« 「マーキュリー通信」no.3471【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-113「米朝首脳会談 のキーワードを英語で覚える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3473【「奇人変人の異見-318「中小企業いじめの税強奪システム」 】 »

2018年6月13日 (水)

「マーキュリー通信」no.3472【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-114「Korea と careerの発音は同じ?」】

昨日史上初の米朝首脳会談がシンガポールで行われました。

しかし、私には政治ショーしか見えませんでした。

北朝鮮はウソと欺しの国家です。これまで米国がそのウソに何度も欺されてきました。
今回もトランプ大統領が今秋の中間選挙をにらんだパフォーマンスに終わらなければ良いと心

配しています。

さて、今回の政治ショーでKoreaという言葉が多数使われました。
Koreaの発音はコリアと表記され、原音に近いです。

一方、個人の履歴careerをキャリアと表記していますが、careerの発音はKoreaと同じです。

careerの場合、最後のrを発音する人もいますが、日本語表記は同じです。

従って、my career をマイキャリアと発音してもnative speakerには全く通じません。

一方、carrier「運搬人、運送会社等」はキャリアと発音されます。LCC(ロウコストキャリア

)等で使われます。

日本語表記に関しては本シリーズでも何回か採り上げていますが、一番の発信源であるマスコ

ミにもっとしっかりとして欲しいと思います。

又、文科省も正しい日本語表記化をしっかりと促進して欲しいと思います。

そうでないとますます国際化が進む中で、通じない和製英語が氾濫し、日本人の英語コンプレックスを助長するだけです。

|

« 「マーキュリー通信」no.3471【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-113「米朝首脳会談 のキーワードを英語で覚える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3473【「奇人変人の異見-318「中小企業いじめの税強奪システム」 】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/66824524

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3472【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-114「Korea と careerの発音は同じ?」】:

« 「マーキュリー通信」no.3471【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-113「米朝首脳会談 のキーワードを英語で覚える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3473【「奇人変人の異見-318「中小企業いじめの税強奪システム」 】 »