« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.3311【人生に勝利する方程式-170「last frontierとはどこか ?」】

前回のメルマガで書いた世界的ベストセラー書「ザ・シークレット」から多くのことを

学びました。

last frontier(最後の開拓地)を、筆者のロンダ・バーンは「それは宇宙の旅でもな

い。自分の心の中への旅です。自分の心の中への旅は、果てしない宇宙への旅と同様わ

くわくするくらい果てしない旅です。」と訴えています。

心は宇宙と繋がっています。宇宙は巨大なエネルギー、物理学者は巨大なエネルギー又

は宇宙意識と定義しています。一方で、宗教家は神仏と定義しています。

定義の仕方は異なりますが、目指すところは同じです。

自分の心の中への旅は、自分探しの旅でもあります。本当の自分に出会ったときに、人

生は更に楽しくなります。

私自身10年以上前に本当の自分に出会い、本当の自分をコントロールしながら、更なる

旅へと続けている最中です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日は12月中旬の温度だそうです。

地球温暖化が叫ばれていますが、地球温暖化はまだ仮説で、それが政治的思惑や様々な利権と絡んで一人歩きしているようです。

地球温暖化と寒冷化は太陽の黒点との関係で一定周期で訪れ、現在は地球温暖化の時期という説もあります。

地球温暖化のデメリットが世界的に喧伝されていますが、地球寒冷化のデメリットは地

球温暖化のデメリットより遙かに大きいです。

作物は不況になり、世界的大飢饉となり、餓死者が急増します。そして、穀物相場は高

騰していきます。

本日の気温から地球温暖化と寒冷化に思いが飛んでいました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

「マーキュリー通信」no.3310【人生に勝利する方程式-169「全ての過去は今に繋がっ ている」】

あなたの現在は全ての過去が今に繋がっています。

しかし、先日ご紹介した世界的ベストセラー書「ザ・シークレット」では、過ぎ去った

過去の嫌な思い出は消し去れば良いと教えて頂いています。そう、丁度黒板に白墨で書

いた文字のごとく。

そして、新たな出来事を又黒板に書き込んでいけば良いのです。

これは年齢に関係ありません。

未来は新たに創っていくことができます。そう思うとわくわくしてきませんか。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

現在総選挙の戦いの真っ最中ですが、希望の党が失速し、新政党立憲民主党が急速に勢

力を伸ばしていると報道されています。

北朝鮮の核ミサイルが頻繁に日本列島上空を通過し、国防危機に瀕しているときに左翼

政党の立憲民主党が勢力を伸ばしていることが理解できません。

護憲を一番喜んでいるのは北朝鮮なのに、平和ぼけした国民に国民の安全の危機を訴え

るのもマスコミの責務と思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.3309【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-180「血圧を 様々な状況で測り、血圧の変化を把握しておく」】

今年94歳の父が3月に高血圧で倒れました。幸い一命は取り留めました。

それ以来、血圧に関心を持ち、最新のデジタル式の血圧計を買いました。

取扱説明書には毎日一定の時間に測定することを奨めています。
しかし、血圧は状況に応じ絶えず変化しています。そこでいろいろな状況で血圧を測定

しています。
            測定時刻 高/低  脈拍      
・起床時         5:34      122/95  83
・前日泥酔した次の朝   5:55   133/83  90
・階段昇降時       8:10      150/74  76 
※毎朝、1時間運動しています。その後、3階の我が家から1階まで降りて、そこから

9階まで1段おきに昇り、そして3階の我が家まで降りてきます。
・夕食後         20:02      126/80  89   
・入浴後         20:56  163/130  87
・飲んだ後        23:53      112/60  97

一番血圧が高いのは入浴後でした。
高齢者が風呂場で倒れる理由がこれでよく分かりました。
これから寒い季節になりますが、入浴時に血圧が上昇するので家族は気をつける必要が

あります。
但し、高齢者の一人暮らしが増加傾向にあるので、その点心配です。

ところで厚労省の高血圧の基準値は1998年までは160/95以上でした。
それが明確な理由なく2000年に突然140/90に引き下げられました。

98年の基準値では高血圧者は1600万人でした。
それが2000年には3700万人が高血圧症になってしまいました。

更に2008年以降、メタボ健診で糖尿病、腎臓病を合併している場合、130/80以上が治療

目標になりました。

高血圧の原因は未だ解明されていません。
人間は加齢に伴い、血液を先に送る力が弱くなっていきます。これに伴い加齢に伴い血

圧が上昇していきます。

私も若いときは寧ろ低血圧で、起床時は100前後でした。現在は120~130ですが至って

健康体です。

入浴後には140以上となるので高血圧状態ですが、その時に血圧降下剤を飲んでしまっ

たらぼけの原因となってしまいます。

旧基準時の降圧剤の売上げは2000億円だったのが、新基準後の2008年には1兆円に急上

昇しています。

単に医者や製薬会社を儲けさせているだけです。何か業界の利権構造が透けて見えるよ

うです。

一方、認知症老人数が年々増加しています。降圧剤の乱用がその原因となっているのか

今後専門家の調査を期待します。

■参考文献:「医者に殺されない47の心得」(近藤誠著 アスコム刊)

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

以前、血圧計は棚に置いていました。この為殆ど使わないうちに故障してしまいました


そこで、新しい血圧計は目のつくところに置き、いつでも測定できるようにしています

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

「マーキュリー通信」no.3308【人生に勝利する方程式-168「世界のベストセラー書ザ ・シークレットの秘密とは?」

「世界のベストセラー書ザ・シークレット」(ロンダ・バーン著)を読みました。

あなたが手に入れたいものを明確にし、それを絶対に手に入れるぞと心に誓うことです

。そして、「既に手に入れた」と信じること。
なぜならアインシュタインは、全ての事象は既に同時に起きっており、時間など存在し

ないのだと理解し、その概念を受け容れれば、自分が将来ほしいものは既に存在してい

ると考えて良いとのことです。

その為に感謝の気持ちがあなたの生き方になるまで「感謝」の気持ちを習慣化すること

です。

そして、手に入れたいものをビジュアル化していきます。

これが強くなればなるほど「引き寄せの法則」が働いてきます。

この「引き寄せの法則」にはエネルギーが働いています。

量子物理学者は、この世を創造したモノをエネルギーと呼びます。量子物理学者のエネ

ルギーの定義は、「決して創り出すことことも破壊することもできないもの。過去にも

存在し、現在、そして将来にわたって永遠に存在するもの。不滅のもの」と答えます。

一方、同じ質問を神学者にすると「神」と答えます。神学者の「神」の定義とは、過去

にもあり、いつもあったもの、創り出すことも、破壊することもできないもの。それは

永遠の存在」と回答します。

つまり、説明が違うだけで、「エネルギー」も「神」も同じ説明となります。

そして、あなた自身もエネルギーであり、スピリチュアル(霊的存在)です。これは永

遠に不滅の存在です。

更に人間も創造主である神と一体です。だから人間の潜在能力は無限です。

過去の全ての意識、発見、そして未来の全ての発明発見も宇宙の意識の中に存在してい

ます。

人間の意識がそれを引き出す力を持っている。

これが世界的ベストセラー書「ザ・シークレット」の秘密です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私自身も「ザ・シークレット」の秘密である人間は霊的存在との認識の下に、生活して

います。その基本が感謝です。神仏や社会、これまで出会った人たち、そして周りの人

に対する感謝です。感謝の気持ちで生きていると、心穏やかに毎日を幸福に生きること

ができます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

「マーキュリー通信」no.3307【生涯現役社会が日本を救う-12「若者が積極的に政治 参加することが生涯現役社会を創っていく」】

現在総選挙の真っ最中です。各候補者は耳障りの良い政策を有権者に訴えていますが、

本音はいかに自分が受かりたいか敷かなく、今回ほど政治屋の醜さが表面化している選

挙も珍しいです。

小池百合子新党ブームが起きたと思いきや、小池百合子氏の「民進党のリベラル派排除

」発言以来、急速に小池ブームが冷めつつあります。

しかし、ムードに左右されてはいけないと思います。もっと物事の本質を見抜くべきと

考えます。

今回の選挙の投票率も60%を切る低投票率が予測されています。
その最大の原因は若者の選挙離れです。若者の投票率は35%程度です。一方、高齢者の

投票率はその倍の70%程度です。そして、若者対高齢者の人口比率は1対3です。従っ

て、実際の投票数は1対6程度に更に開きます。

こういう現実がある以上政治屋の本年は高齢者向けの年金、医療、介護保険、生活保護

の4点セットを全面的に打ち出した政策を与野党そろって推進しています。
そのツケで、少子化対策などの予算の伸びは殆ど期待できません。これが政治の実態で

す。

政治屋は税金をばらまき選挙民を合法的に買収することで当選しています。

そのツケが国の借金です。千兆円を既に突き抜け天井知らずで増え続けています。

そして、そのツケは若者世代へと先送りされていきます。政治屋や官僚は将来のことな

ど考えていません。目先当選すること、そして官僚は省益しか考えていません。

この膨張した借金を減らすにはどうしたら良いでしょうか。

それは若者がもっと政治に関心を持ち、政治参加することです。

そして、社会保障費充実を訴える政治屋に投票しないことです。「自分の生活は自分で

守れ!」です。

その為には若いときから生涯現役設計をし、それに基づいた人生を送っていくことです

どうせ国は守ってはくれない。だからこそ自分の生活は自分で守り、生涯現役人生を送

って行くことが大切と考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日、後楽園駅前で立憲民主党の候補者が街頭演説していました。

私は、その候補者に、「現行憲法を守ることで一番喜んでいるのは北朝鮮ですよ」と意

見したら、鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

「マーキュリー通信」no.3306【ワンポイントアップの人間力-121「心の三毒を点検す る」】

心の三毒とは仏教用語で「貪・瞋・癡」のことをいいます。

「貪(トン)」とは貪欲のことで、金、地位、名誉等に必要以上に執着している状態を

指します。

「瞋(ジン)」とは怒りのことです。直ぐにカットなるひとはこの「瞋(ジン)」の部

分が心の制御として必要となります。

「癡(チ)」とは愚かさを言います。

「貪・瞋・癡」の内、最後の「癡(チ)」が半分以上を占めます。

人生を生きていく中で、様々な出来事に出会い、失敗を繰り返しますが、最大の理由は

無知、愚かさから来ています。

更には「慢・疑・悪見」の3つを加え、仏教では六大煩悩と呼びます。

「「慢」は自信過剰、増上慢を指し、「疑」は神仏に対する疑いの心、そして最後の「

悪見」は、間違ったモノの見方を言います。邪教の類い、更には神仏を否定する共産主

義は悪見であり、左翼思想も悪見といえます。

仏教には反省の修行方法として八正道がありますが、第一は正見、正しいものの見方か

ら入りますが、悪見の人は修行そのものができない状態といえます。

8つの正しい道を学ぶことで、人間性の向上に繋がっていきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

民進党の左派が分党して立憲民主党を旗揚げしました。これに共産党と社民党が加わり

、左翼陣営と保守との対立構造が浮き彫りとなって来ました。

国家の繁栄と安寧のためには、左翼思想がいかに害毒を国民に流していることをマスコ

ミはもっと啓蒙すべきであり、国民はこの害毒に気付くべきです。

反社会政党である共産党が伸びているのは仏教的には日本自体が病んでいる証拠といえ

ます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

「マーキュリー通信」no.3305【奇人変人の異見-309「アベノミクスはどこへ行った? 」】

民主党政権の3年間が国民のトラウマになるほど余りにもひどかったので次の自民党の

首相は誰がやってもそれなりの成果は出るモノと期待していました。
安倍首相の場合、アベノミクスを掲げ、その波に乗ることができました。

安倍首相の場合、これに外交面では歴代首相と比べ突出し、戦前の大東亜共栄圏の再来

を思わせる成果を上げてきました。

しかし、一昨年の消費増税は大失敗でした。

子供でも分かる単純な理論を、庶民の生活実感を知らないエリートの御用学者やマスコ

ミに乗せられ、消費増税となりました。

消費税が5%から8%に引き上げられたら、家計の支出はその分増えますか?
夫や子供の小遣いはその分増えますか?
年金生活者の年金はその分増えますか?

企業の99.7%は中小企業です。これに年金生活者が加わります。3%の消費増税を吸収

できる人が殆どいないことは事前に分かっていたはずです。

一方、企業の経理は消費税抜きの外税計算が原則です。これに対し、消費者の立場は消

費税込みです。
消費増税の前は、内税表示でした。しかし、消費増税後は、外税となりました。主婦が

スーパーに行って、最後レジでお金を払うとき、これまで内税なら千円でおつりが来て

いたのに、外税では追加の小銭を払わされることになりました。これで主婦の財布のひ

もが固くなりました。

もし、再来年に消費税が8%から10%に引き上げられたら、更に財布のひもが固くなり

ます。
なぜなら、10%の消費税は計算がしやすいからです。980円の8%を直ぐに計算できる人

はなかなかいないけれど、10%なら直ぐに98円と計算できます。ここで痛税感を味わい

ます。そして、主婦の財布のひもは更に固くなります。

消費増税する前に、日本全体に蔓延している利権構造や天下りを止めたら、10兆円、20

兆円の財源は直ぐに捻出できます。それをやらないのは役人の利権維持とそれに群がる

産業界があるからです。

そして、選挙のために、得票したいが為の甘い汁を政治家は国民に提示します。それが

積もり積もって1000兆円以上の借金となって、次世代へと先送りされています。

一方、消費税減税をしたらどうなるでしょうか。

消費増税の時と逆の事が起こり始めます。3%分の支出増加に繋がります。そして、経

済が回復していきます。

今度の総選挙でそれを提案しているのが幸福実現党です。
同党は8年前の結党以来政策にブレがありません。票欲しさのために国民に国民に媚び

を売ることがなく、真の国民の為の経済政策、国益の為の国防政策、そして未来の日本

の為の官僚に支配されない民間自由発想に任せる教育政策を提案してきました。

今こそ、幸福実現党が国会に進出し、次世代の事まで考えた政策を展開してほしいもの

です。https://hr-party.jp/senkyo/shuin2017/

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

民進党の崩壊をメルマガでも書きましたが、その最大の立役者は前原誠司代表でした。
思想信条の全く異なる政治家が集まってもダメだと言うことを今になって気付いたよう

です。同時に票欲しさに党を鞍替えする節操のなさを感じました。

新たに立憲民主党が誕生しましたが、北朝鮮のミサイルが何発も日本に向かって飛んで

きている国防危機に、未だ「国を守る」ことより米国の国益の為に押しつけられた占領

政策の一環として創られた「日本国憲法」を死守する時代錯誤の平和ぼけ政党には今回

の総選挙で国民の鉄槌が下されることになるでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

「マーキュリー通信」no.3304【生涯現役社会が日本を救う-11「人生100年時代は、三 毛作の時代」】

私が三井物産に入社した1972年当時、60代は世間一般的にはご隠居サンの年代でした。

サザエさんのお父さん、波平さんは54歳の設定ですが、あんなイメージでした。

当時、三井物産の定年は57歳でした。当時の平均寿命は70代でしたから、残された余生

は15年程度でした。従って、悠々自適に老後を送れれば良いという時代でした。

しかし、現在団塊の世代である我々の年代は世間に出ても、更に上の年代、70代の人も

多数働いています。

従って、今後は1企業に終身勤務するのではなく、最低2社は勤務する時代になってくる

と思います。

そして、60歳になったら、これまでの自分の経験を活かし、世の中の役に立つことに貢

献する仕事を選ぶ時代になると思います。

それは生涯現役で働くことを意味します。それが最高の社会貢献と思っています。

農業の三毛作の場合、新たな肥料を必要としますが、人生の三毛作の場合、前職の仕事

の経験が次の仕事に役立ちます。

最後の生涯現役の時代には、それまでの経験がフルに役立つ時代となります。

若い人も人生の三毛作の時代を生きるつもりで人生設計をして、生きていって欲しいと

思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日は体育の日です。1964年東京オリンピックが開催された日(実際には10月10日)を

記念して体育の日が制定されました。
秋晴れ爽やかな下での東京オリンピックでした。

しかし、次の東京オリンピックは何と8月開催となっています。

猛暑の炎天下で東京オリンピックを開催されたらどうなるか?当然、熱射病にかかって

死者が出ることは子供でも予想できることです。

今からでも遅くはありません。是非、10月に延期して欲しいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

「マーキュリー通信」no.3303【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-179「基礎代 謝と筋肉量は健康のバロメーター」】

基礎代謝は、私たちのカラダを動かす基本的なエネルギーのことです。

基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な生命活動、つまり内臓を動かしたり体温

を維持するなどに使われるエネルギーです。従って、定期的に基礎代謝をチェックして

、自分の体力がどの程度かをチェックしておくことも健康生活を送る上で重要といえま

す。

基礎代謝の中で、最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。筋肉を鍛えて筋肉量を増や

すことで基礎代謝量が増え、太りにくく痩せやすいカラダになります。逆に筋肉が少な

く脂肪が多いと、基礎代謝量が少ないので痩せにくいカラダになります。

私はタニタの体重計で毎週1回体重を測定していますが、それ以外にも基礎代謝、筋肉

量、体脂肪率、内臓脂肪、骨量が表示されます。
そして、最後に体内年齢が表示されます。体内年齢はこれらのデータを基に計算されま

すが、私の体内年齢は本日の計測では40歳でした。
因みに体内年齢は計測を開始した7年前は35歳でしたが、年々上昇しています。自分の

気付かないうちに徐々に体内年齢が低下しているようです。但し、過去3年間は40歳を

維持しています。

これは20年以上毎朝1時間の運動(筋トレ、ストレッチ他)を実施し、食生活に気を

つけ、正しい生活習慣をしている結果と思います。

夜の飲み会が続くと体重が増え、内臓脂肪が上昇することです。現在の留意点は、体重

が2kg増え62kg、それに伴い内臓脂肪適正値の10未満を超え、11となっていることです

。尚、体脂肪率は16.4%と問題ありません。

これらの数値を1週間に1度チェックすることで、自ずと自制が働いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

「マーキュリー通信」no.3302【ワンポイントアップのコミュニケーション力-151「良 き言葉を発する」】

人とのコミュニケーションで、その人の評価の大部分はその人の発する言葉です。

普段何気なく発している自分の言葉を時々点検してみることも大切です。

否定的な言葉を多用している人は、他人からマイナス思考の人間と捉えられます。
逆に積極的な言葉を多用している人は、他人からプラス思考の人間と捉えられます。

言葉の創価力と言います。言霊とも言います。自分の発する言葉はそれだけ重要といえ

ます。

従って、プラス思考の人間には人は集まってきますし、マイナス思考の人間からは人は

遠ざかっていきます。

類は友を呼ぶで、プラス思考の人間同士が集まり、マイナス思考の人間同士が集まる傾

向にあります。

マイナス思考の人は、プラス思考の人と積極的に交わり、プラス思考を受け容れていく

とプラス思考に切り換えていくこともできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

「マーキュリー通信」no.3301【「巨人軍の今年の戦績は予想通りの結果」】

昨日、巨人は最終戦を終え、第4位の結果となりました。
今年は巨大戦力を獲得しておきながら惨めな結果でした。

巨人戦のペナントレース1ヶ月間の戦いを観て、今年の優勝はないと思いました。その

ことを本メルマガで書きました。その通りの結果となりました。

高橋由伸監督の采配は、良きにつき、悪しきにつき原前監督の采配と非常に似ていたか

らです。そして、ねくらの高橋由伸監督では今年も巨人軍の優勝はないと思いました。

リーグ第1位の防御率、10勝投手が3人、即ちローテーションを任せることができる投手

が3人もいたのに、貧打で勝利に結びつきませんでした。

野球は投手力で7割決まると言われており、その恒例が破られました。

優勝した広島との最大の差は走力です。広島の盗塁数110に対し、その半分しかありま

せんでした。

巨人には走れる選手が多いのにそれを活用しなかった。これは監督の責任ともいえます

。この消極策のために、併殺打は抜群の多さでした。

一方、興業面では、松井2世として期待された大田を日本ハムに放出し、魅力がなくな

りました。その大田が日本ハムで大活躍したのは皮肉です。

というより巨人の体質と思います。せっかく有望な若手を獲得しても、それを育てる土

壌が巨人にはないと言われても仕方ありません。

かつて、長嶋監督が松井秀喜を4番打者に育てるために一軍で使い続け、大打者に育て

上げました。

今年なら岡本をそうすべきでしたが、成績不振と分かると直ぐに2軍落ちです。これで

は岡本も大器を花咲かせることなく、太田の二の舞となる事でしょう。

若手の活躍を期待していた私には、他球団からトレードで来た選手の活躍を観る気はな

く、今年もTV放映を殆ど観ませんでした。事実、かつてゴールデンカードと呼ばれた巨

人戦はBS放送に追いやられ、放映されない日もありました。

今年の観客動員数は唯一巨人が減少していました。

巨人軍トップは、その事実を厳粛に受け止め、ファンが感激する試合展開をして欲しい

と思います。

そうでないとこのまま巨人離れが止まりませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

「マーキュリー通信」no.3300【人生に勝利する方程式-166「世界の3大ベストセラー 書が結びついた!」】

世界の3大ベストセラー書、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」、ジョセフ・マ

ーフィーの「眠りながら成功する」、スティーブン・コビーの「7つの習慣」を再読し

ていて、この3大ベストセラー書が結びつきました。

「思考は現実化する」の原著は"Think and grow rich"、つまり「豊かになることを思

い続ければ、金持ちになる」です。原著の併読もお薦めします。

しかし、ただ思っただけでは金持ちにはなりません。

その為に、潜在意識に毎日働きかけ、「自分は豊かになる」と念じ続け、潜在意識に腑

に落とすことです。潜在意識に関する詳細は「眠りながら成功する」に記述されていま

す。

そして、成功する為には習慣化が重要です。

「7つの習慣」とは、100年以上に亘り人生で成功してきた人の習慣をまとめ上げたも

のですが、それが下記7つの習慣です。

第1の習慣「主体性を発揮する」
第2の習慣「目的を持って始める」
第3の習慣「重要事項を優先する」
第4の習慣「Win-Winを考える」
第5の習慣「理解してから理解される」
第6の習慣「相乗効果を発揮する」
第7の習慣「刃を研ぐ」

上記「7つの習慣」が体に染みついて、その通り実行することで、「思考」は潜在意識

に深く組み込まれ、成功へと繋がっていくことになります。

※「7つの習慣」は、最近宝島社から小冊子が発行されました。そちらの方がコンパク

トで気軽に読むことができます。定価648円+消費税。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.3299【奇人変人の異見-308「自分の国は自分で守れ!」】

総選挙の火蓋が切って落とされました。

マスコミは大義なき総選挙と安倍内閣を批判していますが、今度の総選挙の最大の大義

は「北朝鮮ミサイル危機」に対し、各政党がどのように日本を守っていくのかを具体的

な争点にすべきと思います。

即ち、現行憲法を死守して、北朝鮮、更には中国の侵略を許し、自由のない共産主義国

家の支配されるに国に甘んじるのか。彼等の奴隷として生きていくのか。
それとも自分の国は自分で守り、自由を守、日本国民として尊厳と誇りを持って生きて

いくのかです。

政府の最大の責務は、「国民の生命と財産を守る」です。これ以外は原則民間の自由と

創意に任せれば良く、必要に応じ、政府が舵取りしていけば良いのです。

1950年に勃発した米ソの代理戦争である朝鮮戦争は未だ休戦状態です。従って、ソ連(

現ロシア)の立場からすれば、北朝鮮は米国に対する緩衝地域として温存しておきたい

わけです。
事実、裏で北朝鮮を一番支援しているのはロシアです。金正恩はロシアとの国境にある

地下壕を通じてロシアに逃亡するルートも確保されていると言われています。

北朝鮮は日本の過疎地にミサイルを発射することも計画していると言われています。も

し、これが実行されれば、日本政府は震え上がり、北朝鮮から10兆円規模の経済援助を

要求されるかも知れません。
米国の支援を求めても、日本の被害が軽微なら、支援に躊躇するかも知れません。

一方、中国は南沙諸島に核軍事基地を着々と建設中です。
更には、日本の国土を中国企業が合法的に爆買いしています。購入目的は一応民生用で

すが、その内の一部又はかなりの部分は軍事基地に転用できると言われています。

そして中国の経済力で日本国内に親中勢力を着々と築き上げています。沖縄の翁長県知

事などその一人で、親中政権を望んでいます。

「国民の生命と財産」は風前の灯火にあることを日本のマスコミは訴えるべきですが、

小池百合子新党にスポットライトを当てた政争劇をワイドショー的に捉えているという

お粗末な状態です。

「国民の生命と財産を守る」政党はどこにもいないようです。

しかし、1党だけありました。8年前に立党した幸福実現党です。https://hr-party.jp/
同党のみ真摯に「国民の生命と財産を守る」政党として、立党以来北朝鮮と中国危機を

訴えてきましたが、マスコミは一切取り上げようとしませんでした。

今回、総選挙に当たり台湾の元総統李登輝氏より、幸福実現党に応援メッセージがあり

ました。
台湾も蔡英文現総統の下、中国の侵略と戦っているので、同じ思いといえます。
李登輝氏は熱烈なクリスチャン(プロテスタント)なので、宗教政党である幸福実現党

を支援しています。政治にも神仏の御心に適った政党が政を行っていくべきと考えてい

ます。

一方、幸福実現党の政策は米国共和党の政策と似ているので、共和党と親交があります

。幸福実現党はトランプ大統領当選に一役買いました。

世界の政党は宗教をベースとした政党が基本です。

日本では政教分離を憲法で掲げていますが、これは国家権力が特定の宗教と結びつくこ

とを禁止しているだけで、宗教政党を禁止しているわけではありません。

そこを勘違いしている日本国民が多いようです。

いまこそ神仏の御心に適った政党が、真摯に国民の平和と安寧を祈り、政に当たる時代

が来て欲しいと思います。

それが日本の政の原点でした。早くのその原点に戻って欲しいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私自身米国から押しつけられた世界一他国から侵略されやすい現行憲法には反対で基本

的には創憲派です。
聖徳太子が創った十七条憲法は公的に廃止となっていないそうです。

それなら日本の和と宗教を基にした十七条憲法を復活させ、これを現代に通じる憲法に

仕上げていったら良いと思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

「マーキュリー通信」no.3298【人生に勝利する方程式-165「眠りながら成功する法」 】

近代社会の最大の発見の1つがフロイトが証明した「潜在意識」です。

潜在意識は24時間働いています。

そこで寝る前にプラスの言葉を心の中で唱えるとその通りになっていきます。

例えば私の場合、「朝5時45分に目が覚めるぞ」と唱えると、本日も5時45分に目

が覚めました。

それから、こうなりたい自分をイメージし、それに向かって毎日就寝前に唱えると潜在

意識にインプットされ、その方向に向かって物事が進んでいきます。

但し、潜在意識には善悪の判断ができません。従って、悪いことを唱えるとその方向に

進んでいきます。

世の中では信じられないような事件が起きたりします。それは他人に対する恨みが潜在

意識に強くインプットされると、そのような事件を起こすことになります。

だから悪人が世の中にはびこることにもなります。

そのような人間は、必ず神の裁きを受けます。この世で受けなくても、死後地獄へと墜

ちて行き、反省させられます。

一方、潜在意識には判断力がありません。判断するのは顕在意識です。又、潜在意識に

は否定語は通じません。

例えば「自分は「金正恩」のような人間にはなりたくない」と思うと、潜在意識は「金

正恩」のような人間になると思い込んでしまいます。

従って、普段から否定語を使っている人、言い訳を多用している人は、できない方向へ

と潜在意識をリードすることになります。

ここに成功者とそうでない人の差が現れてきます。

更に詳しいことを学びたい人は「眠りながら成功する」(ジョセフ・マーフィー著、大

島淳一訳)を参照願います。名著です。

尚、訳者大島淳一氏は、最近他界した上智大学名誉教授渡部昇一氏のペンネームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ