« 「マーキュリー通信」no.3288【"ワンポイントアップのコミュニケーション力-149「た った一言が人の心を傷つける、たった一言が人の心を暖める」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3290【生涯現役社会が日本を救う-7「現在の社会保障制度か ら飛び出す勇気を持つ」】 »

2017年9月21日 (木)

「マーキュリー通信」no.3289【"ワンポイントアップの人間力-120「フランクリン  スピーキング」】

「フランクリン スピーキング」
とは、「frankly speaking(正直言うと)」をもじっ

た私の造語です。

米国建国の3大偉人(初代ワシントン大統領、2代目ジェファソン大統領)の一人、ベ

ンジャミン・フランクリンは、有名な13の徳を掲げ、それを実践してきました。
13の徳とは、①節制②沈黙③規律④決断⑤節約⑥勤勉⑦正義⑧誠実⑨中庸⑩清潔⑪平静

⑫純潔⑬謙譲です。

これを参考に10年以上前に私自身の13の徳を作り、それを実践してきました。
私の魂の基本は「純粋」です。これが1番の基本になります。
ここから2番目の「誠実さ」が出てきます。そして3番目の責任感へと繋がります。

一方で魂が純粋なので「屈託無く明るい」、「正義感が強い」へと繋がっていきます。
しかし、「屈託無く明るい」が強く出過ぎると、「鈍感」「相手を傷つけても気がつか

ない」に繋がります。

又、「正義感が強い」が出過ぎると、「協調性を欠く」「相手を裁く」に繋がります。

そこで、4番目の「中道」でバランスをとります。中道をベースに、その日の出来事を

振り返り⑤「反省」します。

その時に追加することが、⑥「勇気」⑦「与える愛の実践」(人の役に立つ)です。

更に私の造った言葉3KS(感謝、謙虚、寛大、素直)の実践です。

そして、子供の頃から培った「努力精進」「質素倹約」が加わります。

この13の徳、基準で生きていくことで、本当の自分に忠実に生きることができます。そ

して、心穏やかに充実した人生、後悔のない人生を生きることができます。

|

« 「マーキュリー通信」no.3288【"ワンポイントアップのコミュニケーション力-149「た った一言が人の心を傷つける、たった一言が人の心を暖める」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3290【生涯現役社会が日本を救う-7「現在の社会保障制度か ら飛び出す勇気を持つ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3289【"ワンポイントアップの人間力-120「フランクリン  スピーキング」】:

« 「マーキュリー通信」no.3288【"ワンポイントアップのコミュニケーション力-149「た った一言が人の心を傷つける、たった一言が人の心を暖める」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3290【生涯現役社会が日本を救う-7「現在の社会保障制度か ら飛び出す勇気を持つ」】 »