« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月28日 (金)

「マーキュリー通信」no.3553【生涯現役社会が日本を救う-60「生涯現役社会では不動産は所 有から利用する時代へ」】

昨日、池袋のマンションを正式に売却、引き渡しました。

以前は自宅不動産は老後の資産として持っておくつもりでいました。その為に地盤の良くない

江東区から地盤の良い池袋のマンションに引っ越しました。

しかし、昨今災害大国の日本の実情を全国各地で目の当たりにするにつれ、その考え方が変わ

りました。

先月の北海道地震で倒壊する家屋の惨状を見て、東京でもいつ起こるか分かりません。

そこで、5月に王子に引っ越しました。
現在は、新築高層マンションの素晴らしさを満喫しています。
但し、我が家は隅田川まで徒歩15分の場所であり、軟弱地盤なので、購入するにはリスクがあ

りすぎます。
賃貸ならそのリスクを避けることができます。

一方で、マンション売却により生涯現役を生き抜く資金を確保できました。

今後は、更に生涯現役社会構築の為に積極的に関与していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

「マーキュリー通信」no.3552【あっぱれ!広島カープ3年連続セリーグ優勝!】

昨夜、広島はヤクルトに勝ち、3年連続セリーグ優勝の快挙を果たしました。 広島の快進撃の要因は、戦略的な選手育成方針です。 ドラフト会議で獲得した選手を、じっくりと育成し、戦力不足部分は外国人選手で補うという 極めて正攻法です。 これに対し、優勝至上主義のジャイアンツは、毎年外国人選手をとり続け、ダメと分かると毎 年のようにとっかえひっかえしてきました。 又、他球団の高額年俸選手をFAで獲得してきました。しかし、大半の選手は2割5分前後の成績 で、強力な助っ人にはなりませんでした。 その間、ドラフトで獲得した有望な若手選手の成長の芽を摘んできました。 更には人気優先の監督人事、高橋由伸監督は監督に不適なことは就任前から分かっていました 。彼の3年間の戦績はジャイアンツファンにとっては屈辱的なモノでした。 結果的に広島のセリーグ優勝3連覇に貢献しました。 地道な選手育成策を採らなかったつけがチームの現状を表しています。 せっかく今年は岡本初め生え抜きの選手が成長してきています。 来年は、外国人打者と他球団の高額年俸選手の全員解雇をして、一からチーム作りをして欲し いと思います。 地道な選手育成策をしてきた広島は、多くのカープファンを誕生させました。 一方、私を始め多くの巨人ファンはつまらない巨人体質に愛想を尽かして離れて行っています 。 来年こそ初心に返り、優勝至上主義を止め、ファン至上主義に徹し、広島を見習うべきです。 地道な選手育成、戦力作りをし、その先に優勝があることを肝に命じて欲しいと思います。 監督、コーチ陣は原則全員総入れ替えし、新首脳陣の下で新たなスタートを切って欲しいです 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

「マーキュリー通信」no.3551【生涯現役社会が日本を救う-59「退職金を狙う悪徳商法に注意 !」】

退職金を活用したビジネスセミナーが盛んです。

先日も私の所に移動式たこ焼き店の相談がありました。

中古自動車を利用するので初期投資は数百万円で済むそうです。たこ焼きの作り方は講習を受

けることでマスターできるそうです。

私は即反対しました。

たこ焼きは銀だこが有名ですが、既に激戦市場です。儲かる補償はありません。
自分で売れる場所を探す必要があります。
そして、その場所では、暴力団へのみかじめ料を支払うことが必要となるかも知れません。

又、長年サラリーマン生活に慣れ、自ら自発的に考える思考パターン、経営者としての思考パ

ターンがありません。
そして、サラリーマン人生に長年慣れきった体がついて行けません。

昔、植木等が「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」という歌が流行りました。

人生60年時代、70年時代ならそれで良かったです。

しかし、今は人生100年時代です。

退職金という大事な虎の子をギャンブルのようなビジネスに使ってはいけません。

自分の強みを生かしながら、何ができるのかを真剣に考えることが重要です。

安易にフランチャイズビジネスのような他人のふんどしを借りながら初期投資をするビジネス

にはリスクが大きいことを再認識する必要があります。

「こっちの水は甘いよ」ではなく、初めから「こっちの水は苦いよ」とうたうビジネスの方が

信頼できるといえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

「マーキュリー通信」no.3550【ワンポイントアップの経営術-216「顧客ニーズに素直に耳を傾 け、実施する」】

フェリー人気が復活しているそうです。
フェリーというとざこ寝スタイルの安かろう悪かろうのイメージがありますが、各社とも集客

の為に様々な経営努力をしています。

最大手の太平洋フェリーは、本四連絡橋を利用するサイクリング客を何とか集客できないかと

知恵を絞ります。

調査の結果、サイクリング客の1割しかフェリーを利用していないことが分かりました。
その最大の理由が、乗船の際、自転車をいちいちばらして乗らなければならないという面倒く

ささであることが分かりました。

そこで、同社は「マイバイク ステイサービス」と銘打って、自転車のまま個室に宿泊できる

サービスを登場させました。

その結果、サイクリング客にも大人気、一気にサイクリング客を取り込むことができるように

なりました。

顧客ニーズが多様化する中、顧客に寄り添った商品開発の重要性を各社益々求められる時代と

なっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

「マーキュリー通信」no.3549【ワンポイントアップの経営術-215「悪徳FC商法に注意!」】

フランチャイズビジネスが花盛りです。

フランチャイズビジネスは、個人では得られないノウハウをFC本部が提供して、利益を上げさ

せる仕組みです。

最近、リラクセーションマッサージのFCのオーナーと良く会います。

同FCの加盟金は300万円程度ですが、店舗内装費、敷金、礼金、集客費用等で初期投資は2000万

円程度になります。

フランチャイズビジネスで最重要の経営指標は月商です。
同FCでは、加入前の月商と比べ、実際には半額程度だそうです。FC加盟店3社のオーナーが皆半

額程度と応えていました。

これでは詐欺商法です。いずれそのリラクセーションマッサージのFC本部はフランチャイジーから訴えられ、市場から淘汰されていくと思います。

FCに加盟する際に、最重要の経営指標である年間を通じての月商を聴き、実際にオープンして

から月商が10%以上下回ったら営業補償を契約条項に盛り込むべきです。
それがダメなら、原状回復も含めた、閉店条項を追記させるべきです。

それができないなら加盟は取り止めた方が良いです。

経営コンサルタントの立場から見れば、リラクセーションマッサージ市場は過当競争の市場で

す。
こんなレッドオーシャン市場に参入すること自体経営センスがありません。当然、加盟を止め

るようアドバイスします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

日本では和製英語が反乱していますが、そのなかで一番の間違いが、リラクセーションです。
リラクセーションを濁ってリラクゼーションと表記しており、いまだに濁らない表記を見たこ

とがありません。

動詞がリラックスなので、その名詞形は自然と濁らないリラクセーションとなります。

だれが間違えたのでしょうね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

「マーキュリー通信」no.3548【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-210「目的をもって始 めると長続きする」】

私は23年間にわたり朝の運動を実戦してきました。

筋トレとストレッチ中心に徐々にメニューを加え、現在では15種類で1時間半ほど使っています


又、食事の管理と体重管理、そして不足している栄養素はサプリメントで補っています。

その結果、現在は40代の時より心身共に健康です。

それは人生100年時代を見据え、生涯現役で生きていくためには、健康の重要性を充分認識して

いるからです。
いくらお金があっても、病気していれば、楽しくありません。ましてや認知症、寝たきり老人

では人生100年時代をエンジョイできません。

将来ビジョンを描きながら生きていると毎朝の運動も楽しく続けられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

「マーキュリー通信」no.3547【ワンポイントアップの人間力-142 「感謝を形で表す」】

最近は集中豪雨、台風、大地震等天然災害が相次ぎます。

その度毎に被災地の人々の不便な暮らしが放映されます。

その時、現在何不自由なく暮らしていることに感謝の思いが湧いてきます。

昨夜、神戸に1泊しました。
本日チェックアウトする前に、この感謝の思いから、タオル、寝間着等をたたんでベッドの上

に置きました。

バスルームも、クリーニングスタッフが気持ちよく掃除できるよう、彼等に感謝の思いを捧げ

ながら、整頓しておきました。

すると自分の気持ちが温かくなるのを感じました。感謝の気持ちを形で表すと、心の変化をこ

のように感じ取ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

「マーキュリー通信」no.3546人生に勝利する方程式-193「凡事徹底により自分を磨いていく」 】

凡時とは平凡なことです。この凡時を毎日継続していくことで自分を磨くことができます。

毎朝目覚ましをかけずに6時頃起きますが、本日は5時半でした。30分得した感じです。
毎朝1時間半ほど運動します。筋トレと柔軟体操が中心です。

私の強みと弱みを強化している内に15種類に増え、現在に至っています。

強みは足腰、弱みは体が硬いので腰痛を引き起こしやすい体質です。

最後は、18階まで階段を1段おきに上りフィニッシュです。

これを朝の日課として20年以上経っています。

完全に習慣化しています。

朝の運動は心身共にリフレッシュし、良い1日のスタートを切ることができます。

若い頃は宵っ張りの朝寝坊だったので、現在の方が心身共に元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

「マーキュリー通信」no.3545【生涯現役社会が日本を救う-58「現代の介護保険制度は認知症 老人輩出制度」】

最近私の両親が介護入院しました。
95歳の父が要介護度4、88歳の母が要介護度2です。
二人の要介護の内容が異なるため、別の介護病院に入院しています。

今週父に会った際、父の認知症は進んでいました。

父は周りの高齢者と話すことは殆どないそうです。
食事以外は週刊誌や新聞を読んでいるそうです。

かろうじて生かされているという感じでした。
ただ漠然として生かされているので、認知症はどんどん進んでいくのは当然と思いました。

今週、西八王子にある介護病院(天使病院)から高尾にある介護病院(恩方病院)に介護タク

シーに乗って、母を訪ねました。

二人は2ヶ月ぶりの感激の涙の再会でした。

現在介護施設付の老人ホームを探していますが、これが決まれば夫婦そろって施設に入居でき

るので、認知症の進行に歯止めがかかればと思っています。

一方、91歳の義母はグループホームに入居して3年以上経過です。
こちらも認知症がどんどん進み、娘のことすら分からなくなってしまいました。

両親の入院費用は月額35万円、国が9割負担しているので、入院費用は月額350万円もかかるこ

とになります。
これでは医療財政が破綻するのも当然です。今後、団塊の世代が後期高齢者になるに従い、医

療財政を更に圧迫していきます。
同時に介護保険財政も破綻へと追い込まれていきます。

そうならないためにも、親の面倒は原則家族が面倒を見ることとして、どうしてもできない家

族は国の介護保険制度を利用する方式に切り換えるべきです。

一方で、生涯現役制度の仕組みを取り入れることで、認知症老人の輩出を食い止めることにな

ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

「マーキュリー通信」no.3544【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-209「50年間使い続け てきた筋トレマシン、ブルワーカーを最新モデルに切り換え」】

大学1年生の時にドイツで生まれた筋トレマシンブルワーカーを通販で購入しました。価格は9800円でした。

あれから50年、まだ全く問題はなかったのですが、2台目のブルワーカーを購入しました。
購入金額は12,000円(消費税別)。
50年で22%の値上がりですが、機能アップしているので、実質価格据え置きです。但し、50年

前の物価は5分の1程度ですので、貨幣価値換算では5分の1に値下がりしたことになります。

新しいブルワーカーは、ロープの部分がシングルからダブルになったのが特徴です。
その為、旧型は15種類の筋トレでしたが、新型は39種類に増えています。

従って、取説に従い一からやり直すことにしました。

50年間筋トレをやってきた成果は身体機能に現れています。

69歳の現在、全身筋肉質の体に仕上がっています。

毎週タニタの体重計で筋肉量も測定していますが、何と20代の筋肉量です。

筋肉質の体型のお陰で基礎代謝も30代の数値を示しており、これが病気にかかりにくい体とな

っています。

「継続は力なり」を体で実感しています。

尚、新型はハードタイプで、旧型と比べロープの部分がハードです。

私は50年間使い続けてきたのでハードタイプでも対応可能ですが、女性や高齢者にはソフトタイプをお奨めです。

旧型ブルワーカーは、新型の隣に置いて、毎朝労を称えています。我が家の記念遺産第1号とし

て飾っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

「マーキュリー通信」no.3543【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-208「頭皮考」 】

昨日アートネイチャーの100本植毛の無料体験をしました。

人工毛を頭皮に1本1本埋め込んでいく作業です。

その間技術者が私の頭皮を見て、「お客様の頭皮はとても若く40代の頭皮です」と驚いていま

した。
その理由は、頭皮がしっかりと手入れされており、目詰まりがないことでした。

油脂から作られている整髪剤、シャンプー、リンスは頭皮の目詰まりを起こし、はげの原因と

なる。又、毛穴から油脂成分が体内に侵入し、健康にも良くないことを知りました。

そこで20年以上前からを天然成分の整髪剤、シャンプー、リンスを使ってきました。
更には、サプリメントから頭皮によりビタミン、ミネラルを毎日摂取してきました。

長年の髪の手入れと栄養分の補給が、頭皮に良い影響を与えてきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.3542【生涯現役社会が日本を救う-57「かつての会社人間に代わるビジネスパーソンとは?」】

政府が定年延長を70歳まで延期するよう示唆しました。

しかし、人生100年時代においては、1つの会社に生涯勤務する時代ではなくなってきています。

人生100年時代では、何のために生きるのか、人生100年時代をどう生きていきたいのかがポイントなります。

その為に、自分の強みをいかに強化していくのかが重要です。
そして、組織に依存せず、自己責任の下で生きていく精神的態度が求められます。自らのキャリアを自ら決めていくことが肝要です。

終身雇用の時代では、会社の看板、強みに合わせて仕事をしていけば良かった時代です。

しかし、そういう生き方をしていくと、仮に70歳で定年となってもまだ30年の人生が残っています。

その時に経済的保障はありません。

仮に残りの30年の人生設計を立てていなければ、路頭に迷うだけです。

70歳まで終身雇用で働いていた人が、いざ転職しようとしてもまず仕事はありません。
大半の人は、強みをほとんど失っているからです。

従って、政府の行政指導に沿って70歳まで同一企業に働くよりは、自分の強みを活かしながら、二毛作、三毛作の時代となります。

自分の畑が強みで栄養素が充分あるなら、2回目、3回目の仕事でも豊かな収穫を手に入れることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

「マーキュリー通信」no.3541【クリエイティブに生きる-20「必要は発明の母。空気から水を 創る!」】

20世紀は、石油の利権争いで戦争が起きました。
21世紀は、水不足が深刻化し、水の利権争いで戦争が起きることが予想されています。
中東イスラエルの水不足は深刻でした。 しかし、この弱点を逆手にとって、何と空気から水を創る新技術が開発されました。
水は多くの産業に必要とされています。
例えば、これまでイスラエルは農産物は輸入していたのですが、大量の水を入手できたので、 農業が大きな産業として急成長中です。
更には錦鯉まで養殖して、欧州市場に販路開拓しています。
同じく水不足が深刻なインドにこの技術で商談中だそうです。
日本も少子高齢化が年々深刻化しています。それならそれを逆手にとった新たな産業が出ても 良いですね。
先日も里親制度を充実させる若手ベンチャー起業家と会いました。 日本では毎年100万人が堕胎されていると推定されています。もし、里親制度が世の中にし っかりと定着したら、少子化対策の切り札となるかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

「マーキュリー通信」no.3540【生涯現役社会が日本を救う-57「固定概念を外す」】

人間は歳をとるにつれ、自分のこれまで生きてきた経験で物事を判断しがちになります。

人生70年代、80年代の時代ならまだそれで良いと思います。

しかし、今や人生100年時代に向かって平均余命がどんどん伸びています。

もし、今までの固定概念、即ち定年退職したら退職金で老後の人生を大過なく過ごしていくと

大きな落とし穴に落ちる事になります。

老後の人生を心身共に健康で暮らしていくためには、経済的安定が必要不可欠です。

経済的安定を図る手段の1つとして、ネットワークビジネスがあります。

日本は世界一のネットワークビジネス大国です。第2位の米国を抜いてダントツ1位です。

それでもネットワークビジネスにアレルギーを持つ人は多いようです。

しかし、いざ切羽詰まったときに悪いネットワークビジネスに引っかかって経済的損失を受け

る人も多くいます。

更に、ネットワークビジネス以外にも、代理店商法やフランチャイズビジネス、そして様々な

投資案件に多額の投資をして、一文無しになる人も見かけます。

大事なことは、常日頃固定概念を外し、自分の目で各種様々なビジネスに興味を持つことです


その時の最重要事項としては、最大リスクはいくらかをチェックすることです。
少なくとも退職金を全て使ってしまうような愚策だけは避けて欲しいです。

歳をとるにつれだんだんと交友範囲が少なくなっていきます。そういう時に甘い誘いがあり、

それに引っかかってしまう高齢者が後を絶たないのも、日頃から財務リテラシーを鍛えていな

い反動といえます。

一方で、オウム真理教のトラウマのせいか、いまだ宗教嫌いの日本人は多いようです。
これもネットワークビジネスと同様です。
孤独な高齢者を狙って悪徳宗教が跋扈しています。そして、多額の寄付金を騙し取られるケー

スも多発しています。

そうならないためにも、普段から宗教に接する機会を増やし、善悪の判断ができるようにして

おくのも大切と考えます。

諸外国では、宗教が生活に深く根ざし、高齢者になればなるほど宗教が大切な存在となってい

ます。

よく日本人で「自分は無宗教」と平気で言っている人がいます。日本社会なら通じますが、海

外ではけだものと同じ恐ろしい人間と判断されかねないので要注意です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダ三井物産に赴任する直前に人事部から呼ばれ、「何の宗教を信じているのか?」と聞か

れたら、"I am Buddhist"と応えろと指導されました。

カナダに駐在してみると、皆敬虔なクリスチャンで、宗教文化、行事に基づき生活をしていま

した。

当時無宗教だった自分を恥じた経験があります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

「マーキュリー通信」no.3539【ワンポイントアップの仕事術-133「成果を上げる人は貢献に焦点を合わせる」

今年度も早上期が終わろうとしています。

多くの管理職は、部下にハッパをかけ、最後の追い込みを図ろうとしていることと思います。

しかし、成果を上げる管理職は、貢献に焦点を合わせます。
そのベースはプロセスにあります。プロセスの結果が成果に繋がっていくからです。

成果を上げるためには、顧客、上司、関連部署等の協力をいかに引き出すかに腐心します。

その為のプロセスに問題ないかチェックします。

部下の強みや弱みを把握し、強みをいかに伸ばしているかも日頃から見ています。又、伸び悩んでいる部下には個別に向き合い、何が問題があるのか、どうやったら部下の力を引き出すことができるのかにフォーカスします。

会議では、部下から報告をさせ、目標未達だとハッパをかけます。会議にいたずらに時間を浪費していることに気付きません。

上期の実績が未達の場合、自分の部署が会社にどの程度貢献しているのか、一度見直した上で下期の計画に臨んだら良いと思います。

◆本日のドラッカー365の金言より「成果を上げる人は貢献に焦点を合わせる」より学ぶ

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

三井物産の鉄鋼部門に所属していた頃、当時は売上も管理職の重要な評価ポイントでした。

その為、同じ取引を問屋をかませ、売上を倍にするという小手先で売上達成のノルマを果たしていました。

これなど会社の売上増には貢献しているけれど、部下の志気は落ちます。

こんな時代もあったのだと懐かしく思い出しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

「マーキュリー通信」no.3538【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-207「イライラの元は 自己中」】

イライラはストレスの元、ストレスは自律神経に悪影響を及ぼします。

イライラの元は自己中心的な考え方によるそうです。

イライラの元は、対人関係にあります。それは自分ではコントロールすることが難しいからで

す。

それなら自分に悪影響を及ぼす他人の行為から遠ざかれば良いです。

例えば、よくあるケースが、駅構内で上りの階段を上ろうとしたら、一斉に上から上りの階段

を降りてくるケースです。こういう時などは、ルール違反に怒るより、そのパワーに圧倒され

ないよう「譲る」ことにすれば、ストレスが起こりません。

ストレスの発生は体に良くない、自律神経に悪影響を与えると考えれば、周りの出来事にいち

いち反応しないようになります。
良い意味での自己中です。

この事実を知ってから、入浴中や就寝時に一日を振り返り反省します。

そして、イライラした場面があったかどうかを反省します。

昨日も、不動産賃貸業者の余りにも不誠実な態度だったので、久しぶりに怒りました。

しかし、入浴中に自己中心的だったことを反省しました。

反省の際に、「イライラ」がなかったかをチェックすることで、ストレス対策、そして自律神

経を正常に保つように自分自身をコントロールしていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

「マーキュリー通信」no.3537【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-206「夏バテで衰えた自律神経を正常に戻すためには」】

暑い外出先から室内に入ると冷房が効いています。この室内外の温度差が自律神経に悪影響を与えています。そして、これが夏バテの大きな原因と言われています。

そこで、乱れた自律神経を回復するための呼吸法があります。

まず4秒間息を吸います。次にその倍の8秒間息を吐きます。これを5回繰り返します。計1分です。

これを自分の生活の中に採り入れます。たとえば、起床時、入浴中等々、これを習慣化すれば、自然と自律神経は自然と回復していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

「マーキュリー通信」no.3536【人生に勝利する方程式-192「悔しさをバネにする」】

昨日のメルマガで大学受験戦略を採り上げました。

実はその前に高校受験失敗が伏線にあります。

当時三多摩で最難関と言われた都立立川高校を受験しましたが、1点差で不合格でした。

その時に真っ先に駆けつけてきたのが国語のF先生でした。

F先生は、開口一番「君は立川高校に絶対受かると思っていた。だから、普段成績の良くないA

の通信簿を5にした。本来なら君の方が成績が良かったのだから5だった。誠に申し訳ない。」

と涙ながらに訴え、私に土下座して謝りました。

当時はまだ悪名高い学校群が始まる前だったので、成績の高い順に都立神代高校が受け入れて

くれました。

神代高校に行く日、国語の期末試験と重なりました。私はF先生の了解を取り付けにその旨伝えにいきました。

私の3学期の国語の通信簿は、無試験で「4」から「5」に上がっていました。

ほろ苦い青春の1ページでした。

人一倍負けず嫌いの私は、大学受験でリベンジを誓いました。

もし、この時立川高校に受かっていたら、受験勉強に真剣に取り組まずに、一橋大学現役合格も適わったかもしれません。

当時我が家は貧乏だったので、浪人する余裕はありませんでした。そして、コネで調布市役所

に就職していたかも知れません。

人生万事塞翁が馬の教訓でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

「マーキュリー通信」no.3535【人生に勝利する方程式-191「成果を挙げる者は時間からスター トする」」】

大学受験の時、我が家は貧乏だったので浪人は許されませんでした。

受験勉強の時間は高校2年生からの2年間と決めました。高校3年間を全て受験勉強に集中するの

は厳しいけれど、2年間なら集中できると思いました。
その為に、徹底的に時間管理をしました。

受験科目である英数以外の授業はさぼるか、授業中に受験勉強に集中していました。
現代国語も受験科目でしたが、担当の先生の教え方が下手だったので、評判の高い国語の教師

に弟子入り志願して、その先生の下で鍛えていただきました。

昼休みは"Asahi Evening News"を弁当箱に包んで、英字紙を読みながら昼休みの時間を英語の

勉強に活用しました。

但し、体育の授業だけは気分転換の為、全て出ました。といっても我が母校神代高校はハンド

の名門校だったので、1年間ハンドボールの授業に終始しました。

青春時代の時間管理の習慣が現在まで続いています。期限付の目標を立て、それに向かって邁

進していく。そして、目標を達成する。
そんな時間管理の連続体が人生に勝利する方程式といえます。

◆ドラッカー365の金言 9月1日「仕事のできる者はまず時間に手をつける」より

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私の高校3年生の通信簿は英数以外は散々でした。

現代国語の中間テストの試験日を間違え、受け損ないました。
そこで、担当の先生の所に菓子折を持って、挨拶に行き、赤点を採らずに済みました。

又、苦手の書道は親しくしている女子に夏休みの作品を頼んだところ、それが展示されてしま

いました。そのお陰で、書道の通信簿は最高の「5」となってしまいました(^人 ^;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »