« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

2018年12月18日 (火)

「マーキュリー通信」no.3604【「奇人変人の異見-324「ジョンレノンの名曲"Imagine"の歌詞 の内容を深読みしてみると」】

ジョンレノンの名曲"Imagine"の歌詞には、
Imagine there's no heaven, it's easy if you try
No hell below us
まず天国も地獄もない

Imagine there's no countries, it isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too

そして、国境も宗教もない

Imagine no possessions

更には所有もない

と歌っています。

そして、ジョンはGod という歌の中で、

I don't believe in Jesus,
I just believe in Yoko & me.
歌っています。

一見、無神論の共産主義的思想のように思えます。

キリスト教徒から数多くの批判が寄せられていたようです。

しかし、当時ジョンはベトナム戦争の反戦運動をしており、
有名なジョンとヨーコのベッドイン反戦デモが思い出されます。
「なぜクリスチャンが戦争をしかけ、多くの罪のない人を殺戮しているているんだい?」
と疑問を投げかけていた頃です。

純粋に「人間は金を持つからそれに執着して醜い争いを起こすんだ。」と訴えたかったのだと

思います。

イエスを信じない、信じられるのはヨーコと自分だいう歌詞は、自分に内在している神聖な部

分、これは大宇宙の神に通じる部分なのだと訴えたかったのだと思います。

事実、ジョンはヨーコと靖国神社にも参拝していました。

こう深読みしてみると、Imagineという曲の素晴らしさが復活してきます。

12月8日はジョンの命日です。

今頃天国でImagineを歌い、そして新しい曲作りに励んでいるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

「マーキュリー通信」no.3600【ワンポイントアップの経営術-223「デサントのアディダスショ ックを他山の石とする」】

先週のカンブリア宮殿で、スポーツ用品メーカーのデサントを採り上げていました。

デサントはアディダスとライセンス契約を結び順調に業績を伸ばしていました。
しかし、1998年にアディダスとのライセンス契約が終了するのに、社内には「なんとかなるさ

」という楽観論があったため、ライセンス契約終了後の事業戦略を特に打ち出していなかった

そうです。

その為、ライセンス契約終了後の翌年売上は4割減、営業利益は5割減となりました。

デサントは、この窮地を乗り切るために、韓国向けのスポーツ用品販売を開始し、15年掛けて

業績を回復したそうです。

企業のトップも社員も現在の業績が良いと、どうしても中長期的な経営戦略をとらず、目先の

数字に追われてしまいがちです。

しかし、企業のトップこそ中長期的な経営戦略をしっかりと立て、そちらに舵取りをしていく

ことが重要と考えます。

中期的には東京オリンピック後の反動不況、長期的にはAI社会の進展に伴い、自社の業績に与

える影響がボディブローのように効いてきます。

現代社会は乱気流の時代です。その乱気流の時代を乗り切るための先見力と見識を必要とされ

ています。

その為に、経営トップが未知の分野を知ろうとする努力も求められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

「マーキュリー通信」no.3599【ワンポイントアップの人間力-151「あなたの心の状態が顔つ きに表れてくる」】

人気TV番組「下町ロケット」は、毎回佃工業が窮地に立たされ、その逆境を乗り越えていくド

ラマです。
佃工業は無人農業トラクターの開発で経営難に陥っているギアゴーストを支援に入る。
しかし、土壇場で裏切られます。
その時のギアゴースト社長の顔が、それまでの善人の顔つきから悪人の顔つきになります。
それ以降、ギアゴースト社長の顔は悪人の顔つきで登場します。

これはドラマの世界のことですが、人間はどういう生き様で人生を生きてきたかによって、そ

の人の人相に表れてきます。

サラリーマンの厳しい出世争いで長年生き抜いてきたビジネスパーソンは、そのような顔つき

になります。

長年人を欺してきたような人は、そのような人相になって来ます。

世のため人のために生きてきた人は穏やかな顔つきとなります。

一度自分の人相をチェックしてみると良いです。そこには、人生の生き様が表れています。

今後どのような人生を生きてきたいのか、今後の人生と現在の人相が異なる場合には、まずは

自分の思いの部分、心の状態から変えて行くことが必要となります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

子供の頃、映画を見に行くと、私は登場人物を見て、「あれはいいもの、悪者?」と直ぐに聞

くそうです。いいものと分かると応援し、悪者と聞くと、早く成敗されたらと思っていたよう

です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

「マーキュリー通信」no.3598【今年の私の漢字は「転」】

今年は例年以上に災害の多い年でした。そこで、京都清水寺が毎年発表する今年の漢字は「災

」に決まったようです。

一方、私にとって今年の漢字は「転」です。

昨年から力を入れ始めた一般財団法人全国福利厚生共済会の個人、中小企業向け福利厚生のイ

ンフラ構築事業で成果が出始め、毎月右肩上がりの権利収入を得ています。
私のビジネス的には、東京オリンピックの年の2020年までは本ビジネス中心に展開していきま

す。
そして、大きな権利収入を得た後は、私の本来の事業である中小・ベンチャー企業への投資、

生涯現役社会の構築、空き家問題へとシフトしていきます。将来ビジョンが明確となり、ビジ

ネス面でも大きな転機となった年です。

一方右肩上がりの権利収入のお陰で23年住んだ池袋のマンションを売却し、王子の新築高層大

規模マンションに転居しました。

23年ぶりの新築は設備面で大きな進歩を体感しています。
又、高層マンションに35年ぶりに住みますが、視界が広がると、気持ちもゆったりとしてきま

す。スカイツリーから見える日の出は格別です。そして、富士山の眺望も抜群です。
又、864世帯の大規模マンションのスケールメリットを思う存分享受しています。

そして、今回は40年ぶりにマイホーム派から賃貸派に切り換えました。不動産は今後は負動産

に変わっていきます。これも私にとっての発想の転換です。

引越作業、マンション売却、新居での新生活等大きな経験と学びを得ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

「マーキュリー通信」no.3597【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-215「目を酷使する現 代人には眼筋のトレーニングが大切」】

現代人はパソコン、スマホ等目を酷使することが非常に多いです。

従って、目の疲労をとると共に日頃眼筋を鍛えておくことが大切です。

私の場合、毎朝13階の私の部屋から階段を降り、その後18階まで階段を上っていきます。

そして、18階から13階の我が家に戻るとき、階段の踊り場で眼筋トレーニングをします。

18階から17階の踊り場では、100均で買った小さな穴の空いたアイマスクをして、遠方のタワー

を20秒間眺めます。その後、親指を見ながら20秒間凝視します。これで遠近の眼筋を鍛えます

次に、アイマスクを外して、17階から16階の踊り場では、前方にあるB棟(私の住まいはA棟)

のベランダを見ます。目を左右に移動させます。次に右から左に目を移動させます。その次は

縦に目を移動させます。これで眼筋を鍛えることができます。

13階の我が家に戻るまで、同様の眼筋トレーニングをします。

朝のちょっとした時間を使い、眼筋を鍛えることで、目の健康を保っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

「マーキュリー通信」no.3596【今年の我が家のヒット商品】

今年も日経からヒット番付が発表されました。横綱に安室奈美恵が登場しましたが、私とは全

く無縁の世界でした。

私にとってのナンバーワン商品は新築マンションへの転居です。
13階の高層階から眺めるスカイツリー、日の出、富士山は格別です。
又、新築の為、設備が良くなり、ウォーキングクロゼット等収納スペースが充実し、浴室も広

くなり、満足しています。
更に、864世帯の大規模マンションのスケールメリットを享受しています。広い庭を毎日我が家

の庭として活用できるのも楽しいです。

第2位は、転居に伴い、LDKの家具、照明器具を全交換しました。新居のデザインにマッチング

しているので、快適な生活ができています。大塚家具から購入しました。

第3位 BDプレーヤー(パナソニック)
テレビ番組の99%は、録画したものです。
今度のBDプレーヤーは、7テラバイトなので、10チャンネル分のTV局の番組を録画しないで再生

できることです。これで私のビデオライフが変わりました。
パソコンのブラウジングのように、見たい番組の周辺に掘り出し物の番組を見つけ、それを見

て録画を楽しんでいます。

第4位 ブルワーカー
 50年ぶりに新商品を購入しました。第1号のブルワーカーはまだ健在なので、我が家の記念遺

産として飾ってあります。

第5位 55インチ大型テレビ(パナソニック)
 大型映像と画面の良さ、音質の良さが伝わってきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

40年ぶりにマンション所有派から賃貸派に切り換えました。

日本は地震大国、いつ首都圏直下型大地震が襲うか分かりません。今後は所有はリスクと考え

、身軽な賃貸派に切り換えました。

又、東京オリンピック以後は、マンション価格は暴落すると予想しています。今が売り時との

判断で売却しました。

住まいを変わることは、大きな学びとなりました。
孟母三遷の教えがよく分かりました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

「マーキュリー通信」no.3595【「奇人変人の異見-323「超高齢社会では、どんなに小手先を労 しても消費増税は消費の減退に繋がる」】

安倍内閣が来年10月の消費増税に合わせ、様々な経済対策をしています。
しかし、現在は超高齢社会が益々進展しているなかで、どんな小手先の対応をしても、消費増

税→消費の落ち込みという負のスパイラルは避けて通れません。

65歳以上の高齢者は、昨年で3500万人を超え、27%を占めています。

この年齢層の大半は年金が主な収入源です。

ということは消費増税2%は、可処分所得が2%減るので、そのまま消費の落ち込みに繋がりま

す。

更に、今回は10%という切りの良い消費税率になります。
8%の場合、消費税額を直ぐには計算できません。
しかし、10%なら直ぐに計算できます。

消費税額の重みを実感して、その分買い控えに回ります。

一方で、若い層は貯蓄に回していきます。政府の年金制度を信用していないから自分で自分の

老後の資金を貯蓄しておこうという気持ちに変わります。

今度は小手先の対応分だけ消費の落ち込みはある程度避けられるかも知れません。しかし、落

ち込みを先延ばししたに過ぎません。

それではどうしたら消費は回復するのでしょうか。

それは消費減税です。8%から5%に戻すべきです。減税した分、高齢者の消費が増えます。こ

れがプラスのスパイラルとなって景気は上向いていき、それが社会保障制度の財源となってい

きます。

一方で、医療費の無駄遣いを始めとした数々の利権構造にメスを入れたら、消費税の2~3%程

度直ぐに捻出できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

「マーキュリー通信」no.3594【今年の流行語大賞に「そだねー?」】

今年の流行語大賞にカーリングの「そだねー?」が決まったそうです。
カーリングをふだん見ない私にとって初めて聞く流行語です。
毎年「今年の流行語大賞」に選ばれた流行語はこれが流行語なのかと疑問を感じる流行語が多

いようです。

私にとって一番耳にしたトランプ大統領ですが、それなら「フェイクニュース」が流行語と思

います。

今年私にとってなじんだ言葉としては「ブロックチェーン」です。そして、仮想通貨、暗号通

貨が私にとっての流行語大賞と言えます。

これは今後IT社会が益々進展していく中で、毎年出ては消えていく流行語とは異なり、社会に

定着していく重要キーワードとなることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

「マーキュリー通信」no.3593【ワンポイントアップの経営術-222「ポケベル50年の歴史に幕」 】

80年代に一世を風靡したポケベル(ポケットベル)が来年いよいよ撤退することになったそうです。
現在のユーザーは僅か1500件だそうです。これでは致し方ないですね。

平成の時代はまさにインターネットが普及した時代です。
インターネットの普及は、光ファイバー網の完備とスピードにより加速化していきました。

私が三井物産を退職したのが1997年5月末、48歳の時でした。

当時、インターネットが普及し始めていた頃でした。
当時パソコンは、パソコンだけを使うスタンドアローンの時代からインターネットを活用する

時代に入ると言われていました。
そこで私はノートパソコン(NECのバリュースター)1台を40万円で購入しました。更に、パソコンスクールにも40万円投資して通いました。

この時の80万円の投資が現在に生きています。もし、この時に自己投資していなかったら、私

はパソコンもインターネットもできないシニアとして、時代から取り残されいたことでしょう

。もちろん経営コンサルタントの仕事もかなり制約を受けたことと思います。

さて、これからはAIの時代です。AIは人類の知的活動を抜き去っていくことになります。その

時に失う職業、ビジネスは膨大なものとなっていきます。

経営者としては、自社に対するAIの影響を把握し、今から対処していくことが求められます。

その時のポイントは、自社に対するAIの影響からそれを防御する対策、自社の仕事をAIに置き

換わるモノからヒントが得られると思います。

そこから新しいビジネスのシーズを探り当て、事業化していくことが一番リスクが少ないと思

います。同様に困っている同業他社が存在するからです。

自社の得意でない分野にいきなり行くことはリスクが大きく、失敗する確率が高くなります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今の若い人にポケベルと聞くと、ポケモンのベルを連想する人が多いそうです。時代は変わっ

たものです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

「マーキュリー通信」no.3592【ワンポイントアップの営業力-90「大型クリスマスツリーが大 量に売れている理由」】

昨日、ニトリ赤羽店でクリスマスツリーセットを購入しました。
飾りとイルミネーションも全てついて4千円弱でした。高さ180cmです。

2~3万円はすると思っていたのに、余りの安さにびっくりです。

ニトリ赤羽店の周りは大規模マンションが多いですが、それをターゲットにしたものと思いま

す。

マンション住まいの場合、180cmもするクリスマスツリーは収納に困ります。
それが押し入れの天袋に収まるコンパクトサイズです。これならマンション住まいでも、収納

に困らず気軽に買えます。

これが大量生産大量購入に結びついたモノと追われます。

ニトリ赤羽店では、クリスマスツリーが飛ぶように売れているそうです。

顧客のニーズに合わせ、商品を作る。営業の原点ですね。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダに住んでいた頃には、大きなクリスマスツリーに多数のオーナメントをつるしてクリスマスシーズンをエンジョイしていましたが、まさか日本でそれができるとは思っていませんでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

「マーキュリー通信」no.3591【生涯現役社会が日本を救う-72「父がまたしても反面教師」】

私の子供の頃の人生は波瀾万丈の幕開けでした。

5歳で母が病死しました。
その翌年私が小学校1年生の時に、父は妹と私の二人を残して家出をしました。

その10年後、私が高校2年の夏に家出から戻ってきました。
その時の父は肉体労働者、着の身着のままでほとんど所持金もありませんでした。
その時のみすぼらしい父を見て私は決意しました。

その決意とは「父のような人間には絶対ならない。自分は努力精進、刻苦勉励して、将来国の

役に立つような人間になりたい」でした。

父を反面教師として、父を人生訓として70年近く生きてきました。

さて、5ヶ月前に父は脳の手術で入院しました。
脳の手術は無事終わりました。
しかし、要介護度は4となり車椅子の生活となりました。認知症も進みました。

後妻の母は88歳、こちらは要介護度2、こちらも車椅子の生活です。

一番父を必要としたときにいなくなってしまった父は、よく「おまえの世話にはならない」と

言っていました。

しかし、この5ヶ月間、要介護老人の世話で、介護老人の世話の大変さを身にしみて体感しまし

た。

本メルマガシリーズ「生涯現役社会が日本を救う」は、父のような介護老人を一人でも減らそ

うと言う思いで書いています。

父は、年金、医療費、介護費用で国に三重の負担を掛け、そして身の回りの世話で家族に思い

切り世話を掛けています。

しかし、そんな父ですが、人生に「もしも」があり、父が家出をしなかったら、私はごく普通

の人生を歩んでいたかも知れません。

その意味で、現在の私があるのは父のお陰と感謝しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私はビートルズのジョン・レノンの大ファンですが、中でもジョンの名曲"Mother"が大好きで

す。

ジョンも、子供の頃に両親を失いました。
その悲しみ、寂しさが"Mother"の歌詞に込められています。

"Mama, don't go!,"Daddy, come home!"と何度も何度も絶叫します。

ジョンのこの悲痛な叫び声を聞くとき、私の子供の頃とダブり、毎回思わず涙が溢れてきて、

歌えなくなってしまいます。

12月8日はジョンの命日です。今年もジョンの命日を静かに偲びたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ