« 「マーキュリー通信」no.3590【生涯現役社会が日本を救う-71「生涯現役脳を積極的に作って いく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3592【ワンポイントアップの営業力-90「大型クリスマスツリーが大 量に売れている理由」】 »

2018年12月 2日 (日)

「マーキュリー通信」no.3591【生涯現役社会が日本を救う-72「父がまたしても反面教師」】

私の子供の頃の人生は波瀾万丈の幕開けでした。

5歳で母が病死しました。
その翌年私が小学校1年生の時に、父は妹と私の二人を残して家出をしました。

その10年後、私が高校2年の夏に家出から戻ってきました。
その時の父は肉体労働者、着の身着のままでほとんど所持金もありませんでした。
その時のみすぼらしい父を見て私は決意しました。

その決意とは「父のような人間には絶対ならない。自分は努力精進、刻苦勉励して、将来国の

役に立つような人間になりたい」でした。

父を反面教師として、父を人生訓として70年近く生きてきました。

さて、5ヶ月前に父は脳の手術で入院しました。
脳の手術は無事終わりました。
しかし、要介護度は4となり車椅子の生活となりました。認知症も進みました。

後妻の母は88歳、こちらは要介護度2、こちらも車椅子の生活です。

一番父を必要としたときにいなくなってしまった父は、よく「おまえの世話にはならない」と

言っていました。

しかし、この5ヶ月間、要介護老人の世話で、介護老人の世話の大変さを身にしみて体感しまし

た。

本メルマガシリーズ「生涯現役社会が日本を救う」は、父のような介護老人を一人でも減らそ

うと言う思いで書いています。

父は、年金、医療費、介護費用で国に三重の負担を掛け、そして身の回りの世話で家族に思い

切り世話を掛けています。

しかし、そんな父ですが、人生に「もしも」があり、父が家出をしなかったら、私はごく普通

の人生を歩んでいたかも知れません。

その意味で、現在の私があるのは父のお陰と感謝しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私はビートルズのジョン・レノンの大ファンですが、中でもジョンの名曲"Mother"が大好きで

す。

ジョンも、子供の頃に両親を失いました。
その悲しみ、寂しさが"Mother"の歌詞に込められています。

"Mama, don't go!,"Daddy, come home!"と何度も何度も絶叫します。

ジョンのこの悲痛な叫び声を聞くとき、私の子供の頃とダブり、毎回思わず涙が溢れてきて、

歌えなくなってしまいます。

12月8日はジョンの命日です。今年もジョンの命日を静かに偲びたいと思います。

|

« 「マーキュリー通信」no.3590【生涯現役社会が日本を救う-71「生涯現役脳を積極的に作って いく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3592【ワンポイントアップの営業力-90「大型クリスマスツリーが大 量に売れている理由」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/67441333

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3591【生涯現役社会が日本を救う-72「父がまたしても反面教師」】:

« 「マーキュリー通信」no.3590【生涯現役社会が日本を救う-71「生涯現役脳を積極的に作って いく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3592【ワンポイントアップの営業力-90「大型クリスマスツリーが大 量に売れている理由」】 »