« 「マーキュリー通信」no.3838【生涯現役社会が日本を救う-96「見た目も大事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3840【人生に勝利する方程式-208「砂漠に咲く薔薇のように~サヘル・ローズの人生」】 »

2019年11月 4日 (月)

「マーキュリー通信」no.3839【本多美奈子を偲ぶ音楽彩に参加して】


NPOLive for Life美奈子基金の高杉副代表理事とのご縁で、昨夜日本橋三井ホールで行われた

本多美奈子を偲ぶ音楽彩に参加しました。
本田美奈子は、2005年11月に急性骨髄性白血病で38歳の若さで亡くなりました。

同音楽彩を、早見優が司会役を務め、親友の松本伊代、森口博子のトリオで盛り上げました。
そして大御所橋幸夫も森口博子とレコード大賞受賞曲「いつでも夢を」をデュエットで歌い、

会場を盛り上げました。その他、坂本冬美、工藤夕貴他が参加しました。

同音楽彩に出演した17人の歌手は全てノーギャラの友情出演で参加し、収益金はNPOLive for

Life美奈子基金に寄付することになっています。

そこには白血病と闘った本多美奈子の熱い思いが込められ、白血病と闘う患者の支援に充てら

れます。

また、同基金では骨髄移植のドナーを求めており、現在5万人強とまだまだ不足しているそうで

す。対象年齢は18歳から54歳までだそうです。
尚、同基金では会員募集をしており、個人会員の場合年会費6000円です。私も会員登録しまし

た。

本多美奈子が生きていれば、52歳、その友人の早見優、松本伊代、森口博子は同年代なので、

更に若い世代へのバトンタッチが求められます。

私は晩年の病と闘う健気な本多美奈子が好きでした。病床で闘う彼女をファンとして密かに応

援していました。病床の本多美奈子は天使そのものでした。

実は、私の母も白血病で私が5歳の時に30歳で亡くなりました。

その意味で、本多美奈子の死と母の死が重なり、感激の3時間でした。

|

« 「マーキュリー通信」no.3838【生涯現役社会が日本を救う-96「見た目も大事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3840【人生に勝利する方程式-208「砂漠に咲く薔薇のように~サヘル・ローズの人生」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3838【生涯現役社会が日本を救う-96「見た目も大事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3840【人生に勝利する方程式-208「砂漠に咲く薔薇のように~サヘル・ローズの人生」】 »