« 「マーキュリー通信」no.3530【ワンポイントアップのコミュニケーション力-164「同意、受 け止める、承認」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3532【ワンポイントアップの経営術-214「巨人軍の戦略戦術を他山の 石とする」】 »

2018年8月28日 (火)

「マーキュリー通信」no.3531【生涯現役社会が日本を救う-56「コンフォートゾーンに安住し ていると下流社会に仲間入りしていく」】

サラリーマン生活を長年している内に、その会社の思考パターンに陥っていくようです。いつ

の間にか、自分の会社の価値観で物事を見て、判断する癖がついてしまっています。
特に、終身雇用で1社に勤めたサラリーマンほど、俗に言う「パブロフの犬」現象化していきま

す。価値観が固まってしまいます。

そして、定年後に第2の就職先を探そうとしても、自分の希望先に勤務することは難しいことに

初めて気付きます。そして、それまで会社の看板と肩書きでビジネスをしていたことに気付か

されます。
山一証券が倒産したときの就職活動で、就職先の人事部から、「あなたが当社でできることは

何ですか?」と聞かれ、「部長をしていました」と応えた人がいたそうです。これなど笑うに

笑えないアイロニーでした。

その為か最近では大企業でも副業を認める企業が増えてきました。

自分の仕事以外に別の仕事をすることで、新たな発想、価値観を知ることができます。

そして自分がぬるま湯(コンフォートゾーン)に使っていることに気付くことがあります。

できたら、副業、サイドビジネス感覚でなく、複業、別のもう1つの仕事として捉えると、人生

観すら変えることになるかも知れません。

|

« 「マーキュリー通信」no.3530【ワンポイントアップのコミュニケーション力-164「同意、受 け止める、承認」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3532【ワンポイントアップの経営術-214「巨人軍の戦略戦術を他山の 石とする」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3531【生涯現役社会が日本を救う-56「コンフォートゾーンに安住し ていると下流社会に仲間入りしていく」】:

« 「マーキュリー通信」no.3530【ワンポイントアップのコミュニケーション力-164「同意、受 け止める、承認」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3532【ワンポイントアップの経営術-214「巨人軍の戦略戦術を他山の 石とする」】 »