« 「マーキュリー通信」no.3374【生涯現役社会が日本を救う-25「私の未来のキーワー ドMVF063」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3376【一人の黒人女性が米国社会を変えた!】 »

2018年1月26日 (金)

「マーキュリー通信」no.3375【ドナルド・トランプ&ロバート・キヨサキ共著「あな たに金持ちになって欲しい」に学ぶ】

ドナルド・トランプ&ロバート・キヨサキ共著「あなたに金持ちになって欲しい」から

、現代日本を取り巻く閉塞感から抜け出す良いヒントを頂きました。

本書は2008年1月25日に発刊された本です。丁度私は発刊日から丸10年後に読んだこと

になります。

ドナルド・トランプは米国一の不動産王で大富豪(ビリオネア)、片やロバート・キヨ

サキは「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズで全世界2600万部売れtがベストセラーの

著者で、富豪(ミリオネア)です。

ロバートの父はエリートコースを歩みましたが結局清貧に甘んじた生涯でした。

そんな父に反発を感じたロバートは一時はホームレスまで経験しながら富豪の仲間入り

しました。

その体験を「金持ち父さん貧乏父さん」に書きました。

さて、ドナルドとロバートは資本主義経済が進んでいくと貧富の差が拡大していくこと

を実感し、米国社会はその通りになっていっています。

最大の理由は、学校教育ではファイナンシャル教育をしていないことです。

学校教育の主眼はいかにサラリーマンとして優秀な生徒を世に送り出すことです。この

発想では結局格差社会を拡大させていくことになります。

ロバートキヨサキは、有名なキャッシュ・フロークワドラント理論を発表しました。

E(Employee):雇用労働者
S(Self-employed):自営業者
B(Business Owner):ビジネスオーナー(従業員500名以上)
I(Investor):投資家

の4分類です。

大半の人間は、企業に雇われ、指示命令を受けながら人生を全うしていきます。

しかし、人生100年時代ではこの雇用形態は通用しなくなります。定年退職後の期間が

長いため、どう生きたら分からなく、迷ってしまいます。

その為にどうしたら良いのか?

サラリーマン時代に別の仕事に関わることを勧めています。当然、自分がビジネスオー

ナーになれる仕事です。

その有力なビジネス・モデルの1つとしてネットワークビジネスを推奨しています。

ネットワークビジネスのメリットは少額資本でビジネスオーナーになれることです。

ネットワークビジネスというと日本でも色眼鏡で見る人が多いです。
しかし、米国では、今や銀行、クレジットカード会社、不動産会社、消費者向け大手メ

ーカー等多くの大企業がネットワークビジネスに進出。いずれは市民権を得ることにな

るでしょう。

良いネットワークビジネスとは、新しく参加したディストリビューターを成功へと導く

教育システムがしっかりとしていることです。

ネットワークビジネスで成功したときに、自らの思考と行動パターンがサラリーマン思

考から自己責任へと切り替わっていきます。

即ち、上記キャッシュフロークワドラントのEからBへと移行する準備ができます。

よく脱サラ起業して失敗するケースが多いのは、自らの思考パターンがBクワドラント

に切り替わらないまま起業してしまうからです。

ネットワークビジネスの業態は、今後益々収入格差が開いていく時代において、個人を

守る有力なビジネス・モデルと両氏は推奨しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

トランプ大統領は、本書を書く以前から将来大統領になり、国と国民を豊かにしていく

のだという思いを強く抱いていました。

しかし、トランプ大統領が歴代大統領の中でも極めて評判が悪い理由は明確です。それ

は既得権益にメスを入れているから与野党双方から評判が悪いわけです。

既得権益とべったりのマスコミからバッシングされ、連日のごとくフェイクニュースが

流れ、日本人もそれに洗脳されつつあります。

トランプ大統領は、「アメリカファースト」、自国第一主義を唱えていますが、どの国

のトップも当然自国第一主義です。それを本音で語っただけです。後は外交交渉で調整

していくことになります。

又、多国籍企業による行き過ぎたグローバリズムにストップをかけ、減税により他国に

落とされた税金を本国に貫流させる流れを作っています。

地球温暖化対策のパリ協定を脱退して国際的に非難を浴びています。これも仮説段階の

地球温暖化を元民主党ゴア副大統領により強引に国際標準化されてしまいました。その

仮説をひっくり返す行動です。これで米国の企業は息を吹き返しています。

その結果、株高となり、米国企業業績は好調です。

その恩恵を受け、日本の株高に繋がっています。

安倍内閣も、少しはトランプ大統領を見習って大幅規制緩和、民間活力の活用等を実施

していけば、少子高齢化社会を乗り切っていくヒントになると思います。

私は以前本メルマガでも書いたとおりトランプ大統領の当選を望んでいたし、信じてい

ました。

トランプ大統領は敬虔なクリスチャンと同時に他宗教も尊重する考えです。トランプ大

統領に対するバッシングは依然厳しいです。しかし、強い信仰心をもっているので、忍

耐力を持っています。

そして、何よりも彼の信仰心のベースには、神の正義を世界に樹立していくという不動

心があります。だからあれほど強くいられるのだと思います。

本書を読むことで更にトランプ大統領支持の思いが強くなりました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3374【生涯現役社会が日本を救う-25「私の未来のキーワー ドMVF063」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3376【一人の黒人女性が米国社会を変えた!】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3375【ドナルド・トランプ&ロバート・キヨサキ共著「あな たに金持ちになって欲しい」に学ぶ】:

« 「マーキュリー通信」no.3374【生涯現役社会が日本を救う-25「私の未来のキーワー ドMVF063」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3376【一人の黒人女性が米国社会を変えた!】 »