« 「マーキュリー通信」no.3758【クリエイティブに生きる-25「発想の転換で売れない商品を大 「マーキュリー通信」no.3758【クリエイティブに生きる-25「発想の転換で売れない商品を大ヒットさせる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3760【「奇人変人が世の中を変えていく-340「従軍慰安婦像を撤去指示した名古屋市河村たかし市長の勇気に拍手喝采」】 »

2019年8月 7日 (水)

「マーキュリー通信」no.3759【「奇人変人が世の中を変えていく-339「奇人変人が世の中を先取りする」】


私は子供の頃から他人と同じ事をすることを嫌っていました。その性格は今でも変わっていま

せん。

三井物産に入社したのが昭和47年、当時カラーワイシャツが流行始めた頃でした。
そこで、私はカラーワイシャツを来て、出勤しました。
すると周りから目立つと注意されました。
私はその注意を気にせず、カラーワイシャツを着続けました。

今ではカラーワイシャツは当たり前の時代です。
但し、現在私は白に模様の入ったワイシャツを着て、カラーワイシャツは殆ど着ません。

その他、時代を先取りすることを多数実施してきましたが、一番記憶に残るのは32年前テレマ

ーケティングの新会社㈱もしもしホットライン設立の頃でした。

当時、新会社設立に全力投球中でした。当然、出向するつもりでした。
しかし、周りからは「新会社に出向すると、おまえの出世に影響するぞ」と言われました。
当時子会社に出向することは、出世コースから外れることを意味していました。
私は、「それなら出向して、新会社を成功させ、自分がその前例を作れば良い」と周りからの

助言を全く気に留めませんでした。

今では三井物産でも出向することが当たり前の時代です。出向することが本人のキャリアアッ

プにつながるという評価です。

事実、私も㈱もしもしホットラインに出向し、三井物産とは異なる文化に接することで人間的

な幅を拡げることができました。
又、会社の経営に直接参加でき、現在の中小企業の経営コンサルタントとして大いに役立って

います。

人がやらないことを時代を先取りして実施することで、先見力がついてきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本シリーズは、これまで奇人変人の異見というタイトルで既に338回も書いてきました。
その大半は時代を先取りした異見が大半を占めてました。

そこで、今回からタイトルを「奇人変人が世の中を変えていく」に変えて、再出発することに

しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3758【クリエイティブに生きる-25「発想の転換で売れない商品を大 「マーキュリー通信」no.3758【クリエイティブに生きる-25「発想の転換で売れない商品を大ヒットさせる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3760【「奇人変人が世の中を変えていく-340「従軍慰安婦像を撤去指示した名古屋市河村たかし市長の勇気に拍手喝采」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3758【クリエイティブに生きる-25「発想の転換で売れない商品を大 「マーキュリー通信」no.3758【クリエイティブに生きる-25「発想の転換で売れない商品を大ヒットさせる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3760【「奇人変人が世の中を変えていく-340「従軍慰安婦像を撤去指示した名古屋市河村たかし市長の勇気に拍手喝采」】 »