« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

「マーキュリー通信」no.3572【ワンポイントアップの人間力-145 「自分自身を謙虚に見積も る」】

70年近い人生を生きてくると成功も失敗も多数経験しました。上り坂も下り坂も経験しました

その中でいろいろなことを学びました。

自分の人生を高いところから俯瞰してみると、自分自身を謙虚に見積もることができるように

なりました。

大きく三井物産在籍中の25年間の自分と退職後の22年間の自分とに分けることができます。

三井物産を辞めてからその看板の大きさに気付かされました。退職後の10年間はそのギャップ

に苦しみました。しかし、その中から多くのことをつかみ取りました。それが自分自身の力と

して蓄積されてきました。

その際、三井物産在籍中に経験した基礎があり、その上に自分の実力が築かれていったことに

も気付きました。

それが現在の自分の力となっています。

一方、成功すると人はどうしても有頂天となり、天狗になりがちです。そこから転落が始まる

ことを私自身も経験しました。

それを防ぐのが謙虚さです。自分の成功は自分だけの力ではないと謙虚に自分を見つめること

です。
謙虚さ保つには感謝の気持ちです。周りの人に対する感謝の気持ちを持ち続ける限り、天狗に

なることを防ぐことができます。

その過程の中から人間力がアップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

「マーキュリー通信」no.3571【ワンポイントアップのコミュニケーション力-165「相手の呼 び方1つで気分が変わってくる」】

先日ソフトバンクのiPhoneからYモバイルに切り換えたときのことです。

Yモバイルの定員が、私のことを「お父さん」と呼んだので、私はむっとして「お父さんではな

いですよ」と応えました。

それでも店員は、私のことを「お父さん」と呼びます。

そこで、「内には子供もいないし、名前で呼びなさい」と注意して、やっと改めました。

一方、お役所では通常「お客様」と呼ぶことが多いですが、こちらはお役所から「お客様」と

呼ばれると違和感を覚えます。

昔と違い価値観が多様化した時代です。中高年の女性でも独身女性が増えてきた時代です。
又、LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの略)も推定1000万人いると

いわれています。

客商売の場合、やはり無難なお客様から入り、人間関係、状況等に応じ、適宜変えて行くこと

が肝要と考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.3571【その時人生が動いた-32「母校神代高校で初の試み」】

先日母校神代高校卒業50周年の記念同期会に参加したときに、担任の矢野先生のことが話題となりました。

当時の神代高校は、3年生になると文化系クラス(6クラス)と理科系クラス(2クラス)に分か

れていました。

しかし、文化系クラスは就職する子も多く、3年の授業は落ち着いて受験勉強をする雰囲気では

ありませんでした。

そこで、1年生の時から親しくしていた生物の矢野先生に、「国公立、早慶等有名私立受験クラ

スを創ってください。」と直訴しました。そして、担任は矢野先生に是非なって欲しいことも

併せ嘆願しました。

先生はこの申し出を快諾していただきました。

そして、神代高校史上初めて国公立、早慶等有名私立受験クラスが誕生しました。

矢野先生のお陰で受験勉強に集中することができました。
そして、私も第一志望校の一橋大学商学部を現役合格できました。

私の狙い通りその年は早慶等有名私立大学の現役合格者が大量に輩出されました。

自分が真にそう思うなら「当たって砕けろ」の精神をその時に経験しました。

矢野先生はその後、都立忠生高校の校長に栄転されました。

転校されてからも矢野先生とは親交が続きました。

ある時、矢野先生の奥様から先生が逝去された旨の電話が入りました。「生前、主人が菅谷君

に会いたいと常々申しておりました」とのことでした。

そして、お通夜の場で先生に対する感謝の思いを伝えさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

「マーキュリー通信」no.3570【ワンポイントアップの人間力-144 「ごく当たり前の会話から 幸せを感じる」】

95歳の父は要介護4で西八王子の病院に入院していました。

一方、88歳の継母は要介護2で認知症が進み、別の高尾の病院に入院していました。

先日、父を介護タクシーに乗せ、継母のいる別の病院を訪ねました。

すると2ヶ月ぶりの再会をお互いに涙を流しながら抱き合って幸福感をかみしめていました。

普段私たちは夫婦の会話で、夫が出かける時に「いってらっしゃい」そして、帰宅する時に、

「お帰りなさい」の挨拶を当たり前と思っています。

しかし、両親の感激の再会を見て、この当たり前の挨拶がなくなったときに、相手の存在を認

識することになります。

そして、相手に対する感謝の思い感じます。

ささやかな幸福感の中から人間力のアップを感じるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

「マーキュリー通信」no.3569【生涯現役社会が日本を救う-66「六重苦から輝けるゴールデン エイジへ」】

先日母校神代高校の卒業50周年の記念同期会に参加しました。

旧友との会話は楽しかったのですが、人生100年時代、残り30年をどのように生きていくのかと

いった話は出てきませんでした。

旧友の年齢は69歳です。

この年代は定年退職し、多くのモノを失っている年代です。

第1に仕事、
第2に肩書き
第3に収入
第4に仲間
第5に健康
第6にIT時代について行けない

69歳=六重苦に感じました。

皆、自分の人生は終わったと想い、目先のことしか考えていないようでした。

しかし、まだ残り30年をどのように生きていくのか。
これまで培ってきた経験をどのように絡めて発展させていくのか。

現役時代に時間がなくて学べなかったことを、ふんだんにある時間を使って充実した人生を生

きていこうと思うと未来が変わってきます。

なんとなくどんよりとしたシルバーエイジから、輝けるゴールデンエイジへと変わってきます

数年前にプラチナエイジスト賞を受賞しましたが、私はゴールデンエイジから更に輝けるプラ

チナエイジストとして生涯現役を生き抜いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.3567【生涯現役社会が日本を救う-65「生涯現役社会で大事な4つの リッチ」】

多くの人は会社を退職すると、肩書き、地位、収入、仲間等多くのモノを失います。

人生100年時代を生きていくために最重要なことは人生戦略を立てることです。残り40年間をど

のように生きていきたいのか、これを明確にすることです。このマインド、心構えがしっかり

していると認知症予防になります。

充実した人生100年時代を生きていくためには、まずは健康です。健康管理が重要です。
私は毎朝1時間半の筋トレとストレッチに時間を当てています。これで毎日心身共にすっきりし

た1日を送ることができます。

次に大切なことは、仲間作りです。

会社勤務の人間関係は、上司、部下といった縦社会の人間関係です。又、取引先とは相手が顧

客か自分が顧客という対等の立場ではありません。

しかし、第2の人生の人間関係は、対等な関係の仲間です。仕事、趣味、宗教、政治、ボランテ

ィア活動等基本的には対等な人間関係です。同じ価値観を持った仲間を多数作っていくことで

、よい仲間が多数できています。ネットワークの社会となっていきます。

そして、最後はそれを支える経済力です。

このマインドリッチ、ヘルスリッチ、フレンドリッチ、マネーリッチを念頭に置きながら人生

100年時代を生き抜いていくと、快適な第2の人生を送ることができます。

それをやらずにただ老後の世界を生きていくと、最後の10年は寝たきり痴呆老人の仲間入りと

なります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

「マーキュリー通信」no.3566【生涯現役社会が日本を救う-63「『知らないことを知る』こと で、自己成長していく」】

人は社会人になると、これまで頭で考えていたことと全く異なることを社会人として経験して

いきます。

大企業の場合、定期異動により異なる職場を経験し、『知らないことを知る』ことで、その人

の能力を拡げていきます。

そして、40年前後の会社人生を全うして、定年退職していきます。

人生75年時代ならこれで良かったのです。

しかし、人生100年時代では、これまでの社会経験だけでは通用しなくなります。

定年後の人生は40年前後、即ちこれまでの会社生活と同じ時間が残されています。

自分の知っている知識や経験は、大海の中の水の一滴にも及ばない量です。

この事実を真摯に受け止めると、人生100年時代を異なったものに見えてきます。

『知らないことを知る』ことで、自己成長していく喜びを感じます。

残された人生を受け身に考えるのではなく、残された人生を積極的に捉えると、新たな発見を

し、それが喜びとなっていきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日、都立神代高校の卒業50周年の記念同期会に参加しました。

大半の旧友が人生75年時代の感覚で話しています。

人生100年時代の視点に立って話すと、これからはシニアの時代、我々団塊の世代の時代と未来

が開けて来るのですが・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

「マーキュリー通信」no.3565【『知らないことを知る』ことで、世界が広がる】

最近のTV番組は夜10時台に集中しているので、これまで使っていたブルーレイディスクレコー

ダーでは対応できなくなりました。

そこで新たにパナソニックの7テラバイトのブルーレイディスクレコーダーを購入しました。

新しいブルーレイディスクレコーダーは、希望するチャンネルを10チャンネルまで事前登録し

ておくと、全ての番組を録画しておきます。そして、25日経つと自動消去します。

尚、特に重要な番組は別途事前予約も可能です。

この機能のお陰で、自分の好きな番組以外にも目が行き、新たな番組の発見もあります。
昨夜も、スポーツウォッチャーという番組で、今年大ブレイクした巨人軍4番打者岡本和真特集

を見ることができました。

パソコンのブラウジングのようにTV番組のブラウジングという新たな機能を発見しました。

そして、自分の知らない世界を知る機会がどんどん増えていく喜びを感じています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

ブルーレイディスクレコーダーは最初シャープ製を購入しました。
しかし、シャープ製はマニュアルがないとなかなか使いこなせません。
又、スイッチを入れてから、画面を見るまでに1分程度待ちます。

そこで、2台目はパナソニックを買いました。
パナソニック製品は、マニュアル無しで操作できます。しかも、レスポンスがシャープと比べ

、断然優れています。それ以外にもパナソニックの方が優れている機能が多数ありました。
それ以来、ブルーレイディスクレコーダーはパナソニックと決めています。
同じメーカーに揃えることで、買い換えるときも、新製品になじみやすいです。

現在我が家にはブルーレイディスクレコーダーが4台、ビデオ+DVDレコーダー、そして、ビデ

オレコーダーの6台が稼働しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

「マーキュリー通信」no.3564【ワンポイントアップの経営術-220「『知らないことを知る』こ とで、自己成長していく」】

中小企業の経営者は一芸に秀でていることが多いです。
しかし、それ以外のことを知らないことが多いです。

私は経営コンサルタントとして数多くの中小企業経営者に様々な切り口からアドバイスしてい

ます。

多くの経営者は、法律、財務、経理等専門的な知識には耳を傾けます。
しかし、それだけでは経営はできません。
それ以外のマネジメント、マーケティング、経営戦略、そして日々様々な判断、決断を下す際

の重要事項等に耳を傾けないことが多いです。
その結果、経営不振となったり、最悪倒産となった企業を数多く見てきました。

経営者の強みを活かすことは大切です。

しかし、弱みの部分、「知らないことを知る」ことで、その経営者の自己成長していきます。

そして、経営力がアップしていくことを多くの経営者との付き合いの中で実感しています。

それができない経営者は、成長曲線を描くことはできません。その経営者の器の大きさに止ま

っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

「マーキュリー通信」no.3563【生涯現役社会が日本を救う-62「『知らないことを知る』こと で、人生100年時代の生き方が大きく変わる」】

人生100年時代で長生きすることは結構なことですが、一方で健康寿命は男性で70代前半、女性

で70代後半だそうです。
大半の人は5~10年寝たきり痴呆老人となり、長生きのメリットを享受していません。

人生100年時代では、あの世の世界があることを知って生きていくことが最重要です。

あの世の世界があることを知っていると、死後の世界への不安がなくなります。そして、この

世への執着がなくなり、終末医療を受けることもなくなります。

現在心身共に元気な私が、もし末期がん宣告を受けたら、これまでの人生を振り返ります。

多数の方と縁を頂き、多くのご恩を頂いてきました。その方達に感謝の気持ちを捧げながら、

最期の人生を心穏やかに全うしていくことができます。

この心の安らぎの状態があの世の世界では天国へと導かれていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

「マーキュリー通信」no.3562【ワンポイントアップの人間力-143 「『知らないことを知る』 ことで、自己成長していく」】

私自身70年近く生きてきていますが、私の経験や知っていることなど大海の一滴以下です。

世の中には自分の知らないこと、人智の及ばないことは無数にあります。

それなのに人は歳をとるにつれ、自分の経験と知識で物事を判断しがちです。
そして、だんだん自分の殻に閉じこもっていきます。

逆に「今日も知らないことを1つ学んだ」というスタンスでいると楽しくなります。それを長年

継続していくと、自己成長に繋がります。

今年も後2ヶ月半ですが、実に多くの人との出逢い、そのことにより新たな情報や知識を得まし

た。

又、マスコミからも多くの情報や知識を得ました。

その結果、自己成長できている喜びを感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

「マーキュリー通信」no.3561【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-211「定期的に体をメ ンテする」】

自分の体は愛車と同じです。
しっかりとメンテナンスすればそれだけ長持ちします。しかも、愛車はダメになれば買換えで

きますが、自分の体はそうはいきません。

私の場合、整体院で定期的に施術を受けています。

5ヶ月前に王子に引っ越ししてからも、近くの整体院で毎週1回施術を受けています。
日頃パソコンを多用しているので、どうしても首、肩がこります。首肩を中心に治療目的で受

けています。
先週でコースが終わり、今後は月2回程度の施術を受けることになっています。

一方、月1回池袋のタイムズスパに行き、そちらでは1時間ほどマッサージを受けます。こち

らは治療目的ではなく、あくまでもリラクセーションが目的です。

ここは、10畳ほどの個室の中で、アロマの香りとヒーリングのBGMが流れています。

マッサージが終わると、心身共にリフレッシュできます。月1度そんな贅沢な時間を持つよう

にして、愛車ならぬ愛体を労っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.3560【メルマガ発信14年連続200号以上達成 】

今年もメルマガを発信し続け、本日で200号達成しました。

私のメルマガのスタイルは、キーワードを思いつくとメモし、キーボードに指を置きます。

すると文章がだーっと出てきます。こんな調子で徒然なるままに50のカテゴリーに分けて、14

年間書き続けています。

このやり方を続けてきて気付いたことがあります。

毎日多くの人と会います。人間関係を円滑にするコミュニケーションが大切です。

経営コンサルタントとして、多くの経営者と会います。経営者のニーズは多種多様多岐にわた

ります。
そんな時、日頃のメルマガのトレーニングが役立ちます。
経営者へのアドバイスが、各経営者のニーズに応じて、湯水のように湧き上がって言葉をつい

て出てきます。

一方、老若男女実に様々な人と会います。そこでもコミュニケーションの円滑化の為に、メル

マガ習慣が役立っています。

そして、これが自分の強みと認識するようになりました。

メルマガを発信し続けることで、強みを更に強化することができます。

もちろん読者の皆様のご支援がベースにあり、それがメルマガを書く原動力となっています。

改めて読者の皆様には感謝申し上げます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

メルマガ第1号は丁度14年前の2014年10月14日でした。

テーマは、私のコミュニケーション論1「e-メールの活用」でした。

まさか14年連続200号以上書き続けるとはゆめゆめ思いませんでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

「マーキュリー通信」no.3559【生涯現役社会が日本を救う-62「人生100年時代には脳活が必 要不可欠」】

20年ほど前は人生75年時代でした。
現在も健康寿命は75年程度です。

しかし、医学の発達により75歳以降も生かされ、多くの高齢者は寝たきり痴呆老人となっていきます。

我々団塊の世代の親の世代の大半は他界していますが、一部長生きした人たちの大半は寝たき

り痴呆老人となっています。

そこで、団塊の世代の仲間に気付いて欲しいのです。どうしたら残りの20~30年を寝たきり痴

呆老人にならないかを。

ここに1冊の名書「あなたの脳は一生あきらめない!」(奥村歩著 永岡書店)に明快な回答が

あります。

サラリーマンとして、一生懸命がんばってきた人の脳はテンパっています。
退職後、何もしないと今度は脳が弛緩しすぎて、遊んでしまいます。

これが痴呆症の最大原因だそうです。

その対策としては、現役時代は、毎日の生活のリズムの中に脳を休める時間を作る。
最適なのが、入浴タイムです。湯船に浸かりながら、リラックスする。
最低月に1度程度は息抜きのための時間を積極的にとる。例えば、スーパー銭湯とかがお奨めで

す。
又、家族と一緒に外出することで、脳に新たな刺激を与えることができます。非日常空間を体

験することも大切です。

これらが脳の活性化、脳活に繋がります。

定年退職後は、仕事、趣味の仲間を積極的に作り、参加することも脳活のために大切です。

このように仕事のon offをメリハリをつけていくことで、脳活は現役時代から実践されており

、退職後は元気な人生100年時代を送ることができることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.3558【ワンポイントアップの仕事術-134「止観瞑想で仕事力をアッ プする」】

10月6日~8日まで2泊3日で那須の研修施設で「止観瞑想」研修を受けてきました。

普段何気なく発している言葉は、自分の思いから出ています。

6世紀の中国の高層天台大師の有名な「一念三千」があります。
人間の思いは、いつも一定の所に止まらず、揺れ動いています。

人の為に行動しようと思っていると考え方が天国的で、心は上を向いています。

逆に人を貶めようと思っていると、考え方が地獄的で、心は下を向いています。

喜怒哀楽を含めその思いから言葉は発せられ、対人関係に影響していきます。

そこで、その思いの部分を一旦止め、じっくり見つめる手法を「止観瞑想」と言います。

これを様々な切り口でチェックしていきます。

もし、その思いが相手の立場を考えた上での発言なら相手との信頼関係は向上していきます。

もし、その思いが自己中心的なものだと、相手との信頼関係は損なわれていきます。

人は時には怒ったりします。しかし、いつもイライラして、必要以上に怒鳴ったり、それが繰

り返し行われると、いつしか地獄界の悪霊に憑依され、その瞬間人格をも変えてしまうことが

あります。

なんであんなことを言ってしまったのか、なんで相手を怒鳴りつけてしまったのか、止観瞑想

により、ふと我に返り、反省し、次に同様の場面に出くわしたときに、自制心が働くようにな

ります。

自分自身を深く見つめることで、己を知るようになります。同時に相手も知るようになります

。そこから知恵が湧いてきます。
更に、神仏の御心に叶ったような念いができるようになると、知恵が智慧に転化していきます

その結果、深い洞察力がつくようになります。対人関係も好転します。

又、将来を見通す力もついてきます。先見力もついてきます。

当然仕事力もアップしていきます。

瞑想習慣は、日頃溜まったストレス、心の塵や垢を取り去ってくれます。

今の私の心境は、湯上がりのようなさっぱりとした気分となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

「マーキュリー通信」no.3557【生涯現役社会が日本を救う-61「これからは価値観で居住地を 選ぶ時代」】

世界一移住したい国はポルトガルだそうです。

海に面したヨーロッパ西端のポルトガルは、物価が安く、治安も良いそうです。

人々は開放的で、外国人でも直ぐに溶け込める国柄が人気ナンバー1のゆえんのようです。

この魅力に惹かれ、日本人でも海外経験者、特にポルトガル駐在経験の日本人はポルトガルに

移住する人が増えています。

ITがこれだけ発達すれば世界どこでも自分が住みたい国を選べる時代となって来ました。

特に人生100年時代では、60歳定年を迎え、残りの40年の内、前半の20年は、自分の価値に基づ

きながら、海外で仕事と家庭を両立する時代になってきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

「マーキュリー通信」no.3556【ワンポイントアップの経営術-219「巨人軍高橋由伸監督辞任! 今こそ巨人軍首脳は間違った経営戦略に気付け!」】

昨夜、巨人軍高橋由伸監督が辞任を表明しました。

私はこのメルマガを通じ何度も発信していますが、人気先行で能力のない人を監督につければ

こういう結果になります。

3年前高橋由伸監督が就任したときに、人気先行で監督人事をやると、いくら外国人選手、他

球団の高額年俸選手を獲得しても、優勝はできませんよと何度も訴えてきました。

その間、若手の有望選手の芽を摘んできました。
典型的な例が、一番期待の若手太田泰司を育てられず、日本ハムに放出しました。皮肉なこと

に、太田は日本ハムで花開きました。

又、毎年貧打が問題となっていますが、これはコーチ陣の問題です。今年大ブレイクした岡本

のコーチ以外は全員クビです。

テニスで一躍大ブレイクした大坂なおみは若干二十歳です。米国人のコーチについて、彼女の

欠点を矯正し、見事一流の仲間入りを果たしました。

一方、投手陣は優勝できる戦力なのに、お粗末なできでした。これも投手コーチは全員クビで

す。

来年こそは外国人選手、他球団の高額年俸選手を獲得する愚を止め、生え抜きの選手の若手の

育成に努めて欲しいです。

その為には中途半端な外国人選手、他球団の高額年俸選手は全員クビです。

巨人の今の強みは走る選手が多数いることです。
来シーズンは走って走りまくるスピード野球をファンに魅せて欲しいです。

そうなれば例え優勝できなくてもファンは納得です。
私も含め、巨人離れしたファンが戻ってきます。

さて、巨人の経営は一般企業にも通じます。

現在事業承継できない中小企業が多数あると聞いています。

自分の親類縁者に適切な後継者がいない場合、M&Aで売りに出すべきです。
もし、買い手がつかないようなら、それは魅力のある事業とはいえないわけですから、市場か

ら撤退を余儀なくされていきます。

間違えても、能力のない息子を後継者にしてはいけません。

巨人軍の監督交代人事を見ていて、それを痛感しました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

8月28日に東京ドームで巨人広島戦を観戦しました。

先発投手内海は初回からコントロールが定まらず、初回からいきなりホームランを献上します

私は内野スタンドから、「内海を即刻変えろ!さもないと滅多打ちされるぞ!」と叫びました

。その直後、内海は滅多打ちにされて、降板しました。当日は10対5で惨敗でした。

こんな素人でも分かる監督采配を今年も何度も見ました。

やはり監督能力のない人を監督に指せている巨人軍首脳の眼力のなさと思いました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

「マーキュリー通信」no.3555【ワンポイントアップの経営術-218「これは凄い!高いリピート 率を仕掛けるビジネス・モデル」】

TVのCMでアートネイチャーが1000本1万円の植毛キャンペーンをやっていたのでそれに乗りまし

た。私も多少髪の毛が薄くなっているので気になっていました。

さて、昨日無事1000本の植毛をしました。
1本1本丁寧に地毛に結んでいくのでとても手間がかかり、3時間かかりました。
私の場合、髪の毛のカラーリングとカットもお願いしたので、2回に亘り計6時間かかりまし

た。

髪の毛は、月1cm程度伸びます。
又、抜け毛もあります。それに伴い、一旦結んだ人工毛も取れます。約3~4割は抜けるそう

です。

更に白髪も伸びてきます。私の場合、カラーリングで髪の毛を染めました。これも月一度のメ

ンテが必要です。

つまり、1000本の植毛の後は、毎月1回髪の毛のカット、植毛のメンテナンス、カラリングの

作業が必要となってきます。

1000本1万円の植毛では儲かりません。しかし、その後のメンテナンスでしっかりと毎月収入が

入る仕組みです。

ビジネス・モデルを考えるときに、リピート率が重要です。

その意味でアートネイチャーの植毛ビジネスは凄いビジネス・モデルといえます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

髪の毛のカラーリングをして、多少髪の毛にボリューム感が出てきたので、一回りは若く見えます(^ω^)
初めて会う人に私の年齢69歳を伝えると、皆さん一葉にびっくりします。

スキンケアと筋トレを20年以上実施しているので、やはり50台に見えるそうです。

単に頭だけ黒々とさせても全体的に相手に違和感を与えてしまいます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

「マーキュリー通信」no.3554【ワンポイントアップの経営術-217「道楽を本業にしてはいけな い!」】

O社長は現役時代から酒豪で、銀座のナイトクラブをハシゴし、一晩に百万円を使い、1ヶ月で

1000万円を使った強者でした。

そんなO社長は、ナイトクラブを開くことが夢でした。

そして、先月念願のナイトクラブを錦糸町にオープンしました。

私も友人知人とお祝いに駆けつけました。

しかし、O社長は開店までの心身にわたる疲労が重なり、腰痛でダウン。肝腎の開店日には休む

有様でした。

私が同店を訪ねたとき、同店の客は私の友人知人7名だけでした。これに対し、ホステスの数が

6名もいました。

店内を見渡すと、花輪は私と友人の2つプラスもう1つ、3つしかありませんでした。

O社長はその後も店を殆ど出ていません。

こんな調子ですから、店内はがらがらで閉店も時間の問題です。

道楽とナイトクラブの経営は別問題。

私は開業前からO社長には、未経験の分野、それもかなり難しいナイトクラブ開業には反対でし

た。しかし、O社長は聴く耳を持ちませんでした。

やはり客としてホステスに囲まれながら賑やかに過ごす方がO社長には向いているようです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨夜は、仲間と居酒屋で飲みました。

仲間と居酒屋で楽しいひとときを過ごすことの方が私には向いているようです。

高い料金を払って、見ず知らずのホステスと会話を交わすのは、私にとっては苦手なようです

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »