« 「マーキュリー通信」no.3588【生涯現役社会が日本を救う-69「私の予想通り超失業時代がや ってきている】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3590【生涯現役社会が日本を救う-71「生涯現役脳を積極的に作って いく」】 »

2018年11月28日 (水)

「マーキュリー通信」no.3589【生涯現役社会が日本を救う-70「『老後』という考え方を止め る」】

私は「老後」という言葉が好きではありません。
生涯現役人生を生きている私の人生には「老後」は存在しません。

人生100年時代では、社会人となってからの80年を4区分程度で考えてみたらいかがでしょう。

第1期 20代~30代 自分の適性を模索し、強化していく年代
第2期 40代~50代 自分の適性を発揮し、花開く年代。終身雇用にこだわらず、今の会社で

自分の能力が発揮できない場合は転職も視野に入れる。 キーワードは「自分らしく生きてい

る」かです。
第3期 60代~75歳 ゴールデンエイジ。自分の経験と能力、人脈を活かし、社会貢献を中心

に仕事をしていく年代
第4期 75歳~100歳 プラチナエイジ。経済的に余裕がある人は、社会貢献中心に生きていく

年代。

官僚の造語、前期高齢者、後期高齢者という言葉は冷たく感じます。

現実には、75歳以上の後期高齢者になると認知症、介護老人が圧倒的に増えていきます。

しかし、もっとプラス思考で考えたらいかがですか。

ゴールデンエイジ、プラチナエイジの年代では、社会との接点を持ち、自分の経験を活かして

、社会との接点を持ち、若者から歓迎される高齢者をイメージして生きていく方がずっと楽し

くありませんか。

|

« 「マーキュリー通信」no.3588【生涯現役社会が日本を救う-69「私の予想通り超失業時代がや ってきている】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3590【生涯現役社会が日本を救う-71「生涯現役脳を積極的に作って いく」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/67427811

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3589【生涯現役社会が日本を救う-70「『老後』という考え方を止め る」】:

« 「マーキュリー通信」no.3588【生涯現役社会が日本を救う-69「私の予想通り超失業時代がや ってきている】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3590【生涯現役社会が日本を救う-71「生涯現役脳を積極的に作って いく」】 »