« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

「マーキュリー通信」no.3232【ワンポイントアップの営業力-78「いろいろな視点から 物事を捉える」】

本日で今年も半分が過ぎました。12月決算の会社なら上期が終わり、3月決算なら第一四

半期が丁度終わったところです。

私も現役時代は長年営業をやっていたので月末、特に6月末は数字の追い込みでかなりス

トレスが溜まっていました。

営業活動はお客様あってのことですが、受注には様々なやり方があります。押してダメ

ならひいてみる。お願いベース。お客様の趣味健康スポーツに訴える。互恵関係を活用

する。上司の活用等々様々な切り口、視点があります。

それが営業の数字に結びついていくことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

「マーキュリー通信」no.3231【ワンポイントアップの経営術-195「流通業者にとって魅 力的な商品とは、マージンが良くて売れる商品であること」】

以前「家庭用生ごみ処理機」を販売していました。

メーカーのT社は、大手「家庭用生ごみ処理機」と比べ品質に自信を持っていました。そ

こで、価格も大手と比べ安くして、ダブルで差別化すべきことを主張しました。

私はこれに反対しました。この価格では流通マージンが確保できないことが理由でした

これに対し、T社長は、直売中心で販売していけば良いと主張しました。

そこで私は新商品発売記念特価として、67200円を39900円として、消費者の反応を見よ

うと提案しました。

マーキュリー物産では、助成金が5万円も出る大和市に集中して新聞チラシで勝負しまし

た。しかし、僅か3台しか売れませんでした。
売れない理由は、T社もマーキュリー物産も知名度がなく、消費者から信用されていない

ことが分かりました。

そこで私は販売価格を67200円に戻して流通マージンを確保し、大和市で販売店網を築き

ました。

地元業者経由と助成金5万円が功を奏し、「家庭用生ごみ処理機」はどんどん売れ始め

ました。

あの時、39,900円で薄利多売戦略をとっていたら、T社も(有)マーキュリー物産も共倒

れしていました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆第195号「流通業者にとって魅力的な商品とは、マージンが良くて売れる商品であること」
◆第194号「起業して10年後の生存率は5%?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

「マーキュリー通信」no.3230【ワンポイントアップの経営術-194「起業して10年後の生存率は5%?」】

国税庁や日経新聞の調査によると5年後の企業の生存率は15%程度、10年後は僅か5%程度だそうです。

私が創業した株式会社もしもしホットライン(現在の社名はりらいあコミュニケーションズ株式会社)は6月23日で創業30周年を迎えました。
創業して30年生存している企業数は僅か1万社に2社だそうです。その意味で同社は3期連続減収減益だったのが、最近3期は増収増益で見事復活し、大台の1000億円復帰にあと一息です。

世の中は過去10年をとってもリーマンショックがあり、東日本大震災があり、それこそ激動の10年でした。

30年前になるとビル・ゲイツのマイクロソフトがやっと形になり始めた頃で、グーグルすらありません。携帯電話もなければ、インターネットもありませんでした。
ワープロ全盛の時代で、パソコンは殆ど普及していませんでした。

その意味で、企業は最低でも5年以上の事業計画を作成することが重要です。
当面は2020年の東京オリンピック以降の予想される大不況に企業はどう対処していくのかが最大のポイントと思います。

経営者には過去、現在、未来を問わず先見力が求められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

「マーキュリー通信」no.3229【富、無限大コンサルタントを目指して-27「自ら未来を 創ろうとせずに成功はない」】

東芝が原発の破綻で東証2部に格下げとなりました。

新規事業に絶えずチャレンジすることは重要ですが、そこには事業リスクがあります。
もう一つ経営者が自らの功名心に囚われ、会社の力を超えた事業リスクをとった場合、

東芝のような運命を辿ります。

従って、経営者としては絶えず事業リスクを考慮しながら、身の丈に合った分野で新規

事業にトライしていきます。

しかし言うは簡単、行うは難しいです。東芝のような大企業の場合、当然稟議案件だっ

たはずです。それでもそのような事業破綻は出てきます。

従って、中小企業の経営者としてはどこまでが身の丈に合った事業リスクなのか判断に

迷うところです。

その様なときに、私のような経験を積んだ中小・ベンチャー企業の経営コンサルタント

が経営参謀役として役に立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

「マーキュリー通信」no.3228【その時人生が動いた-31「本日は㈱もしもしホットライ ン創業30周年」】

本日はもしもしホットライン(現在のりらいあコミュニケーションズ)創業30周年の日

です。

三井物産の鉄鋼部門から情報産業部門に異動して、初の大仕事でした。丁度電電公社が

民営化され、NTTになった頃でした。そして、通信市場の自由化の幕開けの時でした。

その前の1980年末にカナダ(カルガリー出張所)に転勤したときにカルチャーショック

を受けました。

当時の日本は電電公社の時代で、電話を申し込んでから開通まで1ヶ月もかかっていまし

た。

それがカルガリーの電話局に電話の申込みをすると、開通が何と翌日のことにびっくり

しました。

通話料金も日本の10分の1程度でした。更に、通信市場は自由化されていたので、人々は

2台目からはショッピングセンターで購入していました。
各部屋にはモジュラージャックがあったので、それに差し込めば直ぐに使えます。

当時の日本はダイヤル式の黒電話を玄関に1台置いていた時代でした。
日本の通信市場は10年遅れていました。

当時フリーダイヤルを使ったカスタマーセンターが流行出しました。

カナダでは通話料無料ののトールフリーサービスが流行っていました。
そんな経験をした後だっただけに、私はテレマーケティングの新会社もしもしホットラ

インは通信の自由化の波に乗って成功すると確信していました。

株式会社もしもしホットラインの創業、そしてその後同社に出向し営業担当役員の経験

は私の人生に大きな影響を与えました。
丁度その10年後に25年勤務した三井物産を退職することになります。

私の知らない能力が大きく開花した時期でもあり、私が社会人人生で一番輝いていた時

期でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

「マーキュリー通信」no.3227【人生に勝利する方程式-155「思考は固定化する」】

現在「金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュ・フロークワドランド」を15年ぶりに読

み返しています。

キャッシュ・フロークワドランドとはE,S,B,Iの4つの職業の立場からキャッシュ・フロ

ーを捉えたものです。

Eはemployee(従業員)の立場で捉えたキャッシュ・フローです。自分の労働対価として

給与を頂く労働対価収入です。この場合、自分の成績いかんに関わらず収入は保証され

ています。

Sはself-employed(個人事業主)の立場で捉えたキャッシュ・フローです。この人は自

分ががんばった分、収入が取れます。通常の個人事業主から弁護士、公認会計士、司法

書士等個人で働く士業も含まれます。
がんばればがんばった分だけ収入が取れます。しかし、病気やけがで働けなくなったら

収入がなくなります。

Bはbusiness ownerの略です。オーナー経営者等がこれに当てはまります。人を使いな

がら収入が入ってきます。E,Sの労働対価収入とは異なります。一般的には高収入と

なりますが、当然経営リスクが伴うので、収入のアップダウンが大きいです。

最後のIはinvestorです。不動産の投資家、アパートの家主等不労所得がもらえる人た

ちです。株式の投資家もこれを本業として配当益、売買益が受け取れるならinvestorと

言えます。

さて、ここで面白いのは各キャッシュ・フロークワドランドの人々のお金に対する考え

方が異なることです。同じキャッシュ・フロークワドランドに長年いると、それ以外の

キャッシュ・フロークワドランドの考え方ができなくなります。

但し、E,Sにいるキャッシュ・フロークワドランドの人は、B,Iにいるキャッシュ

・フロークワドランドの金銭の考え方ができないのですが、B,Iの人は、E,Sの考

え方を理解できます。

先日、大手企業の子会社2社の社長をやっていた方とお会いしました。サラリーマン社長

ですから、キャッシュ・フロークワドランドは最初のEです。

人生100年時代になりつつある現在、今後は年金プラスアルファの収入が必要となってき

ます。その為に、どのようにお金を得ていくのか、Bのキャッシュ・フロークワドラン

ドの考え方も必要となってきます。
しかし、T氏はBのキャッシュ・フローの考え方が全く理解できませんでした。

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する(Think and grow rich)」という名著があります。人間は思った世界が現実化する。そうなると金持ちになれます。

しかし、T氏に接してみて、長年E、Sのキャッシュ・フロークワドランドにいると「思考は固定化する」ことが分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.3226【空き家1千万戸時代に チャレンジする-37「詐欺の手口その17クーリング・オフ制度の悪用」】

クーリング・オフは法的には8日間です。クーリング・オフ制度は消費者を守る為にあり

ますが、この制度もなかなか複雑で一般消費者には分かりづらいものです。

例えば、販売業者の事務所や買主の自宅、事務所で説明したのもはクーリング・オフの

対象外です。

一方、テント張りの案内所や喫茶店等で説明した場合にはクーリング・オフの対象です

。しかし、一般消費者にはこの区別は分かりづらいものです。

従って、業者がクーリング・オフの説明をしなければ、それで通ってしまうこともあり

ます。

業者を縛る法律があまり複雑では消費者は分からず、却って業者の詐欺の手口に使われ

てしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

「マーキュリー通信」no.3225【人生に勝利する方程式-154「ベストセラー書『金持ち父 さん、貧乏父さん』を再読して」】

日系アメリカ人ロバート・キヨサキが2000年11月に発刊して世界的大ベストセラー書『

金持ち父さん、貧乏父さん』を15年ぶりに読みました。

ロバート・キヨサキには2人のお父さんがいました。

一人の目のお父さんは実のお父さんで、一流大学に入り、一流企業、国家公務員になっ

て人生の成功階段を昇っていくことを理想としていました。しかし、結局は最後は貧乏

で終わりました。

一方、二人目のお父さんはロバート・キヨサキが幼少の頃からお世話になった伯父さん

です。

両者は金銭哲学が全く異なります。

しかし、結局は二人目のお父さんは大金持ちとなり、自分の理想とする人生を歩むこと

ができました。

金持ち父さんの考え方は、
1.金持ちはお金のために働かない
 自分のためにお金を働かせることが基本的な考え方です。「生活のために働く」とい

う考え方は貧乏父さんの考え方です。

2.お金の流れの読み方を学ぶ
 マイホーム取得は投資ではなく負債。マイホーム取得は、充分キャッシュ・フローが

回り出してきてから考えれば良い。

3.自分のビジネスを持つ
 会社の仕事以外に、キャッシュ・フローを生み出す新たなビジネスを行う。

4.会社を作って節税する
 現行税制は企業にメリットがあるように作られている。従って、一定の収入が得られ

るようになったら、会社を作って節税する。

5.金持ちはお金を作り出す
 例えば自分の投資した不動産からどの程度のリターンがあるかどうか絶えず研究する

6.お金の為はなく学ぶために働く
 自己投資は金持ち父さんになる最大の資産形成。

本書は17年前に発刊されたものですが、15年ぶりに再読してみてその考え方はデフレの

時代の今でも通じるベストセラー書といえます。

お金が全てではない、しかし、充分なお金があれば自分の理想とする人生を謳歌するこ

とができます。

又、米国はキリスト教国なので、金持ちは慈善活動や宗教団体等への多額の寄付も当然

のこととして行われています。

現代の日本社会は、政治家は大票田の高齢者に手厚い社会保障政策を推進し、官僚は不

透明な施策により民間をコントロールし、それに群がる利権団体、天下り文化の閉塞状

態です。

もし金持ち父さんのような考え方に切り替わっていったら、デフレ社会から抜け出し、

明るい未来が築いていけると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

「マーキュリー通信」no.3224【安物買いの銭失い、高い物には高いだけの理由がある 】

3ヶ月ほど前にコードレスイヤホンを購入し、その便利さを実感していました。しかし、

使い勝手が悪いのです。

最初にbluetoothに接続するときにも手間取りました。

使用するときもbluetoothに電波を送る必要があるのですが、これがなかなかうまく作動

しません。

そして最近通話の途中で使えなくなってしまうことが出てきました。

そこで、ビックカメラで新しいコードレスイヤホンを購入しました。販売価格は5500円

(消費税別)で、古い商品の倍の価格ですが、使い勝手が全然違います。

最初のbluetoothへの接続が簡単で、コードレスイヤホン通話への切り換えも簡単にでき

ました。

又、耳に当てる部分もしっかりとしていて快適に通話できます。

高い商品は高いなりの価値があることを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

「マーキュリー通信」no.3223【ワンポイントアップのコミュニケーション力-144「第 三者話法を活用する」】

人は自分のミスを直接指摘されると素直に聴けないものです。

そこで第三者の事例を使ってそれとなく気付かせることもできます。

私のメルマガは体験談を基に書いていることが基本ですが、時々読者から自分の事を指

摘されているのではないかと投稿される方もいます。

別にその人のことを想定しているわけではないのですが、もし私のメルマガで気づきが

あれば、自らの過ちやミスの修正に活用して頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

「マーキュリー通信」no.3222【日本の人口が千年後には僅か2千人に減少!そして消滅 国家へ】

本日のスマートニュースで、日本の千年後の西暦3千年には2千人まで減少し、日本は

消滅国家になってしまうというショッキングなニュースを見ました。

現在の出生率1.29で計算すると西暦2500年で7万6000人、3000年には僅か2千人になって

しまうそうです。

厚労省の資料によると2015年の少子化対策費用が5.5兆円に対し、10年後の2025年には僅

か5.6兆円にしか過ぎません。
やはり安倍内閣の少子化対策も口先だけのようですね。

私の住む豊島区でも区庁舎の跡地に文化芸術ホールを建設中です。相変わらずこれまで

の利権構造の延長線上のようですね。

豊島区は出産年齢の女性が少ないので23区で唯一消滅都市と言われています。その豊島

区ですら発想転換ができないようです。

私はその前に中国の植民地になっていると思います。

人口減少=国力の低下となります。

これを中国の立場で考えると、日本の技術力が欲しい。従って、まず企業の買収が頻繁

に行われるようになります。競争力の衰えた日本企業は第2のシャープ、そして東芝が現

れてきます。

その結果、多数の中国人が経営支配していきます。この内の多くが中国人スパイです。

現在既に日本の多くの土地が中国から買収されています。

日本は徐々に経済面から攻め立てられ、そして最後は本丸の政治の中枢へと攻めていき

ます。これが彼等の常套手段ですから。
中国は日本共産党を通じ、まずは民進党との連立政権を組ませ、日本支配を狙っていき

ます。

私の危惧が現実化しないように目覚めよ!日本国民です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

共産党と選挙共闘をしている民進党に強烈なクレームメールを送りました。
今のままなら民進党は消滅政党になることを強く訴えました。
民進党がまともな政党になれば、日本は少し良くなると思いますが・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

「マーキュリー通信」no.3221【奇人変人の異見-304「官僚発想の働き方改革」】

安倍内閣で盛んに働き方改革を訴えています。

しかし、私には官僚発想の働き方改革にしか思えません。

誰でも経験することですが、お役所やお役所の支配を受けている金融機関等と接すると

業務の非効率を痛感します。

日本の生産性が先進国の中では極めて低いのはこの辺が影響しているのではないでしょ

うか。
又、印鑑至上主義、更にはIT社会にもかかわらず未だに謄本や印鑑証明を求められます

民間の業務を阻害している役所の規制を撤廃するだけでもかなり生産性は向上します。

一方、正規社員を増やそうと躍起になっていますが、時代の流れは非正規社員がこれか

らも増加していきます。そして、格差は更に拡大していきます。
それは日本では一度正社員として採用したら解雇するのが極めて難しいからです。だか

ら、企業はできるだけ非正規社員として採用します。

又、女性管理職の登用比率を上げようと躍起になっていますが、これは女性の出産率を

上げることと矛盾しています。
女性管理職の登用比率を上げることより、女性の出産率を上げることが重要です。

一方、社会保障費は既に破綻しており、今の若い人は年金受給を諦めています。その為

にせっせと貯金します。

企業側から見るなら、今後社会保険の対象外の業務委託社員が増えていくと思います。

法定福利費の高騰に企業は値を上げています。

若い人にとり健康保険料は払い損です。万一の病気には生命保険を当てれば良いのです

このように国民側、特に日本の企業の99.7%を占める中小企業の反乱により、社会保険

料のボイコットが今後どんどん起きてくると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

「マーキュリー通信」no.3120【マンション管理、7つの失敗とその回避策-25「通常の マンションの維持管理は経費節減の為に理事会が直接対応すべきか」】

私が理事長の時に長期修繕積立金が1億5千万円不足すると管理会社から提出されました

。そこでいろいろと知恵を絞り1億5千万円不足を解消しました。

その中の一つに組合員からマンション内清掃を管理会社抜きで直接理事会が契約しよう

との提案が出されました。

私は年間3万円程度の経費節減では、窓口となる理事会の対応が大変になるので反対し

ました。

しかし、私が理事長の任期が終わった後、本案が実行されました。

その後、清掃業者とのトラブルが発生し、その対応に理事会が忙殺され値を上げていま

した。

理事会は無償のボランティアです。従って、収入の大枠と支出の大枠の部分を把握し、

どうしたら自分たちが住むマンションという集合住宅を活用して収入が入るかに知恵を

絞ります。
私が実行した1つに携帯基地局の収入があります。長期修繕積立金も段階的に引き上げ

ました。

一方で、支出は大枠の部分、即ち大規模修繕工事、機械式駐車場、給排水管工事、エレ

ベーターの維持管理、取り替え、インターホン等があります。

この部分を管理組合主導で経費節減を諮ります。それ以外の枝葉末節の手間暇がかかる

部分は管理会社に任せておけば良いのです。

この視点を間違えるとしなくても良いトラブルに巻き込まれてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

「マーキュリー通信」no.3219【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-103 「あの世には心しか持って還れない」】

若い頃は死を意識した人は殆どいないと思います。

しかし、高齢者にとってはそろそろあの世のことも考える時期となっています。

昔キンさんぎんさんという双子のおばあちゃんが人気を博しました。
きんさんぎんさんがお金を頂いたときに使い道を聞かれ「老後の生活のためにとってお

く」と回答したことは有名です。

しかし、あの世にお金を持っていくことはできません。あの世に持って行けるモノは心

、魂だけです。

このことを心得ておくとお金やモノへの執着がなくなっていきます。

お金やモノは老後の生活を豊かにする手段と考えると良いと思います。そのような気持

ちで生きていると心穏やかな老後を過ごすことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

「マーキュリー通信」no.3218【ワンポイントアップの経営術-193「中小企業は、営業パ ーソンに新規販路開拓をさせるな」】

中小企業でも新商品の販路開拓が必要なときが出てくることがあります。

自社の販路以外に販路開拓が必要な場合、営業パーソンに販路開拓をさせてはいけませ

ん。

新規の販路開拓には人脈が必要です。人脈のない中小企業の営業パーソンに新規販路開

拓をさせても難しいです。

従って、新規販路開拓には社長自らが行うべきです。社長に人脈がない場合には人脈の

ある人や企業に任せるべきです。

自社の社員を使っても当然経費がかかるわけですから、外部委託の費用を予算として計

上することになります。

その上で新規商品の販路開拓費用がどの程度かかるかを試算することになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

「マーキュリー通信」no.3217【奇人変人の異見-303「巨人軍10連敗で優勝絶望!最大の 原因は戦略の欠如」】

巨人軍は10連敗で23勝30敗、第5位に陥落し、最下位中日とは0.5ゲーム差まで詰め寄ら

れました。これで優勝は絶望的です。

5月2日のメルマガ「プロ野球12球団で唯一観客減少  の巨人軍、その最大の理由とは

?」】で、私は今年の巨人軍の優勝は難しいと書きました。

外野手出身の高橋由伸監督では投手の気持ちが分からず、相変わらず投手起用のミスが

続き、敗因となっています。残念ながら私の予想通りの展開となっています。

さて、巨人軍不振の最大の原因は戦略不足です。

優勝が至上命令の巨人は、毎年他球団からFAで大物選手と外国人選手を獲得してきまし

たが、殆ど外れています。

その影響でドラフトで獲得した優秀な若手生え抜き選手が育たず、他球団にトレードし

ていきます。
皮肉なことに他球団にトレードされた選手はトレード先で活躍しています。日本ハムに

トレードされた太田泰治選手はその好例です。

又、大物選手と外国人選手の獲得はチーム内の不協和音となり、当然チームワークに影

響し、若手選手がやる気をなくします。

その結果、張りぼての魅力ないチームとなり、ファンから見放されていきます。

優勝が絶望的となった巨人がやることは、原則若手選手中心の選手起用をすすることで

す。
首位の広島を見習うべきです。金のない広島は選手の力がつきFA権を行使して、巨人、

阪神等金持ち他球団にお金でトレードされてしまいます。それでも昨年優勝し、今年も

現在首位です。
幸い巨人には走ることが得意な若手選手が多いので、走りと守備を中心としたスピード

野球をファンにアピールすべきです。

そうすればファンは戻ってきます。たとえ、最下位になってもファンは応援するはずで

す。少なくとも私はそうします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

5月2日のメルマガを巨人軍に提案しましたが、無視されたようです。
本日も巨人軍にメールしましたが、果たして巨人は変われるのでしょうか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

「マーキュリー通信」no.3216【奇人変人の異見-302「一橋大学学園祭で左翼の猛威!? 」】

一橋大学の学園祭(小平祭)で映画「永遠の0」で大ヒットした百田茂樹氏が講演する予

定でした。しかし、左翼学生の猛反対により、講演会は中止となりました。

一橋大学の先輩として、「もっと勉強しなさい」と叱りたい気持ちです。

左翼思想がいかに国家をおかしくするのか日本の現状をしっかりと勉強すれば分かるは

ずです。
過度の官僚支配と社会主義体制により日本は国の借金が1000兆円を超えてしまいました

。その過ちを反省せずに社会保障制度の維持をうたって国家破滅の道にひた走っていま

す。
又、共産主義体制は、ソ連が75年の政治実験をして見事に失敗しました。世界のどこの

国を見ても、共産主義国家で幸福な国民は存在しません。マルクス主義は幻想に過ぎな

いことを理解できるはずです。

この危険思想を普及させないために、欧米の多くの国では共産党は非合法です。共産党

は反社会政党であることをしっかりと認識すべきです。

一方、吉祥寺では天皇制廃止を叫ぶ「反天皇制運動連絡会(反天連)」がデモを行いま

した。

日本を滅ぼすには天皇制廃止することが一番です。つまり思想面で日本の精神的支柱を

取り除けば、扇の要を失い、国家は解体していきます。

私の大学生の頃は、70年安保の時代でした。ベトナム戦争と公害問題で、米国型資本主

義の矛盾が問題となり、共産主義に憧れていた時代でした。
そして、安保条約反対を訴え、多数の学生は真面目にデモに参加しました。

しかし、社会人になるとそれが間違いであることに気付かされました。

現役の一橋大学後輩に苦言を呈したい。

君たちのやっていることは、20年以上前にオウム真理教に走った東大生等頭の良いと言

われた大学生と何ら変わらないことを。これは単に詰め込みの大学受験の悪しき弊害に

過ぎません。

もっともっと「考える力」を養うことが重要です。頭でっかちの人間では世の中に到底

通用しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

「マーキュリー通信」no.3215【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-176「血圧によ る健康管理」】

血圧計がだめになったので新しく買い換えました。

これを機に血圧の測り方を変えました。
以前は平常時に測定していましたが、新しい血圧計ではいろいろなシチュエーションで

測定しています。

私の血圧値は正常なので、どういうシチュエーションの時に血圧が変化するかを測定し

ようと思いました。
例えば、階段を9階まで駆け上がっていった後の血圧、入浴後の血圧等血圧が上がるシチ

ュエーションで測定しています。
血圧値は絶えず変化しています。現時点では階段を9階まで駆け上がっていった後の血圧

が一番高いです。
この点を抑えておけば、自分の健康管理に繋がります。

今朝は8時3分に血圧を測定したところ145/81そして脈拍は68でした。普段120台の血圧で

すが、その前に1時間の運動をしていたので基準値の130をオーバーしていました。
その後、階段を9階まで1段おきに駆け上がった後に血圧を測定したところ、139/79そし

て脈拍は73でした。脈拍は多少上がっていましたが、血圧は逆に下がっていました。

更に朝食後の8時39分に測定しました。123/77そして脈拍は71と正常に戻りました。

新しい血圧計は、食卓の上に置き、いつでも使えるようにしています。
古い血圧計はしまっておいたので、結局殆ど使わないままいつの間にか故障してしまい

ました。それを教訓としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

「マーキュリー通信」no.3214【人生に勝利する方程式-153「2人のY社長の生き様に学ぶ 」】

最近Y社長が家賃滞納で事務所を追い出されたことが分かりました。
Y社長は事業の失敗で資金繰りに窮し、私も含め友人知人から金を借り、自転車操業の挙

げ句、逃げてしまいました。

私からは何度も救いの手を差し伸べたのですが、連絡が途絶えたままです。
彼のFacebookを見ると昨年の10月から止まったままです。

その間、債権者や借金取りに追われ、本人が一番辛いことと思います。

しかし、そこで逃げては人生の敗北者として一生負い目を感じる人生を生きていくこと

になります。

私も3000万円程の借金をしましたが、銀行に半年のリスケをして、7年で全額返済しまし

た。
その経験が経営コンサルタントとしての私に大きな財産となっています。

一方、もう一人のY社長ですが、同社長が経営するG社は倒産しました。

Y社長は、株主である私の事務所に謝罪の挨拶で訪ね、再生を誓いました。

その後、Y社長は見事復活し、現在別の事業を順調に進めています。

会社経営をしたら破綻のリスクはいつでもつきまといます。しかし、逃げたらそれまで

の人間関係を全て壊してしまいます。

謝罪を恐れてはいけません。再生計画をプロの力を借りながら立て、実行していくこと

が肝要です。

世の中の大半の社長は、最初のY社長のケースが多いのですが、二人目のY社長をお薦め

したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

「マーキュリー通信」no.3213【その時人生が動いた-30「三井物産を退職してまる20年 経ちました。」】

5月31日に三井物産を退職して丁度20年経ちました。
世の中も私にとっても激動の20周年でした。

しかし、激動の中でも変わらないモノ、それは「自分自身に忠実な生き方をする、正直

に生きる」でしたが、その一番大切な部分は維持していることです。

これがなければ何のために三井物産を辞めたのか分かりません。
もちろん、三井物産は好きだし、三井物産に勤務した25年間は、私自身を徹底的に鍛え

て頂き、現在の自分があるのは三井物産のお陰と大変感謝しています。

又、手に入れたものは「組織からの自由」です。24時間全て自分の自由になる。お金や

地位、名誉に振り回されずに「自分自身に忠実な生き方をする、正直に生きる」です。

そして、行動哲学である「活私豊幸」=「自分を活かしながら人生の途上で出会った人

々をいかに豊かに幸福にできる人間でありたい」 が実践できているかです。

1日を振り返り、1日の大半を他人のことを思って生きてきたかが反省の重要ポイントと

なります。

更に、自分自身の強みとして、大企業的思考方法と中小企業、ベンチャー企業的思考方

法の両方を体得したことです。

これが現在の中小・ベンチャー企業経営コンサルタントに活かされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »