« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月28日 (土)

「マーキュリー通信」no.3444【生涯現役社会が日本を救う-41「生涯現役社会で求められる資 質はNQ」】

大半の方は会社に勤務しています。会社内の組織は縦社会であり、コミュニケーションの基本

は指示命令に基づきます。

一方、人生100年時代では定年後の期間が約40年に及びます。会社勤務時代とほぼ同じ期間とな

ります。

その時に求められる資質はNQ(Network Quotient)です。

NQとは、IQ(Intelligence Quotient)、EQ(Emotion Quotient)に続く3つ目の能力です。

NQの社会は縦社会の人間関係ではなくネットワーク社会です。

ネットワーク社会では、会社の看板や肩書き・地位は役に立ちません。逆にそれを意識した言

動は嫌われ、良い人間関係を築くことはできません。

ネットワーク社会で求められる資質は、いかに自分自身の「価値」を高めることです。そして

、他人を尊重すること、他人の存在を承認すること、他人に対する思いやりが求められます。

これを基本にネットワークを作り、維持し、強化し、発展させていきます。

又、ネットワーク社会では趣味、ボランティア、宗教他複数のネットワークに属することにな

ります。基本は自分自身の価値を高めながらその組織に貢献していくことです。

様々な価値観に接することで、視野を広げ、見識を高めていきます。

NQを高めることで生涯現役社会を充実して生きていくことができます。

詳しくは、「NQ 人間を幸福にする思いやり指数」(キム・ムゴン著 ソフトバンクパブリッ

シング刊)を参照願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

「マーキュリー通信」no.3443【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-191「潜在意識を活用 する」】

19世紀最大の発見は、「潜在意識の力」と言われています。

病気は気の病と書きます。

ストレス多い生活で、いつも悩んだり悔やんだりしている性格の人は、その内内臓を病み、病

気にかかっていきます。

その逆に、適当にストレスを解消し、プラス思考で明るく快活に生きている人は病気にかかる

リスクは低くなっていきます。

その時、潜在意識に絶えず「自分は健康なのだ、元気だ」と言い聞かせることがポイントです

毎朝起きるときに、「今日も一日元気で過ごそう!元気に働こう!」と明るい気分で床から離

れます。

夜寝る前に、「今日も一日健康な生活を送ることができたことを感謝します」と唱えながら床

につきます。

こういう習慣を付けていると、病気から遠ざかっていきます。

それは潜在意識に「自分は健康なのだ」という意識が定着したからです。

潜在意識は、良いことにも、悪いことにも中立という性質があります。

できるなら自分にとってプラスの結果になるように潜在意識にインプットしておくと良いです

ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

「マーキュリー通信」no.3442【生涯現役社会が日本を救う-40「余り語られていない人口減社 会の恐怖」】

長期のデフレが続いていますが、それは需給ギャップが埋まらないためです。

一方で日本社会は人口減社会が進展し、これが加速化しています。

この人口減社会がある一定の段階になるとスケールメリットが薄れ、供給量が不足してくると

価格上昇に繋がっていきます。つまり購買力が落ちてくるからです。

既にウナギ等を始めとした魚介類でその傾向が現れて始めています。

地方では物流コストがかさみ、却って首都圏より物価が高い地域もあります。

この流れに歯止めをかける為の一つの方策として、高齢者にももっと働いてもらい、所得を増

やし、購買力を上げていくことが必要です。

今後年収300万円以下の高齢者が更に増加していくと、「老後のために」「病気の時のために」

預貯金しようという気持ちが働き、ますます消費は冷え込んでいきます。

そうならないために生涯現役社会を進展させ、総労働力化していくことが求められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.3441【生涯現役社会が日本を救う-39「最も幸福な人間とは?」】

昨夜、ジョセフ・マーフィーの名著「眠りながら成功する」(産能大学出版部刊 大島淳一訳

)を読んでいて、心に響いた一節がありました。

「最も幸福な人間とは、自分の内にある最高のもの、最善のものを発揮する人です。神は人の

内部にある最高のものであり、最善のものです。というのは、神の国は人の内部にあるからで

す」

生涯現役人生は神の思いや御心に従ってを生きていくことが大切と考えています。

つまり各自の心の中に神の国が存在しており、それを発見しながら生きていくことで最高の自

分、最善の自分へと向上していきます。

神の思いや神と親和性の高いものとして、優しさ、愛、思いやり、気遣い、信頼、責任、感謝

、謙虚、寛大、素直、報恩、爽やか、笑顔等々これらの思いは他人とのよい人間関係を築いて

いきます。

そして、その延長線上に最期臨終の時に、天国へと旅立っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

「マーキュリー通信」no.3440【人生に勝利する方程式-186「潜在意識を活用して成功する精神 法則とは」】

潜在意識を発見したのは心理学者フロイトでした。それを実用レベルで発展させたのがジョセ

フ・マーフィーでした。

普段私たちは顕在意識を基に行動しています。

仕事や人生で成功したいと思っていても、なかなか成功しないことが多いです。それは自分の

思いの部分で9割を占めている潜在意識がそう思っていないからです。

そこで常日頃自分は成功したいと潜在意識に働きかけることです。これが潜在意識に定着し、

真にそう思ったときに、あなたの思いは実現していきます。

その為に毎晩寝る前に5分ほど自分が成功しているイメージをありありと描くことです。こう

やって成功イメージを潜在意識に浸透させていきます。

尚、潜在意識は善悪の判断がつきません。従って、これを悪い方向に向けると悪いことが実現

していくので注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

「マーキュリー通信」no.3439【生涯現役社会が日本を救う-38「日野原重明先生の生涯現役人 生に学ぶ-4」】

第4回 「感謝の心で旅立ちを」

日野原重明先生の行動哲学の基本は利他業です。

先生は人生の途上で様々な困難に遭遇します。

その1つによど号ハイジャック事件当時、たまたまよど号の乗客として乗っていました。
乗客が心身共に疲弊していたときに、医師として活躍しました。

地下鉄サリン事件では600名以上の患者を聖路加病院で全員同時に受け容れるという離れ業をや

ってのけました。これは日頃からそのような事件、事故を想定して準備態勢をしていたからで

した。

日野原重明先生は、最期が近づいて来たときのインタービューで、「深い感謝の祈りで人生を

閉じたい」とおっしゃっていました。
「感謝の心で旅立ちを」という心境を語られました。

私も最期、そんな心境で人生の幕を閉じたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

「マーキュリー通信」no.3438【生涯現役社会が日本を救う-37「日野原重明先生の生涯現役人 生に学ぶ-3」】

第3回「他人の心の中で生き続ける自分でありたい」

日野原重明先生ご自身昨年7月に105歳で他界されましたが、今でも生涯現役で活躍される日野

原重明先生のお姿が脳裏に焼き付いています。

日野原重明先生は、成人病という用語の代わりに生活習慣病を提唱した人です。

人間誰でも歳をとれば成人病になると思っていたのが、日頃の精進により成人病を防げること

を提唱しました。

日頃の生活態度が悪いと未成年でも生活習慣病になります。最近では生活習慣病にかかってい

る犬や猫まで現れてきました。

この言葉は私に勇気を与えてくれました。

3年半のカナダ三井物産の在任期間を終え、35歳の時に帰国しました。

その時初めて聖路加病院で人間ドックを受診しました。

カナダの駐在員時代の食生活の影響で私の尿酸値は7.9と赤信号一歩手前でした。

その時に生活習慣病という言葉を初めて知りました。そこから食生活の改善をして、尿酸値は

正常に戻りました。

現在住んでいるマンションでは23年前から毎朝1時間の運動をしています。そのせいで現在でも

23年前の健康を維持しています。

これも日野原重明先生の生活習慣病は日頃の生活習慣の延長線上にあるという提唱が影響して

います。

その意味で日野原重明先生に感謝し、日野原重明先生は私の心の中で永遠に生き続ける人とい

えます。

私も日野原重明先生を模範として、心身共に元気な生涯現役人生を生き抜いていきたいと思い

ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

「マーキュリー通信」no.3437【生涯現役社会が日本を救う-36「日野原重明先生の生涯現役人 生に学ぶ-2」】

第2回 「本当の出遭いとは最期に分かる」

長い人生を生きていくときに、多くの人との出逢いがあります。

多くの人との出逢いにより、自分は磨かれ、自己成長していきます。

時には優しく、時には厳しく、そして時にはひどい仕打ちを受けたりします。又、ライバルの

存在もあります。

自分に対して厳しく接する人は、自分の欠点を直すための観世音菩薩の役割を果たすこともあ

ります。

更にある時はひどい仕打ちを受けると、何てひどい人だと思ったりします。しかし、実はそれ

は自分の欠点を直すために嫌われ役となって現れることもあります。

しかし、多くの人との出逢いは最期自分があの世に旅立つときに分かります。

従って、自分にとって嫌な人が実は本当の出遭いであったことも分かります。

人は最期死を迎えるときに、これまでの人生が走馬灯のようにスクリーンに映し出されてきま

す。

多くの人の恩を受けたことが分かり、感謝の念が湧いてきます

逆に悪役として自分に立ち向かってきた人にすら、自分の欠点を矯正するために出遭ったのだ

と分かると感謝の念すら湧いてきます。

そして、あの世へと旅立っていきます。あの世の存在を知ると、決して死は怖くないことが分

かります。

むしろ新しい世界への希望へのと心が切り替わってきます。

日野原重明先生は今頃は天国の医療の世界で活躍していることと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

「マーキュリー通信」no.3436【生涯現役社会が日本を救う-35「日野原重明先生の生涯現役人 生に学ぶ-1」】

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生は昨年7月に105歳の人生を全うされました。

先日、日野原重明先生のドキュメント番組を視聴し、そこからいろいろと学びを得ましたので

、4回にわたって読者の皆様にお伝えしたいと思います。

第1回「命とは与えられた時間を世の為人の為にに使うこと」

日野原重明先生は、「使命の意味」とは世の為人の為に命を使うと定義しています。又、命と

は神から自分に与えられた限られた時間のことと考えています。

敬虔なクリスチャン日野原重明先生ならではの定義と思います。

先生には老後という言葉はないようです。与えられた命をいかに世の為人の為に使うのか。

使命は英語でmission、職業はcallingで神が求める仕事、才能はgift、神から与えられた贈り

物=才能。

つまり神から与えられた贈り物=才能を神が求める仕事につき、自分の使命を果たしていく。

日野原重明先生は、まさにその通り生涯現役人生を生き抜いた方と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.3435【中国の古典舞踏・神韻の幻想的世界に魅せられて】

昨夜、文京シビックセンターで神韻(シェンユン)の中国の伝統文化を観劇しました。

中国の古典舞踏・神韻の特長は、中国人の民族性と歴史や文化が内包され、中国古典舞踏独特

の身のこなし、難度の高い跳躍、宙返りなどの空中技です。

更に、背景スクリーンと舞台の協応(インターアクション)は特許技術となっています。

インターアクションとは、背景スクリーンの中の孫悟空がキントウンに乗って会場に向かって

きます。
会場に間近に迫ってくるとその瞬間舞台に現れます。このスーパーアクションに会場は驚きと

拍手喝采です。

このインターアクションが随時見られ、観客を魅了します。
http://jp.shenyun.com/2018/001/kantou.html?gclid=CjwKCAjw2dvWBRBvEiwADllhn2dibzK0bs5

-VIsFKnCM4eiV60E6bPPUAq-VhC1ljEDYRlqf-WY8UxoCOoMQAvD_BwE

さて、神韻は、創世主という神が生命、宇宙と天国を創り、輪廻転生を信じます。そして、無

神論とダーウィンの進化論を否定します。それをテノール歌手天歌が「天機を解く」で歌い、

観客に訴えかけます。

そして、劇中で法輪功のメンバーが中国共産党に迫害を受け、中国共産党批判します。しかし

、最後は中共に天罰が下り、平和な世界に戻ります。

神韻の古典舞踏劇を見て、なぜ中国共産党が真・善・忍耐の気功団体、法輪功を徹底的に弾圧

するのがよく理解できました。

法輪功は創世主という神を信じ、神韻の古典舞踏の世界が中国人に伝わったら、無神論国家、

中共政府の崩壊へと繋がります。

中共政府は、法輪功の弾圧後に臓器を取り、臓器移植ビジネスで巨額の利益を得ています。そ

の数は数万人に及び、現在国際的批判を浴びています。
詳細は、「中国最大のタブー 中国臓器狩り」(元国連総会カナダ代表デービッド・マタス、

元カナダ下院議員デービッド・キルガー共著)を参照願います。

法輪功学習者は、弾圧を受けた後に臓器狩りで殺されるという悲惨な大虐待を受けても、なぜ

負けないのか、それは輪廻転生を信じているからと理解しました。

即ち、真・善・忍耐を実践しているから天国に行くことができ、又、生まれ変わってくるとい

う信仰心に裏打ちされているからです。

古代日本も文化面で中国と繋がっていました。私も中国の伝統文化には共感を覚えます。
私自身、教育されたわけでもないのに、孔子の教えである長幼の序を重んじています。

多分私自身孔子の時代に産まれていたのかも知れません。だから親和性を覚えるのでしょう。

神韻の古典舞踏は中国では興業できませんが、世界では大歓迎です。神韻の古典舞踏の世界が

全世界に広まれば、文化芸術面で中共政権を倒し、本来の古き良き時代の中国が復活すること

を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

「マーキュリー通信」no.3434【人生に勝利する方程式-185「金と鉄の役割の違い」】

人類の文明史に一番役に立ってきた金属を挙げるとしたらおそらく鉄と思います。

一方で、人類の文明史に一番影響を与えた金属は金ではないかと思います。

鉄と金、それぞれ役割が異なります。

人生を生きていくとき、鉄に当たる部分、それは肉体、精神的なものも含め自分そのものでは

ないかと思います。

一方、金に当たる部分は肩書き、学歴、地位、財産等ではないでしょうか。

鉄と金、この2つをいかに世の中に貢献する視点で活用し、人生を生き抜いて行く。それ自身が

「人生に勝利する方程式」を解いていることになると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.3433【ワンポイントアップの経営術-213「中小企業は経営資源を集中 する」】

経営の3要素、「ヒト、モノ、カネ」が中小企業は大企業と比べ圧倒的に不足しています。

だから中小企業が生きる道は、自社の強みの部分を大企業が進出していないニッチな領域に1点

集中していくことが求められます。

過去の失敗例を見るとこの基本原則を忘れている中小企業経営者が多いようです。

あれもやりたい、これもやりたいという気持ちは分かります。

しかし、結果的に強みを強化できないまま中途半端に終わり、挫折に終わることが多いといえ

ます。

会社経営がうまくいっていない経営者は今一度この基本原則に立ち戻ったらいかがでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

「マーキュリー通信」no.3432【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-109「間違いだらけ の和製英語の野球用語」】

プロ野球ペナントレースが開幕しました。

私はNHKニューズウォッチ9で毎日野球の試合結果を聞いています。
和製英語に慣れていると余りにもの違いに戸惑いますが、慣れてくると違和感を感じないよう

になります。

余りにも多いので、主なモノを掲載します。

和製英語   英語
ナイター   night game
デーゲーム  day game
スタメン   starter
チェンジアップ off-speed pitch
リリーフ   reliever
ファインプレイ beautiful catch
クリーンアップ heart of the order

合っている和製英語はデーゲーム位ですね。それにしても誰が和製英語を作ったのでしょうか

一方、良く使う野球用語を英語で言うと;
野球場 ballpark
人工芝 astro turf
ホームベース plate
フェンス wall
グラウンド field
一塁手 first baseman
内野手 infielder
外野手 outfielder
三振    strike out
四球    walk
変化球 breaking ball
打率  batting average
打点   RBI(runs batted in)
得点  run
バント bunt
盗塁  steel
ゴロ  grounder

この程度の単語を知っていると野球の英語放送を楽しむことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

「マーキュリー通信」no.3431【メリットに隠れたデメリットもチェックする】

最近の電気シェーバーはユーザーが面倒と感じるお手入れの簡単さをアピールしています。
ひげそり後に専用の洗浄液に浸けておけばお手入れ不要ということです。

これは便利と一瞬思ったのですが、狭い洗面所に洗浄器を置いておくのはウザい感じです。
更に洗浄液の費用が毎月千円以上かかり、メンテナンスコストもバカになりません。

一方、電気シェーバーとレーザーカミソリの切れ味を比較するとレーザーカミソリの切れ味に

電気シェーバーはかないません。

ひげの濃い私にはこの電気シェーバーのデメリットが決定打でした。

結局、これまで通りレーザーカミソリを中心にひげそりし、補助的に1万円程度の安い電気シェ

ーバーにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.3430【生涯現役社会が日本を救う-34 「大半の人が人生の最期で思 うこと」】

大半の人はご臨終の最期の時に、「あの時にはこうしておけば良かった。」とやらなかったこ

とを後悔するそうです。

それなら生涯現役人生を生ききり、「やり残す事はない」と満足しながらあの世へと旅だった

方が幸福といえます。

三途の川を渡るとき、すがすがしい気持ちで渡れば、川をスムーズに渡ることができます。

これは会社人生にも当てはまります。

全力投球で会社人生を生きてきて後進の道に譲るのと悔いを残して定年退職するのと似ている

と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

「マーキュリー通信」no.3429【ワンポイントアップの人間力-133「自己成長に欠かせないLCH 」】

自己成長に欠かせない資質が素直さです。

素直に相当する英語を和英辞典で引くとobedientという単語が出てきます。

obedientは、The children must be obedient to their parents.といったように使われ、日本

語に訳すと従順なという意味となり、どうもしっくりいきません。

そこでlistenを英英辞典で調べてみると、to take notice of or believe what somebody

says: You should listen to your parents' advice. この方が日本語の素直に近い感じがし

ます。listen を形容詞にするとlistenbable、名刺に刷るとlistenablityとなり聴く力、素直

に受け容れる能力となり、素直さに近くなってきます。

一方、coachの名詞形はcoachabilityですが、こちらは人から指導を受け容れる力という意味で

す。その結果自己成長に繋がっていきます。

最後にhonestです。こちらは日本語の正直と同じ意味です。但し、人間力アップには他人に正

直であると同時に自分にも正直である必要があります。

この3つの頭文字をとりLCHが自己成長に欠かせない要素といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

「マーキュリー通信」no.3428【生涯現役社会が日本を救う-33「あの世の存在を知って、そこ から遡って今の生き方をチェックするとライフスタイルが変わってくる」】

「よく1度だけの人生」という言葉を聞きます。

しかし、キリスト教ではあの世の存在を説いています。
更に仏教では転生輪廻も説いています。

確かに今世の人生は1回だけですが、人は何度も何度もこの世に生まれ変わって修行をする存

在なのだという認識に切り替わると人生の生き方ががらっと変わってきます。

つまりこの世で自分自身の能力をどれだけ磨き、伸ばしたのか。どれだけ、自己成長できたの

かという視点で生きていると自分の人生に対する取り組み方が全く異なってきます。
その時の視点は、世の為、人の為にいかに役に立つ自分となっているかということです。

これが生涯現役人生を全うする私の考えです。

そして次回生まれ変わったときは、今世の人生で蓄積した経験、能力が基礎となります。
オギャーと産まれ、全員ゼロからの出発です。しかし、成長するにつれ、個人の能力差、個性

の差が出てきますが、それは過去世からの経験、能力を引き継いでいるからです。

こう思って生きていくと、最期三途の川を渡るとき、川の向こうに素晴らしい世界が開けてい

るのだと楽しみながら臨終を迎えることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

「マーキュリー通信」no.3427【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-109 「天国 言葉をいつも発する」】

歳を重ねるに従い晩年は心穏やかに過ごすことが大切と思います。

その為に天国言葉をいつも発することが必要です。

天国言葉とは、
「今日も良い日だ♪」
「絶好調♪・・」
「ついてるなあ♪・・」
「楽しいなあ♪・・」
「嬉しいなあ♪・・」
「感謝してます♪・・」
「ありがとう♪・・」
「愛してます♪・・」
「幸せだなあ♪・・」
「許します♪・・」

天国言葉をいつも発していると、最期ご臨終の時に、自然と天国への道が開けてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

「マーキュリー通信」no.3426【生涯現役社会が日本を救う-32「自分の隠された才能を発見す る」】

長い人生を生きていく間に人は様々な仕事を通じて能力を身につけてきました。
又、様々なチャンスと出会い、そのチャンスを活かして自己成長してきました。そこから新た

な発見をすることがあります。
又、多くの人との出会いからも多くの気づきを得てきました。

若い人と比べシニアは多くの経験をしていることが強みです。

そこでこれまでの人生で経験してきた自分の得意なことを10個以上書き出してみます。それ

ぞれの得意なことをつなぎ合わせてみると、そこから自分の隠された才能を発見することがあ

ります。

私の場合でいうなら、メルマガを書く事です。

公私ともに日常の生活の中で、いろいろなことに出会います。そこからヒントを頂き、そのキ

ーワードをメモし、自宅に帰ってからパソコンに向い、キーボードに指を置くと文章がどっと

出てきます。

つれづれなるままに14年間書き続け、既に3500回近く書いたことになります。
自分としてはごく当たり前にやっている事ですが、読者からそれも1つの才能と指摘されて、う

なずきました。

絶えず好奇心を持つことで、これがぼけ防止にもなっています。

あなたも自分の新たな才能を発見してみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

「マーキュリー通信」no.3425【ワンポイントアップの経営術-212「マネジメントにかかわる教 育の基本とは」】

毎朝、ピーター・ドラッカーの「ドラッカー365の金言」を読んでいます。

昨日の金言は中小企業の経営者によく当てはまります。

中小企業の経営は100%近く社長に依存しています。

但し、もう1つの視点があります。それは従業員の成長です。

従業員の成長とは、従業員の強みに合わせた育成です。

特に中小企業の場合、従業員の能力差が大きいです。従って、社長自身絶えず従業員の強みは

何かを模索し、強みに焦点を合わ
せた従業員教育をやっていくことが肝要といえます。

従業員が成長すれば、それに伴い会社も成長していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

「マーキュリー通信」no.3424【ワンポイントアップの人間力-132「宇宙の中心は?」】

「宇宙の中心はどこですか?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか。

答えはあなた自身の心です。

我々人間の心は宇宙を創った神仏の心へと通じています。

これを証明したのがお釈迦様、仏陀です。お釈迦様は瞑想修行中に、「宇宙即我」の境地を体

得しました。

一般人がそこまではなかなか体得できません。しかし、世間の喧噪から離れ、一人静かに瞑想

します。そして、神仏への感謝の想いを強めていくとその境地の一端を味わうことができます

宗教という漢字は「宇宙を示す教え」と書きます。

大宇宙を創った神仏は、地上に光の天使を送り込み、その時代や地域に合わせキリスト教、仏

教、イスラム教他様々な教えを説いてきました。

実は人間と動物を分ける唯一の違いは信仰心があるかどうかです。我が家のペットがクリスチ

ャンですという話は聞いたことがありません。

日本人は平気で無宗教と応える人がいますが、外国人には奇異に受け取る人が多いようです。

無宗教では、その人の価値願分からず、けだもの並と判断されてしまう恐れがあります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

38年前の話になりますが、私がカナダ三井物産に赴任するとき、人事部からアドバイスを受け

ました。

カナダ人から「宗教は何か?」と聞かれたら、「無宗教と応えてはいけない。自分は仏教徒」

と応えるようアドバイスを頂きました。

その時私は無宗教だったので、当時のアドバイスがピンときませんでしたが、今になって肯け

ます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

「マーキュリー通信」no.3423【人生に勝利する方程式-185「Grit(やり抜く力)を身につける 」】

最近Grit(やり抜く力)という言葉が話題になっているので早速「Grit(やり抜く力) アンジ

ェラ・ダックワークス著神崎朗子訳ダイヤモンド社刊)を読みました。

Grit(やり抜く力)とは;

1.目的をもって始める。

2.ある1点に絞って期限付の高めの目標を設定する

3.意図的な練習をする。
 絶えず改善を怠らない。これを繰り返していく内に、頭と手が勝手に動いてしまう。これを

フローの状態というが、この境地までレベルを上げていく。

4.1万時間の法則
 一つのことを1万時間継続するとその道のプロになれるし、その道で成功する。
但し、長時間取り組んだことよりも、どれだけ集中して1つのことに取り組んだか、質が問われ

る。1日9時間取り組んだとして3年、14時間取り組んだとして2年かかります。

5.成長思考を採り入れる
 成長思考を採り入れることで、逆境を楽観的に受け止めることができ、粘り強くなる。新し

い試練が訪れても臆せずに立ち向かうため、更なる強さが培われる。

本書を通読してみて、丁度私が一橋大学商学部を受験したときの体験談とほぼ同じことと分か

りました。そしてその時の成功体験が私の人生に勝利する方程式として現在までずっと受け継

がれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.3422【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-109「英語を短縮し た日本語は絶対に通じません」】

スマートホンを略したスマホが日常会話にすっかりと定着してきました。

日本人は外来語を略して使うのが得意のようです。これまでもパーソナルコンピュータをパソ

コン、デジタルカメラをデジカメと言ったように略し、それが日常会話として定着してきまし

た。

しかし、これらの略語はnative speakerには絶対に通じません。

時々、スマートホンをsmart phone、パソコンをpersonal computer or PC、デジカメをdigital

cameraと言い換えて練習しておくととっさの会話の時にも出てきます。

尚、smart phoneは携帯電話の一種ですが、cell phone(米国)やmobile phone(英国)でも通

じますので覚えておくとよいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »