« 「マーキュリー通信」no.3456【ワンポイントアップの仕事術-127「固定電話は今後加速度的にな くなっていく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3458【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-110「相撲の決まり 手を英語で言うと」】 »

2018年5月23日 (水)

「マーキュリー通信」no.3457【生涯現役社会が日本を救う-43「超高齢者社会ではデフレは寧 ろ歓迎」】

政府は2%のインフレターゲット達成の為に必死になっています。

しかし、果たして2%の物価上昇率を国民は歓迎しているのでしょうか。

来年10月には消費増税により税率が現在の8%から10%に上がります。これは物価が単純

に2%上がったことと同じです。
逆に企業にとっては売上は上がらず、却って買い控えが起こり、マイナスです。

超高齢者社会では、65歳以上の高齢者は約3500万人、28%もいます。年金受給世代に

とっては、まさにダブルパンチです。

一方、日本の企業の内、99.7%は中小企業で、人数にすると70%を占めます。

その大半は賃上げの恩恵を受けません。

更に、社会保障費は年々増加していきます。その為、国民の可処分所得は減少し続けています

従って、国民は寧ろデフレを歓迎しているはずです。政府や官僚の社会保障制度維持の為とい

う大義名分に踊らされているだけです。

私が提唱する生涯現役社会はこの3悪(インフレ、消費増税、社会保障費増加)に打ち勝つた

めの新たな社会制度の構築を目的としています。

|

« 「マーキュリー通信」no.3456【ワンポイントアップの仕事術-127「固定電話は今後加速度的にな くなっていく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3458【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-110「相撲の決まり 手を英語で言うと」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3457【生涯現役社会が日本を救う-43「超高齢者社会ではデフレは寧 ろ歓迎」】:

« 「マーキュリー通信」no.3456【ワンポイントアップの仕事術-127「固定電話は今後加速度的にな くなっていく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3458【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-110「相撲の決まり 手を英語で言うと」】 »