« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

2019年1月20日 (日)

「マーキュリー通信」no.3625【生涯現役社会が日本を救う-75「今の65歳は、20年前の75歳。 10年若返っている!」】

読売新聞の「変わるシニア像」特集で、65歳の有名人を顔写真入りで掲載していました。
歌手研ナオコ、DeNA中畑清監督、作家阿川佐和子、女優仁科亜希子、タレントルー大柴他20年
前なら55歳、いやそれ以下の年齢に感じます。サザエさんのお父さん波平の年齢が54歳の設定
なので、そう感じます。
これは感覚的なものではなく、体力年齢も10歳若返っているそうです。
私の祖父は65歳で他界しましたが、写真はつるっぱげ、80代の感じです。
人は、自分の年齢は社会との関係で受け身的に捉えます。
最近は60歳定年、更に65歳までは嘱託で働くケースが多くなってきています。
65歳まで嘱託で働く場合、能力的には衰えていなくても、又、同じ仕事をしていても給料が大
幅ダウンのケースが多いようです。
するとそれに合わせて自分の能力も押さえ込んでいきます。
そして、65歳に定年退職する時は、自分の仕事人生は終わったと勝手に判断してしまうシニア
層も多いです。
これが大きな落とし穴です。
特に男性の場合、会社人間一筋で純粋培養されてくると、それ以外の社会との断絶が起こりま
す。
社会で受け容れてくれない自分を認識すると、毎日が日曜日のサンデー毎日となってしまいま
す。
その結果、お決まりの寝たきり痴呆老人へと進んでいきます。
現代は人生100年時代、それを乗り切るにはどうしたら良いか。できるだけ早い時期に会社以外
との接点を持つことです。遅くとも60歳の定年の時に、積極的に会社以外の世界と接点を持つ
ことです。それにはダブルワークのお奨めです。
その時、自分の考え方がいかに固まり、自分の会社以外の言動になじまないかを発見するはず
です。
それに気づき、修正をかけていくことが、人生100年時代を生きていく処方箋となります。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
昨日のメルマガで「「未知のモノ」を誤変換して、道のモノ」となっていました。読者から指
摘され気がつきました。お詫び申し上げます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

「マーキュリー通信」no.3624【子供の感激、大人の感激】

年を取るにつれ子供の時ほどの感激を感じなくなっていきます。
TV番組「にっぽん!歴史鑑定」(BS161月曜22時)で、明治天皇皇后美子様(はるこ)」を採り
上げていました。
美子様は、女子教育に尽力された方です。
米国に子女を送りました。その中に最年少だった津田梅子(当時6歳)がいました。
津田梅子は、津田塾大学の創始者です。
番組では、津田梅子の大学創立に至までの艱難辛苦を伝えます。そして、何とか大学設立にこ
ぎ着けたとき、思わず感激しました。
美子様は、福祉にも力を入れました。
日本赤十字社の設立にも尽力されました。
日清戦争の時には、自ら陣頭指揮を執って大量の包帯を作り、戦地に送りました。皇后様から
の贈り物に戦士の士気は大いに高まりました。
日露戦争の時、坂本龍馬が夢枕に立ったそうです。その話が戦地にも伝わり、戦士の士気高揚
に繋がったそうです。
子供の時は、道のモノに対する関心、感激が主体です。
一方、大人の感激は、経験と歴史、人物像にも入り込んでいきます。
大人でも子供と違った感激を味わうことができることを気付かされました。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
20歳の時に朝日洋上大学の一員として米国に行きました。
その時は、観るモノ聞くモノ全て米国の偉大さに感激しました。
中でもディズニーランドは一番の感激でした。
その後20年の時を経て、日本でもディズニーランドを見ました。米国を上回る規模と施設内容
でしたが、20歳の時に受けた時の感動の方が数倍上でした。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

【「奇人変人の異見-328 「横綱稀勢の里を引退に追い込んだ日本大相撲協会」】

大相撲ファン歴60年、栃若時代からの大相撲ファンにとり、稀勢の里の存在は別格です。
進退をかけて臨んだ初場所でしたが、初日御嶽海、二日目逸ノ城が対戦相手と知って唖然とし
ました。こんな難敵を最初から当てられたら、連敗をする可能性が高いと危惧したからです。
その瞬間、「日本大相撲協会は稀勢の里を引退に追い込むつもりなのか?」と頭をよぎりまし
た。
そして、予想通り連敗し、引退へと追い込まれていきました。
3日目の相手は、先場所休場に追い込んだ栃煌山です。二日間の相撲内容を見て、多分勝てない
、これで引退に追い込まれると思いました。
そこで私は日本大相撲協会に抗議の電話を入れました。「協会は稀勢の里を引退に追い込みた
いのか!」。多分ファンから抗議の電話が殺到したのだと思います。電話口に出た女性は早く
電話を切りたがっていました。
引退となった4日目の対戦相手は、横綱鶴竜を破る金星を挙げて、最近成長著しい錦木です。
本来なら錦木クラスの力士を当てるべきでした。これで負けたなら、ファンも致し方ない。「これ以上稀勢の里に精神的プレッシャーを与えるのは忍びない。早く解放させてあげたい」という気持ちになったはずです。
日本大相撲協会は、横綱稀勢の里がダントツ人気、それに最近台頭著しい貴景勝、御嶽海等に
支えられ、それに横綱白鵬が続いています。
幕の内の取り組みの前に、幕内力士が横綱以外一斉に土俵に上がりますが、ファンの拍手の大
きさを聞くとそれがよく分かります。
相撲興行の面からすれば大きな一枚看板が外れた感じです。
協会にはそれが分からないのでしょうか。
一方、一昨日抗議の電話を入れた際に、もう一言「序盤戦に上位陣を当てる愚は止めて欲しい
。毎場所、終盤戦に横綱大関と平幕が当たる味気ない取り組みが多い。テニスでもシード選手
はベスト8で当たるようにしている。大相撲も是非そうして欲しい」と強い注文をつけました。
にもかかわらず、昨日も大関栃ノ心対関脇玉鷲、更には関脇貴景勝と小結御嶽海の全勝同士を
ぶつけるという無粋なことをやり、終盤戦の楽しみを奪いました。
又、大関豪栄道も難敵逸ノ城を当てられ、栃ノ心と共に4連敗。
今の理事長も興行面ではセンスがないですね。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
本日は阪神大震災から24年目の日です。被災者には黙祷を捧げます。
阪神大震災は、8年前に発生した東日本大震災の陰に隠れ、すっかり記憶の彼方に追いやられた
ようですが、日本が地震大国であることに変わりありません。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

「マーキュリー通信」no.3622 人生に勝利する方程式-198「銃との戦いに自由が勝利!記念切手になった女子体操金メダリス トチェコ チャフラスカ選手」

池上彰のTV番組「現代史を歩く」では、チェコの社会主義革命を採り上げていました。
その中で東京オリンピックの体操金メダリスト チェコのベラ・チャフラスカ選手にスポット
ライトを当てました。
同選手は、東京オリンピックでは一番人気のあった美人の体操選手で、私もファンで、一番印
象に残った選手でした。今でもその華麗な姿が白黒テレビからの映像が脳裏に焼き付いていま
す。
チャフラスカ選手は、次の1968年メキシコ五輪でも金メダルを取り、引退しました。
丁度その頃社会主義経済、共産主義経済が大きな問題としてクローズアップされ始めた頃でし
た。
役人主導の計画経済の非効率さから来るモノ不足、そして言論、宗教弾圧が大きな問題となっ
ていました。
その時に自由を求めて立ち上がったのが新たに政権の座に着いたドプチェク大統領でした。
これを認めると社会主義国家体制の崩壊に繋がるとの危機感から、当時ソ連のブレジネフ書記
長は、プラハに大量の戦車を送り込みました。
これをプラハの春と呼び、丁度私が大学1年生の頃でした。
1968年にプラハ宣言がなされ、チャフラスカ選手もそれに署名しました。当時、チェコのヒロ
インチャフラスカ選手は自由の女神の象徴でした。
しかし、ドプチェク大統領は追放され、ソ連の傀儡政権となりました。
チャフラスカ選手も追放され、掃除婦をして何とか生き延びました。
その後、政府からプラハ宣言署名の撤回との交換条件で公職復帰の提案がありました。
しかし、チャフラスカ選手はそれを拒否しました。
しかし、共産主義体制の問題は益々深刻化し、ついには1989年ベルリンの壁崩壊となり、ソ連
は崩壊しました。
そして、21年ぶりにドプチェク大統領の名誉が回復されました。その時チャフラスカ選手も同
時に名誉回復となり、国民から大熱狂の内に迎えられました。
その後、チャフラスカ選手はその功績を称えられ、記念切手にもなりました。
同選手は大の日本ファンで、何度も来日し、チェコ日本友好協会の総裁にも就任しました。
来年の東京オリンピックには是非参加したいと言いつつ、2016年膵臓がんのため死去。享年74
歳でした。
今、隣国中国では、資本主義経済を採り入れ経済発展しています。しかし、共産主義の本質自
由を認めない、無神論から中国国内ではかつてのチェコの再現状態となっています。
即ち、言論弾圧、宗教迫害等が益々深刻化し、国際的な問題となっています。
その波が周辺各国まで及び、日本にも及んでいます。
池上彰のTV番組「現代史を歩く」を見て、自由、民主そして信仰の大切さを改めて実感しまし
た。
今年5月から元号が変わります。
新しい時代の国家コンセプトとして、「自由、民主そして信仰」を核に入れて欲しいと思いま
す。それが国家永続の最重要事項と考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

「マーキュリー通信」no.3621【人生に勝利する方程式-197「吉田松陰に学ぶ未来を切り開く力 とは」】

今年の初詣は、世田谷区の松陰神社に参拝に出かけました。
吉田松陰は、安政の大獄で投獄され、最期、獄中にて「草莽崛起(身分の別なく、全ての人が
立ち上がること)」の思想の下、遺書「留魂録」を弟子達に残しました。
松陰の人生を見ると僅か29歳で一瞬はかなさを覚えます。
松陰は不惜身命の思いで命がけで人生を駆け抜けていきました。
不惜身命の思いとは文字通り命を惜しんで自分の使命を全うすることですが、松陰にとりまさ
に29歳という短い人生の中に草莽崛起の精神を凝縮しました。
松下村塾の弟子である久坂玄瑞、高杉晋作達が明治という新しい時代の到来に大きく貢献しま
した。
更には、明治維新以降、更に若い山県有朋、そして初代総理伊藤博文ら多数の英傑を輩出し、
日本を近代国家へと大躍進させていきました。
今日の日本の繁栄の源流の1つに松陰の存在があったことを改めて思い知らされました。
人間は長く生きれば良いのではない。
人生の長短ではなく、いかに後生の人達に精神的遺産を遺すことができたのか。その大切さを
学びました。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
昨日、稀勢の里が逸ノ城に敗れた後に、日本大相撲協会に電話をしました。
「日本大相撲協会は、稀勢の里を引退に追い込みたいのですか?
なぜ、最初から難敵を当て、稀勢の里を潰そうとするのですか。
最初は軽い相手から当てて、徐々に調子に乗ってから難敵をぶつけるべきです。
明日も難敵栃煌山、先場所稀勢の里を休場に追い込んだ相手です。
協会は、負け越してもかまわないから稀勢の里を最後までとらせるべきです。引退すべきかど
うかを決めるのは相撲ファンです。
あの相撲内容では、可哀想すぎる!だからもう引退して頂くしかないとファンにそう思わせる
までとらせるべきです。」と力説しました。
窓口の女性は、多数のファンからの電話があったのでしょうか。面倒くさそうに私の話を早く
切りたそうに聞いていました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

「マーキュリー通信」no.3620【今年のお気に入りTV番組】

今年は年始に結構良い番組が多かったです。
NHK「家康、江戸を建てる」は、従来なかった視点「江戸庶民の水資源確保」と「徳川幕府の権力基盤を確保する為の小判鋳造」で捉え、参考になりました。
下町ロケット特別編は一番感激しました。
又、NHK大河ドラマ「いだてん」は、来年東京オリンピックを控え、絶妙のタイミングで放映しました。これまで時代劇中心の大河ドラマでしたが、明治から昭和にスポットライトを当てる斬新さで、今後に期待が持てます。又、民放を含め関連番組が多数放映されているので、そちらをみるとより肉付けができます。
又、NHK「小吉の女房」(BSプレミアム 毎週金曜日20時)は、沢口靖子主演。小吉は勝海舟の父親で、義理人情に厚く、ごますりが苦手で生涯無役。20代の頃、子母沢寛の「親子鷹」に感激したので、ドラマで見ましたが、予想通り面白いです。
大評判だった北川景子主演の「言え売る女」(日テレ毎週水曜日22時)が今年復活しました。
昨年10月に7テラバイトのブルーレイディスクレコーダーを購入しました。新機種では、10チャンネル分の番組を3週間自動録画します。
後は、TVガイドを基に、見たい番組をピックアップして見ます。
10チャンネルに該当しないTV局の場合、従来通り録画します。
これで私の情報入手源が更にバラエティに富んだものとなっています。
尚、私は基本的にはTVを見ません。99%以上録画番組から、見たい番組を見たいときに見るが基本です。
ジャンルは、TV東京を中心としたビジネス情報源(日経プラス10,ワールドビジネスサテライト、ガイアの夜明け、未来世紀ジパング、カンブリア宮殿、田村淳のビジネスベーシック、14歳からの起業等)が多いです。
それ以外にはドキュメント番組、そして、息抜きのために連続ドラマも見ています。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
大相撲初場所が昨日からスタートしました。
今場所成績が悪ければ引退危機の稀勢の里に対し、何と初日から難敵御嶽海を当ててきました。私の悪い予感が当たり、完敗でした。
本日は、逸ノ城、こちらも難敵です。
大相撲協会は稀勢の里を引退させたいのでしょうか。
昨日の相撲ぶりを見た感じでは、だいぶ体調が戻ってきたようです。
後は横綱昇進時の様な不屈の精神力を発揮して、背水の陣で臨んで欲しいと思います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

「マーキュリー通信」no.3619【生涯現役社会が日本を救う-74「インフルエンザに罹り、思う こと」】

一昨日、突然9度2分の熱が出たので、近くの医院で診察してもらったところ、A型インフルエン
ザと診断されました。15日まで外出禁止令です。
昨日まで終日寝ていました。
本日は平熱に下がったので、少し仕事を始めました。
インフルエンザに罹っていつも思うことは配偶者がいることの有り難みです。
妻が親身になって栄養素の高い食事を作ってくれます。又、ショウガ蜂蜜湯で頻繁にうがいを
し、ショウガ蜂蜜湯をゴクンと飲むと喉に良いです。
妻に言わせると私は毎年のようにインフルエンザに罹っているそうですが、一人暮らし、特に
高齢者の場合、最悪孤独死に結びつく可能性が高まるのではないかと思っています。
だから高齢者の孤独死を防ぐ仕組み作り、その為の手段としてシェアハウスを作ることが重要
と思っています。これは1000万戸に近づいている空き家問題解決の手段ともなります。
妻と初めて会ったのが妻が20歳の時、最初の一言が、「年の割に、世話が焼ける人」でした。
しかし、最近は、「年相応に世話が焼ける人」となっています(^人 ^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

「マーキュリー通信」no.3618【私のヒューマンネットワーキング-42「異業種交流会を主催する」】

中小企業においては人脈の拡大が非常に重要となります。
私はいくつか異業種交流会を主催していますが、その1つにメルマガ読者向け異業種交流会「ビジネス情報交換会」を10年程前から主催しています。
私の主催する異業種交流会は、全て私も会費を負担するボランティア制をとっています。もし、私が利益を取っていたら、参加者と私の関係はお客様と主催者の位置づけとなり、対等な交流ができなくなるからです。
当初参加費は1000円にしていました。
しかし、8年前に東日本大震災が発生し、改めて日本は災害大国であることを再認識しました。
そこで参加費を2千円にアップし、剰余金は被災地に寄付することにしました。
これまで熊本大地震を始め、大規模被災地には義援金を贈っています。
これまでに28万円寄付したことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

「マーキュリー通信」no.3617【「奇人変人の異見-327「金融庁の出先機関となった銀行に未来はない!」】

昨年末マーキュリー物産のキャッシュカードを新しいのに変更したいので申し込んでおきました。すると三井住友銀行赤羽支店からキャッシュカードが届いた旨連絡がありました。
そこで、赤羽支店まで取りに行きました。
運転免許証を提示すると、預金通帳と取引印の提示を求められました。
私は「電話で連絡の際に、特に何も持ってくるよう言われていない」とその要求に反論しました。しかし、銀行の窓口は「取引印がなければ、キャッシュカードは渡せない」と頑と受け付けません。
何度かやりとりした後に、私は「電話で連絡の際に、取引印を持参するようにとの指示がないのはそちらのミスです。だから送料負担で、キャッシュカードを送ってください」と要求しました。
上司に相談して、やっとOKを取り付けました。
銀行の窓口の目線は顧客目線ではなく、完全に金融庁に向いています。査察の際の印鑑漏れを心配しているだけです。
銀行は護送船団方式に守られてぬるま湯の中で経営をしてきました。手数料も銀行間の暗黙の了解で大差ありません。
しかし、今後はフィンテックの技術革新により暗号通貨が高い銀行手数料にとって代わる時代が来ます。
その時は、時代に生きられない恐竜となって死に絶えていくことになります。
既にメガバンク3行では、3万人のリストラが始まっています。
キャッシュレス化が今後益々進展していくと銀行が益々不要となっていきます。
バブル崩壊後に多くの銀行が潰れていきましたが、その再来となります。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
護送船団方式に守られていない総合商社は、下位の総合商社は消滅しましたが、大手5社(三菱商事、三井物産、伊藤忠、丸紅、住商)は、社名も変えずに生き残っています。
私の古巣、三井物産もコミッションマーチャントから、資源を中心とした巨大コンツェルンとして生き残っています。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

「マーキュリー通信」no.3615【人生に勝利する方程式-196「松岡修造以上の天才プロテニスプ レーヤーが敗北した理由とは?」】

日本人で初めて世界ランキング入りし、4大大会でベスト8まで上った松岡修造が彼以上と絶賛
する天才プレーヤー辻野というプロテニス選手がいました。
当時世界ランキング644位の辻野が、当時世界ランキング第2位のボリス・ベッカーと互角に対
戦したことで話題を独占しました。
辻野は松岡修造と同じ高校の1年後輩で、実力は松岡修造以上と評価が高い選手でした。当時、
松岡修造は辻野に勝てませんでした。
辻野は日本人選手として、初めてIMGというプロ選手の強化トレーニングの学校に入りまし
た。
そこにはシャラポワを始め超一流選手が所属していました。
しかし、外国選手と比べ体力で劣る辻野は、練習の厳しさに音を上げました。
それまで日本人選手で、世界ベスト100位以内にランクインされた選手はいませんでした。
辻野は精神的にも悲観的になり、「結局体力で劣る日本人選手はベスト100位以内に入ることは
困難」と判断して、がんばることを止めてしまいました。
一方、天才辻野と比べ才能的に劣っていた松岡修造は、「絶対に世界ランキング100位以内に入
るぞ」と誓い、諦めずに練習を続けました。
その結果、世界ランキング100位以内となり、4大大会でベスト8まで進む偉業を成し遂げました
。この記録は錦織圭が現れるまで破られない記録でした。
天才プレーヤーではなかった松岡修造の偉業は後に続く日本人選手に大きな勇気と希望を与え
ました。
松岡修造がコーチしたのが錦織圭でした。
人生に勝利するかどうかは、この念いの部分の強さが改めて重要であることを松岡修造の成功
事例で学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

「マーキュリー通信」no.3614【ワンポイントアップの人間力-152「ブラックジャックカムバ ック 手塚治虫の真理の世界に学ぶ」】

手塚治虫の名作、アニメブラックジャックの再放送が開始されました。毎週金曜日午前2時半~
3時半。BSツウェルビ(BS222)で放映。
第1話は、西表(いりおもて)島から本土に向かう観光船の船中。
乗船客の一人が絶滅危惧種西表ヤマネコを密猟して箱の中に入れていたが、船が揺れた拍子に
箱から跳び出す。
西表ヤマネコはびっくりして船長に跳びかかった為、船が大きく揺れ、悪徳代議士と赤ちゃん
、そして西表ヤマネコが瀕死の大けがをする。
偶々同観光船に乗り合わせていたブラックジャックが手術をすることになる。
悪徳代議士は1000万円を積むが、ブラックジャックは、西表ヤマネコ→赤ちゃん→悪徳代議士
の順で手術をする。
自分を最後にされた悪徳代議士は怒って、ブラックジャックを訴える。
裁判官はなぜ動物を最初に手術し、代議士を最後にしたのかを尋問する。
ブラックジャックは、「西表ヤマネコは絶滅危惧種なので、真っ先に助けた。次に赤ちゃんに
は長い人生が待っている。代議士を最後にしたのは、代議士の代わりならいくらでもいるから
」と陳述した。
ブラックジャックの陳述に悪徳代議士は怒りまくり、ブラックジャックに勝訴して、刑務所入
りを画策する。
しかし、その悪徳代議士は末期がんを患っていた。ブラックジャックは、ガンの手術を交換条
件に訴訟を引っ込めさせた。
初回のストーリーを見ていて、手塚治虫の考え方の一端を理解できました。
カネが全ての価値観の代議士に対し、何が大切なのかがブラックジャックの価値観です。
この悪徳代議士は、西表島にレジャー基地を誘致して金儲けを企む。
しかし、その結果、環境破壊が進む。手塚治虫は、金儲けの商業主義に反対しています。
一方、ブラックジャックは高額な医療報酬を請求するが、そのお金は環境を守る為に島を買っ
たりして、決して自分の欲得のためにやっていません。
ここに手塚治虫の哲学が反映されているようです。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
ドクターXも高額医療報酬を請求します。
しかし、ドクターXは、カネには無頓着で、自分の好きな焼き肉が食べられ、麻雀に満足して
います。
そこはアニメの世界と米倉涼子の魅力を引き出すかの原作者の思想の考え方の違いと思います
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

「マーキュリー通信」no.3613【ワンポイントアップの人間力-152「下町ロケット特別編 愛 は人の心を変える」】

下町ロケット特別編を1月2日見ましたが、これまでの中では最高の内容と感激のドラマでした
無人トラクターのノウハウを佃製作所から盗んだ上に、資金難で経営危機を救おうとした佃製
作所佃社長を裏切り、ギアゴースト伊丹社長は帝国重工に復讐心で燃える重田社長と手を組む
ことにした。伊丹社長もかつて帝国重工に在籍し、冷酷な的場取締役から同社退職を追い込ま
れ、帝国重工に恨みを抱く。
伊丹社長は重田社長と共に帝国重工の次期社長候補と目される的場取締役を徹底的に叩き潰す
為に、無尽トラクターのダーウィンプロジェクトを立ち上げる。
これに対し、帝国重工は下請け会社の佃製作所を起用する。
そして、試作段階でギアゴーストの無人トラクターダーウィンは帝国重工の無人トラクターラ
ンドクロウに圧倒的勝利を収める。
そして、商品発売となるが、販売台数でもマスコミで話題となったダーウィンが圧倒的勝利を
収める。
しかし、「おごれる者久しからず」の例え通り、ここに大きな落とし穴があった。
ギアゴースト伊丹社長のやり方に反発していたナンバー2の技術者島津がギアゴーストを去り、
佃製作所に無人トラクター部門の責任者としてスカウトされる。
佃製作所から盗んだ設計書は数年前のもので、既に時代遅れとなっていた。
試作品では大成功を収めたダーウィンだったが、完成品を農家に納入し、何回か動かしている
間に動かなくなってしまう。
その原因がトランスミッションを動かしている心棒の材質と判明。しかし、この心棒は佃製作
所が改良に改良を重ね、特許出願した部品と判明。
このままではダーウィンはリコールとなり、ギアゴーストは倒産してしまう。そこで、同社伊
丹社長は、恥を忍んで佃社長に部品供給の要請にいく。
しかし、佃製作所の猛反発を食らって、引き下がる。
その後、北陸地方に大型台風が上陸するが、帝国重工の無人トラクターランドクロウは見事そ
の能力を発揮して、農家から農作物(稲)の被害を救う。
その時、ライバルであるダーウィンを買った農家にも救いの手を差し伸べる。これまで敵対関
係にあった農家も同じ稲作農家として一気に絆を深める。
これを見ていた佃社長は、心情的には許せないギアゴースト伊丹社長に部品供給を承諾する。
これまで帝国重工に復讐心を抱いていた伊丹社長も自分の愚かさに気付く。
佃社長の、「日本の農業を災害から救う」「農家の高齢化の手助けとなる」という崇高な理念
に賛同し、自身も心を入れ替え、無人トラクターダーウィンの再開発に乗り出す。
人間は復讐心では、問題は解決しない。
人を救うのは「愛の心」であることを下町ロケット特別編を通じて学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

「マーキュリー通信」no.3612【生涯現役社会が日本を救う-73「還暦のピンクレディーの熱演に感激」】

12月30日恒例の「レコード大賞」発表イベントにピンクレディーが特別出演しました。
還暦のピンクレディーが40年前の場面を再現するというので興奮しながら待っていました。
ミーとケイの二人は40年前の衣装で、「UFO」「SOS」「渚のシンドバッド」「サウスポー」の4曲を、40年前の振り付けで最後まで元気に踊り歌いました。
途中休まず衣装替えも2回ありました。その衣装替えの素早さにも驚きました。
ピンクレディーの体型は40年前と同じでしたが、顔のメイクも明らかに年齢を感じさせました。多少筋力が衰え、歌唱力も多少落ちていましたが、我々オールドファンを失望させない魅力で6分半を歌いきり、感激を頂きました。
終わってから司会からマイクを差し出されると「死ぬ気で最後までやりきろう」と決めましたとのコメント。
そのコメントに再び感激の涙が溢れてきました。
40年前と同じ体型と歌唱力を維持するには、普段の生活で並々ならぬ努力をしているはずです。
人間は必ず死にます。
ならば、今を生ききる。今を全力で生き、自分の役割を全うし、周りの人に笑顔と感動を与えることができる。
ピンクレディーの熱演熱唱からそれを学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

「マーキュリー通信」no.3611【「猪突猛春」】

「猪突猛春」
昨年は私にとり大変革、変化の年でした。
昨年5月に23年住み慣れた池袋のマンションから王子の新築高層マンションに引っ越しまし
た。
13階の我が家から見えるスカイツリーと日の出、そして富士山の雪景色と夕焼けは格別です
(財)全国福利厚生共済会による個人、中小企業向け福利厚生のインフラ構築事業(プライムビジネス)は6千万人といわれるブルーオーシャン市場に向け年率30%以上の勢いで急成長し、20万人近い加入者数となっています。
同ビジネスに本気で取り組んだ結果、毎月収入が右肩上がりで増えていくという生まれて初めての経験をし、私の人生も大きく変わりました。
そのお陰で新築マンションに引っ越すことができました。
プライムビジネスを通じ、3つのリッチが得られます。
Money rich
Time rich
Friend rich
シニアになると時間だけは充分に確保できます。
しかし、経済的余裕と多くの仲間がいなければ、晩年は寂しいものとなります。
東京オリンピックの翌年の2021年には反動不況が来ると言われています。
その時には、弱者である高齢者の暮らしが益々困難となります。
そして中小企業も不況の嵐に見舞われ、倒産する中小企業が続出することが予想されます。
一方で、空き家は一千万戸に膨れあがり、益々社会問題化していきます。
私はMoney richになったら多くの仲間と一緒にこの難局に取り組んで行こうと計画しています。
本年5月で古稀を迎えますが、これまでの経験を活かして、「猪突猛春」のスピードで突っ走って行きたいと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。
平成最後の元旦
富、無限大コンサルタント 
菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ