« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

「マーキュリー通信」no.3509【「奇人変人の異見-321「サマータイム構想には一番重要な問題 が抜けている」】

東京オリンピックの暑さ対策の為にサマータイム構想が浮上しています。
現在メリット、デメリットを議論しているようです。

しかし、一番重要な問題が抜けています。

そもそも日本の真夏、観客が長時間炎天下でスポーツ観戦したら当然死者がでることが予想さ

れます。
真夏の灼熱の太陽は人を死に追いやる凶器であることを政府と当事者はもっと認識すべきです

。その議論を抜いたサマータイム構想など狂気の沙汰です。

前回の東京オリンピックの開会式は10月10日です。秋晴れの爽やかな日でした。なぜ今回

も1年で一番気候が良い10月開催をしないのでしょうか。

国民の命を守るためにIOCと交渉し、10月開催に延期すべきです。

それをやらずして強行突破するなら、政府は殺人罪で訴えられるかも知れませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

「マーキュリー通信」no.3508【人生に勝利する方程式-190「欲しいものに手を伸ばすことが 生きるってこと」】

人間は欲を持つことで自己成長していきます。
その欲は、若いときは自分の欲のためで良いと思います。

欲しいものに手を伸ばし、手に入れる。その為に努力をする。それが喜びに繋がり、自己成長

していきます。

そして力を付ける内にその欲がだんだんと大きなものへとなっていきます。時には届かなくて

失敗したりします。
しかし、失敗からも学びます。

歳をとるにつれ、その欲が自分本位のものから、家族、友人、更には社会のためへと発展して

いきます。

そんなふうに人生を眺めてみると楽しくなってきます。

その欲は何歳になっても持ち続けることで、人生に潤いを与えていきます。

但し、その欲がなくなったとき、人は老いを感じ、自己成長が止まります。そして、ただ生き

るだけの人となっていきます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

「マーキュリー通信」no.3507【クリエイティブに生きる-20「毎朝の順路を変えると、新たな 発想が湧いてくる」】

毎朝、1時間以上の運動後に、13階の我が家から階段を降りていき、マンション内を散策してから18階まで一段おきに上り、最後は13階の我が家まで階段を降りて帰ります。

864戸の大規模マンションなので、私が住むA棟だけで5つの階段があります。

そこで毎朝いろいろな階段を使います。18階まで同じ階段を使うのは結構しんどいです。そこ

で、5つの階段を使うと楽々と18階まで上ることができます。

又、違った階段を使うことで異なる景色をエンジョイできます。18階から眺める景色も楽しい

です。

違う棟の住戸を見ながら眼筋力のトレーニングにも利用しています。

一方、マンションの出入り口は10箇所以上あります。こちらも毎朝異なった出入り口を使うこ

とで様々な光景と出会います。
マンション内住民との出逢いもあります。「おはようございます。」と声を掛け合い、すがす

がしい気分になります。中には子供を連れた育メンパパもいて、時代の流れを感じます。

そこで脳が刺激を受け、いろいろなアイデアが湧いてきます。

階段昇降トレーニングもこのように工夫を凝らしながらやると楽しみながらできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

「マーキュリー通信」no.3506【ワンポイントアップのコミュニケーション力-163「TV番組は 子供に与える影響を考えて!」】

毎週金曜日放映中のNHK「ちこちゃんに叱られる」は、5歳のちこちゃんが大人の無知ぶりを罵

倒し、子供にもわかりやすく解説する番組です。

お堅いNHKらしからぬ発想の転換で面白い視点です。これまでの常識を覆す点、結構学びがあり

、楽しんでいます。

ただ、ちこちゃんが大人を呼び捨てにするのは頂けません。

先日も知り合いの主婦が5歳くらいの男の子と一緒にいたところをばったりと逢いました。男

の子は私のことを呼び捨てにしたので、母親はびっくりして、男の子を叱りました。

子供には物事の良し悪しが分かりません。子供が大人を呼び捨てにすることが流行ったらまず

いんじゃないでしょうか。

日曜日18時からちびまる子を以前は見ていましたが、今は見ていません。

こちらも子供が大人を呼び捨てにしたり、父親をバカにしたりしているので、こういう風潮が

小学校で流行ったらよくありません。

又、ちびまる子では、小学生が自分の事を「オレ」と呼んでいます。やはり小学生は「ぼく」

の方がかわいらしいです。

その後の番組「サザエさん」では、原則子供は自分の事を「ぼく」と呼んでいます。

小学生が大人に向かって「おれ」と言ってきたら、私なら気分を害すします。

そんな考え方の私は頭が古いのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

「マーキュリー通信」no.3505【幸福になれない症候群-19「自分の不幸、不運を恨んでも、自 分を苦しめるだけ」】

オウム真理教の教祖麻原彰晃の死刑が7月6日に執行されました。

麻原彰晃は、生まれつき目が悪く、それで自分の出世にも影響したと世間を恨みました。

その恨みを世間、そして究極的に「国が悪い。そんな悪い国なら自分が滅ぼしてやろう」との

発想となり、地下鉄サリン事件、更には上空からサリンを撒いて100万人規模の死傷者を出し、

国家転覆を謀ろうとしました。

論理の飛躍も甚だしいですが、普通の人間なら世間を恨み、自暴自棄になるのが関の山です。

麻原彰晃のやったことは一皮むけば過激派赤軍派とやっていることは何ら変わらないのです。
しかし、正しい宗教と邪教の区別がなかなか判断できない日本人の弱みにつけ込んで、自らを

仏陀の生まれ変わりと称し、偽装宗教団体オウム真理教を創り、日本国家転覆まで画策した行

為は天災詐欺師のようでした。

釈尊の教えに有名な八正道があります。八正道を通じた反省行が大切なのですが、その前に正

信があります。正しい教えに帰依し、正しい信仰心に基づき八正道を実践しないとオウム真理

教のように全てが狂い、人生破滅に向かっていきます。

麻原彰晃は自分の苦しみから逃れるために、多数の人を殺めました。しかし、それで苦しみを

解決できたわけではなく、却って苦しみを加速していったことと思います。

邪教の教祖麻原彰晃は、仏教でいう地獄の最深部阿鼻叫喚地獄に墜ちて、途端の苦しみと現在

闘っていることと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「あさはらしょうこう」文字変換したところ麻原症候群と変換されました。

あれから23年が経ち、事件が風化してきたことが、文字変換にも現れています。

それにしても日本の裁判制度の遅さは半端じゃないですね。その間莫大な経費がかかっている

わけですから。
そのことにもっと気付くべきです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.3504【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-202「夏バテ防止は日 頃の体力作りから」】

今年は観測史上最も早い梅雨明け宣言でした。その為か、いつもの夏以上に猛暑が応えます。

私は毎年夏バテをしません。

規則正しい生活習慣、適度な睡眠、食生活に加え、毎朝起床後に1時間以上の運動をしています

。最後は、13階の我が家から1階まで降りていき、その後18階まで1段おきに階段を上り

、13階の我が家まで戻ってきます。

普段足腰を鍛えておくことで、屋外でも足取りは軽やかです。

更に外出時には、帽子、サングラス、クールタイをすることで暑さ対策はバッチリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

「マーキュリー通信」no.3503【クリエイティブに生きる-19「心の中から湧き上がってくるも のを大切にする」】

私は本来左脳型人間ですが、それでも時々インスピレーションが湧いてきて、それを大事にしてそれに従って行動することが多いです。

このインスピレーションは、真剣に取り組めば取り組むほど良く湧いてきます。

今は両親の介護問題で忙殺されていますが、真剣に取り組んでいるといろいろな協力者が現れ

、それを素直に受け止め、感謝の気持ちで接していると、次から次へとインスピレーションが

湧いてきます。

基本は逃げないで現実を直視しながら対応する、そして利他行です。両親に対する感謝の思い

を最期まで貫くことと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

「マーキュリー通信」no.3502【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-115「カジノでは外国人に通じません」】

IR法案が国会で可決されました。これで日本でもカジノが解禁となります。

カジノはイタリア語が語源で、確かにイタリア語でカジノと発音します。

しかし、同じスペルcasinoを、英語では「カスィーノ」(スィにアクセント)と発音します。

東京オリンピックの時には多数の外国人が来日しますが、今から「カスィーノ」と発音して、

慣れておくと良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

「マーキュリー通信」no.3501【「奇人変人の異見-320「被災地のふるさと納税をきっかけに役 所の業務改革を」】

西日本豪雨災害の為、被害各地自治体のふるさと納税制度の利用が活発化しているそうです。
ただ、自治体としては職員も復旧活動に超多忙で、ふるさと納税の膨大な事務処理がのしかか

り、嬉しい悲鳴とのことです。

私もふるさと納税制度を利用していますが、役所の事務処理のムダと非効率さに大いなる疑問

を持っています。

確定申告のための証明書を2回もかけて発行しています。

私が行政官なら、ふるさと納税対象業者に、出荷時の納品書に「ふるさと納税対象商品 金○

○円」を同封するように指導します。

それを確定申告の時に添付して使えば良いだけの話です。

そうすれば、役所の事務処理はなくなります。

今回の西日本豪雨を機に、実験的に勧めたらいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.3500【クリエイティブに生きる-18「コップに水が半分入っているを どう解釈するか?」】

多くの商品、サービスがコップの水がなくなっていくように廃れていきます。

コップの水が半分なくなっているときに世間の人はその存在に気付き始めます。

今から30年ほど前に携帯電話が世に出たとき、ショルダーホンの時代でした。

高い料金、重い、通話地域が限定されていると三重苦の商品でした。当時、誰が子供まで携帯

電話を持つ時代が来ると想像したでしょうか。又、スマホの存在など想像すらできませんでし

た。

今、私は個人、中小企業向けの福利厚生サービスの構築の事業に全力で取り組んでいます。

いまだ世間の大半の人は、福利厚生サービスは大企業のものという認識です。

しかし、私は今後福利厚生サービスは個人や中小企業にも普及していくと思っています。なぜ

なら福利厚生サービスは、個人や中小企業も必要としているからです。これを潜在需要といい

ます。

このニーズに半分の人が気付いた時点で、即ちコップの水が半分になったときに、個人、中小

企業向け福利厚生サービスは一気に急成長していくと予想しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今回でメルマガを発信して丁度3500回です。

皆さんからいろいろな角度で感想を頂きます。それが参考になり、メルマガ発信力の源泉とな

っています。

これからもご支援よろしくお願いします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

「マーキュリー通信」no.3499【ワンポイントアップのコミュニケーション力-162「人の話を 素直に聴く姿勢がないと情報は入ってこない」】

昨夜はベンチャー企業L社の元顧問会の元顧問のT氏を偲んでの懇親会となりました。

T氏は幸福の科学の会員で、葬儀は幸福の科学式で行われました。

葬儀に参列した私は、既存の宗教とは全く異なる新鮮さを感じました。
幸福の科学式葬儀は、帰天式と称します。

幸福の科学では、転生輪廻の教えに基づき、本人は元々住んでいた実在界に帰るため、帰天式

と称します。この世からの旅立ち、卒業式という位置づけなので抹香臭いところはありません


お経は全て分かりやすい口語で唱えるため、全て理解できます。

そして死とは、魂の霊子線が切れた時なので、本人の霊は帰天式の最中は式場に止まっている

ことが多いため、故人と対話しながら、故人の遺徳を偲びます。

私はT氏の辞世の句を帰天式で頂き、その句を元顧問達に渡しました。

「奇跡の時に生を受け、世の中の役に立ちたることをありや。いかほどの霊格向上果たしたか

!」

生前T氏と親交の深かった私はこの辞世の句を良く理解できます。

そして、氏の思いを皆さんに伝えたかったのですが、残念ながら伝わりませんでした。

元顧問のS氏が、「幸福の科学の教えはキリスト教始めいろんな宗教の寄せ集め」という誤解を

勝手に主張し始めました。

これを受けて、M氏が、「海外では異なった宗教が議論を始めるとけんかになる」説が出始め、

場の空気がおかしくなりかけました。

そこで、私は本件打ち切りました。

ただ、T氏の辞世の句を基に故人を偲ぶ本来の趣旨が伝わらず残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.3498【ワンポイントアップの仕事術-130「郵便局の仕事ぶり」】

昨夜8時頃王子の郵便局に内容証明郵便を出しに行きました。

祝日の夜にも拘わらず、1つしかない窓口は混雑していました。

やっと私の番になって内容証明郵便を出すと、受け付けてから暫く待つように言われました。

10分近くたって再度呼ばれると、「内容証明郵便は1行20文字だが、12行目だけ1文字超過して

いる」と言われました。そこで、その行の「、」を削除することにしましたが、「1行削除と手

書きで記入し、捺印してください」と言われました。

要は10分近く待たされていた間に、私の内容証明郵便の字数を数えていたようです。
内容証明郵便の料金は1450円でしたが、これでは赤字です。この非効率さはいまだお役所時代

からの仕事の慣習を引きずっているようです。

さて入浴後にビールを飲みながらテレビを見ていると、「ピンポン」という音がしたので、出

てみると先ほどの郵便局の局員でした。

我が家をわざわざ訪ねてきた理由は、受付印を押し忘れたとのことです。その律儀さに感心し

ました。

日本郵政公社が民営化されたのが2007年10月、あれから10年以上経ちましたが、まだま

だお役所の非効率な業務慣習は変わっていないようです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

一橋大学の恩師田内幸一先生(マーケティング専攻)から、「これからは人の時代、機械は除

却しない限り変われないけれど、人間は考え方を変えればいつでも変わることができる」と50

年近く前に言われたことを今でも覚えています。

しかし、機械は古くなれば除却処分して新しい機械に変えることができるけれど、人間は除却

処分できないので、人間の思考回路、行動習慣を変えるのは難しいと実感しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

「マーキュリー通信」no.3497【生涯現役社会が日本を救う-50「人口減社会では高齢者の活用 が必要不可欠」】

最近は人生100年時代、生涯現役という言葉を良く耳にするようになりました。

一方で、老後、定年延長、高齢者社会、後期高齢者という言葉も頻繁に耳にします。

そこで、プラスの言葉、例えば人生100年時代、生涯現役は日本語で言う。

一方でマイナスな言葉は日本人が得意な横文字を使ったらいかがでしょうか。

高齢者はシニア、アクティブシニア、前期高齢者はゴールデンエイジ、後期高齢者はプラチナ

エイジと呼ぶ。

一方、人生100年時代においては、定年はなくす。但し、60歳で雇用契約は打ち切り、その人の

能力に合わせて、様々な雇用形態で再雇用する。
そうなると60歳近い人は、緊張感を持って自分の能力を高めようとする意欲が湧いてきます。

先日のテレビ番組で92歳の職人を雇っている企業が紹介されました。この人はその実力が認め

られ、昇給したそうです。

街に出ると、70代以上のシニアを多数見かけます。

このシニア層をアクティブシニアに変えるだけで、国の財政負担はかなり減ってくると思いま

す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.3496【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-201「細分化の原理を 活用するとスムーズにできる」】

水虫の治療で藪医者にかかり、リンパ腺が腫れ、悪寒発熱となり、小指の関節も腫れて痛みが

続き、ひどい目に遭いました。

今度は皮膚科専門医にかかり、順調に回復しています。

そこで、10日ぶりに階段を使ったトレーニングを再開しました。

我が家は13階なので、13階から1階まで降りて、その後、マンション内を散策しました。私の

住むマンションは864世帯の大規模マンションなので、階段が全部で5箇所あります。

そこで、1階から13階まで一気に上ることは避け、1階から5階まで一段おきに上り、5階

の廊下を歩いて次の階段まで行き、10階まで上りました。そして、又次の階段まで歩いてい

き、そこから13階まで上りました。

こうすると10日間のブランクを感じず、スムーズに上ることができました。

何かをトライするとき、一気に実施することはハードな場合、分けて実施すると簡単にできる

ことを学びました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

皮膚科専門医でないKクリニックに、状況説明の為に昨日訪ねました。

こちらの状況を理解して、支払った診察代、薬代6090円を全額返金してくれました。薬は

私が全て処分することにしました。

泣き寝入りせず、言ってみるモノだと思いました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

「マーキュリー通信」no.3495【クリエイティブに生きる-17「異なった価値観から学ぶ」】

最近は若い人が穴あきのジーンズを履くのがすっかり定着したようです。

しかし、私の年代では、破れたジーンズは貧乏人の象徴だったので、私には破れたジーンズを

履く勇気はありません。

ただビジネスの切り口で捉えるなら、全く異なった価値観からいろいろなヒントを頂きます。

彼等のものの考え方、価値観、視点から捉えると様々なアイデアが湧いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

「マーキュリー通信」no.3494【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-200「あっぱれ! 50 年経ち、まだ活躍しているブルーワーカー」】

毎朝1時間の運動をしています。そのメニューの1つに筋トレ器具「ブルワーカー」があります

「ブルワーカー」は、エキスパンダーに似た筋トレ器具ですが、7秒間静止して15種類の筋力を

鍛える器具です。

「ブルワーカー」を購入したのは、大学1年生の時、今から丁度50年前に9800円で購入しました

初任給が3万円台の時代でしたから、今の初任給の6~7分の1,現在の貨幣価値に換算にすると6

~7万円と高額な商品でした。

しかし、あれから丸50年、一時期使わなかったこともありますが、充分元は取りました。

そして「ブルワーカー」の成果は、現在69歳になる私ですが、実際の数値に表れています。

毎週体重計で自分のデータを取っています。
最近のデータは、体重60.2kg 体脂肪率15.2%
体脂肪を除いた体重=60.2kgx(1-0.152)=51.0kg
筋肉量=体脂肪量/2=25.5kg
筋肉率=筋肉量/体重=42.4%

年代別の筋肉率は、私の年代では26%だそうです。
私の筋肉率42.4%は20代の44%並といえます。

事実、私の筋肉は体全体引き締まっており、20代の頃と特に変わりありません。

やはり「継続は力なり」といえます。

筋肉量が多いと基礎代謝を高めることになります。基礎代謝とは生命活動を維持するために必

要なエネルギーです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

メルマガのシリーズ「健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-」は今回で200回目です。つれ

づれなるままに自分の健康法を書いていたら200回にもなりました。

よくぞこれだけネタがあったものかと自分でも感心しています。

200回というと単行本1冊分の分量になります。いずれは出版化したいと思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

「マーキュリー通信」no.3493【ワンポイントアップのコミュニケーション力-161「怒りっぽ い人からは、人は遠ざかっていく」】

最近知り合ったO氏は、面倒見が良く、親分肌の即断即決タイプの人です。好奇心旺盛で、明る

く前向きな性格です。

この人の良いところが出ている間は、人はこの人の魅力に惹かれてその輪が広がっていきます

一方で、この人はちょっと気に入らないところがあると直ぐに怒りをあらわに出してしまいま

す。

昨日も早朝、私の所に電話がかかってきました。あいにく電話がかかってきたことに気付きま

せんでした。2度ほど電話があったようです。

3度目の電話に出たときに、開口一番「なぜ電話に出なかったのだ!」と怒りをぶつけてきまし

た。人の理由を聞かずに、一方的に怒りをぶつけます。

これを至るところでやっているようです。

直ぐに怒る人に対し、人はコミュニケーションをとろうとしません。なぜなら怒っている間、

コミュニケーションが取れないからです。

丁度嵐が去って行くのを待つように、じっとしています。

当然その人と本音で語ることはありません。

一人一人その人から離れ、だんだんと浮き上がっていってしまいます。気がついたときは、周

りに誰もいなくなっていってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

「マーキュリー通信」no.3492【ワンポイントアップのコミュニケーション力-160「多様な個 性、ニーズと向き合う」】

今の仕事は、経営者、ビジネスパーソン、定年退職者等様々な人と接点があります。

つくづく人の価値観の多様性を感じています。

「7つの習慣」の5番目の習慣として、「理解してから理解される」があります。つまり、聞

き上手になるということです。

その時のポイントとして、相手の言葉より寧ろ相手の気持ちにしっかりと向き合うようにして

います。
同じ事を言っていても、相手の性格や、現在置かれている状況によって全く異なることがあり

ます。

その上で、こちら側の意見を言います。そうすると相手と意見が噛み合ってきます。

直ぐには噛み合わない場合でも、ちょうど歯車が一つ一つ噛み合うように、じっくりと行って

きます。

お互いに貴重な時間です。しっかりと向き合う姿勢を保っている限り、コミュニケーションは

順調に行き始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

「マーキュリー通信」no.3491【人生に勝利する方程式-189「努力は必ず報われる」】

人生を長い間生きていると成功も失敗も多数します。

その時に大切なこととして私は努力を挙げます。継続して努力しているかが重要と考えます。
その結果、その努力は習慣化します。そしてノウハウとなって蓄積されていきます。土地でい

えば肥沃な土地となります。そこには植物が育っていきます。そして、見事な果実を実らせま

す。そのような努力の結果の成功を確かな成功と定義しています。

努力の伴わない成功は積み木細工と同じです。持続しません。ちょっとしたことで直ぐに崩れ

ていきます。

又、努力の伴わない失敗も同じです。同じ失敗を何度も繰り返します。

努力は大切、努力は必ず報われるというのが私が人生経験で得た結論です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

「マーキュリー通信」no.3490【生涯現役社会が日本を救う-49「シニア起業家の陥りやすい罠」】

超高齢者社会を反映し、シニア起業家とよくお会いします。

定年退職後、直ちに起業する人の陥りやすい罠として、サラリーマン時代の延長戦で考えることです。

定年退職すると、会社の看板と肩書き、人脈等全て失います。そして、サラリーマン時代の考え方でそのまま起業してしまうことです。

先日も今年3月末に定年退職し、経営コンサルタントの肩書きを持つシニア起業家I氏と会いました。

どのような内容の経営コンサルタントと聞くと、事業承継やM&Aの学者を企業に繋ぐ仕事だそうです。

I氏は経営コンサルタントの経験がありません。I氏と話していて経営コンサルタントのイロハすら知りませんでした。

彼のビジネス・モデルは全て頭で考えているようです。
いくら事業承継やM&Aの専門家でも、勉強のつもりならまだしも、企業の経営者は大学の先生に具体的な案件を任せることはない事を理解していないようです。

私からはI氏の強みで勝負するようアドバイスしましたが、サラリーマン1本でなんとなく過ごし、そのまま定年を迎えたようで、訴えるものがありません。そして、人脈も余りないようです。

人生100年時代、これから人によっては一生涯働かざるをえない時代、ますます生涯現役の仕組みを創る必要性が求められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

「マーキュリー通信」no.3489【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-199「偉人達の健康法 -信長の場合」】

信長の最後の居城は城山の安土城だったそうです。
この城山は往復1時間半もかかります。更に、安土城は現代建築にすると10階建て相当になるそ

うです。

当然当時はエレベーターはありません。信長は、10階の天守閣まで毎日登っていったことにな

ります。

人間は加齢と共に足腰が弱くなります。40歳を過ぎるとそれが顕著になります。

現代社会は便利になりすぎ、僅か2~3階でもエレベーターやエスカレーターを利用する人が多

いようですが、却ってそれが足腰を弱め、老化を促進しているといえます。

私は23年前から9階まで階段登行をし、下ることを毎朝実施しています。

5月には新居に引越ましたが、今度は13階の新居から1階まで下り、その後マンション内を散策

して、13階まで上っていきます。

先日、最上階の18階までトライしましたが、途中息切れせず、問題なく上ることができました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

「マーキュリー通信」no.3489【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-198「兼任の医師には 要注意!」】

今年も水虫が出てきたので、市販薬を塗り始めました。

しかし、特に改善が見られなかったので、近所のクリニックで診察を受けました。同クリニッ

クは、毎回診察を受けるまで1~2時間は待たされる評判のクリニックでした。

しかし、担当女医は内科の先生で、私の足を診て、「これは水虫です。薬を出しておきます」

。診察時間は20秒程度で終わりました。
費用は薬代も含め5千円以上し、ずいぶん高いと感じました。

近くの薬局で薬を処方してもらい、早速塗り始めました。

ところが、翌日足の甲が腫れ始めました。

そこで再度同クリニックを訪ねました。

担当医師は、「これは水虫の薬なので、足の甲には塗ってはいけません。別の薬を出しておき

ます。」
それなら最初にきちんと説明すべきだと内心むっとしました。この時も診察時間は1分以内でし

た。

しかし、別の薬を塗ったら更に甲が腫れ、ふくらはぎまで炎症が広がりました。
更には、リンパ腺が腫れ、夜になると悪寒がし始め、熱が出てきました。

そこで、同クリニックは諦め、別の皮膚科専門医を訪ねました。

皮膚科専門医S先生は40代の若手の医師ですが、非常に丁寧な対応で、患者の立場に立って、説

明してくれました。

そして、塗り薬と内服薬を出し、まずは脚の腫れを直すことに集中し、その後水虫の治療に移

る治療方針を示してくれました。

治療費は、最初のクリニックより若干安く、薬代は2種類で僅か590円でした。

皮膚科専門医にかかった安心感と、医師の人間性、治療態度の余りにもの違いを経験しました

今後は、兼任の医師は絶対に受けないことにしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.3487【ワンポイントアップの人間力-136 【ワンポイントアップの人間力-136 「失敗のパターンに陥ってることに気付いたら、修正する」】

私の行動哲学は「活私豊幸」=「自分を活かしながら人生の途上で出会った人々をいかに豊か

に幸福にできる人間でありたい」 です。

従って、いつも人のお役に立ちたいという気持ちで生きていますが、その際、お役に立ちとい

う気持ちが強く出過ぎて、気がついてみるとバランスが崩れていることがあります。

つまり、依頼者Aさんにとって良いことでも、紹介者Bさんにとっては却って迷惑をかけてしま

う恐れも出てきます。

そんな時は、紹介された商品、サービスを見直し、自分が懸念する要素を再点検します。
重要項目の一つに人が挙げられます。その商品、サービスをどのような思いで創り上げたのか

、それが重要となって来ます。単なる金儲け目当てなら、直に壁にぶち当たることも往々にし

てあります。

その結果、Bさんに迷惑をかけそうな場合には、その案件はフェイドアウトさせます。

Aさんには申し訳ないですが、Bさんに迷惑をかけるリスクが高ければ、それも止む無しと考え

ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »