« 「マーキュリー通信」no.3619【生涯現役社会が日本を救う-74「インフルエンザに罹り、思う こと」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3621【人生に勝利する方程式-197「吉田松陰に学ぶ未来を切り開く力 とは」】 »

2019年1月14日 (月)

「マーキュリー通信」no.3620【今年のお気に入りTV番組】

今年は年始に結構良い番組が多かったです。
NHK「家康、江戸を建てる」は、従来なかった視点「江戸庶民の水資源確保」と「徳川幕府の権力基盤を確保する為の小判鋳造」で捉え、参考になりました。
下町ロケット特別編は一番感激しました。
又、NHK大河ドラマ「いだてん」は、来年東京オリンピックを控え、絶妙のタイミングで放映しました。これまで時代劇中心の大河ドラマでしたが、明治から昭和にスポットライトを当てる斬新さで、今後に期待が持てます。又、民放を含め関連番組が多数放映されているので、そちらをみるとより肉付けができます。
又、NHK「小吉の女房」(BSプレミアム 毎週金曜日20時)は、沢口靖子主演。小吉は勝海舟の父親で、義理人情に厚く、ごますりが苦手で生涯無役。20代の頃、子母沢寛の「親子鷹」に感激したので、ドラマで見ましたが、予想通り面白いです。
大評判だった北川景子主演の「言え売る女」(日テレ毎週水曜日22時)が今年復活しました。
昨年10月に7テラバイトのブルーレイディスクレコーダーを購入しました。新機種では、10チャンネル分の番組を3週間自動録画します。
後は、TVガイドを基に、見たい番組をピックアップして見ます。
10チャンネルに該当しないTV局の場合、従来通り録画します。
これで私の情報入手源が更にバラエティに富んだものとなっています。
尚、私は基本的にはTVを見ません。99%以上録画番組から、見たい番組を見たいときに見るが基本です。
ジャンルは、TV東京を中心としたビジネス情報源(日経プラス10,ワールドビジネスサテライト、ガイアの夜明け、未来世紀ジパング、カンブリア宮殿、田村淳のビジネスベーシック、14歳からの起業等)が多いです。
それ以外にはドキュメント番組、そして、息抜きのために連続ドラマも見ています。
◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆
大相撲初場所が昨日からスタートしました。
今場所成績が悪ければ引退危機の稀勢の里に対し、何と初日から難敵御嶽海を当ててきました。私の悪い予感が当たり、完敗でした。
本日は、逸ノ城、こちらも難敵です。
大相撲協会は稀勢の里を引退させたいのでしょうか。
昨日の相撲ぶりを見た感じでは、だいぶ体調が戻ってきたようです。
後は横綱昇進時の様な不屈の精神力を発揮して、背水の陣で臨んで欲しいと思います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3619【生涯現役社会が日本を救う-74「インフルエンザに罹り、思う こと」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3621【人生に勝利する方程式-197「吉田松陰に学ぶ未来を切り開く力 とは」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3620【今年のお気に入りTV番組】:

« 「マーキュリー通信」no.3619【生涯現役社会が日本を救う-74「インフルエンザに罹り、思う こと」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3621【人生に勝利する方程式-197「吉田松陰に学ぶ未来を切り開く力 とは」】 »