« 「マーキュリー通信」no.3534【ワンポイントアップの仕事術-132「仕事のできる人とできな い人の違い」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3536【人生に勝利する方程式-192「悔しさをバネにする」】 »

2018年9月 1日 (土)

「マーキュリー通信」no.3535【人生に勝利する方程式-191「成果を挙げる者は時間からスター トする」」】

大学受験の時、我が家は貧乏だったので浪人は許されませんでした。

受験勉強の時間は高校2年生からの2年間と決めました。高校3年間を全て受験勉強に集中するの

は厳しいけれど、2年間なら集中できると思いました。
その為に、徹底的に時間管理をしました。

受験科目である英数以外の授業はさぼるか、授業中に受験勉強に集中していました。
現代国語も受験科目でしたが、担当の先生の教え方が下手だったので、評判の高い国語の教師

に弟子入り志願して、その先生の下で鍛えていただきました。

昼休みは"Asahi Evening News"を弁当箱に包んで、英字紙を読みながら昼休みの時間を英語の

勉強に活用しました。

但し、体育の授業だけは気分転換の為、全て出ました。といっても我が母校神代高校はハンド

の名門校だったので、1年間ハンドボールの授業に終始しました。

青春時代の時間管理の習慣が現在まで続いています。期限付の目標を立て、それに向かって邁

進していく。そして、目標を達成する。
そんな時間管理の連続体が人生に勝利する方程式といえます。

◆ドラッカー365の金言 9月1日「仕事のできる者はまず時間に手をつける」より

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私の高校3年生の通信簿は英数以外は散々でした。

現代国語の中間テストの試験日を間違え、受け損ないました。
そこで、担当の先生の所に菓子折を持って、挨拶に行き、赤点を採らずに済みました。

又、苦手の書道は親しくしている女子に夏休みの作品を頼んだところ、それが展示されてしま

いました。そのお陰で、書道の通信簿は最高の「5」となってしまいました(^人 ^;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3534【ワンポイントアップの仕事術-132「仕事のできる人とできな い人の違い」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3536【人生に勝利する方程式-192「悔しさをバネにする」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/67118764

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3535【人生に勝利する方程式-191「成果を挙げる者は時間からスター トする」」】:

« 「マーキュリー通信」no.3534【ワンポイントアップの仕事術-132「仕事のできる人とできな い人の違い」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3536【人生に勝利する方程式-192「悔しさをバネにする」】 »