« 「マーキュリー通信」no.3877【ワンポイントアップの幸福力-4「重要なことは何をするかではなく、何を貢献するかです」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3879【ワンポイントアップの仕事力-142「年初に年間のスケジュールを書き込む」】 »

2020年1月 5日 (日)

「マーキュリー通信」no.3878【ワンポイントアップの人間力-166「MLB大谷翔平選手の魅力『負けず嫌いと謙虚さ」」】


新年のNHK特番で、肘の手術から復活をかけるMLB大谷翔平選手の特集をしていました。
昨年は、肘の手術のリハビリのため、二刀流を捨て、打者1本で勝負しました。
その中で特筆すべきは、日本人選手初のサイクルヒットを打ったことです。
あのイチローや松井秀喜もできなかった偉業です。
二刀流選手としては、ベーブ・ルース以来初の快挙だそうです。

サイクルヒットは、ホームラン、二塁打、三塁打、そしてヒットの順でした。
私が注目したのは、第4打席のヒットを放った瞬間でした。
ツースリーから2球ファウルした後に、相手投手の自慢のカットボールを逆らわずに見事ヒット

したことです。
普通の精神力なら、サイクルヒット達成に頭が行き、ボール球に手を出して、凡打するところ

だったのですが、2球ファウルした後のヒットでした。
大谷翔平選手の柔軟な対応力と精神力にあっぱれです。

さて、特番の中では大谷翔平選手の人間性も報道していました。

負けず嫌いの性格なので、つらいリハビリにも打ち勝ち、見事復活しました。
まだ25歳の若さなので、同時に天狗になってもおかしくないのに、偉ぶらない謙虚さが素晴ら

しいとの評価です。

更には周りの人の意見に素直に従って採り入れるので、これが奇跡の復活に繋がったようです

そして、大谷翔平選手は常に周りの人への気遣いと感謝の気持ちを忘れていません。

一人のプロ野球選手としてでなく、人間的にも魅せられる選手です。

まだ25歳の若さです。今年は二刀流を復活させ、ファンに夢と感激を与えて欲しいです。

|

« 「マーキュリー通信」no.3877【ワンポイントアップの幸福力-4「重要なことは何をするかではなく、何を貢献するかです」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3879【ワンポイントアップの仕事力-142「年初に年間のスケジュールを書き込む」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3877【ワンポイントアップの幸福力-4「重要なことは何をするかではなく、何を貢献するかです」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3879【ワンポイントアップの仕事力-142「年初に年間のスケジュールを書き込む」】 »