« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

「マーキュリー通信」no.3297【富、無限大コンサルタントを目指して-29「努力しても なかなか成果が出ない場合、別の道にトライしてみる」】

3年後の東京オリンピックの後には反動不況が来ることが予想されています。

その為に経営者として今から次の手を打っておく必要があります。

現業がなかなかうまくいかない場合、別の道にトライすることも大切です。

その場合、自社の強みにフォーカスし、自社にとっての機会は何かを考え、考え、考え

抜いてみることです。

その結果、思わぬ所に勝機が出てくることがあります。

それでも良い答えが出てこないこともあります。その様な場合、自社の経営を傍目八目

的に見ることができる経営コンサルタントに相談してみることも大切です。思わぬ回答

が出てくることもあります。

良い答えが出てこないといって、自社の弱みで新たな機会にチャレンジしてはいけませ

ん。新しい市場で自社の弱みで戦ったら、敗北することは目に見えているからです。

それでもトライしてみようとするなら、最大のリスクを把握し、もし失敗してもそのリ

スクの範囲で治まる、自社の経営に大した影響がないことを確認してから判断すべきと

考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

「マーキュリー通信」no.3296【人生に勝利する方程式-165「「成幸」する考え方」 】

最近、「成功」の代わりに「成幸」という言葉を良く使っています。

一般的に、功成り名を遂げて世間一般的には「成功」したと言われても、心の中は平穏

でない人もいます。従って、必ずしも成功=幸福でないと思っています。

やはり自分の心の中も絶えず平穏で幸福感を感じ、周りの人も幸福にする人を私は成功

者と呼び、「成幸」者と定義しています。

一方、成功者はいつもプラス思考です。失敗してもそれを肥やしとして次の飛躍に繋げ

ていきます。

これに対し、成功できない人は、マイナス思考の人が多いです。それが潜在意識までイ

ンプットされてマイナス思考で固まっています。

そして、何かうまくいかないと昔のうまくいかなかったことが浮上し、足を引っ張り始

めます。

従って、もし成功したいなら成功者と積極的に関わり、成功する考え方と行動を肌で感

じ取っていくことです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

メルマガで民進党は解体すると書いた直後に前原代表が解体宣言をして、余りのタイミ

ングの良さにびっくりしています。

ところでマスコミが左翼陣営のことをリベラルという耳障りの良い言葉を使っています

が、もっと国民に分かりやすい用語で報道すべきと思います。

リベラルの中身、実態は昔の社会等と何ら変わりありません。リベラルは本来自由とい

う意味なので、社会党の考え方とは全く異なります。

一方、保守とは天皇制維持を基本とする思想です。これと対極にあるのが共産党で天皇

制打倒が基本です。マスコミは、政治用語を国民に正確に伝えるべきです。

さて、総選挙の火蓋は切られました。

8年前にマスコミは自民党政治を叩いて民主党に政権交代させました。今回も同じ図式

、即ち安倍政治を叩き、小池百合子新党「希望の党」を持ち上げて、小池百合子新党が

勝利することが予想されます。

政治の中身を議論するのではなく、相変わらずワイドショー的政争劇が続いていること

を憂えているのは私だけでしょうか。

マスコミでなくおろかなマスゴミが依然第4の権力を持っていることが日本の政治経済

社会を悪くしている元凶の1つといえます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

「マーキュリー通信」no.3295【ワンポイントアップのコミュニケーション力-151「感 じる能力と感じない能力を使い分ける」】

人は、自分の発した言葉に無頓着な事が多い一方、他人から受けた言葉で傷つくことは

よくあります。

そんな時、他人から受けた言葉をどのように受け止めるかがポイントです。

他人から受けた言葉を水に流すようにさらさらと受け流せば、気になりません。

砂に書いた文字なら、時間が経てば消えてしまいます。

問題は、他人が発した言葉を「岩に刻む」ようにいつまでも心に留めておくことです。

この場合、自分の心の傷がいつまでも癒えません。

どうしても「岩に刻む」性格の人は、人の言葉をいつまでも気に留めない感じない能力

を身につけることも大切です。即ち鈍感力を身につけていくことです。

ちょっと考えれば、「岩に刻む」ようなことはないはずです。それよりも自分の心の傷

をいつまでも負っていることの方が損です。

一方で、感動した言葉は「岩に刻む」ようにいつまでも心に留めておくと、自分の心の

潤滑油になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

「マーキュリー通信」no.3294【生涯現役社会が日本を救う-10「生涯現役社会の仕組 みを作る」】

これまで「生涯現役社会に消極的に貢献をする」、「生涯現役社会に積極的に貢献をす

る」と語ってきましたが、私が最終的に目指すのは「生涯現役社会の仕組みを作る」こ

とです。

私の所にはいろいろな商材が持ち込まれます。しかし、それを私がやる時間的余裕があ

りません。

そこで、中高年フリーターやアクティブシニアを採用し、活動の場を与えようと思って

います。それには人件費を含めた活動経費がかかります。

その軍資金を現在稼いでいるところです。

一方、空き家は年々増加し、数年後には一千万戸になると予測されています。

その空き家をリフォームし、シェアハウスとして彼等に住まいの提供を考えています。

今後、一人暮らしの高齢者が更に増加が予想されます。それに伴い孤独死も増加してい

きます。

それを防ぐためにもシェアハウスが1つの有効な手段と考えています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

総選挙へと突入しました。

安倍内閣の対抗軸として小池百合子都知事が「希望の党」を新たに設立されました。超

高齢者社会にどのような対策を立てるのか注目しています。

一方、前原代表の民進党の選挙公約を観ましたが、旧態依然として余りにもお粗末です

。民進党の解体は今度の総選挙で更に加速することでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

「マーキュリー通信」no.3293【生涯現役社会が日本を救う-9「生涯現役社会に積極的 貢献をする」】

前回のメルマガのテーマは「生涯現役社会に消極的に貢献をする」でした。

今回のメルマガのテーマは、「生涯現役社会に積極的貢献をする」です。

人は歳をとるにつれだんだんと保守的になっていきます。老後の為にと貯蓄をするよう

になります。

以前大人気を博した双子の100歳姉妹のきんさん、ぎんさんが頂いたお金を「老後のた

めにとっておきたい」と言って話題になりました。

先行き不透明な時代に貯蓄することも止む無しと思います。しかし、これがデフレマイ

ンドを引き起こし、デフレは30年近くに及んでいます。

団塊の世代の私はお陰様で年金だけで充分暮らすことができます。会社や社会に感謝し

ています。

その感謝の気持ちを、社会に還元したいと思っています。

8年前に還暦となった私は、還暦を人生の折り返し地点と位置づけ、残りの半生はこれま

での経験を基に世の中に貢献していく決意をしました。

年金は家計費に回し、それ以外で稼いだお金は全て世の為、人の為に使っていくことに

しています。

毎年数百万円をベンチャー企業への投資、寄付、自己啓発等に使っています。多いとき

は1千万円を超える年もあります。

こうすることで世の中の景気に少しでも貢献できたらと思っています。

いずれはあの世に還ることになります。あの世へはお金や不動産等の財産を持っていく

ことはできません。

それならこの世に生きている間に全て使い切って、あの世に旅立ちたいと思っています


子供のいない私にとってそれがベストの方法と思っています。

===================================================================

新たに中小企業経営者向けにウェビナー(ウェブセミナー)
「あなたの会社を年商10億円企業に大ブレイクさせる7つの武器」
http://webinarsystem.jp/webinar/7buki
を開講しました。是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

「マーキュリー通信」no.3292【生涯現役社会が日本を救う-8「生涯現役社会に消極的 に貢献をする」】

超高齢者社会の進展に伴い四重苦が待っています。

即ち年金破綻、健康保険制度の破綻、介護保険制度の破綻、そして、生活保護を受ける

高齢者の急増という大問題が控えています。その結果、財政は完全破綻します。

その為に高齢者の心がけることとして、政府に頼らないよう老後の生活設計を立てるこ

と、そして、病気にならないよう健康生活を心がけることが大切と思います。

高齢者が、「自分は生涯現役社会を自立して生きていくのだ」と固い決意をもって臨め

ば、年金以外の三重苦の部分は軽減されていきます。

「大海の水も一滴から」のたとえの通り、各個人の思い、決意が社会保障費の軽減に貢

献していくことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

「マーキュリー通信」no.3290【生涯現役社会が日本を救う-7「現在の社会保障制度か ら飛び出す勇気を持つ」】

私の子供の頃は、大家族制度の下、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に暮らすことが

当然の時代でした。

しかし、核家族化が浸透してしまった現在、多くの人が歳をとると最後老人ホーム又は

介護施設等に入居し、子ども達と別居生活を送っています。

しかし、ここに大きな落とし穴があったことに多くの人がまだ気付いていません。

つまり、現在の社会保障制度は、寝たきり痴呆老人輩出制度だということです。
老人ホーム、介護施設等は現代の姥捨て山となっています。

人は世の中から必要とされなくなるととたんにぼけ始めます。
それに気付いたとしても、長年別に暮らしていた親子が一緒に同居することは極めて難

しく、どうしても老人ホーム又は介護施設等に入居することになります。

事実認知症患者は毎年増加し、団塊の世代が全員後期高齢者になる2025年以降認知症患

者が700万人~1000万人になると予想されています。

それは現代の姥捨て山制度が大きく影響しているからです。

従って、現在の社会保障制度から飛び出す勇気を持つことが重要と考えます。

私はその為に高齢者のシェアハウス等を計画しています。

今更価値観の異なる子供夫婦と住むことは困難です。

それなら同じ価値観を持つ高齢者同志がが入居するシェアハウスが今後有力な解決策の

1つになってくるのではないかと思います。

例えば、ビートルズ・ファン同志が一緒に住むシェアハウスなんてイメージしたら楽し

くありませんか。

私はそんなシェアハウスを考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

「マーキュリー通信」no.3289【"ワンポイントアップの人間力-120「フランクリン  スピーキング」】

「フランクリン スピーキング」
とは、「frankly speaking(正直言うと)」をもじっ

た私の造語です。

米国建国の3大偉人(初代ワシントン大統領、2代目ジェファソン大統領)の一人、ベ

ンジャミン・フランクリンは、有名な13の徳を掲げ、それを実践してきました。
13の徳とは、①節制②沈黙③規律④決断⑤節約⑥勤勉⑦正義⑧誠実⑨中庸⑩清潔⑪平静

⑫純潔⑬謙譲です。

これを参考に10年以上前に私自身の13の徳を作り、それを実践してきました。
私の魂の基本は「純粋」です。これが1番の基本になります。
ここから2番目の「誠実さ」が出てきます。そして3番目の責任感へと繋がります。

一方で魂が純粋なので「屈託無く明るい」、「正義感が強い」へと繋がっていきます。
しかし、「屈託無く明るい」が強く出過ぎると、「鈍感」「相手を傷つけても気がつか

ない」に繋がります。

又、「正義感が強い」が出過ぎると、「協調性を欠く」「相手を裁く」に繋がります。

そこで、4番目の「中道」でバランスをとります。中道をベースに、その日の出来事を

振り返り⑤「反省」します。

その時に追加することが、⑥「勇気」⑦「与える愛の実践」(人の役に立つ)です。

更に私の造った言葉3KS(感謝、謙虚、寛大、素直)の実践です。

そして、子供の頃から培った「努力精進」「質素倹約」が加わります。

この13の徳、基準で生きていくことで、本当の自分に忠実に生きることができます。そ

して、心穏やかに充実した人生、後悔のない人生を生きることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

「マーキュリー通信」no.3288【"ワンポイントアップのコミュニケーション力-149「た った一言が人の心を傷つける、たった一言が人の心を暖める」 】

私の座右の銘の1つに詩人サトーハチローが書いた「たった一言が人の心を傷つける、た

った一言が人の心を暖める」
があります。

私のたった一言が人の心を傷つけてしまった場合、それに気がついたら直ぐに謝ります

。又、1日の終わりに本日の出来事を振り返り、それに気付いた場合、翌日相手に謝りま

す。
一方、私自身も相手の不用意な発言で傷つけられることもあります。たいしたこと出な

い場合には、そのまま放置すればいずれ忘れてしまいます。

そうでない場合、相手に気づきを与えるようにアドバイスします。それでも気付かない

場合もあります。
その場合、相手を追い込まないようにします。コミュニケーションの基本は相手に非を

認めさせ、相手を打ち負かすことが目的ではないからです。相手を打ち負かせば、お互

いに感情的なしこりが残ってしまうからです。

本人が同様のことを他人に繰り返した場合、相手を傷つけることになり、本人がいずれ

何らかの形で気付かされる場合が出てくるからです。

一方、「たった一言が人の心を暖める」
のケースですが、小学校3年生の時の通信簿に担

任の小泉明先生から「この子は将来有望である」と書かれていました。

60年近く前の事ですが、未だ鮮明に覚えています。先生から頂いた一言で心が暖まり、

勇気をいただきました。

その気持ちを大切にし、他人の心を暖める一言を普段から心がけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

「マーキュリー通信」no.3287【クラフトビール市場の革命児「コエドブルワリー」】

第27回一橋新経済人倶楽部は、新装オープンしたコエドブルワリーの東松山新工場見学

となりました。

同工場は、1980年代にリコーが社員用の研修施設として建てました。
森林公園駅からタクシーで工場の入り口に到着すると、ビール工場のイメージとは全く

異なるゴルフ場のような瀟洒な建物の印象を受けました。

建物の入り口に入ると洒落た研修施設のイメージでした。

そこで、工場見学の前に朝霧社長からクラフトビールのレクチャーを受けました。

90年代に規制緩和で地ビールブームが起きた。
しかし、観光地商法のイメージが先行し、品質が伴わず直に廃れてしまった。

地ビールのマイナスイメージを払拭する為に中小ビールメーカーが品質に拘るクラフト

ビールを立ち上げた。
クラフトビールは米国で起こったモノで、米国のビール産業は10兆円市場と言われ、ク

ラフトビール市場はその12%で4千社のビールメーカーが競い合っている。

これに対し日本のビール市場は小さく、クラフトビールメーカーは200社、そのうちアク

ティブに稼働しているのが100社程度と推測される。

ビール発祥の地はヨーロッパだが、もともとヨーロッパは水質が悪く、ビールを常温で

水代わりに飲んでいた。ヨーロッパ人はアルコールに強く、水代わりに飲んでも平気な

体質だった。

さて、コエドブルワリーは、これまで地ビール時代に販売に苦戦し、OEMをも実施してい

た、多品種少量生産の地ビールメーカーの地位だった。

しかし、2006年に地ビールからクラフトビールへとポジションを再定義し新工場誕生を

機に、品種も5種類に絞った。
味は、普通のビールに近い瑠璃から、白ブドウのフレーバー、バナナフレーバー、サツ

マイモを入れたビール、黒ビールの5種に絞り込みまれています。

販路はデパート、高級スーパー等がメインです。まだコンビニにはブランディング上の

チャネル政策上展開してません。生産能力の増強と組織体制の確立が今後の課題です。

同工場は研修施設を買い取ったので宿泊設備もあります。

朝霧社長は、今後はインバウンド需要を取り込み、外国人にも宿泊付でビール工場を見

学してもらい、外需の拡販に注力していく計画だそうです。建物自体が工場とは思えな

い素晴らしさで、きっと外国人にも評判になると思います。

工場設備を見学し、充填設備を始め至る所に自動化と生産性向上の工夫が凝らされてい

ました。

近い将来同社がクラフトビール市場でナンバー1になる予感がしました。朝霧社長の経営

手腕に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

「マーキュリー通信」no.3286【生涯現役社会が日本を救う-6「2007年生まれの子供の 半数が107歳まで生きる!」】

9月11日に政府は新たに掲げた看板政策「人づくり革命」の具体策を話し合う「人生100

年時代構想会議」(議長 安倍首相)の初会合を首相官邸で開きました。

会議には、人材論で世界的権威のリンダ・グラットン英国ロンドン・ビジネススクール

教授も参加し、新たな人生のあり方を提言しました。

これまで人生は、「教育、仕事、引退」という3つのステージでした。しかし、人生100

年時代では、人生設計を変えるべきと主張しました。
人生100年時代では、70~80歳まで働くことが求められ、それに従って働き方も変えてい

く必要がある。幅広い針路を検討する「エクスプローラー(探検者)」のステージを経

験する。
自由と柔軟性を重んじて小さなビジネスを起こす「インディペンデント・プロデューサ

ー(独立生産者)」や、様々な仕事や活動にに同時並行的に携わる「ポートフォリオ・

ワーカー」のステージを実践する人も現れる。

私などはまさに「ポートフォリオ・ワーカー」を実践し、今後も「ポートフォリオ・ワ

ーカー」の道を歩んで行くことになると思います。

人口学者によると先進国の平均寿命は医療技術の発達により年々伸びてきました。

2007年生まれの子供の半数が達する年齢は欧米で102~104歳、但し日本の場合飛び抜け

て長寿国で、107歳まで半数の子供が生きると予測しています。

皆さんは、町を歩いていて半数の人が100歳以上の社会をイメージできますか。

私たちは今後この予想に基づき人生設計を見直す必要があります。

政府も4年を目途に人生100年時代の新たな政策メニューを策定するとのことです。

しかし、何よりも変わらなくてはならないのは個人そのものとリンダ・グラットン英国

ロンドン・ビジネススクール教授は強調しています。

詳しくは同教授のベストセラー書「100年時代の人生戦略」(東洋経済新報社 1800円+

消費税)をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

「マーキュリー通信」no.3285【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-178「胸式呼吸 のメリット」】

私たちは普段胸式呼吸、腹式呼吸を意識せずに生きています。一般的に言うと女性は胸

式呼吸、男性は腹式呼吸が多いそうです。

腹式呼吸は内臓の運動が促され、内臓に対してのマッサージ効果が生まれるため、通常

は丹田に意識を集中した腹式呼吸を意識的にするよう推奨されています。

一方、胸式呼吸を行うと、自然に関節をストレッチすることになります。それにより、

胸郭を構成する背骨、肋骨、胸骨の動きが良くなります。胸式呼吸のメリットは、胸郭

の柔らかさを促すということです。

但し、胸式呼吸を余りやり過ぎると全身の緊張を高めるそうです。

最近私は整体マッサージ士から胸式呼吸を推奨され胸式呼吸に取り組んでいます。
胸に手を置きながら、胸に意識して呼吸をすると上手にできます。

私の場合、腹式呼吸が定着しているので、胸式呼吸も一部採り入れることで、呼吸法の

全体バランスをとることで、体全体のバランスが取れるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

「マーキュリー通信」no.3284【生涯現役社会が日本を救う-5「2025年問題は団塊の世 代の責任として捉える」】

2025年問題とは、団塊の世代が全員75歳の後期高齢者となり、今でも破綻状態の社会保障費に更に追い打ちを掛けるように医療費、介護保険、生活保護老人が急増し、財政悪化に拍車をかけることが予想されています。

年金の制度設計当時、団塊の世代の平均寿命は70代半ばでした。しかし、今では10~15

年寿命が延びています。

それによって年金財政は破綻しました。それ自体団塊の世代の責任ではありません。

しかし、人間は歳をとればとるほど病気になる確率が高くなっていきます。従って、病

気にならない生活習慣と予防医学を実践することが団塊の世代に求められる責務といえ

ます。

私は20年以上前から正しい生活習慣、食習慣、そして予防医学、更には毎朝1時間の運動

を実践してきたので、現在の体力等健康状態は40代の頃と殆ど変わりありません。

週1回タニタの体重計で体重を測定していますが、その時同時に体脂肪率、内臓脂肪、

骨量、基礎代謝、筋肉量も表示されます。それらのデータに基づくと私の体内年齢は4

0歳と表示されます。
体重はダイエットにより60kgに絞り込み、その結果体脂肪率は15~16%を維持ししていま

す。

一方、認知症は制度設計当時にはなかった病気です。認知症発症の原因は世の中との接

点を持たなくなることです。

人は世間から必要とされなくなると脳機能も衰え、認知症へと進んでいきます。

だから生涯現役人生を送ることが重要となって来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

「マーキュリー通信」no.3283【ワンポイントアップの経営術-200「あなたの会社の商品 市場は右肩上がりですか?」」】

昨日サプリメントとスキンケアを取り扱うA社の代理店からA社の代理店を勧められまし

た。

A社の商品は確かに良いと思います。しかし、A社の売上は過去30年間に3000億円から3分

の1に落ちています。
サプリメントとスキンケア市場はレッドオーシャン市場で、様々な業態の競合各社が血

みどろの戦いをしている市場です。A社の売上減少分、同業他社から市場を奪われている

ことになります。

私は経営コンサルタントの立場から、A社の成長はとっくに止まっており、ビジネスとし

ては全く魅力が無いとコメントしました。

それでもA社の代理店Nさんは自信たっぷりでした。

2020年に東京オリンピックが開催され、その後反動不況が来ることが予想されています

今から中長期の経営計画を策定し、自社の商品市場の成長性をチェックすることが重要

です。

3年後の自社の業績がどうなっているのか、反動不況に耐えられるのか、3年後をにらん

だ経営計画の策定が重要といえます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

シリーズ「ワンポイントアップの経営術」は今回で丁度200回です。経営コンサルタント

の目で各社の経営状況を見ると、社長の目とは違った見方ができます。

自分の経験談を中心にメルマガを書いてきましたが、あっという間に200回となりました

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

「マーキュリー通信」no.3282【人生に勝利する方程式-164「思考は現実化する-2 人 生で成功するマスターマインドとは?」】

昨日のメルマガに続き、ナポレオン・ヒルの名著「思考は現実化する」からです。

マスターマインドとは、「2人以上の何らかの願望や目標を持った人間の集まりのことで

あり、それらの人々の間で行き交う、波長の合った思考のバイブレーション」とナポレ

オン・ヒルは定義しています。

ヘンリー・フォードは、資金がない、無学、無知の三重苦の中、フォード自動車を創業

後25年で米国ナンバー1の大富豪になりました。

その理由は、エジソン他マスターマインドを持ち、彼等の思考と行動に影響を受けたか

らだそうです。
つまり成功者のやり方を素直に受け止め、その通り実行していったからだそうです。

事業は一人では成功できない。同志を募り、ミッションを掲げ、それに向かって努力精

進しながら邁進していくことの大切さを学ばせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

「マーキュリー通信」no.3281【人生に勝利する方程式-163「思考は現実化する」】

全世界的にベストセラー書となったナポレオン・ヒルの名著「思考は現実化する」
を再読しています。

第9章に、「忍耐力を身につける」下記4つのステップは、ビジネスで成功する秘訣が隠

されています。

1.燃えるような熱意に支えられた明確な願望や目標を持つこと
2.明確な計画を立てて、着実に実行していくこと
3.親戚、友人、周囲の人たちの否定的な、あるいは意気消沈させるような意見
をきっぱり拒絶すること
4.目標と計画に賛成し、激励してくれるような人を一人、あるいはそれ以上の
人を友人にすること

今から30年前、三井物産在籍中にテレマーケティングの新会社もしもしホットラインを

創業したときのことです。

三井物産の頭の固い管理部門の人から、社名が異色だったせいか「三井物産がテレクラ

をやるなんてけしからん」と猛反対に遭いました。

当時は電電公社が民営化し通信の自由化がスタートした年でした。

通信の自由化で市場は急拡大する、10年後には絶対上場させるという強い決意の下、も

しもしホットラインはスタートしました。

そしてその強い思いが結実しました。

もし、あの時管理部門の猛反対に屈していたら東証一部上場の年商1000億円企業は誕生

していませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

「マーキュリー通信」no.3280【ワンポイントアップの人間力-119「猿の知恵、人間の 知恵、神仏の智慧」】

アルジェリアのサルの捕獲に椰子の実を使うユニークな方法があります。椰子の実の中

身をくりぬき、その中に米粒を入れおきます。
そこにサルがやってきて、米粒をつかみます。米粒をつかんだサルを簡単に捕獲できま

す。サルが捕獲から逃げる方法は米粒を放せば椰子の実から手を抜くことができるわけ

ですが、サルにはそれができません。
人間にはすぐに分かることですがサルにはそこまで分かりません。

しかし、人間もサルのことを笑ってばかりいられません。

連日産業人のコンプライアンス違反、政治家の汚職、役人の汚職等カネや地位、名誉に

執着する哀れな人間の報道がマスコミを通じ流されます。

これなど神仏から観たらサルの知恵と変わりません。

神仏が喜ぶ行為は、地位、名誉、カネは自分のためにあるのではなく、その地位を活用

して、世の為、人の為に役立つことです。

こういう浅知恵、悪知恵の人間は、死後地獄へと墜ちて反省を求められます。これはサ

ルが人間に捕獲されるのと同じ事を意味します。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

民進党の代表に前原氏が選ばれました。一連の代表選、そして代表選後の彼の言動を観

ていると、私にはサルの浅知恵にしか見えません。

民進党は引き続き解党に向かって党勢が衰退していくことになるでしょうね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

「マーキュリー通信」no.3279【幸福になれない症候群-16「幸不幸を決めるのは自分の 心」】

人生の途上では様々な出来事と出会います。その出来事を他人から見れば不幸と思える

こともあります。しかし、幸不幸を決めるのは自分の心です。

私は5歳で母親が病死し、その翌年父が家出をしてしまいました。私は家出した父親を

恨んだことは一度も無ければ、自分の境遇を不幸と思ったことも一度もありません。

両親が不在だったので、頼れるのは自分しかないと思い、幼少の頃から自立心旺盛に育

ちました。

父親は10年後に戻ってきましたが、その時の父親の姿は着の身着のままの惨めな姿で

した。

その時、「父親のようにはなりたくない」、「その為には努力精進して、自分を鍛えて

いこう」と決意しました。それが習慣となり現在まで続いています。

又、チャレンジング精神旺盛な私は多くの失敗もしました。挫折も味わいました。しか

し、いつも失敗は反省し、自分の成長の肥やしとしてきました。

決して周りの環境のせいや他人のせいにしませんでした。全て自己責任として捉えてき

ました。

それは「幸不幸を決めるのは自分の心」と思っているからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

「マーキュリー通信」no.3278【ワンポイントアップの経営術-199「穴熊社長が倒産の危 機に陥れる」】

穴熊社長とは、現場軽視のことを言います。現場とは2つあり、顧客と商品・サービスが

販売されている現場のことを指します。

私にも以前苦い経験があります。

10年程前NTTの光ファイバー網構築ビジネスBフレッツ営業をしていました。

社長としての私は他の2つのビジネスに忙殺され、Bフレッツ営業は自分の片腕の人間に

任せていました。

それが裏目と出ました。現場を知らない私はマンションオーナーから架空の申込み書が

上がってきましたが、それを見抜けませんでした。

又、各営業マンがマンションオーナーとどのような関係にあるかも正確に把握していま

せんでした。あくまでも数字の管理、目標数字にどの程度達成しているかという管理で

した。

結局Bフレッツ営業では失敗し、資金繰りに窮し、会社が倒産の危機にまで陥りました。

そこで、全従業員をリストラし、事務所を閉鎖し、7年掛けて銀行借入を全額返済しまし

た。

当時Bフレッツ営業に関しては穴熊社長をやっていたわけでした。これが経営コンサルタ

ントとしての貴重な経験となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

「マーキュリー通信」no.3277【人生に勝利する方程式-162「自分に訪れたチャンスを活 かす姿勢」】

人生の途上で大小様々なチャンスが訪れてきます。

その時にどういう姿勢で臨むかが重要と考えます。

まずは素直に聴く姿勢が最重要と考えます。
人は自分の経験、考え方で物事を判断します。それがその人の能力を形成していますが

、まずは素直に聴くことで、そのビジネス等のコンセプトや本質をつかむことができま

す。

私の場合、せっかく自分に訪れたチャンスですので、事業説明会やセミナーに参加する

際は、最前列に座り、集中して講義を聴きます。メモは必ずとります。メモをとること

で居眠り防止にも役立ちます。
疑問があれば質問をします。そして、そのビジネスを採り上げるかどうかは基本的にそ

の場で判断します。なぜならその時点での記憶と理解がベストなので、後日検討すると

いっても理解が低減していくからです。
採用基準は、自分の経験等がいかせるかどうか、最大のリスクを計算することがポイン

トです。但し、単なる金儲けだけの話には乗りません。

自分が選択したビジネスがうまくいかない場合もあります。しかし、最大のリスクを計

算しているので、予想と異なる場合には撤退します。

「失敗は自分を鍛える肥やし」が私の行動哲学ですので、それで自分が又たくましくな

る、貴重な経験をさせていただいた思えば良いわけです。

大きなチャンスにチャレンジするときに、過去の小さな失敗が生きてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »