« 「マーキュリー通信」no.3848【奇人変人が世の中を変えていく-358「ベルリンの壁崩壊30周年」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3850【人生に勝利する方程式-209「継続と習慣の重要性」】 »

2019年11月19日 (火)

「マーキュリー通信」no.3849【太平洋の楽園グアム島に悲惨な過去が】


15~18日まで3泊4日でグアム島に出張しました。

グアム島は日本から3時間半、時差1時間なので手軽にいける太平洋の楽園です。
私は潜水艦ツアー、マリンスポーツ(バナナボート、ジェットスキー)を楽しみ、最後の晩は

マイクロネシアンダンスショーをエンジョイしました。
ハワイよりは規模が小さいけれど、また、行きたいところです。

さて、グアム島の旅行ガイドを読んでいたら、グアム島の歴史が紹介されていました。

グアム島は元々原住民チャモロ族が住んでいました。

1521年スペイン国王から世界一周を命じられ、歴史教科書で習ったマゼランが上陸しました。
その後、1565年にスペイン王国によるグアムを始めとするマリアナ諸島の占領が宣言されまし

た。

1668年スペイン人宣教師ヴィトレスによりチャモロ族の先祖崇拝を否定し、キリスト教への改

宗を強制し、言葉や文化の弾圧が開始された。

そして、1695年にはチャモロ族の大殺戮が始まり、10万人いたチャモロ族は5000人まで減少し

たそうです。

その後、1898年にスペインは米国との戦争に敗れ、スペイン領から米国の植民地となりました

大東亜戦争の時に、日本が2年7ヶ月統治したことがありますが、日本の敗戦により、再び米国

領となりました。

16世紀から20世紀前半の第二次世界大戦までは、欧米による植民地支配が猛威を振るった時代

でした。
そして、アジア、アフリカ、中南米で多くの弾圧と殺戮が繰り返され、第2次世界大戦後に欧米

の植民地から次々と独立して、現在に至っています。

一見平和な世界に見えますが、その裏には原住民の悲惨な歴史があることを思い起こされまし

た。

歴史は繰り返すと言います。

現在、共産党の中国がかつての欧米と同様の植民地支配を進めています。

そこにはかつての欧米と同様に地元民に対する弾圧と殺戮が繰り返されています。

ヘミングウェイが「武器よさらば」という小説を書きました。

しかし、愚かな人間は武器で弱い民族を殺戮し、征服しようとします。

この愚かな人間に対抗する為には、武器で自国民を守らないと多くの原住民、自国民が滅ばさ

れてしまう現実に向き合う必要性を実感しました。

|

« 「マーキュリー通信」no.3848【奇人変人が世の中を変えていく-358「ベルリンの壁崩壊30周年」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3850【人生に勝利する方程式-209「継続と習慣の重要性」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3848【奇人変人が世の中を変えていく-358「ベルリンの壁崩壊30周年」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3850【人生に勝利する方程式-209「継続と習慣の重要性」】 »