« 「マーキュリー通信」no.3646【ワンポイントアップのコミュニケーション力-173「ウィット やジョークは会話の潤滑油」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3648【生涯現役社会が日本を救う-80「人生100年時代では人生を2分 割して人生を生きる」】 »

2019年2月20日 (水)

「マーキュリー通信」no.3647【「奇人変人の異見-330「働き方改革でサラリーマンは本当に幸 福になれるのか?」】

安倍内閣主導で働き方改革を推進しています。
しかし、国連「世界幸福度ランキング(2015~2017年)によると、日本は世界54位だそうです。
トップの常連は北欧のフィンランドを始めとしたノルウェー、デンマーク、アイスランド、ス
イス、オランダです。
私が35年前に住んでいたカナダは7位です。
カナダ人は親切です。物価が安く、エネルギー大国なので光熱費が安く、住居費も安い。
私が住んでいた高級マンションは、会社まで15分の場所で、135㎡で光熱費、駐車場代込み、バ
ーカウンター、室内プール、スカッシュコート、コンシェルジュ、ガードマン付きで1100ドル
(当時の為替レートは170円)でした。因みに敷金礼金はなく、仲介業者に払う手数料1ヶ月分
だけでした。
今で言うワークライフバランスが取れている国で、家族をとても大切にしていました。
残業は基本的にせずに、終業時間が来るとさっさと帰宅します。
私の秘書にコピーを頼もうとすると、秘書から「なぜ終業近くにコピーを頼むのか?私はこれ
から夫とデートなのよ!」と叱られました。
但し、私たち日本人スタッフは深夜まで仕事をしていました。
有給休暇は年間20日、これ以外に傷病休暇が5日。カナダ人は全員夏と冬に10日間ずつ休暇を取
っていました。土日を合わせると16日間の休暇です。
私も1度だけ16日間の休暇を取ったことがありましたが、最初の1週間は旅行です。次の1週間は
、休養に充てました。
最高の思い出は、カナディアンロッキーにある四国ほどの大きさのシューシュワップ湖で、1週
間ハウスボートに乗って、過ごしたことでした。
料金もリーズナブルでした。
カナダ人は休暇を取ることが習慣化しているので、休暇の費用には余りお金を掛けません。も
ちろん行楽地もそれほど混雑していません。
一方、カナダはクリスチャンの国なので宗教を大切にしていました。
もちろん治安も良いです。
日曜日は教会に行く日です。従って、ショッピングセンターは休業。
カナダ赴任当初、休日に商店街が閉まっているので驚きました。
生活にゆとりのある人はボランティア活動にも参加します。
移民が多い国なので、英会話講座の講師をやったりしています。
これと比べて今の日本はいかがですか。
官主導の世界有数の祝日大国、今年は何と10連休です!
祝日に出かけても、混雑で疲れて帰ってくる状態です。
宗教心、信仰心がない日本人が多いので、家庭内暴力、いじめが横行しています。ボランティ
ア活動も低調です。
私が理想とする国はカナダです。
日本も有給休暇をいつでも自由にとって、日頃の仕事の疲れをとるような仕組みに変えていく
ことがワークライフバランスの最重要課題と思います。
そして、戦前我々の先祖が宗教心を大切にしていた頃に戻り、科学万能の時代から目に見えな
い世界を大切にするそういう心のゆとりを持つことが幸福度ランキングを挙げることに繋がる
と思います。

|

« 「マーキュリー通信」no.3646【ワンポイントアップのコミュニケーション力-173「ウィット やジョークは会話の潤滑油」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3648【生涯現役社会が日本を救う-80「人生100年時代では人生を2分 割して人生を生きる」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3647【「奇人変人の異見-330「働き方改革でサラリーマンは本当に幸 福になれるのか?」】:

« 「マーキュリー通信」no.3646【ワンポイントアップのコミュニケーション力-173「ウィット やジョークは会話の潤滑油」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3648【生涯現役社会が日本を救う-80「人生100年時代では人生を2分 割して人生を生きる」】 »