« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

「マーキュリー通信」no.3395【ワンポイントアップの人間力-127「人間は心の針が向いているモノしか見えない」】

人間は心の針が向いているモノしか見えない性癖があります。

仮想通貨への投資をしている人は仮想通貨中心にしかモノが見えていない状況といえます。
現在なら税対策をどうしようかと気をもんでいるかも知れません。
カネ、カネ、カネ中心の世界に陥っていると思います。

次に日本車から高級外車、例えばメルセデスベンツに買い換えた人は、ご満悦に浸っていることと思います。
そして、他の車を見ながら優越感に浸っているかも知れません。

私は決してお金やモノを否定しているわけではありません。

お金やモノは心を豊かにする手段として機能していれば問題はありません。

やはり一番大切なのは心です。

心が常に神仏の方向に向かい、これまでの経験等を活かしながら役に立っていく姿勢が大切と思っています。

年齢を重ねるに従い心が一番大切と気付くようになってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

「マーキュリー通信」no.3393【ワンポイントアップの人間力-126「時々リラックスし てくつろぐことも大切」】

昨日まで2泊3日で徳島の研修施設で瞑想研修をしてきました。

現在心の状態は日頃積もった心の垢や塵がとれさっぱりした感じです。

普段仕事に集中していると仕事中心の発想となって来ます。

そこでこのような瞑想を実施することで、固くなった心を解きほぐし、又明日への活力

を養います。

一方、私は月1回池袋のタイムズスパResta(春秋は豊島園の庭の湯)で4~5時間ゆ

ったりとくつろぎます。

そこでは公私ともに反省をし、修正すべき所とは修正しておきます。

この作業は車で言うならハンドルの遊びの部分に該当します。遊びの部分を作ることに

よって、対人関係の調整や好転を図ります。

そのことでビジネスを円滑に進める潤滑油ともなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

「マーキュリー通信」no.3392【生涯現役社会が日本を救う-28「新しいライフスタイ ル ヒュッゲ的生き方」】

世界一幸福だとされるデンマーク人の考え方、「ヒュッゲ(hygge)」が今、世界的に 注目されているそうです。 「ヒュッゲ」は、明確にあてはまる一語が見つからないのですが、「大切な家族や親し い友人知人とともにほっこりとした時間を過ごす」といった意味合いです。 日本ではいつの間にか大家族制度が崩壊し、個人主義がはびこり、ぎすぎすした世の中 になっています。そんな現代の日本だからこそ、このヒュッゲ的ライフスタイルはこれ から必要な概念といえます。 パソコンや携帯電話がない昭和30年代、40年代に子供時代から青春を過ごした私はこの ヒュッゲ的な生き方に共感を覚えます。 今、安倍内閣が働き方改革を推進していますが、「残業が悪」のようなイメージが定着 しつつあり、官僚主導の働き方改革なので、余り共感を覚えません。 私には残業という概念がありません。働くとは、他人(はた)を楽にするもの、社会の 役に立つモノ、良くしていくモノというふに考えています。 真の働き方改革は、自分の好きなときに自分の大切な人と一緒に時を過ごせることでは ないかと思います。 国民みんなが一緒に休み、一緒に行動し、渋滞に巻き込まれ、高いレジャー費を払い、 疲れて帰ってくる現在の制度では働き方改革にはなりません。 それなら私がメルマガで何度も主張しているように、国民の祝日を天皇誕生日他必要最 低限に削減し、有給休暇を従業員の好きなときにフルに使えるようにすることです。 一方、私が目指す働き方改革は、組織からの自由の下、自分の好きなときに休み、自分 の好きなことをすることです。 本日から2泊3日で、徳島の研修施設で、瞑想三昧にふけってきます。 この時間帯は誰にも邪魔されない贅沢な時間帯です。 瞑想終了後は、日頃積もった心の塵と垢がとれ、丁度湯上がりの時の爽やかな気分にな っていることでしょう。 生涯現役人生を送っている私にとり、これが私の働き方改革です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

「マーキュリー通信」no.3391【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-186「私も恐 怖の睡眠時無呼吸症候群になっていた」】

私はアルコールタイムは食事時間中ではなく、夜寝る前に1杯程度飲みます。これに快

眠サプリメントグリシンを飲むとぐっすりと眠れます。

一昨日赤ワイン1盃+日本酒を2盃飲んだところ、夜中に睡眠時無呼吸症候群の状態だ

ったそうです。

妻はその為3時間ほど眠れなかったそうです。

それ以外は特に睡眠時無呼吸症候群は現れていないようです。それ以来我が家では日本

酒は厳禁となりました。

アルコールの飲み合わせで、自分の睡眠にも影響することを知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

「マーキュリー通信」no.3390【ワンポイントアップの経営術-210「天動説から地動説 へ」】

経営的に天動説とは自社中心に経営をしていることを意味し、地動説はお客様中心に経

営していることを意味します。

顧客志向と言いながら意外とそうでない企業も多いです。

商売で成功する最も大切なことはお客様志向です。

エステー化学は消臭芳香剤・防虫剤・除湿剤(湿気取り)などが主力商品の大手メーカ

ーですがここ数年売上が伸び悩んでいたそうです。

そこで同社鈴木喬会長は、社長の座を姪の鈴木貴子社長に譲りました。

経営戦略はデザイン改革です。

同社の製品ターゲットは女性です。そこでデザインを鈴木貴子社長を中心に女性目線に

徹底的に変えました。

男性陣の抵抗は予想以上に強かったのですが、鈴木喬会長の絶大な支持を受けて、鈴木

貴子社長はその能力を遺憾なく発揮し、同社製品のデザインを次から次へと変えていき

ました。

このデザイン革命が女性の支持を受け、同社の2018年3月期業績は売上で前期比8.1%増

の497億円、営業利益で前期比22.6%増の35億円、経常利益で前期比13.7%増の33億円

が見込まれます。

天動説から地動説に変え、業績を大幅アップさせた好例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

「マーキュリー通信」no.3389【生涯現役社会が日本を救う-27「人が歳をとるとき」 】

ジョセフ・マーフィーの名著「眠りながら成功する」の最終章は金言です。いつもこの

言葉をかみしめながら生きています。

・死後も生命があるということの証明は圧倒的です。

・老齢とは、最高の立場から神の真理を瞑想することです。老齢の喜びは青年の喜びよ

り大きい。あなたの心は精神的競技に参加するのです。

・夢を見ることを止め、人生に興味を失ったときに年をとるのです。あなたが怒りっぽ

く、気まぐれで、気難しく、意地悪ならば年をとります。あなたの心を神の真理で満た

し、神の愛を放射しなさいーーこれが青春です。

・青春の秘訣は、愛であり、喜びであり、内なる平和であり、笑いです。

・あなたは必要とされています。80歳を過ぎて自分の最高の仕事をした人がいます。

・老齢の実らす果実は、愛、喜び、平和、忍耐、やさしさ、善良さ、信仰、柔和さ、節

制などです。

「死後も生命がある」という事実を知って生きているのと、そうでないのとでは晩年の

過ごし方が全く異なるものとなります。

2月15日は母の命日で、今年も墓参りに行きました。

母は私が5歳の時に悪性貧血のために他界しました。

墓前で、いつも母に「世の為、人の為になるような人生を送れるよう精一杯がんばりま

す。」と誓います。

人生の最期、三途の川を渡るとき、向こう岸から母が出迎えてくれます。

そして、向こう岸で母と再会するとき、母が「のぶお、よく頑張ったね!」と思いきり

私を抱きしめてくれることが私の臨終の時の夢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

「マーキュリー通信」no.3388【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-185「猫背矯 正の切り札」】

最近通販で「体幹ストレッチコアトレーナー」という猫背矯正器具を購入しました。

パソコンを毎日使っていると自然と猫背になってきます。それを矯正するのがこの「体

幹ストレッチコアトレーナー」です。

パソコンを長時間使用していると画面に「そろそろ休むように」との警告表示が出てき

ます。それに合わせ、切りのよいところで「体幹ストレッチコアトレーナー」を使って

います。使用時間は1分程度なので長続きします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.3387【ワンポイントアップの経営術-209「昔の成功は通用し ない?」】

よく昔の成功は通用しないと言われています。

それは昔と今とでは事業環境が異なり、そのままやっても通用しないという意味です。

経営学でよく使われるSWOT分析、
即ち、自社の
Strength強み
Weakness弱み
Opportunity機会
Threatening脅威
をしっかりと把握した上で、新規事業に立ち向かうなら成功の確率は高くなっていきま

す。

東京オリンピック後には反動不況が来ることが確実視されています。

その為に、今からそれに備えて手を打っておくことは経営者としての重要な責務です。

何もやらずに来たるべき反動不況の波に呑み込まれたら、為さざる罪となります。

新規事業の立ち上げにはリスクが伴います。

その場合、自社の経営体力の中で、失敗しても最悪経営本体に大きなダメージがないよ

うにしておくことも重要といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

「マーキュリー通信」no.3386【人生に勝利する方程式-180「心の金メダルも獲得する 」】

スキー大ジャンプで高梨沙羅選手(21歳)が銅メダルを取りました。
又、1500メートルスピードスケートで高木美帆(23歳)選手が銀メダルを取りました。

二人のメダルを取るまでの努力と汗の物語が披露されました。

我々は彼女たちのメダル獲得を称えましたが、それ以上にメダルを取るまでの血の出る

ような努力に共感し、感激しています。

ナポレオン・ヒルの有名な言葉「思考は現実化する」は、努力に裏打ちされて初めて実

現します。

彼女たちは努力に努力を重ねて金メダルを得ました。その感動と喜びは一生涯続く宝物

です。しかし、実は心の金メダルも獲得しているのです。

若いときに経験した「努力すれば報われる」は、一生涯の財産となります。

今後、人生でいろいろな試練が待ち受けていることでしょう。そんな時、若いときに経

験したこの財産が挫折、困難を打ち負かし、人生に勝利する事になるでしょう。

今から丁度50年前、私は一橋大学商学部を受験しました。

団塊の世代の受験戦争はピークに達し、史上最高の倍率の中、現役合格できました。

その時の喜びは人生最大の喜びでした。

そしてその時の努力の結果得た成果「思考は現実化する」は自分の人生の様々な場面に

応用してきました。様々な失敗、挫折や試練も経験しました。
しかし、青年時代に獲得した人生に勝利する方程式を解くことで、様々な場面に打ち勝

ち、現在まで続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

「マーキュリー通信」no.3385【人生に勝利する方程式-179「悪銭身につかず」】

昨年仮想通貨で億単位の大儲けをした人も多いようです。仮想通貨で億単位の金を稼い

だ「億り人」なる流行語も誕生しました。

余りにもバブリーなのでいずれはバブルが弾け、大損する人が出ると予測していたので

、仮想通貨への投機に私は全く関心がありませんでした。

案の定、今年に入りビットコインが最高値から半分以下に大暴落し、マッツ青になって

いる人も多数いると思います。

そして、昨年稼いだ利益に対する多額の所得税、住民税が重くのしかかります。

更に仮想通貨取引所大手コインチェックが不正アクセスで約580億円の仮想通貨「N

EM(ネム)」が流出しました。犯人は北朝鮮とも言われていますが、となれば回収は

不可能です。

お金儲けは別に悪いことではありません。

博打や投機で得た利益でも確かに嬉しいですが、自己成長に繋がりません。

又、その利益を何のために使うのかが明確でなければ、遊興費等に使い、直ぐになくな

ってしまいます。

やはり努力した結果、収入を得、それを再投資に向け、事業として大きくしていく。
その過程の中で、自己成長し、お金の使い方も身につくようになります。

お金の量と自分の力は車の両輪です。これがアンバランスだと、所詮お金は身につきま

せん。

稼いだお金は世の為、人の為に使って初めて活きてきます。これが私の考える「人生に

勝利する方程式」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

「マーキュリー通信」no.3384【ワンポイントアップのコミュニケーション力-156「き ちんと向き合う」】

普段仕事で接している関係でもお互いの考え方の相違、温度差等で微妙なすれ違いが出

てくることがよくあります。

そんな時には個別で向き合うことが大切です。1対1で向き合うと本音が出てきます。

その本音を聞き出し、ボタンの掛け違い等を調整していきます。

「7つの習慣」の第5の習慣に「理解してから理解される」があります。

こちらの考えを切り出すのではなく、まずは相手の気持ちを聞き出すことがポイントで

す。

この順序を間違えると、特に上下関係にある場合、本音が出てこなくて、せっかくの個

別面談も無駄に終わってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

「マーキュリー通信」no.3383【生涯現役社会が日本を救う-26「空き家問題を自分の 問題として捉える」】

我が家のプラズマテレビに黒い縦の帯が最近出始めてきました。
購入後10年経つのでそろそろテレビの寿命が近づいてきたといえます。

黒い帯が現れたり消えたりしながら、だんだんと大きくなっていきます。
これは丁度緑内障と同じ現象で視野が狭くなり、最後は失明となります。

我が家のプラズマテレビの黒帯から空き家問題をイメージしてみました。

街の一角に空き家ができると、それはテレビの黒帯と同じです。
その街の空き家の比率が30%以上になってくると、水道ガス電気等のインフラに影響を

与え、公益事業として成り立たなくなっていきます。

従って、空き家問題は我が家1軒の問題ではなく、街全体の問題となっていきます。

これは自治体の問題でもありますが、どうしたら空き家なくしていくのか、民間の知恵

を絞りながら対処していく必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

「マーキュリー通信」no.3382【人生に勝利する方程式-178「人生で勝利するためには Be,Do,Haveの順序が大切」】

一般的にビジネスパーソンの場合、会社から目標を与えられ、その目標に向かって行動

することが多いと思います。
会社からは毎月給料が支給され、ボーナスもでます。生活設計が立つので、マイホーム

、マイカー等購入計画を立てていきます。

こういう人生はDo→Haveの人生を送ることになります。

これに対し、何のために人生を生きるのか、人生の目的が明確な人はBeから入ります。

その為の行動は何をすべきかを真剣に考えていきます。

そして自分の人生を豊かにするために何が欲しいのかを考えます。

こういう人生をBe,Do,Haveの人生といいます。こういう人生を送っている人は、晩年自

分の人生を振り返り、「良い人生を生きてきた」と満足します。

一方、何かが欲しいのでお金を稼ぐという人はHave→Doの人生の人もいます。若いとき

はそれで良いと思いますが、こういう人生をずっと続けていくと、行き当たりばったり

の人生を送ることになり、晩年「俺の人生、一体何だったんだ!」と嘆くことになりま

す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

「マーキュリー通信」no.3381【人生に勝利する方程式-177「人生の成功の裏には地道 な努力がある」】

先日NHKの特別番組で、女子卓球界ナンバーワン石川佳純選手にスポットライトが当て

られていました。

石川佳純選手がナンバーワンの座を勝ち取るためには、人知れぬ地道な努力をしていま

した。

又、石川佳純選手は、ラケットの素材変更によりスピードの出方が変わり、10代の若

い選手の台頭、そして彼女たちに敗れるという挫折を味わいます。

そして、新しい素材に対応する為に再び努力を重ねていきます。

私たちの人生も同じと思います。

私は人生は一生涯勉強と思っています。その結果、年齢に関係なく自己成長の喜びを感

じます。

昨年は挫折からの出発でした。しかし、その挫折を乗り越え、成功を手にしたときに大

きな喜びを得ることができました。
挫折を乗り越えることで、昨年は2倍以上の自己成長を実感できました。

しかし、長年精神面、知識面、健康面で鍛え上げてきたので、その挫折を乗り越えるだ

けの力が備わっていたようです。

氷山の一角という言葉がありますが、水面上に現れている氷山を支える為には、その何

倍もの氷が水面下にあるわけです。

小さな氷山だと、ちょっとした暴風雨で蹴散らされますが、大きくなればなるほど、そ

れに耐え抜く力を持つようになって来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

「マーキュリー通信」no.3380【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-107「カタ カナ英語は誤解を招きやすい」】

トランプ大統領になってからマスコミが「ラスト・ベルト」という用語をよく使います


大半の日本人は、ラストをlast、最後のと思います。

しかしこの場合のラストはrust、即ちさびたを意味し、英語の発音も全く異なります。
rust beltはさびた地域なので、産業の空洞化により廃れていった地域となります。

次に最近よく聞く「クラウド・ファンディング」。

ITの世界でクラウドが良く使われますが、こちらのクラウドはcloud、つまり雲です。

これに対し「クラウド・ファンディング」のクラウドはcrowd,群衆の意味です。資金調

達の手段として、一般大衆から集めることを指します。

最後にフリーマーケットも自由(free)市場と勘違いしている人も多いようです。

こちらのフリーはfleaでノミです。フリーマーケットを蚤の市ともいいますよね。

尚、fleaとfleeは同じ発音ですが、fleeは逃れるという意味となります。こうなると

native speakerもスペルを間違えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

「マーキュリー通信」no.3379【ワンポイントアップの営業力-84「上を向いて歩こう 」】

街を歩いていると大半の人は前を向きながらかうつむき加減で歩いています。又、スマ

ホとにらめっこしながら歩いている人もいます。

私は視野を180度近くに広げながら、又、上方にも気を配りながら歩いています。

こうやって歩いていると、人々の行き交う様子や街の様子も情報として視野に入ってき

ます。どんな服装をしているかも1つの情報です。

時々友人知人と出会うことがあり、その縁を活かした新たな出会いも始まります。

街の情報を五感で入手することも自分の情報感度アップに役立っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

40度の熱が出たために、朝の9階までの階段ダッシュは控えていました。
昨日12日ぶりに再開しましたが、特に脚力の衰えを感じずにできました。

20年以上続けていると、多少休養しても脚力はしっかりとついていることを感じまし

た。

やはり継続は力なりです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

「マーキュリー通信」no.3378【"ワンポイントアップのコミュニケーション力-155「 どちらが正しいかを主張し始めると更に」人間関係が悪化する "】

コミュニケーションで時々問題となるのが、お互いに自分が正しいと自己主張し、双方

が譲れない場合です。

これをやらずに自分の主張が正しいと相手に同調を求めるようになると、周りの人間も

巻き込んで更に人間関係が悪化してしまいます。

たいていの場合、相手に対する理解不足から来ます。

「7つの習慣」の第5の習慣に「理解してから理解される」があります。

相手が一体どういう考えや立場で発言しているのかを理解しようと努めると相手の立場

や考えを理解できるようになります。

円滑なコミュニケーションのポイントは、相手に対する理解です。自分の主張がいかに

正しく、相手を納得させることではありません。

ここを抑えておくとコミュニケーションは円滑に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »