« 「マーキュリー通信」no.3649【生涯現役社会が日本を救う-79「『団塊の世代』の名付け親、 堺屋太一氏死去」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3641【人生に勝利する方程式-198「台湾元総統李登輝氏の名 著『最高指導者の条件』に感激」】 »

2019年2月12日 (火)

「マーキュリー通信」no.3640【NHKスペシャル「中国”改革開放”を支えたサムライたち~日 中外交秘話~を視聴して感じたこと】

NHが上海宝山製鉄所竣工40周年を記念した特別番組を放映していました。
私も40年前は三井物産の鉄鋼部門に在籍していたので、官民挙げての関係者のご努力に敬意を
表すると同時に感慨もひとしおです。当時の中国側最高指導者は、鄧小平国家副主席でした。
当時の新日鐵の稲山会長が「鉄は国家なり」と強調し、日本の高度成長に鉄鋼産業が大きな貢
献を果たしました。
その技術を惜しみなく中国に投入し、中国も「鉄は国家なり」として、中国GDP世界第2位に驚
異の急成長を遂げる原動力となりました。
あれほど日本は中国にあらゆる分野で貢献してきたのに、鄧小平の後を引き継いだ江沢民政権
は反日政策を掲げ、国内問題の不満のはけ口を日本に求め、中国民の不満のガス抜きをしてき
ました。
これに対し日本は何ら反論せず、戦後米国GHQによって作られた自虐史観の影響でひたすらお詫
び外交を展開してきました。
そこを中国につけ込まれ、日本はいじめられっ子としての地位を確立してきました。
日中平和友好のスローガンの下、実は中国は21世紀型世界侵略計画を立て、それを果敢に実
行してきました。
今となってはそれは日中平和友好は大義名分、お題目に過ぎず、日本は利用されてきただけと
分かりました。
それが習近平政権となってから世界侵略計画が露骨に現れてきました。
米国でさえ中国は経済的に豊かになれば民主義国家の道を歩むだろうと期待していました。
しかし、そうでないことが最近になって分かり始めてきました。
トランプ大統領になって、米国も中国の世界侵略計画に待ったをかけ始めました。それが米中
貿易摩擦となって現れています。
これは米中貿易摩擦の域を超え、まさに世界の覇権争いとなり、新たな冷戦構造の始まりとな
っています。
中国は、欧米そして日本に侵略されたことを未だに恨みに思い、それを果敢に実行しています
中国共産党誕生から100年後の2049年には日本は中国の植民地となる計画です。
「鉄は国家なり」から、「半導体は産業の米」そして、21世紀はAIの時代です。
この面で日米が協力して、中国の世界侵略計画を阻止していかないと、日本はいずれ中国の植
民地になってしまいます。

|

« 「マーキュリー通信」no.3649【生涯現役社会が日本を救う-79「『団塊の世代』の名付け親、 堺屋太一氏死去」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3641【人生に勝利する方程式-198「台湾元総統李登輝氏の名 著『最高指導者の条件』に感激」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3640【NHKスペシャル「中国”改革開放”を支えたサムライたち~日 中外交秘話~を視聴して感じたこと】:

« 「マーキュリー通信」no.3649【生涯現役社会が日本を救う-79「『団塊の世代』の名付け親、 堺屋太一氏死去」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3641【人生に勝利する方程式-198「台湾元総統李登輝氏の名 著『最高指導者の条件』に感激」】 »