« 「マーキュリー通信」no.3648【ワンポイントアップのコミュニケーション力-170「けんかは 意味がない」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3640【NHKスペシャル「中国”改革開放”を支えたサムライたち~日 中外交秘話~を視聴して感じたこと】 »

2019年2月11日 (月)

「マーキュリー通信」no.3649【生涯現役社会が日本を救う-79「『団塊の世代』の名付け親、 堺屋太一氏死去」】

『団塊の世代』の名付け親、堺屋太一氏が多臓器不全の為、8日死去。享年83歳でした。
堺屋太一氏が団塊の世代(昭和22年~24年の3年間に生まれた世代)と命名したのは1976年小説
「団塊の世代」でした。
当時団塊の世代は全員20代で、働き盛り。私もその一人です。団塊の世代が日本経済を背負っ
てきました。
私が三井物産に入社したのが昭和47年。同期だけで300人以上いました。
私が三井物産を辞めたのが48歳の時でしたが、この時既に管理職の方が担当者よりも多い頭で
っかちの時代となりました。
そこで三井物産では早期優遇退職制度を発表し、48歳以上の中高年の退職を促し、スリム化し
ていきました。私もその制度に乗っかり、退職しました。
企業なら人口の変化に柔軟に対応していきます。逆にそれをやらないと倒産へと向かいます。
役所の場合、倒産危機がないから、問題先送りで今日まで来てしまいました。
そして、2025年には団塊の世代全員が75歳以上の後期高齢者となります。
65歳の前期高齢者の時は、まだ働く余力がありました。しかし、後期高齢者となるとその力が
余り残されていません。
更には、団塊の世代が20代の頃の平均寿命は70代半ばです。今は、人生100年時代に突き進んで
います。年金、医療費、介護費用が際限なく膨らんでいきます。
政治家は、「社会保障制度の充実」をアピールします。確かに耳障りが良いです。そして、高
齢者はそういう政治家に投票します。
しかし、財源がなければそのつけは若い世代へと先送りされていきます。
自分の将来に不安を持つだけでなく、最近どうしたら将来の不安をなくすことができるのか、
将来展望を見つめながら行動し始めた若い世代も増えてきているようです。
注)
役所に倒産はないと言いましたが、夕張市は事実上の倒産です。
今後、少子高齢化が進むと、財政破綻する地方自治体が急増していきます。

|

« 「マーキュリー通信」no.3648【ワンポイントアップのコミュニケーション力-170「けんかは 意味がない」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3640【NHKスペシャル「中国”改革開放”を支えたサムライたち~日 中外交秘話~を視聴して感じたこと】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.3649【生涯現役社会が日本を救う-79「『団塊の世代』の名付け親、 堺屋太一氏死去」】:

« 「マーキュリー通信」no.3648【ワンポイントアップのコミュニケーション力-170「けんかは 意味がない」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3640【NHKスペシャル「中国”改革開放”を支えたサムライたち~日 中外交秘話~を視聴して感じたこと】 »