« 「マーキュリー通信」no.3566【生涯現役社会が日本を救う-63「『知らないことを知る』こと で、自己成長していく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3569【生涯現役社会が日本を救う-66「六重苦から輝けるゴールデン エイジへ」】 »

2018年10月24日 (水)

「マーキュリー通信」no.3567【生涯現役社会が日本を救う-65「生涯現役社会で大事な4つの リッチ」】

多くの人は会社を退職すると、肩書き、地位、収入、仲間等多くのモノを失います。

人生100年時代を生きていくために最重要なことは人生戦略を立てることです。残り40年間をど

のように生きていきたいのか、これを明確にすることです。このマインド、心構えがしっかり

していると認知症予防になります。

充実した人生100年時代を生きていくためには、まずは健康です。健康管理が重要です。
私は毎朝1時間半の筋トレとストレッチに時間を当てています。これで毎日心身共にすっきりし

た1日を送ることができます。

次に大切なことは、仲間作りです。

会社勤務の人間関係は、上司、部下といった縦社会の人間関係です。又、取引先とは相手が顧

客か自分が顧客という対等の立場ではありません。

しかし、第2の人生の人間関係は、対等な関係の仲間です。仕事、趣味、宗教、政治、ボランテ

ィア活動等基本的には対等な人間関係です。同じ価値観を持った仲間を多数作っていくことで

、よい仲間が多数できています。ネットワークの社会となっていきます。

そして、最後はそれを支える経済力です。

このマインドリッチ、ヘルスリッチ、フレンドリッチ、マネーリッチを念頭に置きながら人生

100年時代を生き抜いていくと、快適な第2の人生を送ることができます。

それをやらずにただ老後の世界を生きていくと、最後の10年は寝たきり痴呆老人の仲間入りと

なります。

|

« 「マーキュリー通信」no.3566【生涯現役社会が日本を救う-63「『知らないことを知る』こと で、自己成長していく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3569【生涯現役社会が日本を救う-66「六重苦から輝けるゴールデン エイジへ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3567【生涯現役社会が日本を救う-65「生涯現役社会で大事な4つの リッチ」】:

« 「マーキュリー通信」no.3566【生涯現役社会が日本を救う-63「『知らないことを知る』こと で、自己成長していく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3569【生涯現役社会が日本を救う-66「六重苦から輝けるゴールデン エイジへ」】 »