« 「マーキュリー通信」no.3839【本多美奈子を偲ぶ音楽彩に参加して】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3841【クリエイティブに生きる-26「高専生が日本を変える」】 »

2019年11月 4日 (月)

「マーキュリー通信」no.3840【人生に勝利する方程式-208「砂漠に咲く薔薇のように~サヘル・ローズの人生」】


サヘル・ローズは、イラン出身のマルチタレントとして活躍しています。

彼女の過酷な生い立ちをNHK Eテレ「心の時代」(11月3日(日)5時)で知りました。

1980年~1988年のイランイラク戦争で、サヘル・ローズは、破壊された廃墟のがれきの下から

後に養母となるフローラ・ジャスミンに救い出され、孤児院で暮らすこととなります。
そして、孤児院に預けられました。

フローラ・ジャスミンは彼女との縁を感じ、養子として引き取ることを実家に提案しました。

実家は裕福でしたが猛反対。親子の縁を切られました。

実家を追い出された二人は貧しいアパート一間の暮らしが始まりました。
その時、養母はまだ名前がなかった彼女をサヘル・ローズとつけました。
サヘルとは砂漠を意味します。ローズは薔薇です。どんな辛くても、砂漠に咲く一輪の薔薇の

花のようにたくましく生きるという願いを込めて命名しました。

さて、シングルマザー一人で子供を育てるのは、イランでも大変なことです。

そこで養母は当時日本人の彼氏と連絡をとり、日本行きを決意します。サヘル・ローズ8歳の時

でした。

日本人の彼氏もサヘル・ローズと相性が悪く、暴力を振るったので、養母は彼のアパートを去

ります。
その結果、二人はホームレス生活。

当時小学生だったサヘル・ローズは、給食で腹を満たしました。
校長先生がサヘル・ローズに日本語を教えてくれ、サヘル・ローズの日本語はみるみる上達し

ていきました。

その後、中学校に進学すると、今度はいじめ問題に遭います。
その結果、サヘル・ローズは不登校となり、自閉症の子供となります。

東京都立園芸高等学校に進学するとサヘル・ローズの能力が開花して行きました。

イランにいたときにNHKの大河ドラマおしんを見て、将来女優を夢見ました。

そして、持ち前の美貌と本来持っていたキャラクターが見事花開き、現在マルチタレントとし

て活躍しています。

あの明るい彼女からは創造できない生い立ちですが、彼女は自分の生い立ちをアジアアフリカ

の子ども達に語り、「決して夢を捨てるな」と勇気づけています。

そんな彼女を益々応援したくなりました。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私も5歳で母が病死し、その1年後に父が家出するという波瀾万丈の人生の幕開けでした。

しかし、サヘル・ローズの人生と比べたら恵まれています。

今の平和な日本に生まれた我々日本人は本当に恵まれています。

それを海外に少し目をやると、自分の現在の幸福に気付き、感謝するようになります。
そして、他人に対する優しさが芽生えてきます。

その時には、いじめ問題や不登校問題は解決していることでしょう。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3839【本多美奈子を偲ぶ音楽彩に参加して】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3841【クリエイティブに生きる-26「高専生が日本を変える」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3839【本多美奈子を偲ぶ音楽彩に参加して】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3841【クリエイティブに生きる-26「高専生が日本を変える」】 »