« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月15日 (水)

「マーキュリー通信」no.3523【「奇人変人の異見-324「今年は明治維新150年、今年も靖国神 社を参拝して思うこと」】

本日は73回目の終戦記念日です。そして、今年は明治維新150年の年です。

当時は欧米列強の帝国主義による植民地主義が一番盛んな時期でした。

隣の清国がアヘン戦争で敗れ、英国の植民地になったのが1842年でした。

当時先見性を持った幕末の志士や徳川幕府の有識者達が、このままでは日本も欧米の植民地に

なってしまう。欧米列強から日本を守る為に誕生したのが明治維新政府です。

富国強兵と殖産興業を掲げ近代化路線を掲げて、短期間で欧米列強の仲間入りができるように

なりました。

当時一番恐れていたのがロシアでした。

黄色人種の日本が日露戦争で勝利したことは、アジア植民地各国に大きな勇気と希望を与えま

した。

逆に欧米列強からは警戒心を持たせ、その結果大東亜戦争(米国の呼び方は太平洋戦争)を余

儀なくされました。

大東亜戦争は、ABCD包囲網により海外から資源調達ができなくなり、資源確保のための自衛戦

争でした。それはGHQのマッカーサー元帥も帰国後に認めています。

一方、東京裁判は、戦勝国が一方的に敗戦国を裁いた裁判で無効であると東京裁判の裁判官の

一人インドのパール判事が訴え、出版しました。

それにも関わらず、終戦直後に米国が徹底的に日本人を洗脳した東京裁判史観から日本人は未

だに脱却できていません。

大東亜戦争の目的は日本による侵略戦争ではなく、列強諸国の植民地からアジア諸国を解放す

ることでした。

その為に、約300万人の日本人兵士が日本を守る為に必死に戦い抜き、尊い命を落としました。

その英霊が靖国神社に祀られています。

未だに靖国神社にA級戦犯が祀られているので、参拝すべきでないという人がいます。

しかし、A級戦犯は東京裁判で戦勝国が一方的に汚名を着せたものです。しかも、戦後A級戦犯

は戦後名誉回復されました。事実、A級戦犯だった岸信介氏は首相にさえなりました。

約4分の3世紀が経ち、ここらで東京裁判の自虐史観から抜けきるべきです。

現代の日本人は、名誉の戦死をした若い兵士のお陰で今日の繁栄を謳歌していることに感謝の

思いを捧げるべきです。

その為に、終戦の本日靖国神社を訪ね、英霊の御霊に感謝の念を捧げることが重要です。

日本は戦争には負けたけれど、アジア植民地からアジアの同胞を解放するという目的は達成さ

れました。300万人の日本人兵士は決して無駄死にではなく、その栄誉を褒め称え、誇りを持つ

べきと思います。

更に、アフリカ諸国や中南米諸国にも勇気を与え、戦後続々と植民地から独立していきました。

8月15日こそ終戦記念日として、国民の祝日と定め、不戦の誓いをする日にすべきです。
どうでも良い山の日を国民の祝日にするというピント外れの祝日制定だけは金輪際止めて欲しいものです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

韓国が8月14日を従軍慰安婦の日に制定したそうです。

南京大虐殺事件と並び、戦時中の2大虚構に対し、日本は不誠実な両国の政治利用行為に対し

、断固抗議し、廃止させていくべきです。

その際、マスコミの力を借りることも重要と考えます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.3522【生涯現役社会が日本を救う-54「超高齢者社会が日本を財政面 で滅ぼす!」】

95歳になる父が脳の手術で先月3週間東海大八王子病院に入院しました。

請求書が届きましたが、9万円+諸雑費(紙おむつ代他)2万円強でした。

個人負担割合は1割なので、実質治療費は3週間で90万円にも上ります。

超高齢者社会が益々進展しいくなかで、父のような高齢者が入院治療するケースが今後は更に

増えることが予想されます。

それは裏返せば現役世代の負担増となります。

やはり心身共に元気な生涯現役社会を創っていくことが重要であること実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

「マーキュリー通信」no.3521【「奇人変人の異見-323「国会議事堂を訪ねて思うこと」】

先週末、初めて国会議事堂を訪ねました。

赤絨毯の国会議事堂内は威厳に満ちていました。ここで議員同士が罵詈雑言を浴びせたり、乱

闘劇を繰り広げていることをちょっと想像できません。よほど心臓に毛が生えているのでしょ

うか。国民感覚からかけ離れていますね。

又、各政党の部屋がありますが、民主党の党名を掲げている党が自由民主党、立憲民主党、国

民民主党、社会民主党と4つもありました。政治家は「民主」という言葉が好きなんですね。

「民主」というと耳に心地よいです。しかし、民主=社会主義政策であり、戦後の政治は衆愚

政治に陥り、1票の票欲しさのために、借金に借金を重ね、ついに1000兆円を超えてしまいまし

た。

そして、気がついてみたら、民主ではなく、官主、官主導の世の中となり、官僚にコントロー

ルされる社会となってしまいました。

真剣に国民の為、国家の為、国益の為に政治を行う政治家がいなくなってしまいました。それ

は健全な野党不在が大きく影響しているといえます。

かつて自民党の対抗馬として社会党という巨大野党がありました。しかし、現実的政策を掲げ

なかったために、次第に党勢が衰え、社民党と変えても、さらにひどい極左勢力となり、絶滅

危惧政党となりました。

民主党も昔の社会党と同じことをやっており、かつての社会党と同じ道を歩んでいます。だか

ら安倍一強体制が続いていることに早く気付いて欲しいです。

今回私は幸福実現党の特別党員として国会議事堂を訪ねました。
同党は真剣かつ真摯に国民の為、国家の為、国益の為に政治を推進している唯一の党です。

同党は9年前に北朝鮮の核ミサイルの危機を訴え、立党しました。当時誰も見向きもしませんで

したが、現実の世界となって来ました。

又、習近平国家主席誕生の時も、同主席の21世紀型植民地政策の危険性を事前に情報入手し

、警鐘を鳴らしました。この時も誰も耳を傾けませんでしたが、現実には中国の軍拡の脅威は

予想以上に進んでいます。

同党は、トランプ大統領誕生にも一役買いました。

来年立党10年目を迎えますが、まだ国会議員は輩出していません。

来年の参議院選挙で同党が議席を獲得すれば、健全な野党として真の国益に沿った政策を提言

してくれることを信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

「マーキュリー通信」no.3520【ワンポイントアップの人間力-138 「ぶれない自分を作る」 】

宇都宮の研修施設で「無我なる愛」研修(一泊2日)を受けてきました。

無我とは仏教の教えで、「より高次な自分を得るために、低次な自分、即ち物質界に囚われて悶え苦しんでいる自分を捨てる」ということです。その過程の中でより高次な自己実現を成すことができるようになります。

つまり無我とは仏と一体となった自分を創っていくことを意味します。その結果、光り輝く強

い自分を創っていくことになります。

この世的なことで心が揺れず、心が常に清明で、自らの守護霊と通じ合い、他人の気持ちが手

に取るように分かる段階、即ち阿羅漢の境地を目指していきます。

僅か1泊の研修ですが、禅定瞑想することで、心が透明となり、湯上がりのようなさっぱりとし

た気持ちになりました。

これを繰り返すことでぶれない自分を創っていくことができます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

一昨日、エスカレーターに乗っていたら、後ろから来た男性にぶつけられ、突き飛ばされそう

になりました。

昔ならかっと怒っていたかも知れません。しかし、その時は一瞬心が揺れましたが、直ぐに平

静に戻りました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

「マーキュリー通信」no.3519【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-204「私の熱中症対策 」】

再び猛暑到来です。

私の熱中症対策は5点セットです。

1.日よけ帽子
2.サングラス
3.クールタイ
 外出時に水道水でぬらして、首に巻きます。
4.おしぼり
 冷凍庫に入れ、外出時に取り出します。現地に着く頃にはほどよく解凍されています。
5.センス
上記を実践するだけで、有効な夏バテ対策になります。
そのお陰で今年も夏バテ知らずです。

私は外出時に忘れないように「サカギケノカメガハンテイ(榊家のカメが判定)」呪文を唱え

ますが、これに夏場は5点セットを追加します。
サカギケノカメガハンテイとは、サ(財布)カギ(鍵)ケノ(携帯電話)カ(傘)メ(名刺)

ガ(眼鏡)ハン(ハンカチ)テイ(定期券=スイカ)のことで、これを唱えることで、忘れ物

をないようにしています。

因みに、榊家は妻の旧姓です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

「マーキュリー通信」no.3518【「奇人変人の異見-322「サマータイム導入は、各企業が個別に やれば良い」】

サマータイムの是非が盛んに議論されています。

35年ほど前、私はカナダに駐在していましたが、サマータイムを導入していました。

カナダは広大な面積の国の為、国の中で最大4時間の時差があります。

又、当時はアナログの時代で、サマータイム開始時には、時計を1時間調整するだけで簡単にタイムシフトできました。

しかし、今やIT全盛時代です。パソコン、スマホ、ブルーレイディスクレコーダー等時間調整

するデバイスが多種多岐にわたっているので、国民や企業の負担は非常に大きくなっています

そこで、私は政府が音頭をとって、企業に1~2時間始業時間を早めるように要請すれば良いと

思います。
要は、9時始まりの会社なら、始業開始を7時~8時にすれば良い訳です。そして、終業時刻を15

~16時にすれば、退社後の時間を有意義に使えます。

これならスムーズに導入が実現すると思います。

官僚発想のプレミアムフライデーは、国民から忘れ去られましたが、こちらはニーズが高いの

で、実現は容易と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

「マーキュリー通信」no.3517【ワンポイントアップの人間力-137 「人は人との出逢いで器が 大きくなっていく」】

人生では実に様々な人との出逢いがあります。

その人との出遭いで人生が大きく変わることもあれば、自分自身の器を磨く格好のチャンスに

もなります。

最近、顧問先のY社長が詐欺師だったことが分かりました。

最初は顧問料を毎月きちんと振り込んでくれていたのですが、その内支払えなくなりました。

Y社長は、新規事業の塾経営に私の支援を求めてきました。その新規事業にこれまでの顧問料を

全額充当しました。
更にプラス200万円を新規事業の着手金として支払いました。

挙げ句の果ては私に運転資金不足30万円を短期融資して欲しいと涙ながらに訴えてきました。

私は情にほだされて、30万円を短期融資しました。

新規事業の塾経営は、最初の内は資金が回っていたので、私の所にも50万円弱リターンがあり

ました。

しかし、その内、資金が回らなくなり、閉鎖してしまいました。

Y社長との契約では、他の塾事業で穴埋めすることになっていましたが、一切なしのつぶてです

Y社長の関係者の話を総合すると、新規事業の塾経営のキャッチコピーは良いのだが、内容が全

く伴っておらず、素人経営の域を出ず、友人知人から金を借りて、自転車操業していることが

分かりました。

私も数多くの顧問先とおつきあいしてきましたが、まさか顧問先社長が詐欺師とはびっくり仰

天です。

Y社長は一見誠実そうに見えるのですが、結局一皮むけば人を欺すことに長けていたことになり

ます。

Y社長の一件以来、私はその人の言動、思いの部分に着目しています。

いくらきれい事を言っても、どこかでその人の本性を表す事になります。その本性を見抜けな

かった自分を猛省しています。

しかし、その一件以来、私自身人を見る目を更に磨くことができるようになり、経営コンサル

タントとして一歩成長したと思っています。

Y社長に中学生の男の子が二人います。その子と会ったこともあります。

Y社長には息子に恥ずかしくない人生を歩んで欲しいと思います。

人に欺されてもそこから大きな学びを得ますが、人を欺す人生は、人生の晩年で大きな後悔を

することになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

「マーキュリー通信」no.3516【生涯現役社会が日本を救う-53「人生100年時代では、副業か ら複業の時代へ」】

働き方改革の一環として、政府が副業を大企業にも提唱しています。

副業は、企業にも従業員本人にも収入面以外にメリットがあります。

それは1つの会社で定年まで勤めると、その会社の考え方に染まり、いわゆる社畜化していきま

す。
定年後に第2の就職先を探そうとしても、考え方が固まっているので、その会社以外では通用し

ない人材となってしまいます。

現役時代から副業をやることで、会社以外のものの考え方、見方をすることができるようにな

り、会社にもメリットが出てきます。

一方、人生100年時代では、副業から更に復業へとシフトしていくことが重要となります。

つまり、もう1つの仕事もアルバイト感覚ではなく、別の本業とする考え方です。

復業として取り組むことで、更に自分自身が磨かれ、自己成長していきます。
そして、どこでも通用する人材となっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

「マーキュリー通信」no.3515【人生に勝利する方程式-192「努力は決して人を裏切らない」 】

努力とは筋肉に当たるモノと思います。

人生70年近く生きてきて、これまでに努力してきたものは心の筋肉として蓄積されています。

50年前からブルワーカーという筋トレマシンを使って毎朝エクササイズしていますが、私の全

身は筋肉質となっています。

強靱な筋肉と共に、折れない心も培われてきました。

それは筋トレマシンのエクササイズと同様、公私ともに様々な努力を積み重ねてきた結果と思

っています。それが蓄積の効果と思います。

その結果が仕事でも成功へと繋がっていると感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

「マーキュリー通信」no.3514【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-203「スクワットが老 化予防の最強ツール」】

最近、朝の運動メニューにスクワットを加えました。

スクワットは非常に簡単な筋トレです。

椅子等に両手を乗せ、背筋をピンと伸ばし、ひざを曲げていきます。

息を吐きながら4秒間ひざを曲げていきます。元に戻すときは息を吸いながら4秒間かけます。

第1週目は5回、第2週目は10回、第3週目は20回と、毎週回数を増やしていきます。

現在6週目なので、ひざを90度になるまで曲げていきます。これを20回やります。結構きついで

す。

自己流に陥るといけないので、私は小林弘幸著「死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい

」(幻冬舎刊 1000円)を参考にして実践しています。

私は毎朝15種類の筋トレ、柔軟を実施していますが、このスクワットが一番きついです。

しかし、これを習慣化したらそうとう強靱な足腰なる事は間違いないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

「マーキュリー通信」no.3513【生涯現役社会が日本を救う-52 「運動習慣はぼけ防止に繋がる」】

人生100年時代を生涯現役で生き抜いていくためには、心身共に元気であることが求められます


心も体も日々のトレーニングが重要と考えます。

私は毎朝1時間以上運動をしています。

運動すると血流が良くなり、それが脳にも送られます。その結果、ぼけ防止にも繋がります。

又、運動の最中にはリラックスすることも心がけています。その結果心の安定状態も得られま

す。

現役世代の人も、1時間が難しいなら30分でも朝運動することを習慣化したらいかがでしょうか


その結果、心身共にリフレッシュでき、1日の仕事がはかどることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

「マーキュリー通信」no.3512【生涯現役社会が日本を救う-51 「溺れ死により平穏死を選ぼ う!」】

昨年は130万人が亡くなりました。

その内高齢者が大半を占めると思われますが、約8割は延命死、即ち管を巻かれ、苦しみなが

ら死んでいくそうです。
丁度海や川で苦しみながら溺れ死んでいく様なので溺れ死ともいえます。

一方で、2割は心安らかに平穏に死んでいくそうです。

人生100年時代と言われていますが、私が提唱する生涯現役は、最期まで現役で生き、平穏にあ

の世に召されていく様を指します。

医療費が年々増加していきますが、医者に言われるままに延命を選んだら、莫大な医療費の発

生源となっていることを自覚すべきと考えます。

そして、普段から家族に尊厳死を選ぶことを伝え、平穏な死に方をする。それが現役世代の医

療費負担の軽減に繋がるのだという認識を持ちたいものです。

もし、私が末期がんと分かったら、当然延命治療は拒否します。

そして、日本という良い国に生まれたこと、周りの人に感謝の気持ちを持ちながら安らかに旅

立ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

「マーキュリー通信」no.3511【人生に勝利する方程式-191「チャレンジする対象が大きけれ ば大きいほど得られるモノも大きい」】

今から49年前の本日、私が二十歳の時に米国に向けてさくら丸という船に乗船した日でした。

当時朝日新聞は新聞配達員の人手不足対策として、朝日洋上大学制度を立ち上げ、私のその第1

期生として応募しました。男子学生300名、女子大生75名、朝日新聞から25名、総勢400名が参

加しました。

朝夕朝日新聞を1年間配達して、その給料で米国に行けるという制度でした。不足分は朝日新聞

が補填しました。

乗船期間は8月2日から9月7日までの37日間。途中、ハワイ、ロス、シスコと立ち寄りました。

船上では、米国の政治経済文化歴史を勉強しました。クラブもあり、私は剣道部に属しました

生まれて初めて見る米国、何もかも大きく感動感激の連続でした。日本との経済格差を思い切

り体感しました。

当時1ドル360円の時代でした。米国の物価を1ドル360円で計算すると何もかも高く感じました

。1ドル200円が物価の感覚でした。

当然、made in Japan製品がどっと米国になだれ込み、日米貿易摩擦の火種となっていました。

その後、日本円が切り上がり現在の100円台まで上昇していきました。
当時、made in Japan製品は、安かろう、悪かろうの時代でした。
お土産を買う際には、made in Japan製品でないことを確認して買いました。

一方、新聞の朝夕配達は非常に大変でした。

毎朝4時半に起きて7時半まで配達します。
雨風、暴風雨、雪と自然現象との戦いです。暗闇から犬に吠えられ、噛みつかれそうになった

た経験。暗闇の中、工事中の穴にも落ちました。
その年は異常気象の年で、4月に2回も大雪が降りました。雪の日は自転車が使えないので、歩

いて300部を配達、12時頃までかかりました。

そんな大変な思いをして経験した朝日洋上大学ですが、得たモノは大きかったです。

米国の政治経済文化歴史に直接触れた以外に、参加した大学生375名、そして朝日新聞スタ

ッフとの交流もあり、同じ釜の飯を食った仲、素晴らしい仲間が多数できました。

新聞配達は非常に健康に良いです。私の人生の中で、一番健康だったのが新聞配達をした1年

間でした。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

当時、朝日新聞は自他共に認める一流紙で、その自負を持っていました。

その後、南京大虐殺事件、従軍慰安婦報道の虚偽報告等、今や売国奴新聞の汚名を着せられ、

その地位は地に堕ちました。今やマスゴミと罵られています。

朝日新聞のファンだった私としては非常に残念です。

過去の罪を素直に認め、国民に懺悔して立ち直って欲しいと思います。

さもないと朝日新聞不買運動も起きており、このまま廃刊に追い込まれていきますよ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.3510【ワンポイントアップの仕事術-131「郵便局員を叱る」】

両親が要介護で入院したため、八王子の実家の鍵を預かり、実家の管理をしています。

昨日訪ねたときに、ポストに八王子郵便局からの在宅確認のはがきが入っていました。

私は、再発行をお願いした父の銀行カードと思っていました。八王子郵便局に問い合わせると

、郵便物の内容は教えてくれませんでした。

そこで、再配達をお願いしたところ、19~21時までの間に再配達するとの回答でした。

帰宅時間を遅らせ、実家で待機していると郵便局員が8時頃訪ねてきました。

郵便物を見ると、銀行カードではなく、健康食品のDMでした。

私は呆れて、「これは私にとって直ぐに捨ててしまうゴミです。なんでこんなゴミのために帰

宅を3時間も遅らせなきゃならないんですか!?我が家まで2時間かかるので、帰宅時間は10時

過ぎになりますよ!」と怒りました。

郵便局員「一応規則になっています」

私「郵政を民営化しても、これではお役所時代と仕事ぶりが変わっていないじゃないですか。

あなたが再配達する為に来た時間も、あなたの給料が支払われているんですよ!これを全くの

ムダと思わないですか。受取人には苦情を言われ、楽しいですか?何のために仕事をしている

んですか!」と郵便局員を叱りました。

安倍内閣で働き方改革を喧伝していますが、仕事内容も働き方改革の項目に入れて欲しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ