会長。同社は世界で初め

て土壌の1種モンモリロナイトの客土化に成功、世界唯一の土のメーカーだそうです。

現在は農業の主役は肥料ですが、これは第一世界大戦終了後に、弾薬として使われてい

た窒素、リン、カリウムが大量に余り、それを肥料に転用することで近代農業が始まり

ました。
しかし、アフリカでは人工肥料の結果、不毛の地がどんどん増え、砂漠化現象が始まり

、大きな環境問題となっています。

日本の食料自給率はカロリー換算で40%と言われていますが、実は重量ベースに換算

すると20%に過ぎないそうです。重量ベースの主役は肉類です。

農水省は、食糧不足時の食料安全保障マニュアルを作成しています。世界同時不作の危

機度合いを3段階に分類しています。

最悪の場合には、国家統制となり、食料価格の物価統制、エネルギーは食料向けが最優

先となる。空き地は畑となり、サツマイモ等の根菜類の栽培をすることになる。

その影響で鉱工業生産はストップとなり、日本の国力はがた落ちし、超円安となり、1

ドルは360円を超えることも予想される。

そうなると輸入物価、エネルギーコストは暴騰し、日本経済は大パニックに陥る。日本は現在の北朝鮮よりひどい最貧国の仲間入りをすることになる。

これは直ぐに起こることではないが、世界人口が現在の73億人から2050年には93億人、

そして2100年には113億人に増加すると国連は予測している。
その頃は、地球はその人口を賄うだけの体力がないので、深刻な食糧不足が発生するこ

とが予測される。
しかし、政治家も官僚も自分たちはその頃には生きていないので、余り関心を持ってい

ない。

2人目のプレゼンターは、株式会社JEDIの長谷川清社長による「次世代IT農業計画」でし

た。

現在の農業関連の社会問題は、
1.農薬の使用量が世界一で、国民の安心、安全が脅かされている
2.生産物のJA集配コストが45%も占めており、国民が高い農産物を買わされている。
3.化学肥料によるミネラル不足、栄養価が低い
4.肥料、農薬、電気代、燃料コストが大きすぎる
5.農業から発生する生産残渣、即ち産業廃棄物が不適格
6.縦割り行政の為、適切な社会循環システムとなっておらず、大きなムダが生じている

IBM出身の長谷川社長は、上記の問題をITで解決しようとしている。これまで5年にわた

り詰めてきた内容が発表されました。

例えば、セブンイレブンではトン当たり1万円の廃棄物処理代がかかっている。

しかし、その廃棄物をバクテリアの力で肥料や餌にしてしまう技術はある。

長谷川社長が考える次世代IT農業計画は、東京ドームの広さの場所で、高齢者2人でコン

トロールできるようなシステムを考えている。

最近農業の6次産業化が提唱されているが、1次産業の活性化やイノベーションがない限

り6次化はできない。

その上で、次世代IT農業は循環型社会とのコラボレーションが「真の6次産業化=7次産

業化となることを長谷川社長は力説しています。

長谷川社長の構想する「次世代IT農業計画」は、子孫の代まで引き継がれることを期待

しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

地球温暖化の原因は二酸化炭素と決めつけ世界的に進めているが、まだ立証されたわけ

ではなく、仮説の段階です。

長い地球の歴史を見ると温暖化の時期と寒冷化の時期が交互に訪れている。地球の食料

生産の視点で見ると、寒冷化の方が遙かに影響が大きい。

もし、地球寒冷化となったときは、世界的な凶作となり、食料自給率の低い日本は大き

なダメージを受け、大パニック状態となってしまう。

昨日のセミナーを聞いて、私は地球温暖化を唱える連中は何か裏に陰謀があるのではな

いかと疑っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

「マーキュリー通信」no.3204【ワンポイントアップのコミュニケーション力-143「議 論ではなく質問をする」】

人は様々な意見を持っています。しばしば意見対立から議論が白熱することがあります

しかし、殆どの場合、お互いに議論が噛み合わず、平行線のまま終わることが多いよう

です。

従って、議論でなく、質問を投げかけるとコミュニケーションがスムーズに行きます。

例えば、韓国の新大統領に文在寅氏が決まりました。

従軍慰安婦は高級娼婦であったことは調べればすぐに分かります。しかし、韓国の新大

統領文在寅氏はこれをウソと知っていても国益のために、従軍慰安婦問題を言い続けま

す。

反日教育で洗脳された韓国国民も従軍慰安婦は事実だと思い込まされています。

こういう人たちに、従軍慰安婦は事実と異なると主張しても議論が噛み合いません。感

情的しこりが残るだけです。

これほど極端でないにしても、人は長年の経験や思い込みで現在の考え方が形成されて

います。

それを変えさせるのは非常に難しいケースが多いです。

従って、まず相手に質問を投げかけてみて、相手の反応を見ます。

「従軍慰安婦は実は高級娼婦だったことを知っていますか。世界の歴史の中で、軍隊が

いる場所には、当然商売としての高級娼婦が成り立ちます。」

これで相手が猛烈に反論してきたら、その話は止めます。

そして、次の話題に移ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

「マーキュリー通信」no.3203【ワンポイントアップのコミュニケーション力-142「他 人からどう思われているかの判断基準」】

日本人はとかく他人からどう思われているかを気にしている人が多いようです。

私は、自分の良心に恥じない行為を行っている場合には、人の目を気にしません。正し

いことを行っているわけですから、その場合には他人とは価値基準が違うと判断します

。人は人、自分は自分です。

一方、自分の良心を傷を付けるような言動は気に留めています。

例えば金銭関係、普段は質素倹約に努めていますが、人間関係の潤滑油になるような場

合、モチベーションアップに繋がるような場合には、自分から積極的に出費します。

又、相手からの問合せや依頼事項等に関してもきちんと対応しています。

又、約束もきちんと守ります。もし都合が悪くなった場合には、謝ってリスケのお願い

をします。

その時の基準は相手がどう思うかです。相手に不快な念を与えるようでしたら、それは

私の判断ミスと思い、直ぐに修正をかけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

「マーキュリー通信」no.3202【ワンポイントアップの経営術-191「従業員は会社の評価 ポイントに従って仕事をする」】

従業員は基本的には会社のために働いていると思われますが、正確に言うと本人の評価

ポイントに従って働きます。
管理部門は管理部門の立場、営業部門は営業部門の立場、製造部門は製造部門の立場で

働きます。それぞれの部門で最適化を図ります。
従って、各部門間の垣根を取り払うのが経営者の役割です。

中小企業になると、垣根が低くなってきますが、社長の思うところと実際にギャップが

出てきます。

例えば、営業部門の評価ポイントが売上高なら利益より売上重視の営業活動をします。

利益を最重要評価ポイントにすると利益となります。

これに更に与信管理、つまり営業の仕事は代金回収までして評価されることを加えてお

くとそこまで考えます。

社長の方針1つで従業員の動き方が変わってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.3201【三菱食品㈱森山透社長『海外から見た日本と日本の食流通』】

第25回一橋新経済人倶楽部は
三菱食品㈱森山透社長『海外から見た日本と日本の食流通』でした。

開口一番森山社長が「日本の常識は世界の非常識」というメッセージが印象に残りました。

森山社長の講演の中で2点印象に残りました。

1点目は食品ロスの多いことです。何と2割が食品ロスだそうです。
これは日本の消費者が、消費期限、賞味期限にかなりこだわるところから来ているようです。そのこだわりが小売店→卸→メーカーへと負の連鎖で返品されていきます。
日本の年間全食料は8339万トン、その内廃棄量は2割の1676万トン、その内訳は事業系で806万トン、家庭用で870万トンで、更にその中で、まだ食べられるのに捨てられている食品は、事業用で330万トン、家庭用で302万トンです。全世界での食糧援助量が320万トンですので、日本での食べられるのに廃棄される量が、いかに多いかが分かると思います。

世界人口70億人の2割が飢餓で苦しんでいます。もっと行政が先頭に立って、グローバルの視点で食糧問題に取り組むべきと思いました。

膨大な食品ロスは、当然、食品コストを引き上げていきます。

もう1つは欠品を恐れる業界体質です。その結果、過剰在庫問題があり、利益圧迫要因となっています。

一方で、メーカーを始めとする食品業界の利益を圧迫しています。
食品業界の営業利益はメーカーで平均3%、卸で1%、小売店で2.5%という低水準に陥っています。
これに対し、欧米ではメーカーが10%、小売店で2倍の5%を維持しています。
尚、驚いたことに欧米では卸の存在がないそうです。
米国ではメーカーの商品をディストリビューターが消費者に配給する仕組みとなっているそうです。
日本の場合、歴史的に卸の存在が大きく、卸企業の合併により流通の支配が進んでいます。三菱食品は戦後合併の連続の歴史で、100社以上の会社が年々合併して、現在の三菱食品となっています。

さて、日本の少子高齢社会が進展するに従い、ニューエコノミカル層が増加していることです。
ニューエコノミカル層は、三菱食品の定義だそうですが、
世帯年収400万円以下と世帯貯蓄が基準未満を指しています。
※基準未満の世帯貯蓄:40代までが100万円未満、50歳以上が1000万円未満

ニューエコノミカル層の消費の特徴は、将来のことを考えず、今が良ければという考えです。
現在全国平均で31.2%だそうですが、今後この比率は上昇していくとみられています。

この存在は大きく、先の消費増税で消費不況に陥った理由が頷けます。
今後更に10%への消費増税に踏み切れば、消費不況は加速化し、デフレからの脱却は困難と言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.3200【ワンポイントアップのコミュニケーション力-141「沈 黙、無視は信頼関係を断つ武器になる」】

日頃私の所には多数の依頼案件が来ます。
皆さんお願いするときにはコミュニケーションが良いのです。

しかし、その逆になるととたんにコミュニケーションが悪くなる人が多いです。

こういう人は、やはり信頼をなくします。

沈黙と無視は多少ニュアンスが異なります。

沈黙は、自分が都合の悪いことには応えない態度です。これは相手の状況でおおよその

見当がつきます。
沈黙しないで困っていることを相談すれば道が開けることもあるのですが、それができ

ない人も多いようです。

最近Y社の倒産情報を聞きました。その社長も今頃は債権者から逃げ回っているのでしょ

う。私に一言相談してくれれば力になってあげられるかもしれないのに、残念です。
こうなると本人の心の中は破壊と闘争の地獄の世界が展開しています。

一方、無視は軽い無視から意図的な無視があります。意図的な無視の場合、相手との信

頼関係に大きな亀裂を生じることになります。

たとえ本人にその気がなくても、相手の立場に立つと、相手の気持ちが分かってくるは

ずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

「マーキュリー通信」no.3199【富、無限大コンサルタントを目指して-24「経営参謀役 には士業は務まらない」】

時々税理士に経営相談をする経営者がいますが、税理士は決算書類を基に、正しい税金

計算をすることを生業としている専門家です。

ある企業の決算書類を見たとき、資本金は僅か300万円でした。これでは直ぐに債務超過

に陥ってしまいます。
一方、社長からの借入金は700万円でした。

その社長は税理士に相談すると、社長からの借入金はそのまま返済に充てれば良い。そ

うすれば税金のかからない所得となるとのアドバイスでした。

しかし、私はもし大企業と取引したいのなら、借入金を資本金に振り替え、1000万円に

するようアドバイスしました。
そして、その社長はそのようにしました。

これが経営コンサルタントと税理士の視点の違いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

「マーキュリー通信」no.3198【奇人変人の異見-300「選挙制度を変えない限り国の借金 は一千兆円から更にどんどん増え続ける」】

国の借金はとうに一千兆円を超え、更に増加しています。

政府は口では借金を減らすことを掲げていますが、現在の選挙制度を変えない限り無理

と思います。

人口の5%しかない農家に巨額の補助金が垂れ流されている理由は、農民の投票率は一般

の人の倍、更に家族、親類縁者を入れると500万票以上、実質は10%以上の大票田となり

ます。

同様に高齢者の投票率も若者の倍あります。

2016年の参院選の投票率を見ると、
60歳以上の投票率は概ね70%、これに対し50代後半の投票率は65%とまずまずですが、

年齢が下がるにつれ、どんどん下がり続け、特に20代若者は35%と60歳以上の投票率の

半分にしかなりません。

実際の選挙民数に換算すると30代以下の若者の数がざっくり3千万人、但し投票に行

く人は約3分の1だから投票者数は千万人。これに対し60歳以上の人口はざっくり4

千万人、7割の投票率とすると3千万人近くが投票することになり、若者3倍の投票数

となります。
これでは若者向けの政策はリップサービスに終わってしまいます。

政治家は誰がお客様かをよく見ています。特に小選挙区制の場合、一人しか当選しない

ので、自分に一番票を入れてくれそうな選挙民にターゲットを絞った政策を掲げます。

今や小選挙区制は選挙民の声を反映させない愚民制度であることは明白ですが、これを

変えることは困難です。

一強多弱の政治の世界、強者に有利な小選挙区制を自民党が変えるインセンティブはあ

りません。

本来なら良識の府といわれている参議院がその役割を果たすべきですが、ミニ衆議院と

化し、何のための参議院かその存在意義を問われています。

政治家は口では選挙民受けする政策を掲げていますが、若者が現実に目覚め、若者のた

めの政策を強く要求しない限り、現在の高齢者に有利な社会保障制度を手厚くする政策

は引き続き堅持され、結局国家の破綻まで続くことになると思います。

多くの政治家は、将来の日本のことなど考えていません。目先の自分の票がどうなるか

を考えているのが本音ベースと思うべきです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

シリーズ奇人変人の異見は今回で300回目となります。シリーズものではずば抜けて多い

テーマです。
本当はもっといいたいことはその倍以上あるのですが、これでも抑えています。

私自身は昔から奇人変人とよく言われ、それを由としていました。但し、私の言動の大

半は人より早く実践しているので、周りから見ると奇人変人に映るようです。

三井物産に入社した昭和47年当時、三井物産では明治時代の六法全書のように社内の公

用文書は全て漢字カタカナ文でした。ひらがな使用は禁止されていました。
私は上司に、非常に読みづらいので漢字ひらがな文にして欲しい旨要望しましたが、ル

ールなのでだめだ、直に慣れると却下されました。
昭和50年代後半になり、ワープロが普及し始めると、人事部から漢字ひらがな文を社内

の公用文書として認める旨の通達がありました。まるでお役所のようでびっくりしまし

た。

一方、新入社員の時に、カラーワイシャツを着ていったところ、上司からカラーワイシ

ャツは仕事に向かないと注意されました。

当時、カラーワイシャツが丁度流行りだした頃でした。こちらは社内ルールにないので

、私は上司の注意を無視して、そのまま着続けました。

そして、今から20年前に25年務めた三井物産を辞めましたが、私の行動は周りから奇人

変人に見られました。

このようにその他現在に至るまで私の奇人変人の言動は枚挙に暇がないですが、世の中

の常識を絶えず変革しようと思っている私にとり、皆と同じ常識的な意見に染まってし

まうことの方を恐れています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

「マーキュリー通信」no.3197【"ワンポイントアップの人間力-112「禅定力をつける」 】

禅定力を持っている人は、普段忙しく仕事をしている中で、トラブったり、嫌な思いを

したり、相手から怒りの波動を受けた時でも、直ぐに平静な心の状態に復元できる力を

持っています。

これは一朝一夕にできるものではありませんが、禅定力を通じ人間力はアップしていき

ます。

大きな仕事をする人ほど、この能力を要求されます。
なぜなら日常の些細なことで直ぐにかっとなっているようでは、リーダーシップ発揮に

も限界があり、その人の器の大きさも一定の所で固まってしまうからです。

ゴールデンウィーク期間中の5月3~5日に、那須の研修所で禅定力をアップするために2

泊3日の瞑想実習をしてきました。

その結果、これまで溜まっていた心の塵や垢を落とすことができ、今の心の状態は入浴

後のさっぱりした状態です。

毎年ゴールデンウィークの季節には都会の喧噪を離れ、瞑想実習をすることが私にとっ

ての最高の贅沢となっています。

そして、それが明日への活力となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.3196【奇人変人の異見-299「憲法施行70周年に思う」】

本日は現行憲法が施行されて丁度70年になります。

地政学的に俯瞰してみるとよくここまでもったなあと感じます。そして、最早限界に来

ています。

現行憲法のお陰で日本は有形無形の侵略を受けてきました。

終戦直後に韓国に竹島を強奪され、殆ど何も手を出せないまま現在に至っています。

現在北朝鮮が核ミサイルを発射するぞと威嚇しています。ここまで北朝鮮を増長させて

きたのも現行憲法の相手の軍拡行動に一切手を出せないことが大きく起因しています。

米朝間の緊張状態はかなり厳しい状態となり、一即触発の情勢となっています。戦争に

なる可能性が高くなってきました。その時に北朝鮮が核攻撃を日本に仕掛けてくるか予

断を許さない状況です。

一方、中国の軍拡も止めどなく進んでおり、南沙諸島沖に勝手に軍事基地を建設し、国

際法違反といわれても、無視しています。

中国は建国100周年の2049年までに太平洋の西半分を中国陣営とするために、着々と手を

打っています。その時までに日本は中国の属国又は植民地になっています。

こういう厳しい近隣情勢にもかかわらず未だに平和憲法を叫んで改憲に反対する人がい

ることに驚きです。

私は改憲論者ではなく、21世紀にふさわしい新憲法制定主義者です。但し、改憲は次

善の策として止む無しの立場です。

一方、改憲論議の中で、自民党は天皇を元首としていますが、私は反対です。国家元首

は総理大臣で良いと思います。

天皇が国家元首となった場合、中国に侵略された際に、国家元首である天皇陛下が責任

をとらされ、処刑されるリスクが高いからです。その時は2700年続いてきた天皇制の終

焉となってしまいます。

新憲法では、天皇陛下は、現実に即して宗教の最高権威者としての地位を保証すること

が現実的です。

日本は天照大神以来2700年間宗教国家の地位を保ってきました。そんな日本をハンチン

トン教授が第8の文明として賞賛しています。
天皇陛下は、日本国の平和と国民の安寧を日々祈るという重要な役割があります。

天皇の役割を政治的行事から解放し、役割を限定すれば一代限りの上皇という小手先対

応もなくなります。やはり天皇陛下は崩御されるまで国民と共に生きて欲しいと思いま

す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

「マーキュリー通信」no.3195【奇人変人の異見-298「プロ野球12球団で唯一観客減少 の巨人軍、その最大の理由とは?」】

過去3年間の観客動員数で、巨人軍が0.4%減300万人と唯一減少しています。

ロッテ24.7%増152万人、DeNA23.9%増193万人、ヤクルト23.6%増177万人、二桁の伸び

は、広島13.2%増215万人、楽天11.7%増162万人です。
そして、観客動員数でもかつてのように巨人軍の一人勝ちではなくなってきています。

観客動員数が下がり、テレビの野球中継も今やBSへと移動させられてしまいました。

その理由は優勝至上主義を掲げ、毎年ダメな外人選手や他球団の一流選手をFAで獲得し

て来たためです。

その結果、ドラフトで獲得した有望若手選手の芽を摘み、成績が上がらないと他球団に

放出してしまうという負の連鎖を繰り返してきたからです。

だから野球中継を見ても感動しないので、翌朝の勝敗の結果だけを見ています。

特に今年はひどすぎます。年俸10億円の補強を行ったといわれていますが、かつて楽天

の優勝に貢献したマギー以外故障や不振で全く貢献していません。

皮肉なことに、そのお陰で将来のクリーンアップ候補と呼ばれて久しい中井が活躍して

います。
特に育成選手から這い上がってきた篠原投手が初登板初勝利達成という快挙には感動し

ました。

私としては今年はつまらないから野球中継を見るのを止めようと思っていたところに、

思わぬハプニングで多少面白くなってきたので、時々見ています。
故障者が復活せず、使い物にならずこのまま退団することを期待しています。

又、他球団からトレードで活躍した立岡、石川も活躍しています。尚、この2人は一流選

手ではないので、生え抜きの選手との競争に曝されるので、それは由としたいです。

さて、巨人軍の人気回復策としては、ダメな外人選手と他球団から獲得した一流選手の

内、不満足な成績の選手は全員解雇することにします。

そして、生え抜きの選手登用をファンにアピールします。若手選手の大半は走ることが

得意なので、走って走って走りまくる野球をファンにアピールしたら、ファンは戻って

くると思います。

かつて山口鉄也、松本哲也の2選手が育成選手から這い上がってきて大活躍しました。フ

ァンはそれを望んでいます。

これを1年間やり抜いたら良いと思います。ファンは正直です。その結果、優勝できなく

てもファンは応援してくれるはずです。

巨人軍首脳がファンの気持ちを正しく理解したときに、巨人軍の人気回復の最大の効果

となる事を肝に命じて欲しいと思います。

尚、今年の巨人は、たとえトレードで獲得した大物選手が復帰しても、優勝は厳しいと

思います。

高橋由伸監督の采配は良きにつけ悪しきにつけ原辰徳前監督と同じだからです。

外野手出身の同監督は投手の継投策で何度も失敗し、勝ちゲームを何試合も落としてい

ます。
又、成績が極端に不振の長野外野手を使い続けています。その為に勝つべき所でヒット

が出ないで負けに繋がったケースもあります。

人気優先で監督にしてしまった高橋由伸監督を、彼のためにも今年優勝できなかったら

思い切って更迭すべきと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »