« 「マーキュリー通信」no.3290【生涯現役社会が日本を救う-7「現在の社会保障制度か ら飛び出す勇気を持つ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3293【生涯現役社会が日本を救う-9「生涯現役社会に積極的 貢献をする」】 »

2017年9月25日 (月)

「マーキュリー通信」no.3292【生涯現役社会が日本を救う-8「生涯現役社会に消極的 に貢献をする」】

超高齢者社会の進展に伴い四重苦が待っています。

即ち年金破綻、健康保険制度の破綻、介護保険制度の破綻、そして、生活保護を受ける

高齢者の急増という大問題が控えています。その結果、財政は完全破綻します。

その為に高齢者の心がけることとして、政府に頼らないよう老後の生活設計を立てるこ

と、そして、病気にならないよう健康生活を心がけることが大切と思います。

高齢者が、「自分は生涯現役社会を自立して生きていくのだ」と固い決意をもって臨め

ば、年金以外の三重苦の部分は軽減されていきます。

「大海の水も一滴から」のたとえの通り、各個人の思い、決意が社会保障費の軽減に貢

献していくことになります。

|

« 「マーキュリー通信」no.3290【生涯現役社会が日本を救う-7「現在の社会保障制度か ら飛び出す勇気を持つ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3293【生涯現役社会が日本を救う-9「生涯現役社会に積極的 貢献をする」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3292【生涯現役社会が日本を救う-8「生涯現役社会に消極的 に貢献をする」】:

« 「マーキュリー通信」no.3290【生涯現役社会が日本を救う-7「現在の社会保障制度か ら飛び出す勇気を持つ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3293【生涯現役社会が日本を救う-9「生涯現役社会に積極的 貢献をする」】 »