« 「マーキュリー通信」no.3358【生涯現役社会が日本を救う-22「自分が決める働き方 改革」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3360【生涯現役社会が日本を救う-23「生涯現役社会に向け て日本も変わりつつある」】 »

2017年12月28日 (木)

「マーキュリー通信」no.3359【奇人変人の異見-314「もしも米朝戦争が起こったら」 】

年末に物騒なメルマガを書いて申し訳ありません。

しかし、クリスマスシーズンが終わり、米国から北朝鮮に攻撃を仕掛けるなら今がベス

トの時期と思います。米国にはおとそ気分という風習はありません。

日本政府から見れば、米国が北朝鮮に攻撃を仕掛けるメリットは多々あります。

1つは景気浮揚効果。他国の戦争となれば、その恩恵を被ります。1950年の朝鮮戦争の

お陰で戦後復興に大きく寄与しました。

そして、政府の掲げるデフレからの脱却が可能となり、2年後の消費増税を断固と実行

できます。

次に安倍内閣の悲願である憲法9条改正。米朝戦争勃発で平和ぼけした国民の危機意識

をあおり、一気に改正へと持ち込む。その際、本来の趣旨である「憲法九条第2項の修

正して、集団的自衛権と国軍を容認する」に変えるように切り換えると思います。

デメリットとしては、軍事支出増強による国債発行増発や北朝鮮難民対策が出てくると

思いますが、私はメリットの方が大きいと考えています。

|

« 「マーキュリー通信」no.3358【生涯現役社会が日本を救う-22「自分が決める働き方 改革」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3360【生涯現役社会が日本を救う-23「生涯現役社会に向け て日本も変わりつつある」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/66208616

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3359【奇人変人の異見-314「もしも米朝戦争が起こったら」 】:

« 「マーキュリー通信」no.3358【生涯現役社会が日本を救う-22「自分が決める働き方 改革」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3360【生涯現役社会が日本を救う-23「生涯現役社会に向け て日本も変わりつつある」】 »