« 「マーキュリー通信」no.3544【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-209「50年間使い続け てきた筋トレマシン、ブルワーカーを最新モデルに切り換え」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3546人生に勝利する方程式-193「凡事徹底により自分を磨いていく」 】 »

2018年9月16日 (日)

「マーキュリー通信」no.3545【生涯現役社会が日本を救う-58「現代の介護保険制度は認知症 老人輩出制度」】

最近私の両親が介護入院しました。
95歳の父が要介護度4、88歳の母が要介護度2です。
二人の要介護の内容が異なるため、別の介護病院に入院しています。

今週父に会った際、父の認知症は進んでいました。

父は周りの高齢者と話すことは殆どないそうです。
食事以外は週刊誌や新聞を読んでいるそうです。

かろうじて生かされているという感じでした。
ただ漠然として生かされているので、認知症はどんどん進んでいくのは当然と思いました。

今週、西八王子にある介護病院(天使病院)から高尾にある介護病院(恩方病院)に介護タク

シーに乗って、母を訪ねました。

二人は2ヶ月ぶりの感激の涙の再会でした。

現在介護施設付の老人ホームを探していますが、これが決まれば夫婦そろって施設に入居でき

るので、認知症の進行に歯止めがかかればと思っています。

一方、91歳の義母はグループホームに入居して3年以上経過です。
こちらも認知症がどんどん進み、娘のことすら分からなくなってしまいました。

両親の入院費用は月額35万円、国が9割負担しているので、入院費用は月額350万円もかかるこ

とになります。
これでは医療財政が破綻するのも当然です。今後、団塊の世代が後期高齢者になるに従い、医

療財政を更に圧迫していきます。
同時に介護保険財政も破綻へと追い込まれていきます。

そうならないためにも、親の面倒は原則家族が面倒を見ることとして、どうしてもできない家

族は国の介護保険制度を利用する方式に切り換えるべきです。

一方で、生涯現役制度の仕組みを取り入れることで、認知症老人の輩出を食い止めることにな

ります。

|

« 「マーキュリー通信」no.3544【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-209「50年間使い続け てきた筋トレマシン、ブルワーカーを最新モデルに切り換え」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3546人生に勝利する方程式-193「凡事徹底により自分を磨いていく」 】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/67173737

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3545【生涯現役社会が日本を救う-58「現代の介護保険制度は認知症 老人輩出制度」】:

« 「マーキュリー通信」no.3544【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-209「50年間使い続け てきた筋トレマシン、ブルワーカーを最新モデルに切り換え」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3546人生に勝利する方程式-193「凡事徹底により自分を磨いていく」 】 »