« 「マーキュリー通信」no.3611【「猪突猛春」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3613【ワンポイントアップの人間力-152「下町ロケット特別編 愛 は人の心を変える」】 »

2019年1月 2日 (水)

「マーキュリー通信」no.3612【生涯現役社会が日本を救う-73「還暦のピンクレディーの熱演に感激」】

12月30日恒例の「レコード大賞」発表イベントにピンクレディーが特別出演しました。
還暦のピンクレディーが40年前の場面を再現するというので興奮しながら待っていました。
ミーとケイの二人は40年前の衣装で、「UFO」「SOS」「渚のシンドバッド」「サウスポー」の4曲を、40年前の振り付けで最後まで元気に踊り歌いました。
途中休まず衣装替えも2回ありました。その衣装替えの素早さにも驚きました。
ピンクレディーの体型は40年前と同じでしたが、顔のメイクも明らかに年齢を感じさせました。多少筋力が衰え、歌唱力も多少落ちていましたが、我々オールドファンを失望させない魅力で6分半を歌いきり、感激を頂きました。
終わってから司会からマイクを差し出されると「死ぬ気で最後までやりきろう」と決めましたとのコメント。
そのコメントに再び感激の涙が溢れてきました。
40年前と同じ体型と歌唱力を維持するには、普段の生活で並々ならぬ努力をしているはずです。
人間は必ず死にます。
ならば、今を生ききる。今を全力で生き、自分の役割を全うし、周りの人に笑顔と感動を与えることができる。
ピンクレディーの熱演熱唱からそれを学びました。

|

« 「マーキュリー通信」no.3611【「猪突猛春」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3613【ワンポイントアップの人間力-152「下町ロケット特別編 愛 は人の心を変える」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3612【生涯現役社会が日本を救う-73「還暦のピンクレディーの熱演に感激」】:

« 「マーキュリー通信」no.3611【「猪突猛春」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3613【ワンポイントアップの人間力-152「下町ロケット特別編 愛 は人の心を変える」】 »