« 「マーキュリー通信」no.3263【"ワンポイントアップの人間力-117「心のピンを抜く」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3265【終戦の日に靖国神社を参拝して思うこと】 »

2017年8月14日 (月)

「マーキュリー通信」no.3264【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-106 「アラカンからアラハンを目指す」】

アラカンとは還暦前後の年代を指すそうですが、最近は100歳の人、ハンドレッドに因ん

でアラハンと呼んでいるそうです。

昔は還暦から老後の人生と言われていましたが、人生100年時代では還暦は第2の人生と

いえます。

第2の人生の目指す地点は100歳、つまりアラハンです。アラハンまで心身共に元気で生

きたいですね。

先日聖路加国際病院の名誉理事長日野原重明さんが105歳で大往生しましたが、まさに我

々の模範となる方ですね。

アラカンとは仏教用語で阿羅漢と書きます。読み方は、アラカンともアラハンと読みま

す。

仏教では、一切の煩悩(ぼんのう)を断ち生死を離れた、仏教修行の最高段階。また、そ

こに達した人を阿羅漢と言います。

日野原重明さんはクリスチャンですが、まさにその境地に達しているかも知れません。

人は死んだら死後の世界へと旅立ちますが、その人の生前の思いと行いがそのままあの

世の世界へと反映されます。生前の行いが良ければ、天国へと旅立ちますが、悪ければ

地獄へ墜ちて反省させられます。
政治家で口では「社会保障費の充実を」なんてきれい事を言って、腹の中では単に高齢

者からの票欲しさにリップサービスの政治家は地獄へと墜ちて反省させられます。

尚、日野原重明さんは、天国で医療関係の仕事で活躍されていることと思います。

アラカンからアラハンへとただ歳を重ねるのではなく、阿羅漢の境地を目指し、これま

で人生で出会ってきた人たちに感謝しながら、報恩の人生を送ることが第2の人生のポイ

ントと思います。

私の人生標語に、VSOP+XOがあります。

VはVitality 20代はバイタリティーのV
SはSpeciality 30代は専門性を高める
OはOriginality 40代は独自性を求める
PはPersonality 50代は人格を高める

さらに60代以降はX、つまりプラスアルファで生きる報恩の人生
最後は、O即ち無我の境地となります。これは阿羅漢の境地です。そして、天国へと旅立

ちます。天国では生前の職業と関係のある場所へと還っていきます。

これがピンピンころりの極意といえます。

|

« 「マーキュリー通信」no.3263【"ワンポイントアップの人間力-117「心のピンを抜く」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3265【終戦の日に靖国神社を参拝して思うこと】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/65663352

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3264【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-106 「アラカンからアラハンを目指す」】:

« 「マーキュリー通信」no.3263【"ワンポイントアップの人間力-117「心のピンを抜く」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3265【終戦の日に靖国神社を参拝して思うこと】 »