« 「マーキュリー通信」no.3230【ワンポイントアップの経営術-194「起業して10年後の生存率は5%?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3232【ワンポイントアップの営業力-78「いろいろな視点から 物事を捉える」】 »

2017年6月29日 (木)

「マーキュリー通信」no.3231【ワンポイントアップの経営術-195「流通業者にとって魅 力的な商品とは、マージンが良くて売れる商品であること」】

以前「家庭用生ごみ処理機」を販売していました。

メーカーのT社は、大手「家庭用生ごみ処理機」と比べ品質に自信を持っていました。そ

こで、価格も大手と比べ安くして、ダブルで差別化すべきことを主張しました。

私はこれに反対しました。この価格では流通マージンが確保できないことが理由でした

これに対し、T社長は、直売中心で販売していけば良いと主張しました。

そこで私は新商品発売記念特価として、67200円を39900円として、消費者の反応を見よ

うと提案しました。

マーキュリー物産では、助成金が5万円も出る大和市に集中して新聞チラシで勝負しまし

た。しかし、僅か3台しか売れませんでした。
売れない理由は、T社もマーキュリー物産も知名度がなく、消費者から信用されていない

ことが分かりました。

そこで私は販売価格を67200円に戻して流通マージンを確保し、大和市で販売店網を築き

ました。

地元業者経由と助成金5万円が功を奏し、「家庭用生ごみ処理機」はどんどん売れ始め

ました。

あの時、39,900円で薄利多売戦略をとっていたら、T社も(有)マーキュリー物産も共倒

れしていました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆第195号「流通業者にとって魅力的な商品とは、マージンが良くて売れる商品であること」
◆第194号「起業して10年後の生存率は5%?」

| |

« 「マーキュリー通信」no.3230【ワンポイントアップの経営術-194「起業して10年後の生存率は5%?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3232【ワンポイントアップの営業力-78「いろいろな視点から 物事を捉える」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3231【ワンポイントアップの経営術-195「流通業者にとって魅 力的な商品とは、マージンが良くて売れる商品であること」】:

« 「マーキュリー通信」no.3230【ワンポイントアップの経営術-194「起業して10年後の生存率は5%?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3232【ワンポイントアップの営業力-78「いろいろな視点から 物事を捉える」】 »