« 2019年12月 | トップページ

2020年1月

2020年1月17日 (金)

「マーキュリー通信」no.3888【本日は阪神大震災から25年の日です】


25年前の本日、平成7年1月17日朝5時46分に阪神大震災が発生し、6434人の人が亡く

なりました。
亡くなられた方には、心よりお悔やみとご冥福を申し上げると同時に1分間の黙祷を

捧げたいと思います。

現在大相撲の初場所が両国国技館で開催中ですが、当日産まれた照強関が5連勝と好

調です。このまま連勝街道を走り、優勝して欲しいと思っています。
それが犠牲者に対するはなむけであり、被災地の人々に対し勇気を与え、最高のプレ

ゼントと思います。横綱不在の今場所可能性はあると思います。

さて、あれから25年が経ち、阪神大震災自体風化してきています。

政府が国土強靱化法案を通し、予算もつけています。

しかし、国便りの姿勢、公助だけでなく、我々国民ももっともっと自助の精神で自分

を守って欲しいと思います。
我が家では家具に転倒防止器具を取り付けています。
また、いざ震災発生時は、室内にいれば、一番安全な寝室に直ちに移動します。
寝室には家具は置いていないので、家具が転倒するリスクもありません。

屋外にいる場合、街中は危険だらけです。
頭上に目をやると、落下しそうな広告宣伝物が多数見受けられます。国や自治体はこ

ちらの規制を強化すべきと思います。
私はその為、冬と夏は帽子をかぶり万一に備えています。

一方、自治体では住民同士が助け合う共助、互助体制を推進すべきと思います。

超高齢者社会が益々進展しているので、1人暮らしの高齢者も増えています。

自治体が中心となって、高齢者同士のネットワークを作り、大震災発生時の仕組み作

りを推進すべきと考えます。
定期的に予行演習も採り入れながら、高齢者のネットワークを作っていったらどうで

しょうか。
これは孤独死の防止にもなり、認知症寝たきり老人の防止にも繋がります。

その時、予行演習だけでなく、高齢者の趣味嗜好に合わせ、麻雀、ボーリング、カラ

オケ等と絡めて適宜実戦したら良いと思います。
私は頭文字をとって、MBK運動を提唱します。

首都圏直下型地震の起こる確率は今後30年以内に70%と聞いて久しいです。

関東大震災から100年近く経ちます。東日本大震災からも来年で10年です。

時を風化させないために、公助、自助、そして共助、そして民間企業も共に協力しな

がら震災対策を進める民助も重要と考えます。
何やら政党の頭文字みたいですが、震災大国から日本を国民全員がその意識を持って

進めていく必要を阪神大震災25周年の日に気持ちを新たにしました。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私自身、阪神大震災の経済的被害者でした。

阪神大震災の前年に、池袋のマンションの購入契約をして、その翌年の6月末に引っ

越すことになっていました。

早速、江東区白河のマンションを売りに出したところ、5700万円で購入者が現れまし

た。
しかし、入居時期が合わず、見送りとなりました。

その後に阪神大震災が発生しました。

当時、マンションの1階がぐしゃっと踏み潰される写真が報道されました。
その結果、マンション住まいは危険との認識が国民に拡がり、私のマンションは売れ

なくなりました。
結局ずるずると値を下げ、3365万円で売却できました。
値下がりした分、住宅ローンは残ったままでした。

このマンションはバブルの最盛期には1億3千万円の値がついていました。

その時に売却し、賃貸住宅に住んで、阪神大震災の後に新たにマンションを買い換え

れば私は大きな財産を残していたのですが、そんな器用なことは神のみぞ知る、でき

るわけないですよね(^人 ^;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

「マーキュリー通信」no.3887【私のヒューマンネットワーキング-44「ミッションで 集う交流会は強固な信頼関係で結ばれていく」】



 昨年JCU(Japan Conservative Union)という保守系の団体に加入しました。

米国共和党の最大の支援団体がACU(American Conservative Union)ですが、その関

連でできた団体です。
その活動は、今や中国の軍事的脅威は日本及び台湾、そしてASEAN、豪州へと及んで

います。
 その中国帝国主義粉砕のために、ACUを中心としてアジア太平洋地域に保守連合で

アライアンスを進めていこうという動きです。
ACUはトランプ大統領を強くサポートする団体でもあります。
JCUの創設者は、米国共和党全米委員会アジア担当元顧問の饗庭直道代表です。
同氏は、安倍首相を除きトランプ大統領と1対1で話すことができる唯一の人物です


 さて、その饗庭直道代表が、中国に対抗する政治的活動をするための経済的基盤と

して暗号通貨リバティトークン(発行会社はLibertyEcoSystemでシンガポールが本社

)を創りました。
 これまで暗号通貨(仮想通貨)は、ビットコインを中心に、ハイリスクハイリター

ン商品でした。

しかし、リバティトークンは、政治と絡め、長期的に価値の上がる仕組みを目指して

います。また、セキュリティ面でも暗号通貨の売買時に台帳を通さないという画期的

なシステムを採用予定です。
参照:暗号貨幣が世界を変える!(マサチューセッツ工科大学客員研究員中村宇利著

 集英社)

尚、リバティトークンは、1月末までICO前の最後の縁故募集を行っています。

 こういうミッションで集う仲間は、直ぐに信頼関係の輪で繋がっていきます。
 2月下旬にワシントンで大コンベンションCPAC(The Conservative Political

Action Conference )が開催され、私も参加します。そこで信頼の輪が更に拡がって

いくことと思います。】

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

「マーキュリー通信」no.3886【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり-81「トランポノミクスで日本再生!」】


安倍首相の在任期間が記録を更新中です。
日本政治の最大の不幸の1つは、安倍内閣に対抗する健全な野党がないことです。

安倍内閣は、民主党の十八番を奪う社会主義政策を展開しているので、これでは野党

は勝てるわけがないです。

しかし、私のメルマガで何度もお伝えしているとおり、社会主義政策は国民にとって

心地良いです。
特に、超高齢者社会の日本国民にとっては歓迎する政策です。

しかし、社会主義政策を続けていくと、いずれ日本の国家財政は破綻します。
そのつけは、子や孫の世代に負担となって重くのしかかります。

それではこれから日本の進む針路はどうしたら良いのでしょうか。

そのヒントが現在ベストセラー中の「トランポノミクス」(ムーア&ラッファー共著

 幸福の科学出版)にあります。

ムーア氏は、トランプ大統領の上級経済顧問でトランプ大統領の経済的知恵袋です。

一方の、ラッファー氏は、レーガン大統領時代の経済政策諮問委員会のメンバーで、

トランプ大統領の政策に大きな影響を与えている人物です。

オバマ前大統領時代の8年間の社会主義政策で米国経済は疲弊していました。
特に国民皆保険を標榜したオバマケアは評判が悪く、大きな問題を引き起こしていま

した。

日本では国民皆保険制度が定着していますが、デメリットは政財官界の利権構造がで

きあがり医療費が年々増加し、破綻状態となっていることです。

トランプ大統領は、まずこのオバマケアをぶち壊し、それ以外の規制緩和にも全力投

球で臨んでいます。

規制緩和をすれば、利権構造の産業界からは猛反対です。
彼等は米国メディアを使ってトランプ大統領のフェイクニュースを大量に流し、トラ

ンプ大統領のバッシングをしています。

それを日本のマスコミは垂れ流しているだけなので、日本国民はトランプ大統領に対

しそれほど良いイメージを持っていません。

安倍首相が岩盤のような規制緩和をできないのは、利権構造の産業界からの安倍首相

のバッシングを恐れているからです。

一方で減税政策の実行です。

この大型減税の実行で500万人の雇用が生まれ、国民の所得は年間数十万円増えたそ

うです。その恩恵は中低所得者層が預かっているそうです。
当然景気が良くなり、税収増となります。

本来安倍首相のやるべき経済政策は消費税減税です。
しかし、財務官僚の猛反対に遭い、できませんでした。

平成時代の30年間に消費税が導入され、10%となりました。

国民にとって、10%の値上げと同じ意味です。
消費増税の度毎に消費不況が繰り返されてきました。

同期間のGDPの伸び率は僅か1.5倍でした。

この間、米国は4.1倍、英国は4.9倍でした。

本来なら国民の暴動が起きてもおかしくないはずです。
しかし、100年は安心できる年金制度の提唱等政府のぬるま湯政策のお陰で国民はお

となしく手名付けられてきました。

超高齢者社会が進展する日本ではそんな元気も湧いてきません。

100年は安心できる年金制度は、毎年の経済成長率4%を前提としていました。当時の

浜口厚労相が制度失敗の弁解をしていました。
これなど政府が国民を欺したことになります。一種の国家詐欺罪です。
その責任を誰もとろうとしません。

今後も年金制度が破綻しないためには年率4%の経済成長率4%が前提です。

これなども絵に描いた餅です。

トランポノミクスを導入すれば、日本も再生していくことでしょう。

しかし、利権構造でがんじがらめの安倍政権では所詮無理な話です。

唯一の希望はトランプ大統領が安倍首相にプレッシャーをかけ、トランポノミクスの

実施を迫ることです。

トランプ大統領の再選は確実視されており、2期目のトランプ政権の活躍が楽しみで

す。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

アベノミクスの7割程度は幸福実現党の政策をパクったものです。
但し、幸福実現党の政策は消費税減税です。
また、安倍首相の憲法改正案も生ぬるすぎます。
なぜ、自衛隊は日本国を護る軍隊と堂々と言えないのでしょうか。
世界では国防軍が国を守ることは常識中の常識です。

一方、トランプ大統領の誕生に大きな貢献をしたのは幸福実現党です。
共和党の顧問にもなっていました。
幸福実現党の政策は自由、民主、そして信仰ですが、米国共和党の政策と殆ど同じで

す。

日本には米国共和党のような政党は存在しません。自民党の政策は米国民主党より左

寄りといえます。

その意味で、今年の政界に幸福実現党は大きな波紋を投げかけることを期待していま

す。

だから今回ベストセラー書「トランポノミクス」の翻訳権を幸福の科学出版が得るこ

とができました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.3885【人生に勝利する方程式-211「心の蓋を外す」】


人は得てして過去の成功体験に囚われがちです。

新しいビジネスに出遭ったとき、そのビジネス・モデルを自分の成功体験で捉えよう

とします。

そのような時、自分のプライドが邪魔することがあります。
そして、素直に取り組んでいない自分がいます。
他人の成功体験に耳を傾けようとしません。

その結果、新しいビジネスの壁にぶち当たり、成功できません。

そのような時、心の蓋、即ちプライドを捨ててみると、新しいビジネスの成功者の体

験談が素直に耳に入ってきます。

新しいビジネスに出遭った時、成功者の体験談に素直に耳を傾ける。そして、自分の

心の蓋、即ちプライドを捨ててみると自己成長に繋がっていきます。

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

「マーキュリー通信」no.3884【ワンポイントアップのコミュニケーション力-189「最大の屈辱とは】



ビジネスをしていると取引先、職場等でいろいろと厭な思いをします。

パワハラ、セクハラ等々そして、最大の屈辱とは、相手を無視する。仲間はずれにす

ることではないかと思います。

人はそんな時、仲間と酒を飲んで鬱憤を晴らします。

私は、そんな時は、自分の実力不足を見つめ直し、力を蓄えるようにします。

自分に力がつけば、周りの見方もまた違ってきます。

そして、その時また一歩力をつけた自分となり、自己成長を感じることができます。

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

「マーキュリー通信」no.3883【ワンポイントアップの人間力-167「Hold the doorの精神」】】


三井物産に入社したての頃に、「物産マンは世界のビジネスマンたれ!その為には相

手に対する気遣いも大切。その1つにHold the doorがある」と教えられました。

Hold the doorとは、入り口から入るときに、自分が入れば良いのではなく、後ろか

ら誰か来ないかを気にかけることです。もしいる場合には、その人のためにドアをも

って、その人が入りやすくすることを意味します。

この「Hold the door」の精神は、ビジネスのいろいろなところに応用できます。
自分の事だけを考えないで、いつも自分の周りにいる人のことを考えながら、ビジネ

スをすることに通じます。その結果良い人間関係が築け、良い仕事ができるようにな

ります。

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

「マーキュリー通信」no.3845【「奇人変人が世の中を変えていく-357「飼い猫社会からの脱出 「マーキュリー通信」no.3845【「奇人変人が世の中を変えていく-357「飼い猫社会からの脱出」】


本日は令和元年11月11日と全て1がつきます。そして、このメルマガを送る時間帯も11時11分に

設定しています。

民主党政権時代に、当時の民主党幹部蓮舫議員が、スーパーコンピューターの事業仕分けで「

一番でないといけないのですか?」という台詞が話題となりました。

蓮舫議員の台詞を借りることなく、日本の技術力を始めとして造船業を始めとしてナンバー1の

座から堕ちて行ったものは多いです。

その一因として、日本人全体が飼い猫のようにおとなしい国民性になったことです。

その1つに源泉徴収税の存在があります。毎月サラリーマンは、給与から税金、社会保険料等を

天引きされます。それが慣れっこになっているので、増税になっても仕方ないと諦めの境地で

す。

南米チリではラッシュアワー時の運賃を30ペソ(約4円)値上げして830ペソ(120円)、率にし

て3.6%値上げしたために暴動が起きているそうです。

現在の日本の社会保険料を含めた税金の使い道を詳細にチェックしたら、政財官の利権構造が

できあがり、また、お役所の非効率な行政、制度、仕組みのために10兆円以上の無駄遣いとな

っています。本来なら消費税なんて必要ないのです。

官僚による合法的な税金泥棒行為を知ったら諸外国では暴動が発生します。

日本が税制も含めたがんじがらめの規制を廃止して、企業がもっと活動しやすい環境に変えた

ら日本の快進撃は再開します。

更にはベンチャー起業家を大切にし、何度でもリベンジできる社会システムを創ることで、更

に日本再生は可能となっていきます。

人口減社会では、1000万円以上の納税者には2人目、3人目の妻を認めてもいいのではないです

か。

私が親しくしているオスマンサンコンさんの故郷ギニアでは3人まで奥さんを認めており、事実

サンコンさんもギニアに1人、日本に2人妻を持っていて、本人も公表しています。

そういう頭の発想の転換をしたら日本の活力はもっともっと復活すると想います。

| | コメント (0)

「マーキュリー通信」no.3882【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり-80「既に起こった未來を確認する」】


ドラッカーの有名な格言「既に起こった未來を確認する」は傾聴に値するのですが、

それを無視してきたのが日本政府です。

30年前にベストセラー書「断絶の時代改訂版」でドラッカーは、今後少子化社会が予

想以上に進展する。これは既に起こった未來です。

この警告に対し、日本政府は耳を傾けずに、少子化対策に殆ど手を打ってきませんで

した。
その結果、昨年の新生児は90万人を割り込み、少子化のスピードは加速化しています

。我々団塊の世代の3分の1程度の少子化です。

最近の事例では、昨年10月の消費増税です。
2%の消費増税は、国民にとって2%の物価上昇と同じ意味です。
給料が増えない中での増税は、当然消費減退に繋がります。

この因果関係は、平成時代30年間で、消費増税→消費減退という悪循環を繰り返して

きました。

そして、気がついたら日本のGDPは30年間1.5倍というていたらく。
この間、米国のGDPは4.1倍、英国4.9倍でした。
いかに日本政府の政策が間違っていたかを証明しています。

にもかかわらず財政再建という大義名分の下に、今後も消費増税を繰り返していけば

、少子化人口減社会とデフレの進行、そして日本は二等国へと坂道を転がっていきま

す。

そうならないためにも、安倍首相は史上最長の政権を目指すより、持続可能な成長戦

略を目指して欲しいと思います。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

「マーキュリー通信」no.3881【ワンポイントアップの仕事力-143「外出時に忘れ物をしないための新しい呪文『さっさ、かきくけこのまめがはんていぼ』」】

 

昨日のメルマガでお伝えしましたが、電車内等混雑する場所では必ずマスク着用を心がけてい

ます。
ところがうっかり忘れることも多く、そこで外出時に忘れ物をしない新しい呪文を唱えること

にしました。
さ:財布
さ:サプリメント
か:傘
き:キー(部屋の鍵)
く:くし
け:携帯電話
こ:小銭入れ
ま:マスク
め:名刺
が:眼鏡
はん:ハンカチ
てい:定期(スイカ)
ぼ:ボールペン
以前の呪文はマスクの「ま」を最後にしていたのですが、これだとどうしても忘れてしまいが

ちなので、呪文の中に入れたので、忘れなくなりました。

あなたは外出時に忘れ物をしないどんな工夫をしていますか。

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

「マーキュリー通信」no.3880【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-237「インフルエンザの感染源の2割は電車内!」】


今年もインフルエンザが猛威をふるっているようです。
インフルエンザの高熱は通常3日程度なので、完全に治りきらないうちに出勤するサラリーマ

ンが2割いると先日テレビで放映していました。

インフルエンザ患者は医師から2週間は自宅静養するよう指示されています。これはまだ菌が

完全に死滅していないので、他人に移らないよう安全を考慮しての措置です。

しかし、実態は完全に治りきらないで出勤してしまうサラリーマンも多いようです。
中には電車内でくしゃみをする人も時々います。

そこで、私は自分を守る為に、電車内や人混みの中ではマスクを着用するようにしています。

これで少しはインフルエンザや他人の風邪をもらわないように防御しています。

尚、私は「インフルエンザワクチンは打たないで」(母里啓子著 双葉社刊)を読んでから、

インフルエンザワクチンを接種しないことにしています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

最近インフルエンサーという言葉をよく耳にします。この語源はインフルエンス(influence影

響)です。

一方、インフルエンザの語源はイタリア語のinfluenza(影響)だそうです。よって、同じなん

ですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

「マーキュリー通信」no.3879【ワンポイントアップの仕事力-142「年初に年間のスケジュールを書き込む」】


私は毎年1月2日に公私に亘り新年の抱負を書きます。

そして、それを基にスケジュール帳に記述します。
スケジュール帳には年間予定の欄と、毎週予定の欄の2種類があります。
こちらに12月までに決まっているスケジュールを書き込みます。
こうしておくと自分の今年の動きが見えてきます。
そして、新年の抱負との関連付けができます。
これが効率よい仕事へと繋がっていきます。

尚、スケジュール管理はiPhoneとのダブル管理をしています。
外出先で新たなアポが決まることも多いので、先にiPhoneに入力し、帰ってからスケジュール

帳に転記します。

こうするとスケジュール管理がスムーズに行き、ダブルブッキングがなくなります。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

「マーキュリー通信」no.3878【ワンポイントアップの人間力-166「MLB大谷翔平選手の魅力『負けず嫌いと謙虚さ」」】


新年のNHK特番で、肘の手術から復活をかけるMLB大谷翔平選手の特集をしていました。
昨年は、肘の手術のリハビリのため、二刀流を捨て、打者1本で勝負しました。
その中で特筆すべきは、日本人選手初のサイクルヒットを打ったことです。
あのイチローや松井秀喜もできなかった偉業です。
二刀流選手としては、ベーブ・ルース以来初の快挙だそうです。

サイクルヒットは、ホームラン、二塁打、三塁打、そしてヒットの順でした。
私が注目したのは、第4打席のヒットを放った瞬間でした。
ツースリーから2球ファウルした後に、相手投手の自慢のカットボールを逆らわずに見事ヒット

したことです。
普通の精神力なら、サイクルヒット達成に頭が行き、ボール球に手を出して、凡打するところ

だったのですが、2球ファウルした後のヒットでした。
大谷翔平選手の柔軟な対応力と精神力にあっぱれです。

さて、特番の中では大谷翔平選手の人間性も報道していました。

負けず嫌いの性格なので、つらいリハビリにも打ち勝ち、見事復活しました。
まだ25歳の若さなので、同時に天狗になってもおかしくないのに、偉ぶらない謙虚さが素晴ら

しいとの評価です。

更には周りの人の意見に素直に従って採り入れるので、これが奇跡の復活に繋がったようです

そして、大谷翔平選手は常に周りの人への気遣いと感謝の気持ちを忘れていません。

一人のプロ野球選手としてでなく、人間的にも魅せられる選手です。

まだ25歳の若さです。今年は二刀流を復活させ、ファンに夢と感激を与えて欲しいです。

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

「マーキュリー通信」no.3877【ワンポイントアップの幸福力-4「重要なことは何をするかではなく、何を貢献するかです」】


毎朝、「ドラッカーの金言365」を読み、そこから多くの学びを得ています。
本書は、1万ページに及ぶドラッカー書を読まなくても、その神髄を学ぶことができます。

巻頭に、ドラッカーは「何をするかではなく、何を貢献するか」が重要と主張しています。
何を貢献するかを日々追求していけば、幸福力はアップし、良い人生を送ることができます。

ドラッカーは、ペンの力で各界の多数のトップリーダーに多大な影響を与えました。

ドラッカーは、85歳になっても、その時書いた本がベストの書と自信を持っていました。
その後、毎年1冊ずつ出版し、最期の9年間で8冊出版したそうです。

ドラッカーのメッセージに勇気を頂き、私も今後30年間で最低50冊を出版する計画を立て、書

名も決まっています。

昨年紙ベースで17年ぶりに「生涯現役社会が日本を救う!」を出版しましたが、多くの人にイ

ンパクトを与えているようです。

同書の目的は、このままでは日本社会は社会主義国家の道を進み、国家破綻となってしまう。
そうならないための警告書であり、具体的な実践の書です。

今年、下記4冊を「10倍アップの極意シリーズ」として出版する計画です。
1月 「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」
4月 「あなたの人脈力10倍アップの極意」
7月 「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」
10月 「あなたのプレゼンテーション力10倍アップの極意」

これまで50年近いビジネスマン人生の経験を世に問うてお役に立てればと思っています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

初詣は、妻と芝大門の増上寺に参拝しました。参拝時間が9時半頃のため、空いていました。こ

んなに空いている初詣は生まれて初めてです。

その後、近くの東京タワーを訪ねました。1時間待ちとの情報だったのですが、直ぐに乗ること

ができました。
一応第一展望台には、天照大神を祀る神社がありました。
その後は、愛宕神社を訪ねました。
こちらは出世の坂が人気でした。
参拝客は大変な思いで階段を上っていましたが、毎朝18階まで上る私にとって、難なくクリア

しました。
しかし、1~2時間待ちという長蛇の列のため、参拝は見送りました。

このコースを逆順にするとお奨めの初詣コースとなります。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

「マーキュリー通信」no.3876【「忠春」】

 

昨年5月に古稀を迎え、それを記念して紙ベースでは17年ぶりに「生涯現役社会が日本を救う

!」を出版しました。時代を反映してか本書は口コミでバカ売れしています。

今年は生涯現役社会の仕組み作りの一環として、春にはシェアハウス第1号を造る予定です。
その為の新会社ユートピア建設も設立予定です。

今年は、これまで50年近いビジネスパーソン人生の経験を基に、
4冊の書籍の出版を計画しています。

1月 「Bob Sugayaのあなたの英語力10倍アップの極意」
4月 「あなたの人脈力10倍アップの極意」
7月 「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」
10月 「あなたのプレゼンテーション力10倍アップの極意」


一方、経営コンサルタントとして、現在6~7件の新規事業案件が持ち込まれています。

中小企業が成功することも世の中を元気にする重要な要素であり、
これも私のミッションの1つと考えています。

その為の財源として、現在全力投球で進めている(財)全国福利厚生共済会による個人、中小

企業向け福利厚生のインフラ構築事業に全力投球中です。
個人、中小企業向け福利厚生の市場は6千万人といわれるブルーオーシャン市場です。
同財団は年率20~30%の勢いで急成長し、昨年末で22万人を超える加入者数となっています。

まだまだ70歳です。人生100年時代の70歳は、人生80年時代の8掛けなので、現在56歳の認識で

す。
これまでの経験を活かして、大きく羽ばたいていきたいと思います。


本年もよろしくお願い申し上げます。

令和最初の元旦
富、無限大コンサルタント 
菅谷信雄

※一昨年5月に下記住所に引っ越しました。

新住所 〒114-0002東京都北区王子5-1-1ザ・ガーデンズ東京王子AC1324
864世帯の大規模マンションです。


◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

新居のマンションは18階建てなので、階段をトレーニング道具と考え、6時に起床して、2時間

の運動(ストレッチ+筋トレ)の後、毎朝18階まで階段を上っていっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ