« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

「マーキュリー通信」no.3812【人生に勝利する方程式-206「自分との戦いに勝利する」】


人生に勝利するかどうかの最大の敵は自分です。
結局弱い自分に負けてしまい、人はだんだんと歳を重ねるに連れ、「そうは言ってもそんなこ

とは自分にできない」と勝手に決めて、自分の夢を諦めてしまいます。

チャレンジ精神旺盛な私は失敗も数多くしてきました。
しかし、後悔したことはありません。
なぜなら失敗から学ぶことが多いからです。
失敗したら反省し、何が失敗の原因なのかを追及し、次の飛躍に向けがんばります。
失敗は自分の弱点を補強してくれます。
自分の魂を磨いてくれる格好の試練となるからです。

そんな私ですが、人生で唯一の悔いがあります。

それは一橋大学の剣道部を途中退部したことです。

一橋大学に入ってから初めて剣道を始めた私は、他の剣道部員と比べハンデがあります。

又、受験勉強で体力が無く、もやしのような体でした。

先輩、特に背の高い先輩から面を打たれると、お面の防具の先の後頭部に竹刀が当たり、悲鳴

を上げました。

その痛さに耐えかねて、2年生の時に退部届を出しました。

しかし、もう一人ダメ部員のM君は最後まで続けました。

剣道部を辞めて、気付いたことがあります。

剣道部の仲間、先輩、同僚共に皆よい仲間でした。彼等と同じ釜の飯を食った仲間意識を持て

なかったことでした。これを卒業してから感じました。

同じ三井物産に入社したM君からは時々剣道部の情報が入ってきます。

剣道のうまい下手は関係ない。続けることの大切さを学びました。

それ以来、私は仕事は諦めずに続け、それが私の原動力となっています。

| | コメント (1)

2019年9月29日 (日)

「マーキュリー通信」no.3811【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-231「腰痛予防に効果的ななんば歩き」】


江戸時代まではなんば歩きで日本人は歩いていました。
なんば歩きは、右肩を上げると同時に右足を上げて、足の裏全体で着地する歩き方です。

なんば歩きは腰をひねらないので、腰痛になりにくい歩き方だそうです。
そして、かかとにも負担がかからないので、外反母趾になりにくいそうです。

なんば歩きのお陰で江戸時代までの日本人は長距離を女子供でも1日平気で40km歩いたそうです

なんば歩きは、明治になると西洋文明を積極的に採り入れることになり、何でも欧米式が進ん

でいると思い込み、歩き方も欧米式の現在の歩き方に変わっていったそうです。

腰痛が国民病と言われている現代社会、なんば歩きを見直し、皆で採り入れ、腰痛におさらば

したいですね。

| | コメント (1)

2019年9月28日 (土)

「マーキュリー通信」no.3810【人生に勝利する方程式-208「スーパージェネラリストを目指す 」メルマガ「マーキュリー通信」15年連続200号達成!】


15年前にメルマガ「マーキュリー通信」を書き始め、本日で15年連続200号達成です。
キーワードが思い浮かぶとキーボードの上に指を置きます。
すると文章がだーっと自然と出てきます。不思議な現象です。徒然なるままに書いて15年間

、4000号近く発信し続けてきました。

私には、いろいろな話が公私ともに持ち込まれますが、素直に受け止め、自分に合ったもの、

そして自分がお役に立てるものは取り組んでいます。

一方で、年間200冊程度の本は読んでいます。

この思考、行動習慣により現在70歳の自分でも自己成長の喜びを感じています。

それがメルマガ「マーキュリー通信」のネタとなっています。


今の自分はスーパージェネラリストを目指し、歩んでいます。

私は一芸に秀でていませんが、政治経済社会に関わるいろいろなジャンルに関心を持ち、一定

の水準以上に引き上げるよう日々努力しています。

これが私が定義するスーパージェネラリストです。

メルマガから今年7月に「生涯現役社会が日本を救う!」を出版しました。

今後はメルマガから年間2冊ずつ出版する予定です。
既に50冊分のタイトルは決まっています。
次回は来年1月に発刊予定で、「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」です。

今後もメルマガと私の書籍のご愛読よろしくお願い申し上げます。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「生涯現役社会が日本を救う!」をアマゾンで調べたところ、古本にプレミアムがつき、最高

5700円で販売されていました。

一方、17年前に発売した「超失業時代を勝ち抜くための最強戦略」は、絶版になったため最高

12800円で販売されていました。

著者としては、嬉しい限りです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1)

2019年9月27日 (金)

「マーキュリー通信」no.3809【ワンポイントアップの営業力-104「顧客の立場に立たない企業はいずれ衰退していく」】


昨夜は後楽園ラクーアで休養しました。

夕食に食べたハンバーグで食あたりを起こしました。

販売店にその旨伝えると看護士が出てきました。そして、「本件検体(食材)を病院に提出し、問題ないかチェックします」との回答でした。
私は、「それより客がラクーアで食事をして腹痛と下痢を起こしたのだから、因果関係は明白。だからせめてものお詫びの気持ちとして食事代をただにしたら」と応えました。
しかし、その看護士は、「それだけでは因果関係が認められたとは言えません。あくまでも検体をチェックした上で回答させていただきます。お客様の方でも、明日病院で便を提供して、チェックしたらいかがでしょうか。その上で照合し、問題があれば食事代金は返金させていただきます」との回答でした。

何度か口論したのですが、ラクーア側は客の腹痛と下痢の苦しみを理解しようとしません。
そして、最後まで「この度はお客様にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。」と一言も謝罪がありませんでした。あくまでもラクーア側に非がないことを主張しました。

昨日ラクーアに入館したのが4時頃、その時間でもかなり混み合っていました。
だから店側は強気に出るのかも知れません。

しかし、顧客の立場に立たない経営はいずれ客が離反していきますよ。

| | コメント (1)

2019年9月26日 (木)

「マーキュリー通信」no.3808【本日はビートルズAbbey Roadが発売されて50周年】



今から50年前の9月26日にビートルズの最後のアルバム、「アビーロード」が発売されました。

同アルバムには、ジョン・レノンの名曲"Come together"、ジョージハリスンの名曲

 "Something""Here comes the sun"が入っています。今でもカラオケでこの3曲は好んで歌い

ます。

ポールのヒット曲はないのですが、B面にポールがいろいろな曲をつなぎ合わせ、作品と仕上げ

た秀逸なテクニックは光ります。その意味で、同アルバムは私の好きな1つです。

50周年を記念して、スーパーデラックスエディション(記念限定盤11,345円)を注文しました。

1969年は、私の人生にとって忘れられない年でした。

当時二十歳の私は、朝日洋上大学の第1期生として米国にさくら丸という貨客船に乗船し、往復

37日間の船旅でした。
アビーロードは、下船直後に発売され、直ぐに買いに行きました。

米国には7日間上陸しましたが、当時の日本と米国では国力の差を痛感しました。
しかし、当時1ドル=360円でしたが、米国の物価は日本と比べ2倍の感覚でした。
そのお陰で外貨を稼ぎ、日本は高度成長していったことになります。

その16年後1985年9月のプラザ合意で円は倍の180円に切り上げられました。
当時、これで日本経済は崩壊するとの危機説が流布されました。

しかし、米国の体験から私は丁度同じ土俵に上ったものと思っていました。

| | コメント (1)

2019年9月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.3807【ワンポイントアップの人間力-163「人格を磨くには」】


人間は歳を重ねるに連れ、自分1人では生きることはできない。現在の自分があるのは人生の途

上で出会った様々な人のお陰であることに気付いてきます。

それが感謝の報恩となって、世のため人のためにお役に立とうという気持ちになって来ます。

朝起きてから床につくまで、どれだけ他人の為、他人のお役に立てたらと思い、実行したか。

その過程で徳が生まれます。徳を積んでいく内に、人格が磨かれていきます。そして自然と人

間力がアップしていきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

毎朝起床すると、トイレにある相田みつをの日めくりカレンダーをめくります。
今日の一言は、「損か得か、人間のものさし うそかまことか佛さまのものさし」
これが1番好きな言葉です。

今日も自分に嘘をつかない誠の人生を生きていきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1)

2019年9月24日 (火)

「マーキュリー通信」no.3806【生涯現役社会が日本を救う-91「人生で最大の誤りは何も挑戦しないで生きること。しかしその誤りに命が尽きる頃気付く。」】


昨日は7月に95歳で他界した父の墓参りに行きました。

父は私が小学校1年生の時に私を捨てて家出してしまいました。
その10年後、私が高校2年生の7月に帰ってきました。

その後、私の勧めで父は再婚しました。
そして、後妻とは仲睦まじく45年間過ごすことができました。

息子としては大過なく過ごせたことでほっとしています。最後の死に顔も穏やかな顔でした。

しかし、最期は父親と後妻の介護で大変な思いをしました。

父親の人生を見ていて、せっかくこの世に生を授かったのだから、後妻一筋の人生だけでなく

、子供や世の中に対し感謝の思いで生きてきたら、もっともっと楽しい人生を送ることができ

たのではないかと感じました。

私としては、最期に「のぶお、迷惑をかけて済まなかった」と一言言って欲しいと思いました

逆に言うなら、私が今後人生の途上で生きていく中で、周りの人に対する感謝の思いと、もし

、迷惑をかけた人がいたなら、お詫びをして、その人との心の清算をしようと思いました。

| | コメント (1)

2019年9月23日 (月)

「マーキュリー通信」no.3805【「奇人変人が世の中を変えていく-350「時代錯誤の野党大連合 」】

旧民主党を中心に野党が統一会派を結成しました。衆議院117名、参議院61名の与党対抗勢力と

して力を誇示しようとしています。

ちょっと待って下さい。

旧民主党時代憲政史上最悪の政治をして、日本をダッチロール状態にしてしまった反省も責任

を全くとらずに現在に至っています。

史上最悪の首相と言われている菅直人が立憲民主党の最高顧問に居座っていること自体全く反

省できていない証左です。

更には民主党政権時代に政権の一角を担い日本を危険な状態に陥れた極左の社民党まで参加し

ているようでは、国民を愚弄するにも甚だしいです。

私はまず言いたい。世界の常識、良識を備えてから国民に信を問うて欲しいです。

それは、国家の最重要事項は、国民の生命と財産を守ることです。
その一番のネックとなっている敗戦直後に占領軍が臨時に創った日本国憲法を変えることです

。まずは自衛隊を合法化して、国民の生命と財産を守る国防軍として認めることです。

次に戦前の日本はアジアに侵略した悪い国という自虐史観の払拭です。これも占領軍が創った

虚構です。どこの国に自分の国を悪者にする国があるのですか!

そして、国を富ませるための経済政策です。民主党時代も経済音痴のため、国の経済を混乱さ

せました。

安倍内閣の最大のネックは経済政策です。
この部分を、減税と規制緩和による経済成長を訴えれば国民は耳を傾けるようになります。

この3点をクリアにしない限り、単なる野合に過ぎず、国民はついていかないことは明白です。

旧社会党が時代遅れの政策を掲げ続けてきた為に、政党を社民党と変えても、今や消滅寸前の

絶滅危惧種です。

民主党も旧社会党と同じようなことをやっています。

まずは過去の歴史を振り返り、なぜ社会党が没落していったのかを猛反省し、常識ある政党に

体質転換すれば党勢を盛り返すことはできますよ。

なぜなら国民は安倍一強体制にそろそろうんざりしている頃ですから。

野合連合が政権を取ることはまずないでしょうが、このままの状態で万が一政権を取った場合

には、株価は大暴落し、国の経済を混乱に陥れることだけは認識して欲しいと思います。

| | コメント (1)

2019年9月22日 (日)

「マーキュリー通信」no.3804【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-230「ヘアケアで大切 「マーキュリー通信」no.3804【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-230「ヘアケアで大切な髪を守る」】


本日のゲンキの時間(TBS7時~7時半)はヘアケアの健康でした。

薄毛、白髪、ふけ等髪の毛で悩む人は3人に1人程度いるそうです。

漸く涼しい秋の陽気となって来ましたが、夏場に帽子や日傘をしないで、直射日光を浴びた人

も多いと思います。
これは髪を傷める原因となり、抜け毛を誘発するそうです。

一方、洗髪の時に、髪の毛をごしごしと勢いよく洗う人はいませんか。
これは髪の毛を傷めます。頭皮をもむようにやさしくこするだけで良いのです。
又、シャンプーを2度洗いしている人がいたら、NGです。

何週間も洗っていないならまだしも、一般的には髪の毛はそれほど汚れていません。従って、

少量のシャンプーで1回洗えば十分です。

尚、油性のシャンプーは毛穴を塞いでしまい、薄毛の原因となると聞いたので、私は20年以

上前から油性のシャンプーを止めました。代わりに、天然成分のシャンプーを使っています。

リンスは天然成分のカラーリンスを使っています。

一方、整髪剤も髪を傷める原因となるので、天然成分の育毛効果のあるヘアートニックを使用

しています。

その甲斐あって、70歳の現在でも現状を維持しています。

| | コメント (1)

2019年9月21日 (土)

「マーキュリー通信」no.3803【生涯現役社会が日本を救う-90「「もう」か『まだ』の意識の差が認知症を高める要因」】

 

最近同世代の仲間と会う機会が多くなりました。

皆、異口同音に「もう70だよ、年月の経つのは早い!」と言います。

還暦になってからの10年は更に早く感じ、このままでは次の傘寿(80歳)もあっという間に来

る感じです。

しかし、私はいつも「まだ、70歳。これからだよ。後50年、心身共に元気で人生をエンジョイ

しよう!」と言いますが、賛同者は少ないようです。

大半が新しいことには関心が薄く、昔の友人がチャレンジしていることには無関心のようです

この気持ちの持ち方によって残りの人生の生き様が変わってきます。

もう70歳、後5年は元気で過ごせれば良いと思ってシニアライフを過ごしていると、本当にその

通りになって来ます。

そして、認知症、寝たきり老人の仲間入りとなります。

その為にも、いくつになっても新しいことに関心を持ち、チャレンジしていくことが元気で長

生きの秘訣です。

その結果、世間のお荷物にならなくてもすみます。

少なくともこれまで払ってきた介護保険の元を取らなければと言う気持ちが心の片隅にあるな

ら、捨てるべきと思います。

| | コメント (1)

2019年9月20日 (金)

「マーキュリー通信」no.3802【ワンポイントアップのコミュニケーション力-184「素直に聴けばうまくいく」】


昨年5月から王子の新築マンションに引っ越しました。
最寄り駅は、京浜東北線の東十条駅南口か、南北線の王子神谷駅1番出口から各5分です。

私が住むマンションは864世帯の大規模マンションなので、出入り口が10箇所以上ありま

す。

そこで、我が家への来訪者には、入り口を間違えないように、できるだけシンプルに伝えてい

ます。

「東十条駅南口の改札口を出たら、左折、坂を下ってそのまま真っ直ぐ5分歩けば、マンショ

ンの入り口に到着です」と説明しているのですが、これがなかなか伝わりません。

途中の道を曲がったり、我が家のマンションに着いてもそのまま突っ切っていってしまうとか

、大半の来訪者が迷います。

中には北口から来る人もいて、30分以上かかった人もいました。

一方、王子神谷の駅からは、2000世帯の王子5丁目団地があり、その隣なので王子5丁目団地を

突き抜けていくことになります。

そこで、私は「王子神谷駅1番出口を地上に出たら電話ください」と言っています。
ところが電話をくれずに、スマホのマップを片手に探すのでしょうが、これで迷ってなかなか

マンションの入り口にたどり着けません。

車の場合はもっと大変です。マンションの周りは一方通行のため、電話で説明してもなかなか

伝わりません。車のナビを見ても、ドライバーはよく分からないようです。
3回来訪がありましたが、皆1時間迷いました。
そこで、車で来訪の場合には、マンション目の前のTimesの駐車場(セントラルスポーツ併設)

に駐車するようにお願いしています。

人って、なぜ人の話をきちんと聴かないのでしょうか。

ビジネスも同じ事と思います。人の話をしっかりと聴いていれば、ミスも少なくなるのですが

| | コメント (1)

2019年9月19日 (木)

「マーキュリー通信」no.3801【「奇人変人が世の中を変えていく-349「トランプ革命の本質を 「マーキュリー通信」no.3801【「奇人変人が世の中を変えていく-349「トランプ革命の本質を見抜く」】


トランプ大統領の事を良く思っていない日本人も多いと思います。
それは多分マスコミの影響が大きいと思います。

私はマスコミの報道は基本的にそのまま鵜呑みにせずまずは疑って受け止めます。

トランプ大統領に関する報道は、日本のマスコミは米国のニュースメディアをそのまま右左で

流す事が多いです。

しかし、その大半はフェークニュース、又は悪意をもった誹謗中傷の類いが多いです。

前回の大統領選挙で、トランプ大統領が当選したら、株価は大暴落し、景気は悪くなると米国

のマスコミは吹聴しました。

しかし、結果は全く真逆でした。

ではなぜマスコミはそんなフェイクニュースを垂れ流し、トランプ大統領をバッシングするの

でしょうか。

それはトランプ大統領の公約の1つが規制緩和だからです。又、行き過ぎたグローバル経済によ

り、米国の産業は疲弊し、多数の失業が出ました。

当然、規制により守られてきた業界は猛反対です。又、グローバル企業もトランプ大統領の政

策に反対です。彼等の利益を脅かすからです。

彼等が中心となって反トランプキャンペーンを張ってきました。そして、今でもマスコミを使

ってトランプ大統領叩きにご執心です。

日本人には比較的イメージの良かったオバマ大統領の8年間の政治は米国にとっては最悪でした

。トランプ大統領は、この悪夢の8年間から脱却するために、"Make America great again"のミ

ッションを掲げ、"America first"政策を進めています。

1.「米国は世界の警察官を止める」宣言
 同宣言により、チェックが南シナ海に軍事基地を建設し、ASEAN及び日本の安全に大きな脅威

を与えています。

2.国民皆保険制度オバマケアの廃止
 日本では国民皆保険制度ですが、これが政官財の利権の温床となっており、多額の税金の無

駄遣いとなっています。
 オバマケアにより、米国でも利権構造ができつつあり、税金の無駄遣いが発生しています。

3.行き過ぎたグローバル経済の是正
 グローバル企業は、税金の安いシンガポールに本社を置き、本来米国に落とすべき税金を海

外に落としている。

これを打ち破るために、史上最大の減税を実施。グローバル企業の米国回帰が始まり、税収入

が増加。

 一方、国民に対しても、史上最大規模の減税を実施し、手取り収入が大幅に増加し、消費が

復活し、好景気となっている。

トランプ大統領は、選挙公約で3%の経済成長を掲げたが、マスコミは「おおぼらふき」とバッ

シングしました。

しかし、大規模な規制緩和と大減税により見事公約を果たしています。


日本では安倍首相がトランプ大統領と真逆の政策をして、経済成長にブレーキをかけています

。安倍首相にもトランプ大統領の爪の垢を煎じて飲んで欲しいです。


トランプ大統領の「自由と民主、そして信仰の重要性」を掲げています。

自由と民主は、神から与えられたものと認識しています。

規制強化と増税は、国民の自由を奪うもの、これは神の意図に反したものとの認識です。

もし、トランプ大統領でなく、ヒラリークリントンが大統領に当選していたら、軍事大国とし

て今や世界の脅威となっている中国の侵略主義により日本の国家の平和と安全はかなり厳しい

ものとなっていたことでしょう。

そういう意味ではトランプ大統領に感謝しなければ行けません。又、トランプ大統領の再選を

強く願います。

詳細は、元共和党大統領候補ニュート・ギングリッチ氏の力作(饗庭直道監修)「トランプの

アメリカ」をご覧下さい。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

トランプ大統領は、初代米国大統領ジョージ・ワシントンの生まれ変わりと言われていますが

、確かに性格が似ており、建国当時の偉大な米国に戻すことを公約に掲げているトランプ大統

領のトランプ革命を見ていると、そのように感じてきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1)

2019年9月18日 (水)

「マーキュリー通信」no.3800【ワンポイントアップの営業力-103「新たな付加価値を提案する」】

 

異業種交流会でお会いした名刺作成の会社の社長から新たな名刺作成のご提案を頂きました。

これまで名刺作成は、私が原案を書き、それを確認するに止まっていました。

しかし、今回は新たに名刺のデザインの提案もありました。
名刺作成代金もいままでよりも若干安い見積もりでした。

名刺は薄利多売商品ですが、そこに新たな付加価値を提案することで、リピート需要に繋がり

ます。

これも商売のコツかなと思いました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

この名刺を作成していただいた陣野原社長は突然癌で他界されました。
つい先日親しく会話していただけに驚きです。
同社長のご冥福をお祈りいたします。

このメルマガは同社長の追悼号のような形となりました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1)

2019年9月14日 (土)

「マーキュリー通信」no.3799【「奇人変人が世の中を変えていく-348「かんぽ生命保険の詐欺的商法の根本原因は郵政民営化」】


かんぽ生命保険の詐欺的商法が社会問題化しています。保険の不適切な販売件数は18.3万件に

も上るそうです。

更にはゆうちょ銀行が高齢者23.5万人に不適切な販売をしていることが明るみに出ました。

私は小泉政権の郵政民営化には懐疑的でした。

その杞憂が現実のものとなりました。

殿様商法をやっていた親方日の丸的郵政職員の社風を変えるために新たに採用した営業職に過

酷なノルマを課したらどうなるか。
答えは火を見るより明らかです。

「郵政」という政府の信用、看板を背負っている職員から勧められれば、信用して、特に高齢

者は勧められるままに契約してしまいます。

又、ゆうちょ銀行の場合、融資だけでは大した利益が上がらないので、儲かる投信に手を染め

たのでしょう。元本保証のない高齢者に勧めて、大損をさせ、老後の資金に大きな穴を開けさ

せた事例もあったことでしょう。

もし、民営化していなければ、ぬるま湯の中でお役所体質を抱えながら非効率な経営をしてい

たことでしょう。

しかし、一般的なお役所仕事には競合がなく独占状態です。

しかし、郵政の場合、かんぽ、銀行は競合相手が多数あるので、それが歯止めになります。

又、郵便も宅配業者との競合に曝されるので、経営の効率化を求められます。

通常の郵便もインターネットの普及でじり貧です。値上げしたら更に顧客離れれを引き起こし

ます。

郵政民営化から10年以上経過し、政府も失敗は失敗と認め、元のさやに治める時期に来たモノ

と思います。

それにしても小泉政権の1フレーズポリシー、結局人気だけがクローズアップされ、悪しきポピ

ュリズムに陥ったその責任は重いです。

当の本人は、原発推進派から、一転又1フレーズポリシー「反原発」を掲げていますが、国家の

エネルギー戦略をあらゆる角度から研究してからの発言にして欲しいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「マーキュリー通信」の付番が10重複していました。
本日の「マーキュリー通信」から調整しました。
混乱している読者には申し訳ありませんでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1)

2019年9月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.3789【人生に勝利する方程式-206「努力精進の習慣化」】


人生に勝利するには自分に合った方程式を作ることです。

私は24年前46歳の時に、14年後の還暦、24年後の古希になった時に元気なアクティブシニアを

イメージしました。
生涯現役人生を送る為の最大の財産は健康と思ったからです。

24年前に購入した池袋のマンションは9階建てでした。

そこで毎朝6時に起床し、2時間のストレッチ、筋トレをやった後に、9階まで1段おきに駆け上

がっていきました。

2時間の運動をする際には、録画したTV番組を見ながら行います。これが長続きの秘訣です。
TV番組の内容はテレビ東京系の経済番組、そしてNHKのニュースウォッチ9を英語で視聴してい

ます。ここからビジネスに必要な情報を入手しています。

以前、フィットネスクラブに通いましたが、その間黙々と取り組まなければならず、その時間

帯はフィットネスクラブだけにしか使えないので、長続きしませんでした。

昨年5月に王子の18階建てのマンションに引っ越しました。

今度は18階まで一段おきに階段を上ります。多少呼吸が乱れる程度で、18階で深呼吸すれば直

ぐに息も収まります。

46歳の時と比べ、体力は逆に上がっているようです。
絶えず健康に気を遣いながら、自分の体を鍛えていけば、体力は維持できることを証明しまし

た。

現在40代の人は仕事で超多忙な時期です。この時期に体力を鍛えておかないと、シニアになっ

た時に、体力の衰えを感じてきます。

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

第63回読者交流会「ビジネス情報交換会」のご案内

第63回「ビジネス情報交換会」のご案内

前回8月1日のビジネス情報交換会は特別編として私の新刊本「生涯現役社会が日本を救う!」の出版記念講演会を実施しました。
当日、40名の人が参加し、又、懇親会にも25名の方が参加し、楽しいひとときを過ごすことができました事を心より感謝申し上げます。

次回ビジネス情報交換会を下記の通りご案内しますので、
皆様のご参加をお待ちしています。

今後もビジネス情報交換会では、会の剰余金を災害支援に充てています。

==================================
第63回ビジネス情報交換会のご案内
==================================


◆日時 2018年10月11日(金)18~20時
◆17時50分~18時20分 受付&交流会
18時20分~30分 新規参加者のPRタイム
18時30分~20時 プレゼン・タイム
※いつもの通り質問タイムもあります。

◆プレゼンター:
◆空き家問題を解決する新ビジネス・モデルの発表
プレゼンター
1人目 廣岡康一様 空き家問題の新ビジネス・モデルの提案
積水ハウスを定年退職後、現在大和エコテックソリューション執行役員

2人目 NPO法人日本耐震防災事業団小口悦夫理事長
 「耐震化により地震に強い空き家造り」
http://www.nittaibou.jp/


◆参加費 2千円(飲み物は8階の自販機で購入できます)
※収益金は全額被災地に寄付させて頂きます

◆定員 26名

◆会場 ABC(アットビジネスセンター8階802会議室)
03-6869-9876
東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル
池袋駅東口前ヤマダ電機本店とビックカメラパソコン館の間のビル(椿屋珈琲のビル
1階店舗にZARA)

◆懇親会(希望者のみ)20時15分~22時15分
場所: 居酒屋土風炉(参加費3千 円)
※懇親会ご希望の方は、事前にご連絡いただけますか。

※前回までで、「ビジネス情報交換会」の収益金は442,482円となりました。
◆これまでの実績
2016年 熊本地震被災地
 簡易トイレ40セット20万円とトイレットペーパー20セット10,760円を届けました。
2017年 北九州豪雨見舞金3万円
2018年 西日本豪雨義援金 3万円
2018年 台風21号支援金 1万円
2018年 北海道大地震義援金 3万円
現時点でのj剰余金残高:174,330円

======================================

※赤十字や公的機関に義援金を納めることをしない理由は、
役所に任せると、 我々の善意がきちんと被災地まで届き、義援金が活かされるかどうか不明だからです。
東日本大震災では、復興特別税が国民から特別徴収されていますが、
税金が正しく使われなく、利権団体の巣窟となっていると聞きます。

======================================

| | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.3788【ワンポイントアップの経営術-230「ハヅキルーペに強力なライ 「マーキュリー通信」no.3788【ワンポイントアップの経営術-230「ハヅキルーペに強力なライバル現る!」】


大ヒット商品「ハヅキルーペ」を我が家でも購入しました。
虫眼鏡、拡大鏡をあそこまでヒットさせたハヅキルーペのマーケティング力に脱帽です。
1万円以上する価格は、値引き防止、定価で売られています。
ハヅキルーペの爆発的なヒットの秘訣は大々的なCM戦略で、莫大な金額をCMにつぎ込んでいま

す。

一方、最近テレビ通販で夢グループのLEDライト付き拡大鏡を購入しました。こちらは2個セッ

トで3780円+消費税。倍率は1.3倍と1.6倍の2種類です。

この特長はLEDライトがついていることです。

我が家では、夜は明かりを落としてテレビを見るので、その時LEDライトがあるととても便利で

す。見え方もハヅキルーペと大差ありません。

我が家では主役の座をLEDライト付き拡大鏡に奪われたようです。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

「マーキュリー通信」no.3786【ワンポイントアップの人間力-162「他人にどのように思われるかでなく、自分に忠実に恥じない生き方をしていく」】


日本人は他人の目を気にしながら生きている人が多いように感じます。
他人は、自分の発した言葉に責任を持ってくれる人はいません。

それよりも自分に忠実に生きていく事の方が大切と考えています。

しかし、それには羅針盤が必要です。

それは神仏の心の方向に自分の心の針が向いているかどうかです。

神仏の心とは、他人を思いやる心、感謝、謙虚、寛大、素直、勇気、相手の幸福、成功を祝福

する心です。

これに対しその逆の心とは、他人を蹴落とす、自己中心、自分さえ良ければ良い、地位、名誉

、お金に執着する心、怒り、妬み、うぬぼれ、頑固、強情、神仏を信じない心です。

神仏の心の方向に生きていけば人間力はアップし、その積み重ねが良い人生を生きてきた証と

なります。

逆に他人の目を気にして生きてきた人は、最晩年に自分の人生を嘆き、後悔するようになりま

す。

| | コメント (1)

2019年9月 9日 (月)

「マーキュリー通信」no.3785【「奇人変人が世の中を変えていく-347「未來への決断」】


毎朝ピーター・ドラッカーの「ドラッカー365」の金言を読んでいます。

本日の金言は「未來への決断」でした。

『かつての会社人間に代わるのどのような人達か。それは、組織に依存せず、自己責任のもと

に生きる人達である。自らのキャリアを自ら決める人達のことである。
これからは明日自分が何をしているかを想像できない時代になる。
中略
職業選択の用意ができている者達は驚くほど少ない。
中略
キャリアの考え方を変えねばならない。新しい仕事を次から次へと引き受けていくようにと考

えていかなければならない。』

今年古稀になった私が後50年の生涯現役人生を送っていくと言うと皆奇人変人の目で失笑しま

す。

後50年生きていくことが目的ではありません。

50年の人生計画の中で、生涯現役社会の仕組みを構築し、後継者を育成していくことが私のミ

ッションです。

それが終わったときには、心穏やかにあの世へと旅立って行くことになります。

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

「マーキュリー通信」no.3784【富、無限大コンサルタントを目指して-29「年金赤字2000万円 「マーキュリー通信」no.3784【富、無限大コンサルタントを目指して-29「年金赤字2000万円解消のためには発想の転換が必要」】


金融庁の発表した人生100年時代、年金2000万円の赤字が今年の流行語大賞になるかも知れませ

ん。
金融庁の意図は、年金だけでは生活できないので、金融資産を持つようにとの意図でした。

しかし、多くの庶民にとっては現実厳しいところです。

そこで、まずは発想の転換が必要です。

持ち家の志向の強い日本人は、持ち家を持つリスクを考え、ライフスタイルに合わせて賃貸に

切り換えることです。

これにより30年ローンから解放されます。
それを非課税のNISAに投資します。月額3万円。但し、ボーナス月5万円なので、年間40万円の

積立。これを20年間すると800万円となります。NISAは元本保証がないので、20年後にいくらに

なっているか保証されませんが、800万円の投資残高があることは安心材料となります。

一方、定年退職した人は、ローン残高を返済し、残った残金でフランチャイズビジネスに参加

する人も結構いるようです。
これは一番やってはいけないパターンです。
FCビジネスの大半は競合が激しいレッドオーシャン市場です。例え、参加時点で競合がいない

ブルーオーシャン市場でも、いずれは競合激化するレッドオーシャン市場となります。

その一方で、仮想通貨に投資して、億単位の利益を得た億り人も昨年誕生しました。
しかし、仮想通貨はサイバー攻撃に弱く、今後は下火になっていくことが予想されます。

最近はセキュリティ面を万全にした仮想通貨を超えるクリプトキャッシュ(暗号貨幣)が登場

してきました。
詳細はクリプトキャッシュ(暗号貨幣)が世界を変える」(中村宇利著 集英社刊)を参照願

います。

私は昨年池袋のマンションを売却し、現在は賃貸住宅に住んでいます。

その売却代金の一部をクリプトキャッシュリバティトークンに投資しました。

リバティトークンは来年2月にICO(上場)予定ですが、その時には私も億り人になっているか

も知れません。

但し、億り人になっても、そのお金を何に使うが大切です。

私はそれを生涯現役社会を創っていく原資に考えています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

「マーキュリー通信」no.3783【「奇人変人が世の中を変えていく-346「消費増税、もっとシンプルにすれば消費不況は回避できる」】


10月1日から消費税が10%に増税されます。
消費不況を回避するために、軽減税率、キャッシュレス化促進、ポイント還元等あの手この手

を打っています。

しかし、消費増税は庶民の懐を狙い撃ちし、大半の商品が実質2%の物価値上げとなります。

消費税を8%増税時、政府は内税方式の総額表示から外税方式も認めました。
これが消費者に混乱を来し、消費不況に輪をかけました。

いくらキャッシュレス化を促進しても、大半の主婦や高齢者はこれまでの現金決済にこだわり

ます。なぜなら家計の管理が複雑になるからです。
そして、給料日、年金受給者なら年金支給日に合わせながら消費活動をします。
即ち、給料日又は年金支給日近くになったら財布の紐を緩めるようになります。その影響が消

費に現れてきます。

消費増税に際して一番シンプルなのは、内税方式の総額表示一本化とすれば良いわけです。
こうすれば消費者は総額表示で判断します。
例えば980円+消費税では1078円となりますが、総額表示にすると販売者側はできるだけ1000円

を割る価格999円とかに持って行きます。これにより多少消費が喚起されます。
要は価格に合わせた内容、量に切り換える努力を販売側は努力をするようになるでしょう。

20年前にスウェーデンを訪ねたとき、消費税は全て内税方式でした。当時20%だったので、ず

いぶん高く感じました。東京より物価高の感じがしました。

しかし、平成30年間、物価は殆ど上がっていないので、日本の物価は世界比較割安となって来

ました。
又、消費税10%も世界的に見てそれほど高いレベルではありません。
消費税10%の場合、外税方式なら消費者が直ぐに計算できて心理的に買い控えが起こります。

これを内税方式にすれば、買い控えが減ります。

飲食物のテイクアウトを8%の軽減税率が適用されますが、販売店側から見れば、テイクアウト

の方がコストがかからないので軽減税率の有無に拘わらず安くできるはずです。

従って、販売店側もテイクアウトの場合、コスト軽減の分を更に安くすれば、実質店の売上げ

に繋がります。

政府のやるべきことは、税体系をもっと国民に分かりやすくシンプルにし、後は販売店側の努

力で消費低迷にならないようにすれば良いと思います。

| | コメント (1)

2019年9月 5日 (木)

「マーキュリー通信」no.3782【ワンポイントアップの営業力-102「損して得取れ!」】


昨年地元東十条商店街の靴店で購入したビジネスシューズが、僅か数回しか履いていないにも拘わらず、靴底がボロボロとなり、使用できない状態となりました。
ブリジストン社製で、有名企業の靴だけにびっくりしました。

早速靴店に持ち込みました。
領収書はなかったのですが、店主は靴交換に応じてくれました。

同じ靴はないので、自分の気に入った靴が見つかりました。
価格は7千円高かったので、7千円プラスアルファして購入しました。

同店は今回の取引は赤字でしょうが、顧客である私は同店の対応に満足しているので、又同店で購入することでしょう。

| | コメント (1)

2019年9月 4日 (水)

「マーキュリー通信」no.3781【「奇人変人が世の中を変えていく-345「終身雇用制度は従業員側から見切りをつける時代へ」】


終身雇用制度に関しては、トヨタ社長や経団連会長が、「今後は終身雇用制度の維持は困難」

と公式に発表し、話題を呼んでいます。

中小企業では終身雇用制度に関しては、以前からそのような意識は労使共に希薄でした。

しかし、一方で中堅、大企業の従業員側で意識の変化が見られるようです。

自分の上司、人間性を見て、このような上司、人間にはなりたくない。会社の社風、カルチャ

ーを受け容れられないという従業員も増えてきているようです。

スルガ銀行の不正融資、かんぽ生命保険の詐欺まがい商法は、ノルマ優先の会社方針に、多く

のビジネスパーソンは、こんな会社なら働きたくないと思った事でしょう。

社風はトップの方針、性格によっても変わります。
又、中間管理職の方針、性格によっても職場の雰囲気は変わります。
自分の上司のごまをすることで出世を夢見る上司に嫌気をさす若手社員も多いと思います。

私もカナダ三井物産カルガリー店に駐在の頃、バンクーバー支店長にごまをするカルガリー店

長、そして、トロントのカナダ三井物産社長にごまをするバンクーバー支店長、更には自分の

出世に影響する本社重役にごまをする姿に嫌気がさしました。そして、三井物産を辞めようと

思った事もありました。

1997年5月末に25年間勤務した三井物産を辞めたとき、その理由は7つほどありました。
その一つにノルマの過酷さがありました。
ノルマノルマに追われ、自分の人間性を失っている事に気付きました。

あれから22年が経ちましたが、組織からの自由、そしてノルマから解放され、私自身の人間性

も回復でき、今はとてもハッピーです。24時間全て自分の好きなように使えるこの自由さ。そ

して、通勤電車の苦痛からの解放感は何物にも代えがたいです。

確かに三井物産では高収入を頂いていました。しかし、高収入だけが人生の全てではありませ

ん。私自身は自分自身に忠実に生き、嘘のない人生の方を大切にしています。

但し、三井物産に25年間働き、自分を育ててくれた三井物産に対する感謝はいつでも持ってい

ます。

私が早期退職した1997年当時は、まだ例外でした。
しかし、今ではごく普通に早期退職する物産マンが増えてきているようです。
又、途中入社も増えているそうです。時代は大きく変わっています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

三井物産に25年間在籍し、10箇所の職場を経験しました。最初の経理部門を除き、100%自分の

希望通りの人事異動でした。
10箇所の職場は、皆カルチャーが違います。

例えば、三井物産では社長のこともさん付けで呼びます。
ところが国内の鉄鋼部門に異動した時、上司をさん付けで呼んだら、「頭が高い、課長と呼べ

」と叱られました。
次の石炭部では、お互いにファーストネーム「チャールズ、アーサー、マイク等」で呼んでい

たのにはびっくりしました。
カナダ駐在の頃、秘書に夕方コピーを頼むと、「これから夫のピーターとデートよ!」と言わ

れ、断られました。

㈱もしもしホットラインでは、三井物産からの出向者、テレマーケティング業界からの途中入

社組、新卒、中途採用等いろいろな人材の集まりで、異文化のカルチャーを経験しました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1)

2019年9月 3日 (火)

「マーキュリー通信」no.3780【必要以上の税を集めるのは合法的強盗である】


昨日のメルマガの続きです。
J-CPAC(Japanese Conservative Political Action Conference)2019大会で、公認会計士の吉

田寛先生が「必要以上の税を集めるのは合法的強盗である」と力説していました。

米国では、代議士は選挙前に増税しないことを誓います。これを約束しているので、米国では

国民の税意識が高いといえます。

吉田寛先生は、税金負担の日を1年の内いつまでなのかを日米比較しています。
1965年 日本(3月24日) 米国(4月8日)
 1965年では、日本の税負担は3月24日で終わり、翌日からは自分の自由に使えるお金となりま

す。これに対し、米国は4月8日でした。つまり当時は米国の方が税負担が大きかったといえま

す。

 その50年後はどうなったでしょうか?
2015年 日本(5月28日) 米国(4月24日)
日本国民が税負担から解放される日が2ヶ月もずらされたのに比べ、米国はそれほど増えていま

せん。
これは日米両国民の税意識の差と言えます。
日本はお上から税金をとられるという感覚です。
これに対し、米国では税負担の見返りとして政府のサービスを要求します。

一方、国の借金を子供の代まで残さないデータも興味深いです。

1965年 日本(3月24日) 米国(4月6日)
 1965年の日本では借金がなかったことを意味しています。米国も同様でした。

 その50年後はどうなったでしょうか?
2015年 日本(7月2日) 米国(5月)
 日本はご存知の通り、国の借金は1100兆円と天文学的な数字となっています。国の借金が、

子供孫ひ孫の世代まで繰り越されることを意味しています。
米国も1ヶ月程度伸びていますが、日本と比べ財政の健全化は保たれています。

10月1日からいよいよ消費税が10%に値上げされます。国民にとっては事実上物価が2%上がっ

たことと同じです。

吉田寛先生は、これを合法的強盗と言っています。

消費増税の前に、公務員の給料の引き下げ、ムダの排除、徹底した行政改革、利権構造の下で

の利益の取り合い等、消費増税の前にやるべき事はいくらでもあります。

米国トランプ大統領は、減税と規制緩和を実行して、米国の景気を良くしています。

年内に総選挙があるとささやかれています。

総選挙の際には、減税を公約する政党に投票しませんか?

| | コメント (1)

2019年9月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.3779【世界の平和と自由を脅かす中国の帝国主義、全体主義に立ち上がった世界の保守陣営】


恵比寿で開催された2日間に亘るJ-CPAC(Japanese Conservative Political Action 

 

 

Conference)2019大会に参加しました。
会場には米国、香港、韓国、オーストラリア、インドの保守団体も多数参加し、大いに盛り上

がりました。

J-CPACは、本家米国のACU(American Conservative Union)が主催するCPACに倣って2年前に

JCU(Japan Conservative Union)饗庭直道議長が立ち上げ、今回で3回目です。ACUは、米国

で70年続く保守団体で、トランプ大統領誕生に一役買いました。これには日本のJCUも協力しま

した。

現在、中国の帝国主義、全体主義は国内外に大きな脅威となっています。
国内では1949年に侵略した東トルキスタン(現在のウィグル自治区)では、300万人の罪のない

ウィグル人を強制収容所に入れ、拷問を繰り返し、死者から臓器移植の大量供給地として世界

的に問題視されています。
日本のマスコミはその事実を報道しようとしません。

中国をここまで肥大化させたその責任の一端は、1989年の天安門事件の際に、中国に対する経

済制裁を日本が真っ先に解除したためです。

最近では8年間に亘るオバマ前政権が親中政策を採ったため、南シナ海に勝手に軍事基地を建設

し、これがASEAN諸国及び日本の脅威となっています。

直近の問題は香港の自由と民主化の弾圧です。
1997年に英国から返還された際、50年間は1国2制度という約束を反故にした為、香港の自由と

民主化は風前の灯火です。
最後の砦を死守しようと、香港市民が200万人のデモを3ヶ月に亘って行っており、現在も継続

中です。

今回のデモはリーダー不在で、SNSの拡散により、自発的に集まった香港市民です。
中には香港政府から金をもらって、親中デモをしている連中がいます。
中国、香港政府はフェイクニュースを国際的に拡散することで、純粋な市民のデモを「暴徒」

扱いして鎮圧しようとしています。
それを日本のマスコミがそのまま垂れ流し、暴徒の印象を一部与えています。

今大会のクライマックスは、大会のスピーカーとして参加する予定だった香港の市民活動家陳

浩天氏が香港空港で理由もなく逮捕され、刑務所に連行されたことです。

しかし、JCU饗庭議長→ACUシュラブ議長を通じ、トランプ大統領に釈放を要請し、2日間の拘留

後に陳浩天氏は解放されました。

陳浩天氏は、大会には参加できませんでしたが、香港官憲の統制の間隙を突いて、大会にビデ

オメッセージを送ってくれました。

そこには中国、香港政府が一体となった市民活動家の自由化、民主化弾圧の実態が浮かび上が

ってきました。

さて、米国のACUを中心に世界的に拡がる保守団体には、それを支える資金が必要です。

その為に米国保守陣営と日本の饗庭代表が共同で創った暗号貨幣リバティトークンがあります

リバティトークンは、新しい暗号貨幣クリプトキャッシュです。

これまでブロックチェーンを活用したビットコインを中心とした仮想通貨はサイバー攻撃に弱

いという弱点を露呈しました。従って、今後はこの種の仮想通貨は崩壊していくことが予想さ

れます。

仮想通貨は、本来ベネズエラや今回デフォルト宣言したアルゼンチンの様に国の紙幣に信用力

が無いところで活躍してきました。
これに対し、通貨の信頼がある先進国ではハイリスクハイリターンの商品でした。

しかし、リバティトークンは、完全に安全な暗号技術をベースとし、台帳は不要というこれま

での仮想通貨とは一線を確保したものです。
詳細は、クリプトキャッシュの開発者中村宇利著「クリプトキャッシュ 暗号貨幣が世界を変

える」(集英社刊)を参照願います。
中村氏は、慶応大学卒業後、マサチューセッツ工科大学に進みました。
卒業後は、マッキンゼーに入社し、マサチューセッツ工科大学客員研究員に就任し、クリプト

キャッシュを開発した55歳の新進気鋭のビジネスパーソンです。日本にもグローバルで活躍す

る人材が多数輩出されていますね。

リバティトークンは、単に金儲けの手段ではなく、中国の帝国主義粉砕のためにアジア太平洋

地域の保守団体に資金供給という重要なミッションを有しています。

又、先進国でも必要となる様々なスキームを創り、ハイリスクハイリターン商品から、個人の

資産形成にも貢献していくことも目的としています。

私もリバティトークンを購入し、JCUにも加入しました。


トランプ大統領に関しては、米国のマスコミはロシア疑惑を中心として様々なフェイクニュー

スを垂れ流しています。
それを日本のマスコミは垂れ流しているので、トランプ大統領のイメージは日本でも余りよく

ありません。

しかし、トランプ大統領の出現で、中国の覇権主義を叩き、中共を崩壊させ、中国を真の民主

主義国家にしていく道筋が開けました。

中国では、9000万人の共産党員が豊かな暮らしと、安全な食糧と水を享受しています。

一方、それ以外の13億人の中国国民は安全な食糧と水がない不健康な生活を余儀なくされてい

ます。
又、中国全土で監視カメラで監視され、少しでも不穏な動きをすると、刑務所行きとなる自由

を奪われた生活をしています。

1割にも満たない共産党員を排除することで、中国の民主化は達成され、14億人の中国人の幸福

な人生が期待されます。

一方、来年には台湾の総統選挙が実施されます。

香港市民のデモの鎮圧活動は、そのまま台湾の総統選挙に影響を与えています。
このまま推移すると蔡英文率いる民進党が勝利することが予想されます。
もし親中政党の国民党が勝利した場合、台湾の民主化は暗礁に乗り上げ、その影響は日本の安

全保障にも悪影響を与えることになります。

そういうことを視野に入れながら、まずは香港市民のデモを温かく見守ってあげたいと思いま

す。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

登壇する韓国人、香港人、台湾人、インド人は皆流ちょうな英語を話します。
香港人と韓国人の英語は若干聴き取りにくかったけれど、皆各国のアクセントでスピーチして

いました。

21世紀はアジアの時代です。そこでも英語は必須の言語です。

21世紀を担う人材教育には英語は益々必要であることを痛感しました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »