« 「マーキュリー通信」no.3245【「新生スカイマークと日本型バイアウト」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3247【人生に勝利する方程式-156「5年後、10年後の自分をイ メージして現在の自分を見る」】 »

2017年7月19日 (水)

「マーキュリー通信」no.3246【「生涯現役」医師の日野原重明さん、105歳で死去 】

生活習慣病の予防や終末期医療の充実などに取り組み、100歳を超えても医師として

活躍した東京・聖路加国際病院の名誉院長で、文化勲章受章者の日野原重明さんが18

日午前6時33分、呼吸不全のため東京都内の自宅で死去、105歳でしました。
日野原重明さんは100歳を超えても講演などで各地を飛び回り、長寿社会の元気な老

人を象徴する存在でした。
最期は延命措置を拒んで、望んでいた自宅療養を経ての大往生でした。

日野原重明さんは、文字通り生涯現役人生を歩んだ方で、私も常々日野原重明さんのよ

うな人生を歩みたいと日々過ごしています。

私自身120歳まで生きる人生計画を立てていますが、120歳まで生きることが目的ではあ

りません。

いかに世の中に役に立つ人間として生涯現役人生を送り、最期死期を悟ったら、延命治

療を受けず、そのままあの世に旅立つことを考えています。

この世の見方で見れば死はこの世とのお別れになりますが、あの世から見れば新たな人

生の始まりです。死は決して悲しいことではないのです。

日野原重明さんは大往生され、きっと天国で自分の人生を振り返り満足されていること

と思います。

私もそんな人生を送りたいと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

三井物産在籍中は、35歳以降人間ドックを聖路加国際病院で毎年受けていました。

特に新たに建て替えてからの同病院の設備は充実しており、看護婦さんの対応も素晴ら

しく、快適な人間ドックを受けることができました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3245【「新生スカイマークと日本型バイアウト」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3247【人生に勝利する方程式-156「5年後、10年後の自分をイ メージして現在の自分を見る」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3246【「生涯現役」医師の日野原重明さん、105歳で死去 】:

« 「マーキュリー通信」no.3245【「新生スカイマークと日本型バイアウト」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3247【人生に勝利する方程式-156「5年後、10年後の自分をイ メージして現在の自分を見る」】 »