« 「マーキュリー通信」no.3305【奇人変人の異見-309「アベノミクスはどこへ行った? 」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3307【生涯現役社会が日本を救う-12「若者が積極的に政治 参加することが生涯現役社会を創っていく」】 »

2017年10月11日 (水)

「マーキュリー通信」no.3306【ワンポイントアップの人間力-121「心の三毒を点検す る」】

心の三毒とは仏教用語で「貪・瞋・癡」のことをいいます。

「貪(トン)」とは貪欲のことで、金、地位、名誉等に必要以上に執着している状態を

指します。

「瞋(ジン)」とは怒りのことです。直ぐにカットなるひとはこの「瞋(ジン)」の部

分が心の制御として必要となります。

「癡(チ)」とは愚かさを言います。

「貪・瞋・癡」の内、最後の「癡(チ)」が半分以上を占めます。

人生を生きていく中で、様々な出来事に出会い、失敗を繰り返しますが、最大の理由は

無知、愚かさから来ています。

更には「慢・疑・悪見」の3つを加え、仏教では六大煩悩と呼びます。

「「慢」は自信過剰、増上慢を指し、「疑」は神仏に対する疑いの心、そして最後の「

悪見」は、間違ったモノの見方を言います。邪教の類い、更には神仏を否定する共産主

義は悪見であり、左翼思想も悪見といえます。

仏教には反省の修行方法として八正道がありますが、第一は正見、正しいものの見方か

ら入りますが、悪見の人は修行そのものができない状態といえます。

8つの正しい道を学ぶことで、人間性の向上に繋がっていきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

民進党の左派が分党して立憲民主党を旗揚げしました。これに共産党と社民党が加わり

、左翼陣営と保守との対立構造が浮き彫りとなって来ました。

国家の繁栄と安寧のためには、左翼思想がいかに害毒を国民に流していることをマスコ

ミはもっと啓蒙すべきであり、国民はこの害毒に気付くべきです。

反社会政党である共産党が伸びているのは仏教的には日本自体が病んでいる証拠といえ

ます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3305【奇人変人の異見-309「アベノミクスはどこへ行った? 」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3307【生涯現役社会が日本を救う-12「若者が積極的に政治 参加することが生涯現役社会を創っていく」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/65903548

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3306【ワンポイントアップの人間力-121「心の三毒を点検す る」】:

« 「マーキュリー通信」no.3305【奇人変人の異見-309「アベノミクスはどこへ行った? 」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3307【生涯現役社会が日本を救う-12「若者が積極的に政治 参加することが生涯現役社会を創っていく」】 »