« 「マーキュリー通信」no.3909【人生に勝利する方程式-214「故野村元監督の名言『努力は天才に勝る』」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3911【ワンポイントアップの仕事力-143「10年日誌は記録の宝庫」】 »

2020年2月14日 (金)

「マーキュリー通信」no.3910【ワンポイントアップの経営術-236「企業の成長と調和を図る」】


米国思想界の巨人デール・カーネギーは、成長一本槍の米国企業に調和の大切さを訴

えました。

成長一本でいった場合、その途中でいろいろな歪みが出てきます。
従業員のメンタル面の問題も発生します。

車にもアクセルだけでなく、エンジンブレーキとフットブレーキがあります。

アクセルを離すとエンジンブレーキがかかり減速する仕組みになっています。

更に危険が迫った場合、フットブレーキを踏んで、事故を回避しようとします。

企業経営も同じです。

企業の成長と調和を図り、現在の企業環境と経営者自身の経営能力を加味しながら適

切な速度を模索していくことが重要と考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

ソフトバンクの孫正義社長は、思い切りレバレッジを利かせ、即ち多額の借金をして

ソフトバンクグループを成長発展させてきました。

しかし、アクセル1本で突き進んできた結果、シェアオフィスのWeWorkの事業破綻で

大赤字を被り、経常利益9割減となりました。

孫正義社長は、株式時価総額にばかり目がいきすぎ、企業本来のミッション、即ち社

会貢献という視点が抜けていたのではないでしょうか?


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.3909【人生に勝利する方程式-214「故野村元監督の名言『努力は天才に勝る』」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3911【ワンポイントアップの仕事力-143「10年日誌は記録の宝庫」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マーキュリー通信」no.3909【人生に勝利する方程式-214「故野村元監督の名言『努力は天才に勝る』」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.3911【ワンポイントアップの仕事力-143「10年日誌は記録の宝庫」】 »